波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「歌詞と曲のギャップにメロメロ!?」 ザ・ローリング・ストーンズ/フラワーズ

<<   作成日時 : 2006/04/01 11:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

 3月24日金曜日の東京ドームの次の日から、仕事、仕事、仕事の毎日(この1週間一度も布団で寝てません(@_@))で、ブログが全く更新できずにいました(コメントへの返事もできず、すみませんでした)(T_T)。(子どもは春休みでも、我々には休みはないのです。「教員は夏休みや春休みがあっていいなあ」なんて思っている方がいるとしたら、それは完全なる誤解です!)

 しかし、ブログの更新は出来なくても、もちろん音楽は毎日聴き続けていました(^^)。
 で、何を聴いていたかと言うと、やはりストーンズが中心で、「12×5」「メインストリートのならず者」「女たち」などなのですが、この1週間で一番聴いたのは「フラワーズ」!!毎日繰り返し聴いていました(^^)。このアルバムの曲は、みーんなすごく美しくて、仕事に追われていっぱいいぱっいになっている私の心をほっとさせてくれるのです。特に「ルビー・チューズデイ」には癒されました。

 ただですねえ…、曲は美しいのですが、揃いも揃ってほとんどの曲の歌詞はものすごいんですよね…(^^;)。例えば、「夜をぶっとばせ」の歌詞(題名も)は過激すぎる(刺激的すぎる?(^^;))ということで、エド・サリバン・ショーで「Let's spend the night together」を「Let's spend some time together」と替えて歌わされたことは有名だし、「マザーズ・リトル・ヘルパー」で歌われているのはちょっと過激な薬のこと(ドラッグではありません)だし…(日本でも薬局で売られてるんですかねえ?私は、実物を見たこともありませんが(^^;))。他の曲も、涙が出るくらい美しいメロディーなのに、そのメロディーにのせて「俺のただの路地裏の女(日陰の女?)でいてくれ」とか「出て行け、そして(車に乗って?)行ってしまえ!」とかって飄々と歌ってるし…(^^;)。当時の女の子のファン達はどういう気持ちで聴いていたのかなあなんて思うと、なんだか可笑しくなってしまいます(^^;)。やはり、美しい曲と過激で野蛮な感じの歌詞とのギャップに「そこがいいのよね〜」とか「不良っぽくて素敵」なんて思ってメロメロになっていたんでしょうかねえ…(^^;)。ホントに、曲と歌詞のギャップが凄いんです(^^;)。もし、「歌詞まで気をつけて聴いたことはなかった」という人がいたら、是非、歌詞の内容に注意しながら聴いてみて下さい。けっこう笑えます(^^;)。

 ところで、このアルバムで特筆すべきは、もう一つ!ブライアン・ジョーンズが大活躍をしているということです!「ルビー・チューズデイ」でのリコーダーとフルート、「レディ・ジェーン」でのダルシマー(台形の箱に張られた弦を2本のばちで叩き演奏する打弦楽器で、ピアノの原形と言われている)、「アウト・オブ・タオム」や「ライド・オン,ベイビー」でのマリンバ、他にも12弦ギターやアコーディオン、ハープシコード(チェンバロのこと)など、あらゆる曲でブライアンの才能が爆発しています!(ただ、この後のストーンズサウンドの変化を思うと、逆にこういうブライアンの豊富な音楽性がストーンズの方向性とずれていってしまったのかなあ…などとしんみりしてしまうのですが…。)

 歌詞はみんな凄い歌ばかりですが(「マイ・ガール」の様な歌詞も素敵なカバー曲も入っていますが(←必聴))、これでもかという美しいメロディーの数々。編集盤ではありますが、名盤です!(特に、ブライアン好きの私にはたまらない1枚です!)


 それから、最後に。
 ずいぶん前に、私のブログにリンクを貼らせてもらっている「空から墜ちてきたブルース」の管理人okadaさんから、「ストーンズ伝説の目撃者バトン」というものが回ってきました。
 「4つの質問に答えて5人にまわそう!」というルールで、ちょっとチェーンメール的な感じもしますが(^^;)、辿っていくとなんと作家の山川健一さんにも出会えるのです!面白そうなので、私は参加してみようと思うのですが、このブログを読んでくださった方の中で、「バトンを受けてもいいよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、この後の4つの質問に答えてみてください(^^;)。なんか、消極的なバトンの渡し方でごめんなさい(^^;)。

 では、私のコメントをば(^^)。
●朝起きて、最初に聴きたい曲は?
 「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」
 やっぱり、ミックの掛け声と共に飛び起き、そのままイントロで踊り出したいですね(変な人ですか(^^;)?)

●ひどい目にあって、落ち込んだときに聴く曲は?
 「ルビー・チューズデイ」
 切ない歌詞を聴いて逆療法(^^;)。ミックの歌声とブライアンのリコーダーとフルートに癒してもらいます。歌詞が簡単なので、一緒に歌えるというのもポイント高いです(^^;)。

●今日、世界が滅亡する。最後に聴きたいアルバムは?
 「フラワーズ」
 私にとってのストーンズ・バイブルはファーストですが、世界最後の日には、今日紹介した「フラワーズ」を。歌詞の凄さに苦笑いしながら、美しいメロディーを堪能したいです(^^)。

●今、誰にストーンズを聴かせたいか?
 職場の皆様。ただいま「職場ロック化計画」密かに進行中です(^^;)。

●バトンをまわす5人
 前述しましたが、積極的に名指しで回さなくてすみません。どなたか、よろしかったらお願いします。それで、もしバトンを受けて下さった場合は、コメントかTBをいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。


 ああ、久しぶりにブログが更新できて、ほっとしました(^^)。
 と、喜んだのも束の間、今日は、これから新年度の準備です(^^;)。がんばりまーす!!

<ROCK>
ザ・ローリング・ストーンズ/フラワーズ (1967)
1.ルビー・チューズデイ
2.マザー・イン・ザ・シャドウ
3.夜をぶっとばせ
4.レディ・ジェーン
5.アウト・オブ・タイム
6.マイ・ガール
7.バック・ストリート・ガール
8.プリーズ・ゴー・ホーム
9.マザーズ・リトル・ヘルパー
10.テイク・イット・オア・リーヴ・イット
11.ライド・オン,ベイビー
12.シッティン・オン・ア・フェンス

※5人を花に見立てたジャケット。ブライアンだけ葉っぱがついていないのです。不吉と言えば、あまりにも不吉…(T_T)。
画像




フラワーズ
ユニバーサル インターナショナル
ザ・ローリング・ストーンズ

ユーザレビュー:
ギラギラ・ピカピカ、 ...
やるにしろやらないに ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

フラワーズ(紙ジャケット仕様)
ユニバーサル インターナショナル
ザ・ローリング・ストーンズ

ユーザレビュー:
ビッグ・ヒッツVol ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

フラワーズ
ユニバーサル インターナショナル
ザ・ローリング・ストーンズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【ストーンズ伝説の目撃者バトン】
僕の大好きな作家、山川健一さんからいただいたバトンです!! ありがとうございます!! ...続きを見る
Hiddy&#39;s
2006/04/03 00:22
ストーンズ伝説の目撃者バトン
いよいよ、今日は彼らのジャパンツアーの幕開けです。くぅ〜っ!何演るんだろうっ!!東京ドームの近所に住んでいる私ですが、徒歩*分のところで今彼らがショウを演っていると思うと、それだけでワクワクどきどきしてきます。 そんな記念すべき日に、『空から墜ちてきた... ...続きを見る
Same Old Song and Di...
2006/04/03 18:55
ストーンズ伝説の目撃者バトン
3月のストーンズの来日コンサート。 先日、中国での初のコンサートも話題になっていたが、なんと残念なことに今回は都合が悪く行けなかったのであります。(涙涙) そんな後悔の念にとらわれていたところに波野井露楠さんから『ストーンズ伝説の目撃者バトン』をいただいた。 http://hanoi-stones-trex.at.webry.info/200604/article_1.html ストーンズに関する4つの質問に答えて5人にバトンを回すというものだ。 遅まきながらやってみましょう! ... ...続きを見る
名曲 怖いもんなし!
2006/04/12 03:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
Flowersですか?
忘れてましたね!
これ、選曲と流れが良いんですよね。
ブログ再開待ってましたよ!
自分もチョット多忙なので、なかなか更新できませんが、そこは頑張っていきましょう。
それにしても、明日のStonesが気になる今日この頃です・・・・・・。
リュウ
2006/04/01 15:28
今日タワレコで、「イングランズ・ニューエスト・ヒット・メイカーズ」を買いましたよ。ばりばりブルースっぽっくて、しばらくは ハマるでしょう。
「ストーンズ伝説の目撃者バトン」受け取りましたよ。
トラバまた失敗したので、和登のブログでよんでくださいね。タワレコで、偶然スカの「RINGO」がレゲエで外人の女性が日本語で歌っているのが流れてました。
ストーンズの「キャン・アイ・ゲット・ア・ウィットネス」も レゲエっぽくて いい感じ・・・・
和登さん
2006/04/01 22:09
お忙しいところバトンを受け取って頂いてありがとうございます!
『Flowers』、なかなか渋い所をついてきますね。ぼくは60年代後半から70年代前半のストーンズが好きですが、ブライアンが活躍していた時期もたまらない魅力がありますね。
「職場ロック化計画」面白そうですね。うちの職場は難しそうです。
Okada
2006/04/02 10:01
リュウさん。
お互いに忙しくて大変なようですね(^^;)。でも、こうやって、みなさんが読んでくれると思うと、力が湧いてきます(^^)。お互いに頑張りましょう、仕事もブログも(^^)。
埼玉、私も気になります。
チケットすごく高くて、一発で諦めましたが(遠いし(苦笑))、きっと凄くいいんでしょうね(^^)!!!
波野井露楠
2006/04/02 11:06
和登さん。
バトン、受け取って下さってありがとうございました!ブログ拝見しましたよ(^^)。さすが和登さん、って感じですね(^^)。ストリート・ファイティング・マン!すごくポジティブ!見習います(^^)!
波野井露楠
2006/04/02 11:09
Okadaさん。
私も60年代から70年代前半、凄く凄くすごーっく好きです(^^;)。埼玉、羨ましいです。ライブレポ、楽しみにしてますね(^^)。「職場ロック化計画」は少しずつですが、進行しています(^^;)。
波野井露楠
2006/04/02 11:11
トラックバックありがとうございました!!
で、こちらもTBしようと思ったら何故か出来ませんでした。ごめんなさい・・・。今日、さいたまスーパーアリーナで観て来ました!!最高でした。
Hiddy
2006/04/03 00:19
Hiddyさん。
はじめまして。埼玉はいかがでしたか?ライブレポ楽しみにしております。それにしても、山川健一さんからバトンを渡されただなんて、凄すぎます!!ひょっとして、Hiddyさんも凄いお方!?すみません、いきなり馴れ馴れしくて!!今後ともよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2006/04/03 00:51
うわ〜、フラワーズだぁ〜。

僕も実はストーンズの中で、
かなり好きなアルバムなのです。
(そっか、これを指す人もいるんだ〜と嬉しかったッス)

初期ストーンズはやっぱカッコイイのですが、
ブライアン・ジョーンズが居た時がやはり最高。
この企画再編集盤は、みごとに「ブライアン」の
良いとこ一枚にまとめた秀盤ですね。
僕は「アウト・オブ・タイム」が好きです。
ラモーンズもカバーしていたりしています。

にしても、来日コンサート 羨ましいぞ〜♪
(ジェラシー)
yukihi69
2006/04/03 12:25
初めまして、トラックバックありがとうございました!
24日の東京ドームには私も参戦したのですが、しびれっぱなしの2時間でしたね。最後にミックがステージの端から端までを全力で駆け抜けていったのにはびっくりしましたが…。やはりあの4人組は世界最強だと改めて実感した一夜でした。
miki
2006/04/03 19:06
yukihi69さん。
同じくフラワーズが好きだなんて、私もうれしいです!やっぱり、ブライアンがいなかったらストーンズはなかったんですから、ブライアンの存在は重要です!もし生きていたら…なんて、つい考えてしまいます(^^;)。
波野井露楠
2006/04/03 22:19
mikiさん。
TB&コメントありがとうございます(^^)。本当に、あんなパワフルでかっこいい60代なんて、そうそういませんよね(^^)。最後、ミックが私のずいぶん近くまで来てくれて、滅茶苦茶感激でした(^^)!
波野井露楠
2006/04/03 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「歌詞と曲のギャップにメロメロ!?」 ザ・ローリング・ストーンズ/フラワーズ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる