波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「これからも活躍してくれると信じています!」 THE VINES/HIGHLY EVOLVED

<<   作成日時 : 2006/08/23 22:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 6

 「ブロガーさん達に教えてもらった1枚」第5弾!
 今日は、ブログ「むかしの洋楽が好きなのでつ(^^)」のもりたんさんのお薦めのヴァインズを聴いています。

 このアルバム(HIGHLY EVOLVED)をいつものごとく車のカーステに入れて聴き始めて、今日で3日目。
 ヴァインズは、ジェット(両方ともオーストラリア出身ですね)が出てきた頃から「おお、カッコいいなあ!」とチェックはしていたのですが、なんとなくアルバムを買うまでは至らずにずっときていました。でも、もりたんさんが「すごくいい!」「お薦め!」といろんなところで紹介してくれていたので、この間、ついにこのアルバムを買いました(^^)!(私が「PVでボーカルの人が最後に吹っ飛ぶ曲がカッコいい」とコメントしたところ、「それは、The Vinesの『Highly Evolved』に入っている『Get Free』という曲」だと教えてくれたんです。その節はありがとうございました(^^)。)

 で、聴いてみたところ…。
 正直言って、びっくり!!
 私は、この頃のヴァインズの曲はみんな「Get Free」のような絶叫ノリノリ・ソングだと勝手にイメージしていたんですが、そうではなかったんですね!
 サイケ好きのもりたんさんが「いちおし」の理由が分かりました(^^)。
 ヴァインズが「ニルヴァーナ・ミーツ・ビートルズ」なんて言われ方をしていたのは知っていたのですが、私は「ヴァインズの曲が、ビートルズみたいにメロディアスだけど、ボーカルがカート・コバーンのような絶叫タイプだから、そう言われてるのだろう」と想像していたんです。これは、ある意味、当たっているかも知れないのですが、でも、本当はそんな単純なことではなかったんです。1つの曲の中にニルヴァーナとビートルズの要素がある…というよりも、むしろ、このアルバムの中の曲が、ニルヴァーナ・タイプのグランジチックな曲とビートルズ・タイプのサイケな曲に分かれているんです。例えば、さっきまで「ウォー!」って叫んでいたのに(1、3、6、11、12など。12の終盤は滅茶苦茶サイケですが!)、次の曲では、アコースティックまたはサイケデリックにきめている(2、4、5、7、8、9、10など。8と9は途中で絶叫パターンに移ります。あと8はレゲエのリズムをうまく使ってます!)って感じです。

  ところで。
 今、ヴァインズと言えば、ボーカルのクレイグ・ニコルズがアスペルガー症候群だった…ということで有名になっていますが、この病気については、正確に理解しているという人がまだまだ少ないっていうのが現状ですよね(我々教員でさえ)。
 アスペルガー症候群というのは、最近明らかにされた病気で、ちょっと説明させてもらうと、次のようなものです。
「アスペルガー症候群:
 一般社会に適応するのが難しい自閉症の一種。一般的に知能が高く、数字やアートに異常なほどの興味を示すが、変化に適応することができず、慣れ親しんだ環境や食事、匂いに囲まれていることを好む。
 アスペルガー症候群は、心の病気ではなく、脳の特性が原因で起きる発達障害の1つ。一見、ごく普通に見える患者は、他者とのコミュニケーションが上手く取れず、単なる我がままと誤解されることが多い。幼少時には、病気を特定してもらえない場合もある。」
 ただ、最近明らかにされたと言っても、こういう症状の子(人)というのは以前からもいましたし、ものすごく特別というものでもないのです。しかし、以前は、こういう症状の子がいると、親の育て方が悪いとか、家庭環境が悪いとか、その子自身の性格が悪いとかって言われてしまったのですが、アスペルガーという研究者のおかげで、そうではないということが分かってきたのです(しかし、周りの人間の接し方や環境がうまくその子に合うと、その症状は軽減されると言われています)。

 こういうことを知ると、クレイグ君の今までの激しすぎる言動も、「ああ…」と頷ける部分があります。(ここでは、今までの彼の言動がどうだったか…といった話は割愛します。)
 これからは、周囲の人間が彼のことを理解してあげないといけませんし、彼自身も自分自身をよく知っておかないといけません。しかし、彼はミュージシャンで、本当に多くの人間と関わっていかなければならないし、たくさんのファンを大切にしていかなければなりません。「僕はアスペルガー症候群だから…」では済まされないことも出てくるでしょう…。
 彼が、ソロ・ミュージシャンではなく、バンドの一員として活動していくには、多くの困難がついてまわる可能性もあります。
 しかし、このアルバムを聴けば分かる通り、彼は才能溢れた優れたミュージシャンです。そんな彼の未来が悲しいものにならないように、今後は(も)、周囲の人間の理解と協力のもと、彼自身も上手く感情をコントロールして、是非活躍を続けていってほしいと、心から願います。
 
 クレイグ君!君を信じて応援し続けている人間が世界中にいます!辛いことも多いだろうけど、是非これからもいい曲をたくさん書いて、いいパフォーマンスをたくさん見せてください!
 遅ればせながら、この私も、今日からヴァインズ・ファンの一人となり、影ながら応援させてもらいます(^^)!!
 ファイトだ、クレイグ君!!

 今日、本当に偶然にも、アスペルガー症候群などの研修を受けてきた私です。大学の先生の話を聞きながら、何度もクレイグ・ニコルズのことを思ってしまいました。

試聴はこちら

<ROCK>
THE VINES/HIGHLY EVOLVED (2002)
1. Highly evolved
2. Autumn shade
3. Outtathaway
4. Sunshinin'
5. Homesick
6. Get free
7. Country yard
8. Factory
9. In the jungle
10. Mary Jane
11. Ain't no room
12. 1969
画像

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ドアーズ』とノンアルコール
ドアーズ ...続きを見る
映画とお酒と・・・エトセトラ
2006/08/24 00:04
ザ・ヴァインズ 「ハイリー・イヴォルヴド」
今日のジャケ画は、The Vines「Highly Evolved」 ...続きを見る
昔の洋楽が好きなのでつ(^^)
2006/08/24 02:45
アスペルガー症候群のコミュニケーション上の障害
アスペルガー症候群のコミュニケーション上の障害アスペルガー症候群(アスペルガー障害)等ではない非自閉症の人間は他の者の雰囲気や様子からその人の感情・状態を読み取る事が出来ます。しかしアスペルガー症候群(アスペルガー障害)の人はこの能力が欠けており、心を読む事が難しいといわれています。そのような仕草や状況、雰囲気から気持ちを読み取れないアスペルガー症候群(アスペルガー障害)の人は他人が微笑む事を見ることを出来てもその意味がわからない。また、表情やボディランゲージなど、その他あら... ...続きを見る
アスペルガー症候群の特徴
2007/05/16 11:11
アスペルガー症候群の診断その2.コミュニケーションの技能
アスペルガー症候群の診断その2、コミュニケーションの技能アスペルガー症候群は一般的に言語や知恵の遅れなどはないと言われています。こちらではアスペルガー症候群のコミュニケーションの技能の診断となっています。言われたことを、字義どおりに受けとることがありますか?例えば、「えりを正す」「お目玉を頂戴する」「胸に手を当てて考える」のような言い方に混乱するなど。 口調にどこか不自然なところがありますか?例えば「外人風」のアクセントだったり、肝心な言葉を強調しない一本調子だったりするなど... ...続きを見る
アスペルガー症候群って何?
2007/05/25 07:59
アスペルガーのチェック
アスペルガー症候群の人は、多くの健常者と同様に、またはそれ以上に強く感情の反応を... ...続きを見る
知って得する事典
2007/12/17 22:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
記事内にワタシの名前が出ていてビックリです(≧∀≦)ノ
ヴァインズ、どの曲も気に入ったみたいですね!?
サイケでとても良いでしょ??( ̄∀ ̄)
個人的には2ndのほうが好みなんだけど、発表当時は大人しい曲が増えてパワーダウンしたとか、メディアなどから酷評されちゃったんだけど
ワタシはそうは思わないんですよね。
あの良い意味での「枯れた雰囲気」がとても良いんです♪
機会あったら聴いてみてくださいね〜!
ところで今現在のクレイグはまだまだ完全な状態ではないみたいですよね(T∀T)
無理しないでほしいし、周囲も無理させないようにしてもらいたいと思ってます。
もりたん
URL
2006/08/24 02:55
ぬぉ!ヴァインズまで!
こりゃオージーのバンドって事で好きです笑 いやぁ実は自分の留学先がオージーだったんで(笑
音楽的には私の好きな音楽にジャストフィットする音楽ではないんですが、良く練りこまれた楽曲と繊細かつ激しい楽曲は一種の美学を感じます。(なんのっちゃ笑)
独自の世界と言いましょうか・・・。ミレニアム期のロックを代表する作品ですよね。
ラリアン・ガイ
2006/08/24 23:55
もりたんさん。
こんばんは。勝手に名前登場させてすみません(^^;)。
ヴァインズ、どの曲も気に入りました!
今度は是非、2ndも聴いてみますね(^^)。
ところで、マンドゥ・ディアオ、ご存じですか?私、すっごく好きなんです(^^)。
波野井露楠
2006/08/25 01:31
ラリアン・ガイさん。
こんばんは。
おお、ラリアン・ガイさんもヴァインズご存じなんですね(^^)。
うん、確かに美学を感じます(^^)。
せっかくの才能、「滅びの美学」なんてことにならないように、ただただ祈っています(汗)!
波野井露楠
2006/08/25 01:33
マンドゥディアオ、好きですよ♪
あの1stはガツンときちゃいましたね!
でも2ndは…。。。なんだか失速気味でガッカリでした(^^ゞ
早く次作が聴きたいです…3rdが出たらのハナシだけど(^^ゞ
もりたん
URL
2006/08/25 01:59
もりたんさん。
お返事ありがとうございます(^^)。
マンドゥの2ndは評判よくないですね(^^;)。
でも、私、1枚目も2枚目も好きなんです(^^;)。
特に2枚目に入っている「God Knows」はTOMMY HILFIGERのCMで流れてるの聴いて、「かっこいい!誰の曲なんだ!?」ってネットで探しまくった程なんです(^^;)。
サード、そろそろ見たいですね(^^)。
波野井露楠
2006/08/25 10:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「これからも活躍してくれると信じています!」 THE VINES/HIGHLY EVOLVED 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる