波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「どうなんだろう?」 サウンドトラック/ストーンド 〜プレミアム・トリビュート・トゥ・ストーンド〜

<<   作成日時 : 2006/04/06 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 12

 ブライアン・ジョーンズの死を描いた映画がイギリスで公開されたらしい。日本でも今年上映されるのではないかという噂だが、詳しいことはまだわからない。
 しかし、映画の上映は未定だが、日本盤のサウンドトラックは発売されている。私は、3月24日の東京ドームのグッズ売り場にて、このCDをゲットした。映画の内容もCDの内容もよく知らないまま買ってしまったのだが、聴いてみると、これがなかなか面白かった。
 なにが面白かったかと言うと、ストーンズ自身の演奏がないのが私としては不満だったが、代わりにストーンズのそっくりさんバンドや若手UKロックバンドのビーズ(日本のあのB’zではない。もっとカッコいい、ルーツロックを聴かせてくれる6人組。デビュー当時は2人組で、ア・バンド・オブ・ビーズを名乗っていた)や20−20s(イギリスのメディアで大絶賛されていたが今年の1月に解散)といったバンドの演奏がなかなかよかった。(久しぶりに聴いたクーラ・シェイカーもよかった。彼等は、今どうしているのだろう(^^;)??)
 それから、スモール・フェイシズやジェファーソン・エアプレインやトラフィックといったブライアンと同時代の音が聴けるのも、当時の雰囲気を味わうにはとてもよい。(ちなみに、ロバート・ジョンソンの「Stop Breakin’ Down Blues」はもちろん、文句なし!)
 と、なかなか楽しめたアルバムではあるが、2500円以上のお金を払った価値があるかと言われると、私としてはちょっと返事に困ってしまう(^^;)。
 どうせなら、やっぱり「そっくりさん」より本物のストーンズの演奏を入れてほしかったし(そっくりさんバンドやビーズの演奏もなかなかいいんだけど、本物よりスマートな感じで、やっぱり本物にはかなわないんだよなあ(^^;))、同時代のミュージシャンということなら、ブライアンの親友のジミ・ヘンドリックスの演奏も入れてもらいたかった…。
 ただ、気軽に、そしておしゃれにブライアンの時代のサウンドを楽しむには、(ちょっと値段が高いが)お手頃な1枚かもしれない…。

 ところで、映画の方であるが、東京ドームでもらったチラシによると、「ブライアン他殺説」を取り上げた映画らしい。映画ドアーズのようにキャスト選びには苦労したようだが、演奏シーンなどはかなりリアルに再現したということである。日本盤CDのジャケットが「あまりにも」という感じなので映画を見るのがちょっと怖いが(^^;)、それでも「見てみたい」という気持ちも起こってくる(^^;)。人気絶頂の時には、他のどのメンバーよりも派手でスキャンダラスな生活を送っていたブライアン。どんな楽器でも天才的な才能で自分のものにしてしまっていたブライアン。キースに恋人を奪われ、さらにストーンズの中での音楽的な居場所さえも失ったブライアン。しかし、もともとはブライアンをデビューさせるために4人の若者が集められストーンズというバンドが結成されたという事実…。そんなことが、この映画の中では表現されているのか…。もし、表現されているなら、どんな風に表現されているのか…。
 そういった意味では、非常に興味深い映画である(^^;)。

<ROCK>
サウンドトラック/
ストーンド 〜プレミアム・トリビュート・トゥ・ストーンド〜
 (2005)

1.Little Red Rooster(The Counterfeit Stones)
2.Stop Breaking Down(The Bees)
3.Lazy Sunday(The Small Faces)
4.White Rabbit(Jefferson Airplane)
5.Paper Sun(Traffic)
6.Devil In Me(22-20s)
7.Love In Vain(Haley Glennie Smith)
8.Brian’s Joint(David Arnold)
9.Ballad Of A Thin Man(Kula Shaker)
10.Out Of Control(David Arnold)
11.Come On In My Kitchen(Haley Glennie Smith)
12.The Last Time(The Bees)
13.Pool Fight(David Arnold)
14.Love In Vain(Paul Butler and Little Barrie)
15.Angel-Devil(David Arnold)
16.Not Fade Away(The Bees)
17.Time Is On My Side(The Bees)
18.Stop Breakin’ Down Blues(Robert Johnson)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男/Stoned
先週末から公開されている「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」観てきました。 会場を待つ列に並ぶ人たちの会話がかなりイカしています。少々年配気味の女性の方々が延々と「いかに自分はストーンズが好きなのか」を語っていらっしゃいました。オフィシャル発売されたビデオを「希少価値がある」と仰っていたのには笑いを堪えるのが大変でした。 ...続きを見る
マジック・映画について思うこと
2006/09/02 20:08
Stoned
今年初めの来日、この間のキースの椰子の木攀じ登りのち転落事件と、相変わらずいまだ ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2006/11/04 00:33
ローリング・ストーンズ 6
NO.00500 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/11/16 15:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
風邪、大丈夫ですか?
この時期、季節、職場・・・・などなど
環境の変わりやすいときですもんね。
お大事に、ねっ。
知らなかったですね。このCD。
でも選曲、微妙(聴いたこと無いので、何ともいえませんが)
映画は、今、興味があるのが2つで、これと、
他にトム・ダウドです。
多分、両方行くと思います。(笑)
ではでは。
リュウ
2006/04/06 22:39
リュウさん。
早速のコメント、ありがとうございます!!
すっごくうれしいです(^^)。
熱の方は、なんだか神経性という感じで、今は、胃の調子が最悪です。でも、新クラスの子どもたちや保護者のみなさんが去年のクラス同様に最高なので、頑張れそうです(^^)。それにしても胃が痛い…。
ところで、やっぱりその二つの映画は興味がありますよね!!いつやるのかなあ。もし上映されたら、やっぱりストーンド、見に行くことにします(^^;)。
波野井露楠
2006/04/06 22:54
やはり睡眠不足がたたっているようですね!?今「テル・ミー」聴きもって コメしてまず。映画はいきたいです!トム・ダウトもいく予定です。ツレがいればいいんですがねぇ(休日出勤のメル友君はお目にかかるのは遠いとメールあり)ボーイフレンド君とは野球でつながってます。
和登さん
2006/04/06 23:45
体調大丈夫ですか!?ワタシも体調悪いんだけど、花粉にヤラれてのことなので、あともうちょっとの辛抱だと思ってマス(^^ゞ
ところで!ブライアン・ジョーンズの謎の死をテーマにした映画のサントラ日本盤、売ってるのですね〜!欲しい!!(早くレンタルに並んでほしい…笑!)
この映画、早く日本でも公開してほしいですよね!
ブライアン役の俳優のカッコイイことと云ったら…!
既に知ってたらアレだけど、この映画の海外の公式サイトのURLを載せておきますね!
http://www.stonedthemovie.com/
米と英のサイトがTOPページから選べるようになってるんだけど、
英のサイトのほうの壁紙ダウンロードは何度DLしても「ファイルが壊れてる」と出て、壁紙がぜんぜんDLできませんでした(汗)
きっと国外からのDLは禁止してるんだろうなと思う(^^ゞ
あ、The Bees、ワタシも大好きです♪クーラ・シェイカーはつい最近、再結成することが決まったの♪新譜が楽しみです♪
もりたん
2006/04/06 23:49
和登さん。
ファーストですね!私はセカンド聴いてます(^^)。
やーっと1週間過ぎました(^^;)。でも、始業式が終わって子どもが登校するようになったので、少しずつペースがつかめてきました(^^)。
トム・ダウトは、ドキュメンタリーみたいで、こちらは安心ですね(^^;)。
それにしても、和登さんは、モテモテですねえ(^^)!
波野井露楠
2006/04/08 06:38
もりたんさん。
やっと体調が戻ってきました。(大変な1週間でした(^^;))
それにしても、さすがは、もりたんさん!情報通ですねえ(^^)!!早速HP見ましたよ。写真とか見ると、60年代後半のハデハデしさ、毒々しさが出ていて、いい感じですね!確かに、ブライアン役の人はかっこいいかも(^^;)!!映画が楽しみになってきました(^^)。
ところで、クーラ・シェイカー再結成なんですね!!こちらも楽しみです!!
波野井露楠
2006/04/08 06:43
度々すみません。
クーラ・シェイカーですが、再結成されるんですか?本当だとすればかなり嬉しいです。
NHKで10年ほど前に放送された「トップ・ミュージック」に彼らが出演したときのビデオは今でも大事にしています。
久しぶりに「Dance in Your Shadow」でも聴いてみようかな。
では。
ヘンリー
2006/04/12 23:40
ヘンリーさん。
どうも、どうも(^^)!コメント、うれしいです(^^)!有り難うございまず。
クーラ・シェイカーやっぱり再始動するみたいですよ!!なんか、夏フェスに来そうですよ(^^)!楽しみですよね(^^)。
波野井露楠
2006/04/12 23:46
度々すみません。
ブライアンの死の真相ですが、私は他殺と信じています。ジョン・レノンやジミ・ヘンドリックスも絡んだ話らしく、当時のイギリスのレコード業界の陰謀の匂いがプンプン漂います。
映画ではどう描かれているのか楽しみですね。
では、また。
ヘンリー
2006/04/15 17:42
ヘンリーさん。
ジョン・レノンやジミが絡んでいたという話は、興味深いですね!!ブライアンについての本、(単行本などは)実はまだ読んでないんです。ぜひ、近いうちにゲットして読んでみたいです!!
ところで、ブログを始めたら、ブライアン好きの方々に沢山出会えることができて、すごくうれしいです(^^)。
波野井露楠
2006/04/15 22:43
おはようございます。
コメントありがとうございました。
拙文ばかりの拙いブログですが、リンクはご自由に張っていただいて構いません。とても嬉しい話です。音楽関連の記事も増やしていきたいと思います。
ではまた!
ヘンリー
2006/04/16 07:06
ヘンリーさん。
拙文だなんてとんでもない!
リンク貼らせていただきました!
今後ともどうぞよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2006/04/16 18:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「どうなんだろう?」 サウンドトラック/ストーンド 〜プレミアム・トリビュート・トゥ・ストーンド〜  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる