波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブライアンの死を乗り越えて」 ザ・ローリング・ストーンズ/スティッキー・フィンガーズ 

<<   作成日時 : 2006/03/21 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 7

 いよいよ始まりますね!ストーンズ東京公演!!私もチケット、ゲットしました!オークションなので高いチケットがさらに高くつきましたが仕方ありません(^^;)。
 いろんな方のブログがストーンズで盛り上がってるので、「遅ればせながら私も」という訳で、今日はストーンズを聴いています(^^;)。
 でも、「ア・ビガー・バン」ではなく「スティッキー・フィンガーズ」ですが(^^)。
 
 それでは、前置きはこれくらいにして本題へ。
 もう数え切れないくらい繰り返し繰り返し繰り返し(←しつこい(^^;))聴いてきたこのアルバムだが、「やっぱり『ブラウン・シュガー』最高だなあ…」なんて思いながら聴いている。ブライアンが死んでしまったという悲しみや残念な思いというのは消せないが、ミック・テイラーが加入して完成した本作の中の「ブラウン・シュガー」を初めとした数々の名曲は、初期のストーンズとはまた違った輝きを放っている。

 「レット・イット・ブリード」や「ベガーズ・バンケット」より更にヘビーで、そしてアメリカ南部のかおりが漂う「スティッキー・フィンガーズ」。1曲目の「ブラウン・シュガー」と5曲目の「ユー・ガッタ・ムーブ」が1969年の全米ツアー中にマッスル・ショールズで録音されたということや、「ブラウン・シュガー」というのが(いろいろな解釈がされているが)「奴隷」という意味も持っているというようなことからも、そういったことが伝わってくる。実際、美しくも物悲しい名曲「ワイルド・ホース」はストーンズナンバーの中でも代表的なスワンプ・ロックであるし(この曲は、グラム・パーソンズを歌ったという説もあるが、ブライアンの後を追って自殺しようとしたマリアンヌのことをモチーフにしたという説もある。私などは、「ワイルド・ホース」の物悲しさを思うと、「この歌はマリアンヌのことを歌ったのかなあ」と思ってしまうが…)、「アイ・ガット・ザ・ブルース」はオーティスを意識したようなクールなメンフィスブルースになっている。本当に名曲揃いである。その他にも、カントリー調の「デッド・フラワーズ」やストリングスやピアノが味わい深い「ムーンライト・マイル」も聴き応えがある。
 それから、特筆すべきは、ボビー・キーズ、ジム・プライス、ライ・クーダー、ビリー・プレストン、ジム・ディッキンソン、ニッキー・ホプキンスといったサポートミュージシャンやゲストミュージシャン、そして6人目のメンバーと言われたイアン・スチュワートたちの素晴らしい演奏だ。これらの多くの友人達が、ブライアンに替わったミック・テイラーを擁したストーンズ5人の音に花を添えているのだ。(このアルバムでの、ブラスやピアノの音は本当にカッコいいと思う。)

 本作は、(ブライアンの死という暗い影を払いきることはできないが)アップテンポなナンバーとミディアム・テンポなナンバー、そしてスローなナンバーが見事に調和された、(私が言うまでもないが)ストーンズの最高傑作の中の1枚である。

<ROCK>
ザ・ローリング・ストーンズ/スティッキー・フィンガーズ (1971)
1.Brown Sugar
2.Sway
3.Wild Horses
4.Can't You Hear Me Knocking
5.You Gotta Move
6.Bitch
7.I Got The Blues
8.Sister Morphine
9.Dead Flowers
10.Moonlight Mile
画像






ロックポスター『ローリング・ストーンズ』
シネマコレクション

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 コレクターズ・エディション [DVD]
エイベックス・トラックス

ユーザレビュー:
買いです。ストーンズ ...
原題: Stoned ...
最低野郎だけど、ロッ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男 通常盤 [DVD]
エイベックス・トラックス

ユーザレビュー:
もう少し音楽モノとし ...
色彩が素晴らしいこの ...
いろいろ惜しいストー ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Rolling Stones!
今晩は! いよいよ待望のRolling Stones In Japanまで、あと10回寝れば、めでたく、その日がやってくる!やった〜!イエイ!(アホ)  こうなれば、色々Ticketの問題もあったけど、無事に ...続きを見る
その日暮らしの音楽日記
2006/03/22 00:36
ストーンズのチケットが届いたよ!
じゃ〜ん! ...続きを見る
穴金(あなきん)のバーン・アウト日記!
2006/03/22 23:45
ローリング・ストーンズ 2
NO.00188 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/08/25 14:04
ローリング・ストーンズ
NO.00122 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/08/26 20:10
Rolling Stones!
 お早うございます!遅い朝を迎えています。若干というか、かなり二日酔いですが、気分は上々!と言うのは、昨夜は高円寺の「阿波踊り」に参戦すべく、「心の友V.Jさん」と「お連れさんの、素敵なT姉さん」とウチ夫婦で合流し飲& ...続きを見る
その日暮らしの音楽日記
2006/08/28 23:57
ザ・ローリングストーンズ『Sticky Fingers』
The Rolling Stonesのアルバム『Sticky Fingers(スティッキー・フィンガーズ)』。1971年発表。 ...続きを見る
ROCK野郎のロックなブログ
2008/10/29 12:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
おおっ!Stickyですか!
まさしく王道ですね!
Brown Sugar、Wild Horses、Can't You Hear Me Knocking、I Got The Blues、そしてライ・クーダーの名演が光る.Sister Morphine、なんだ、結局全部好きでした。(笑)
1回聴くと、つい繰り返して聴いてしまいます!(笑)
最高の1枚です。
リュウ
2006/03/22 00:10
リュウさん。
コメントありがとうございます(^^)。
全部名曲ですよね(^^)!!!
ああ、ドームが楽しみです(^^)!!!
波野井露楠
2006/03/22 06:22
ティケットをゲットは さすがです。コンサート前と 後の盛り上がりの記事を楽しんでます。
Stickyは 愛聴盤で 墓場に持っていくのリストにいれてます。リュウさんと 同じ感想ですが 「ムーンライト・マイル」が 特に好きで 何回きいても飽きない不思議な曲だと思います。ブライアンの記事があったので
トラバしますね。
和登さん
2006/03/22 16:45
トラバ失敗(アナログ)しちゃいました。
新着記事のほうで読んでちょうだいね。
和登さん
2006/03/22 22:45
波野井露楠さん、はじめまして。

穴金と申します。

東京ドーム公演ですか?
わたしは名古屋で盛り上がってきます。まだちょっと期間がありますが。

当方の記事をTBさせていただきましたので、よろしくお願いします!
穴金
2006/03/22 23:48
和登さん。
ブログ読みました。すごいいい記事で感動しました。サム・クックのコメントの時もそうでしたけど、和登さんの愛を感じました。(今回は、ブライアンに対する愛!)私も、あんな記事が書きたいです!!
波野井露楠
2006/03/23 23:52
穴金さん。
二つの名前(本名を入れたら三つ!)を持ってしまうなんて凄いです(^^)。
ブログもみました。音楽酒場とはまた違った楽しさがあっていいですね(^^)。また遊びに行きます!!
明日のストーンズ、きばってきます(^^)。
波野井露楠
2006/03/23 23:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ブライアンの死を乗り越えて」 ザ・ローリング・ストーンズ/スティッキー・フィンガーズ  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる