波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ジングル・ジャングルって?」 ザ・バーズ/ミスター・タンブリンマン

<<   作成日時 : 2006/03/06 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 9

 今日は、バーズの「ミスター・タンブリンマン」について。このところ、車の中で毎日聴いていた1枚である。
 私は、昔から、気持ち的に疲れてくるとバーズが聴きたくなる。美しいメロディとコーラスに癒されたくなるのだ(^^)。(中学生の頃はS&Gを聴いていたということもあり、フォークフレーバーな曲も大好きなのだ(^^)。)今回は、特に「よし疲れをとるためにバーズを聴くぞ!」と意識して聴いていたわけではないのだが、急に聴きたくなったということは、きっといろいろと疲れていたのだろう(^^;)。
 でも、そんな疲れもバーズのおかげで(?(^^;))どこかへ行ってしまった。(バーズよ、ありがとう(^^)。)
 
 ところで、バーズの1stアルバムである「ミスター・タンブリンマン」であるが、アルバムのタイトル曲はあまりにも有名で、バーズの名前は知らなくても、または「ミスター・タンブリンマン」という曲名は知らなくても、このメロディーやサビの部分の歌詞なら知っている(または、聴いたことがある)という人は多いようだ。(実際に、私の職場でも「バーズは知らないけど、その曲なら知ってる」という人は何人もいる。ロックなんか聴かない人が多いのに!(^^;))
 だから、当然、このアルバムの中での一番人気は「ミスター・タンブリンマン」ということになるのだろうけど、私のお薦めは(「ミスター・タンブリンマン」はもう別格ということで、それ以外で(^^;))、2曲目の「I'll Feel a Whole Lot Better(すっきりしたぜ)」である。この歌のハモリとコーラスは、もう絶妙である!聴いている方がハモって欲しいと思うところでバッチリハモってくれたり、逆にハモって欲しいところでわざと(?(^^;))ハモらなかったりと、聴いているだけで、もうドキドキものなのである!
 と言っても分かりづらいですよね。うまく伝えられなくてすみません…(^^;)。
 あ!じゃあ、こういうのはどうでしょう。ハモるところと、ハモりそうでハモらないところをきちんと覚えて、レコードやCDと一緒に、完璧にハモりパートやコーラスパートを口ずさめた時の爽快感がたまらない!(うーん。もっとわかりにくいですか(^^;)?)
 と、とにかく、「ミスター・タンブリンマン」に負けないくらいいい曲なんです(結局、こんな表現しか思いつかず、情けない(^^;)。)(「All I Really Want to Do」「Chimes of Freedom(自由の鐘)」「We'll Meet Again(また会いましょう)」などの他の曲もGOODなのは言うまでもありませんが(^^)。)
 あ、それからもう1曲、特に書いておきたい曲がありました。それは、「It's No Use」。この曲はマッギンとクラークによるものなのだが、本作の中では珍しくロックの色合いの濃い1曲となっている。マッギンのギターソロはソリッドな感じで、12弦ギターとはまた違ったカッコいい音を聴かせてくれている。
 なお、このリマスター盤は、13曲目以降のボーナストラックも貴重なものばかりで、全ての曲が未発表バージョンやシングルバージョンとなっていて、本当に聴き応えのある1枚となっている。

 最後に、(知っている人は知っている)バーズの豆知識を三つ。
・バーズの「ミスター・タンブリンマン」を聴いたボブ・ディランは「こんな風にこの曲を演れるやつは他にはいない!」とレコーディングを薦める発言をした。
(バーズがアレンジしたボブ・ディランの曲って、どの曲も、なんであんなに素晴らしいのでしょうかねえ(^^)!)
・バーズは初めレコード会社に信用されておらず、レコーディングの初日はスタジオミュージシャンに演奏を奪われ、使ってもらえた音は、マッギンの12弦ギターだけだった!!
(なんでそういうことになるんでしょうかねえ(^^;)!)
・「ミスター・タンブリンマン」の歌詞に出てくる「ジングル・ジャングル」とは、タンブリンの音を表している。

<ROCK>
ザ・バーズ/ミスター・タンブリンマン (1965)
1.Mr. Tambourine Man
2.I'll Feel a Whole Lot Better
3.Spanish Harlem Incident
4.You Won't Have to Cry
5.Here Without You
6.Bells of Rhymney
7.All I Really Want to Do
8.I Knew I'd Want You
9.It's No Use
10.Don't Doubt Yourself, Babe
11.Chimes of Freedom
12.We'll Meet Again
<以下13〜18は、ボーナストラック>
13.She Has a Way
14.I'll Feel a Whole Lot Better [Alternate Version]
15.It's No Use [Alternate Version]
16.You Won't Have to Cry [Alternate Version]
17.All I Really Want to Do [Single Version]
18.You and Me [Instrumental]
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ザ・バーズ 「ミスター・タンブリン・マン」
今日のジャケ画は The Byrds 「Mr. Tambourine Man」 ...続きを見る
昔の洋楽が好きなのでつ(^^)
2006/03/07 21:20
The Byrds - Mr.Tambourine Man
...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2006/04/29 19:32
団塊文化の発祥の一つかも知れない…The Byrds「Mr. Tambourine Man」
ミスター・タンブリン・マン(完全生産限定紙ジャケット仕様) ...続きを見る
4番、サード、いたち野郎。
2006/10/28 02:06
『ザ・バーズ(THE BYRDS)/ミスター・タンブリン・マン(Mr.Tambourine Man)...
本作は、いきなり&#039;&#039;&#039;全米No.1を獲得したデビュー曲「ミスター・タンブリン・マン」&#039;&#039;&#039;をフューチャーした1作目で1965年のリリース。1作目からホント素晴らしい完成度で、文句ナシの傑作です。 ...続きを見る
白猫目
2008/06/08 23:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はコメントありがとうございました。
yukihi69と書いてユキヒロックと申します。
同い年と聞いてすごく親近感を持たせていただきました。小学校の先生のようですね。
うちの子(長男)は今年卒業で春から中学校に通います。
恥ずかしながら、学校のことは母親にまかせっきりで、
なかなか顔を出す機会もなく、
学校の先生にはいつも感謝しております。

事後報告ですみませんが、勝手ながら
当方にリンク貼らせていただきました。

ミスタータンブリンマンは、遠藤賢司さんのアルバム
「東京ワッショイ」のボーナストラックで音質悪いですが、
カバーが聴けますね。(カバーと言っても日本語直訳というか、新しい歌詞にしたもの)
エンケン版もなかなか渋くて味があります。

スタンリー・キューブリックの映画
「博士の異常な愛情」で使われた曲をカバーしたと聞き、
急いでビデオを借りに行った覚えがあります。(笑)

また寄らせていただきます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
yukihi69
2006/03/07 14:34
yukihi69さん。
遊びに来て下さってありがとうございざす。しかもリンクまで!!私も貼らせていただきました(^^)。今後ともよろしくお願いします(^^)。
ところで、エンケン版「ミスター・タンブリンマン」があるなんて知りませんでした。なんだが興味が湧きます!機会があったら聴いてみたいなあ(^^)!
実は映画の方も見たことなくて…(^^;)!今度、ビデオ借りてみますね!!
では、またよろしくお願いします。
波野井露楠
2006/03/07 20:21
そういえば無料で見れるネットTVの「Gyao」で
エドサリバンショーが毎月10タイトルもUPされて見れるようになってるんだけど、バーズの回は最高でしたよ♪
まだ見てなかったらどうぞお早めにご覧くださいましまし♪(3/15あたりに見れなくなっちゃうのです。汗)
その回では、日本からの特別ゲストとしてザ・ピーナッツが出演してるのよ( ̄m ̄*)
とっても完璧な歌いっぷりでした♪
バーズのほうは最初と最後に登場するので中盤は何か作業でもしながら見るのをオススメしまつw( ̄∀ ̄)
もりたん
2006/03/07 21:26
あわわわ(*゜□゜*)
いまGyaoのエドサリバンショーのページを確認したら、ピーナッツが出演してる回はハーマンズハーミッツっていうUKのアイドル的バンドが出演する回でした(^^ゞ
今日は何気にオツカレ気味のワタシでつ(^^ゞスミマセヌw
●エドサリバンショーby「Gyao」
http://www.gyao.jp/music/ed/
もりたん
2006/03/07 21:30
もりたんさん。
おお!素晴らしい情報ありがとうございます!今、通知表の準備で忙しいのですが、なんとか時間を作って見てみたいと思います!!!がんばらなくちゃ(^^;)。
波野井露楠
2006/03/07 22:45
疲れたときに バーズなんですね。Mr.タンブリンマンしか 知りませんが、よさげですね。ボブ・ディランなら、そこそこ知ってるんですが、あと S&Gも よく聴きますよ。 遠藤賢司は 黎明期ライヴあるけど、Mr・タンブリマンはいってないです。
和登さん
2006/03/08 13:37
和登さん。
こんばんは〜。今帰って来ました。卒業式や通知表の準備でくたくたです(^^;)。がんばりまーす。S&Gは、スカボロフェアが聴きたくてアルバム買ったのが最初でした(^^)。
和登さん、いつもコメントありがとうございます!!
波野井露楠
2006/03/08 19:04
TBありがとうございました!
バーズのファーストは今でも何度も繰り返し聴いているアルバムです。「I'll Feel a Whole Lot Better」のコーラスとハモリのところは聴き込んでいないとなかなか伝わりませんよね(笑)。さすがです!
ボーナストラックの「He Has a Way」も良い曲で、ボツにされていたのが不思議なくらいです。


 
岩詩人
2006/04/15 20:06
岩詩人さん。
本当に名盤ですよね(^^)!!

>ボーナストラックの「He Has a Way」も良い曲で、ボツにされていたのが不思議なくらいです。
私もまさに同感です(^^)!!
波野井露楠
2006/04/15 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ジングル・ジャングルって?」 ザ・バーズ/ミスター・タンブリンマン 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる