波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「音質の悪さ?気になりません(^^)」 THE KINKS/LIVE AT KELVIN HALL 

<<   作成日時 : 2006/08/11 11:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 こんにちは。
 今日は午前中が休みなので、ちょっと一息ついています。

 まったく音楽とは関係ないのですが、昨日、ちょっとびっくりしたことがあったので、初めに少しだけ書かせてください(^^;)。それは、学校のプールのことなのですが…。
 昨日は、午前は研修、午後は校内の備品点検という一日でした。私は体育関係を担当し、もう一人の担当の先生と二人で、ムウっとする体育館や体育小屋の中を中心に汗だくになりながら、施設や道具の点検をしました。そして、最後に行ったのがプールの点検。
 6月から私が命をかけて掃除をしてきたプールだったのですが(←大袈裟(^^;))、先日、地域へのプール開放が終わり、水の循環のポンプのスイッチを切った途端に水はきれいな(?)緑色に(本当にあっという間です。まるでバスクリンを入れたお風呂のよう(^^;))!
 で、当然、「おお!見事な緑色だなあ」とプールを覗き込む私。
 その時!私の目に飛び込んできたものは!!!
 それは、プールの壁に口をつけて引っ付いたり水中でゆらゆらしたりしながら気持ちよさそうにしている大量のオタマジャクシ達の姿!!その数、何百匹(いや何千匹か?)!
 もう一人の先生にも声をかけ、しばし呆然とする二人(^^;)。
 毎年、次の年の最初のプール掃除の時に、いつもカエルがプールの中にいるのですが、どうやら、こういうわけだったようです(^^;)。教員生活14年目…。閉鎖後のプールの中がこんなことになっているということを初めて知りました(^^;)。
 いやあ、それにしても本当にびっくりしたなあ(^^;)。しかも、オタマジャクシ達はカワイイし!オタマジャクシは、春の終わりの風物詩かと思っていたのですが、こんな真夏というか晩夏というか、そういう時期にもちゃんと命を育んでいるのだなあと思ったら、思わず愛おしくなってしまいました(^^;)。
 これから秋になって、カエルの声が聞こえたら、昨日見たこのオタマジャクシ達を思い出すんだろうなあ…なんて、ちょっと温かな気持ちになっている私です。

  
 って、おっと!
 「少しだけ」と言いながら、音楽と無関係な話をこんなに長々と書いてしまいました。すみません(汗)。

 では、仕切り直して、音楽の話(^^;)。
 昨日は、そのオタマジャクシ達を見た後、退勤時間となり、いつものようにカーステレオで音楽を聴きながら家路についた私ですが、昨日はキンクスのケルヴィン・ホールでのライブ盤を聴きながら帰りました。
 このところ毎日聴いている盤なのですが、私はキンクスのライブ盤が大好きで、その中でも、この「 LIVE AT KELVIN HALL」が一番のお気に入りなのです。

 「音質が驚く程悪い」「女の子達の歓声がうるさすぎる」など、世間一般ではかなり厳しい評価のこのアルバムですが、その「音質の悪さ」も、「うるさすぎる女の子達の歓声」も、私は全部気に入っています(^^)。
 だって、本当に生々しいんです!
 客の手拍子、アナウンス、歓声、ドラムやギターの音ならし…。そして、楽器の音が止み…。一瞬の緊張感の後、いきなり始まる1曲目の「Till the End of the Day」!
「あまりの音質の悪さに閉口」!??そんなことはありません。もちろんCDだからかも知れませんが、もう、あまりのカッコよさにいきなりノックダウンです!!(歌詞の途中の「イエィ」というレイ・ディヴィスの声も、やけにリアルで、聴いていてニヤリとします(^^)。)
 それから、3曲目の「You're Lookin' Fine」を始める前にレイがデイヴにマイクを譲っているMCは微笑ましく、4曲目の「Sunny Afternoon」での女の子達の大合唱はエキサイティングで、聴いていて本当に気持ちいい。あと、さらに付け加えると、「You Really Got Me」の前に女の子達が声を揃えて歌っている「ハッピー・バーズデイ」の歌も微笑ましい。(ただ、この「ハッピー・バーズデイ」が誰に歌ったのかは、未だに謎で、一般的には「デイヴの誕生日」と言われているのだが、この演奏は1967年4月1日のものとされており、そうなると、デイヴの誕生日は2月なのでズレが生じてしまうのである(^^;)。)
 あと、「このライヴの最大の盛り上がりは?」ということで書かせてもらうと、それは、このアルバム後半の「『Come on Now』〜『You Really Got Me』〜『Medley: Milk Cow Blues/Batman Theme/Tired of Waiting For You/Milk Cow Blues』」のところではないかと私は思っています。スピーディな演奏とボーカルの掛け合いがカッコいい「Come on Now」から、泣く子も黙る「You Really Got Me」と続き、最後はメドレーで終わるという流れは、文句なしのカッコよさ!メドレー自体も、ブルージーな「Milk Cow Blues」から「Batman Theme」に変わり(この「バッドマンのテーマ」がまた滅茶苦茶カッコいい!)、甘めの「Tired of Waiting For You」を挟み、また迫力の「Milk Cow Blues」に戻る、という構成が素晴らしく、本当にイカしています(←死語?(^^;))。

 いやあ。本当に、全編、演奏も観客の歓声も、みんなみんな最高の1枚です(^^)。

 ところで、私はこのアルバムを十数年間、ダビングしたカセットテープでしか聴くことができなかったので(LPやCDでは持っていなかったのです)、1年ほど前にCDを購入したのですが、なんと、今は、アルバムまるまる1枚分のステレオバージョンがボーナストラックとして入っていて、びっくり(^^)!よく聴くと、モノラルバージョンとはちょっと違う箇所があって興味深いし、なんともお買い得な1枚です(^^)。

 最後に、豆知識を。
・このアルバムは、「サムシング・エルス」やベスト盤の発売を会社側が優先させたために、発売が遅れ、こんなにも凄い歓声が収録されている本作なのにも関わらず、発売されたころにはキンクス人気がいったん下降する時期に入ってしまい、セールス的には成功しなっかった!(女の子達の変わり身の早さに、驚きます(^^;)。)
・アメリカ盤では、1曲目の「Till the End of the Day」が、誤って「All Day And All Of The Night」とクレジットされていた。(どういう間違え方だ、一体!(^^;))
 今回のCDのブックレットには、当時のそのLPの表記が間違っている部分の写真がわざと載せてあるのですが、キンクスの(レイの?(^^))皮肉屋なところが表れていてニヤリとさせられます(^^;)。
 
試聴はこちら

<ROCK>
THE KINKS/LIVE AT KELVIN HALL (1968)
(※アメリカ盤の発売は1967年)

1. Till the End of the Day [Mono]
2. Well Respected Man [Mono]
3. You're Lookin' Fine [Mono]
4. Sunny Afternoon [Mono]
5. Dandy [Mono]
6. I'm on an Island [Mono]
7. Come on Now [Mono]
8. You Really Got Me [Mono]
9. Medley: Milk Cow Blues/Batman Theme/
Tired of Waiting For You/Milk Cow Blues [Mono]
10. Till the End of the Day [Stereo]
11. Well Respected Man [Stereo]
12. You're Lookin' Fine [Stereo]
13. Sunny Afternoon [Stereo]
14. Dandy [Stereo]
15. I'm on an Island [Stereo]
16. Come on Now [Stereo]
17. You Really Got Me [Stereo]
18. Medley: Milk Cow Blues/Batman Theme/
Tired of Waiting For You/Milk Cow Blues [Stereo]
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
The Kinks - Live At Kelvin Hall
 50年代に登場したロックンロールは当時10代だった英国の若者を刺激するには十分だったようで、併せて英国ツアーを行っていた往年のロックンローラー達を生で見れたりテレビで見たりという数少ない情報の中から自らも& ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2006/09/17 11:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
僕が小学校のときのプールにもおたまじゃくしいましたよ!やはり数百匹はいたと思います… さらには、なぜかデカい川魚数匹までも(爆)

このアルバム、最後の方は演奏が歓声にかき消されて、もう何演ってんだか分かりませんよね!ラストのメドレーの強引さが、またいい味なんですよね〜。キンクスは何やっても様になりますね!何やっても許される、と言った方が正解かも…。
いたち野郎
URL
2006/08/11 21:50
いたち野郎さん。
今は千葉に帰って来てるんですね!
お帰りなさい(^^)。

デカい川魚は、きっと先生が放していたんでしょかねえ(^^;)。

ところで、ラストのメドレー!本当にいい味出してますよね!以前聴いていたカセットテープは、「ユー・リアリー・ガット・ミー」から「メドレー」までを繰り返し聴いたので、テープがヘロヘロに伸びてしまいました(^^;)。
波野井露楠
2006/08/11 23:45
かれこれ2週間、ネットが使えない生活でした・・。

波野井さんの学校のプールはオタマジャクシくん大発生なんですね!私の家は夜になると蛙くんの大合唱が聞こえてたのですが、今、ふと耳を澄ますと虫の音に変わってました。確実に秋なんですね〜。でもまだまだ暑い!!
そろそろ2学期の準備でお忙しいでしょうか?!私もあともう少し児童館で頑張ります〜♪
まゆぼん
URL
2006/08/28 19:45
まゆばんさん。
お帰りなさい(?)(^^)。
確かに、夜は涼しくなってきましたねえ。この間、夜、外を歩いたとき、それをすごく感じました。
私は、秋が好きなので、なんかうれしいです(^^)。

2学期はもう目の前。気持ちと頭を、大急ぎで切り換えている私です(^^;)。
波野井露楠
2006/08/28 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「音質の悪さ?気になりません(^^)」 THE KINKS/LIVE AT KELVIN HALL  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる