波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「大人が聴いてもいいものはいい!」 セックス・ピストルズ/勝手にしやがれ(スパンク・ボックス)

<<   作成日時 : 2006/07/18 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 10 / コメント 18

 このところの胸のモヤモヤを吹き飛ばすべく、昨日からピストルズを聴いている。ピストルズは、本当に久しぶりだ(^^)。
 ただ、「パンクを聴けばスカッとするだろう」と思って聴き出したピストルズだが、ちょっと選択を間違えたようだ(^^;)。ラモーンズならもう少しスカッとしたのかもしれないのだが、ピストルズではいくら聴いてもスカッとはしないのだ(どんどんヘヴィーになっていく感じ)(^^;)。
 でも、曲がカッコいいから、スカッとはしなくても、やっぱり気持ちはいい(ヘヴィーでスカッとしないのに気持ちはいい、って矛盾してますか(^^;)?)。
 それに、当時「下手くそ」と言われていた彼等の演奏であるが、今こうして聴き直してみると、私には結構上手に聴こえてしまうのだが、それは私の耳が肥えていないからなのだろか(^^;)?

 なんてことを思いながらピストルズを聴いていたら、高校生の頃のことを思い出した。
 
 実は、私は初めパンクが好きではなかった。
 小学校・中学校とビートルズやS&G、ビリー・ジョエルなどを聴いていた私は、カルチャー・クラブやYES、TOTOなどを経由して、高校生になってからHRやHMに目覚めた(^^;)。それで、バンドを組んで友達のバンドと一緒にライブをしたり地元の楽器屋が主催するイベントに参加したりしていた。そういう訳で、私は、小学校から高校まで見事にパンクをスルーしていたのだ(^^;)。
 そんな私にパンクの存在を教えてくれたのは、他の学校の同じ高校生バンドのパンクスたちだった(なぜか、私の通っていた高校にはパンクバンドがいなかった!!)。し、しかし、彼等は滅茶苦茶カッコ悪かった(^^;)。まず、ヘアースタイルや衣装がカッコ悪く、演奏も下手だった。そして彼等は、いつもライブで客に向かって鎖を振り回したり、対バン相手のボーカルを演奏中のステージに乱入して殴ったりしていた(^^;)。クラッシュやダムドはおろか、ピストルズやラモーンズも知らないうちに、そういう高校生のアマチュアバンドにパンクの洗礼を受けてしまったのである(^^;)。もう、しばらくは、私はアンチ・パンクを貫き通すしかなかった(^^;)。私の中に「パンク=ダサい」「パンク=下手」「パンク=相手を怖がらせればいいと思っている」というような図式が出来上がってしまったのだ(^^;)。
 そんな、私がなぜ今のようにパンクが好きになったのか(^^;)。
 それは、やはり本物のパンクの映像に触れることができたということが大きいと思う。ある日、いつものように地元のスタジオにバンドの練習をしにいった私は、TVの中で、だらだらと袖の長い白いTシャツを着て挑発的な目をして歌っている(がなり立てている)外国人を見た。ジョニー・ロットン。セックス・ピストルズ。本物のパンクとの出会いだった。初めは、地元高校生パンクバンドの皆さんのイメージのおかげもあって(^^;)、やはり否定的に「なんだよ、パンクかよ」なんて感じでそのビデオを見ていたのだが、しばらくすると、それが「あれ?なんだ?結構カッコいいじゃん」という気持ちに変わっていった(^^;)。それまで「アンチ・パンク」を貫いていたのに、随分とあっけなかったと思う(^^;)。それくらいに、本物のパンクはカッコよかったのだ(^^;)。
 それからの変わり身は早かった(^^;)。ハノイロックスがラモーンズやストゥージズのカバーをしていたこともあり、ピストルズの他にラモーンズやイギー・ポップも聴くようになった。そうしてくると、当然、ハート・ブレイカーズやクラッシュ、ダムドなんかも聴きたくなる。
 こうして高校3年生の頃には、私は「隠れパンク」となり、大学生になってからは自分にとって初めてのパンクバンドを組むことになる(随分と遅いパンクへの目覚めであった(^^;))。

 こうして振り返ってみると、高校生のあの時、スタジオのTVにピストルズの映像が流れていたのは、私にとってはとても意味のあることだったと思う。そのおかげで、パンクを素直な気持ちで聴けるようになったのだから(それまでの私は、当時メジャーになっていたブルー・ハーツやジュン・スカイ・ウォーカーズなどは「中学生が聴く音楽」と決めてかかっていたくらいなのです(^^;)。でも、ラフィン・ノーズの「聖者が街にやってくる」だけは、当時も素直にカッコいいと思っていたのですが(^^;))!

 で、昨日から聴いているのが「Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols」なのだが、これが通常盤ではなくて、ピストルズが再結成した時に記念盤として発売された「スパンク・ボックス」というやつ。
 2枚組で、1枚目が通常の「勝手にしやがれ(Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols)」で、2枚目が有名なブートレッグの「SPUNK」という構成になっている。(さらに、なぜか「アナーキー・イン・ザ・UK」と「 ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」 のカラオケCDシングルまでついている(^^;)。)
 それで、特筆すべきは、この2枚目の「SPUNK」(「No Future UK?」としてリリースされたこともある)で、もともとの「SPUNK」に、「SPUNK2」からの曲やスペンディング・デモなどが追加され、なんと21曲に収録曲がふくれあがっているのである(^^;)。

 オリジナル・アルバムは1枚しか残さなかったピストルズであるが、この2枚組では、ピストルズのオリジナル・サウンドを何種類ものバージョンで楽しむことができるのだ。
 「SPUNK」の方は、いく分ギターの音がシャリシャリしているが、パンク誕生期のエネルギーをそのまま感じることができる2枚組である。

 他のパンクバンドと比べるとリズムがゆったりして、じつは曲も思い切りメロディアスなピストルズ。そんなピストルズを聴きながら、初めに書いた通り「スカッと」はしていないのだが、それでも、なんだか気持ちよくなり、少しだけ「胸のモヤモヤ」が取れたような気がしている今日の私なのです(^^;)。

 パンクは大人が聴いてもいい!と、今なら言える私です(^^)。

(ところで、ピストルズの曲名は邦題にすると分かりづらいのは私だけでしょうか(^^;)?)

<ROCK>
セックス・ピストルズ/スパンク・ボックス (1996)
-DISC 1-
「勝手にしやがれ」 (1977)
1. さらばベルリンの陽
2. ボディーズ
3. 分かってたまるか
4. ライアー
5. ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン
6. 怒りの日
7. セヴンティーン
8. アナーキー・イン・ザ・UK
9. サブミッション
10. プリティ・ヴァイカント
11. ニューヨーク
12. 拝啓EMI殿(アンリミテッド・エディション)
-DISC 2-
「SPUNK」
1. セヴンティーン
2. サテライト
3. フィーリングス
4. ジャスト・ミー
5. サブミッション
6. ヌーキー
7. ノー・フューチャー
8. 怒りの日
9. ロッツ・オブ・ファン
10. ライアー
11. フー・ワズ・イット?
12. ニュー・ヨーク~ルッキング・フォー・ア・キス
13. 怒りの日
14. 分かってたまるか
15. プリティ・ヴェイカント
16. サブ・ミッション
17. 分かってたまるか
18. 拝啓EMI殿
19. サテライト
20. セヴンティーン
21. アナーキー・イン・ザ・UK
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「NO FUTURE U.K.?」 SEX PISTOLS  1989年発表 
どうでもよいことだが邦題は、「俺たちに明日はない!!」。ベタです。 ...続きを見る
たくのSTILL LIFE
2006/07/19 23:39
私が今聞くとどうなる? SEX PISTOLS&quot;NEVER MIND BOLLOCKS H...
Never Mind the Bollocks Here's the Sex Pistols1977年 ...続きを見る
Iron Rosary
2006/07/19 23:51
穴金・イン・ザ・U.K.
今夜のBGM・・・ SEX PISTOLS / NEVER MIND THE BOLLOCKS ...続きを見る
音楽酒場
2006/07/20 00:57
楽しいセックス・ピストルズ
セックスについての記事もそろそろじっくり書いてくれという要望が最近多いので(うそです)、今日はセックス・ピストルズの話。セックス・ピストルズは、70年代の終わりにクラッシュ、ダムドらとともにパンク・ブームを作り上げたバンド。楽曲、ファッション、ライヴ・パ.. ...続きを見る
Muse on Music.
2006/07/30 15:39
ビリー・ジョエル - ビリー・ザ・ヒッツ
デビュー35周年!2枚組コンプリート・ベスト! 2000年にリリース、\3,780で発売していたこの商品が、この日本における「ビリー・ジョエル・イヤー」となった2006年に価格を下げての再リリースです。 ...続きを見る
ビリー・ジョエル - ビリー・ザ・ヒッツ
2006/08/04 20:01
Never Mind The Bollocks /SEX PISTOLS
男性自身を象徴するこのバンドの名前は、 ...続きを見る
朱音
2006/10/31 06:11
破壊精神と知性の融合
人畜無害で中性的な音に嫌気がさしたアンダ ...続きを見る
朱音
2006/10/31 06:16
セックスピストルズ『Never Mind The Bollocks』
セックス・ピストルズ。 ...続きを見る
・・・そしてロック野郎になった
2007/01/18 09:55
セックス・ピストルズ 2
NO.00811 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2007/04/23 12:30
一緒に地獄に連れってって!!−『地獄に堕ちた野郎ども』/ダムド
Damned Damned Damned / The Damned ...続きを見る
姫のお楽しみ袋 
2008/01/12 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
案外音が重苦しいんですよね…ピストルズ…。
若い人は期待して聴いて意外にガッカリしているかも…数年前は私も…(汗)
今じゃ漫画NANAのモデルですからね!ピストルズも出世しました(爆)
いたち野郎
URL
2006/07/19 18:34
パンク嫌いですが、「マイ・ウェイ」は最高だと思います!!食わず嫌いも なおさなくては・・・・
和登さん
2006/07/19 21:09
わたしが初めて買ったアルバムは、
「ザ・ベリー・ベスト・オブ・セックス・ピストルズ」というものでした。
シングルのB面の曲なども入っていて、
なかなかの、すぐれもののベスト盤でした。
ライナーに書かれたディスコグラフィーが秀逸で、
その波乱万丈の人生(?)に思わず「おおっ。」
と、うなったものでした。(笑。)
たく
2006/07/19 23:24
こんばんは!
TBありがとうございました。
かっこいいですよね!今聞いても、断然かっこいい!
この再結成のは、聞いていません。
大人のPANKはいい表現ですね!
evergreen
2006/07/19 23:50
いたち野郎さん。
NANAはマンガも映画も見てないんですけど、すごい人気ですよね!ピストルズがモデルというのは、カッコウですか?それともバンドのストーリーとかですか?とても興味があります(^^)。
波野井露楠
2006/07/20 23:36
和登さん。
パンクじゃない曲をパンクにアレンジするのってなんか楽しいですよね!日本のバンドも随分そういうのやってますけど…(^^)。何年か前は、日本のメロコア(?)バンドの間で、そういうアレンジが流行りましたよね(^^;)。
波野井露楠
2006/07/20 23:39
あぁ!波野井さん!ワタシも波野井さんと全く同じく、
あの80年代当時、アマチュアのパンクバンドを見て以来、
パンクはやっぱり自分好みの世界ではないと思っちゃいましたよ(*゜□゜*)
でも数年前に友達から「コレだったらパンクパンクしてないから絶対イケるハズ!」と強く勧められたのがクラッシュのロンドンコーリングでした!
聴いてみたらホント、パンクパンクしてないのでワタシの好みな曲ばかりでした!
でもいまだにパンクパンクしたほかのアーティストの曲はちょっとダメだったりします(汗)
ここ数年流行っているエモーショナルパンクっていうんですか、
ああいうのも全くダメだったりします、、、(大汗
もりたん
2006/07/20 23:39
たくさん。
なるほど!そういう意味ではベスト盤も捨てがたいですね(^^)。
そのライナーノーツ、私も読んでみたいです(^^)!!
波野井露楠
2006/07/20 23:40
evergreenさん。
そうなんですよね!いいものは、今聴いてもカッコいい!!ほんとそう思います(^^)。
あ、それから、このアルバムは、ピストルズの再結成の際に発売されたんですけど、全て、デビュー直後あたりの音源で構成されたいます(^^)。
波野井露楠
2006/07/20 23:44
もりたんさん。
なるほど!仲間ですね(^^)。
私も、ハードコアとかメロコアとかは全く詳しくないんです。
グランジも、そんなに詳しくないです(^^;)。
でも、ラモーンズとかクラッシュとかダムドとか、その頃のバンドは好きなんです。というか、好きになりました(^^;)。
エモーショナルパンクって、いわゆるメロコアのことですか?それとも、デスボイスと言われる声でわめくやつですか(^^;)?勉強不足ですみません(汗)。
波野井露楠
2006/07/20 23:48
実は僕もNANAは読んだことも見たこともないんですが(爆)
詳しい友達に詳しく聞いたところ、バンドをやってるNANAにこれまたバンドしてる恋人がいて、これがシドとナンシーがモデルなんだそうで、首飾りやブレスレットがまったく一緒なんだそうです。 そして、最後はその恋人にNANAは殺されてしまうんではないか…という顛末予想みたいです…。暇な時に立ち読みで確認しなければ…(^^;
いたち野郎
URL
2006/07/21 03:18
いたち野郎さん。
お返事ありがとうございます(^^)。
なるほど!そういう話なのですね!
納得(^^)!
ところで、そういう展開だとすると、なかなか興味深いですね!今度、なんとかして読んでみようかなあ、って思ってきました(^^)。
私の若い頃は「TO−Y(トーイ)」って言うパンク漫画があって、大好きでした(^^)。
波野井露楠
2006/07/21 23:12
ワタシもエモーショナルパンクのことはよく分からないんですけど
最近のバンドでよくベストヒットUSAでランクインしていた
フォール・アウト・ボーイっていうバンドが
ポップなパンクっていうか、メロディックなのにパンクがベースで、それでいて演奏はアメリカンハードロックという感じだったので、そのバンドだけは聴くようになりました♪
そのライナーにエモーショナルパンクという言葉があったので
彼らはそういうバンドだったのか〜と知りましたw
あ、正しくは「エモ/ポップ・パンク」って書かれてたんですけどね(^^ゞ
もりたん
URL
2006/07/25 02:21
もりたんさん。
お返事ありがとうございます(^^)。
なるほど!勉強になります。
メロコアってやつと近そうですね(^^)。
フォール・アウト・ボーイですか!
未聴なので、今度聴いてみたいです(^^)。
気になります(^^)。
波野井露楠
2006/07/25 19:07
こんにちは。こちらのブログへのコメント、どうもありがとうございました。
スパンク・ボックスってすごそうですね。盛りだくさんですね。カラオケはちょっと使いづらいですが・・・。
パンクのバンドには、アルバムの音源も「下手」に聞こえるバンドがありますが、ピストルズは全然そんな感じがしないんですよね。ものすごく重厚に録音されているし、演奏もうまいと思います。
muse
URL
2006/08/01 20:11
museさん。
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます!
そうなんですよね!ピストルズ、なんだ上手いじゃないか!!って感じです(^^;)。
はっきり言って、ドールズより上手い(^^;)!?
どちらも好きですが!

波野井露楠
2006/08/01 20:32
ねー、ダムドは書いてくれないの?!ダムドのアルバムすっごいいいから書いちゃったよー!TBさせてください。
chuchu
2008/01/12 20:51
チュチュ姫さん。
こんばんは!
ダムドもいいですねえ。
元祖ロンドン・パンク(^^)!!
私も触発されて今聴いています。
記事書いたらお知らせしますねえ(^^)。
波野井露楠
2008/01/15 03:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「大人が聴いてもいいものはいい!」 セックス・ピストルズ/勝手にしやがれ(スパンク・ボックス) 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる