波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「甦る高校時代の思い出」 OZZY OSBOURNE/BLIZZARD OF OZZ 

<<   作成日時 : 2006/09/28 23:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 9 / コメント 16

  「ブロガーさん達に教えてもらった1枚」第19弾!
 今日紹介するのは、ブログ「まい・ふぇいばりっと・あるばむ」のOZZYさんが紹介中のオジー・オズボーン!OZZYさんの紹介している「トリビュート〜ランディ・ローズに捧ぐ」ではないのですが、ランディ・ローズの魅力がぎっしりつまった「BLIZZARD OF OZZ」を聴いています。

 このところ、仕事の行き帰りの車の中で毎日聴いているアルバムです。
 このアルバムは、高校の頃、友だちにカセットを借りて、それをさらにまたカセットにダビングして聴いていたのですが、いつしかテープもなくなってしまい、そのままオジーを聴かなくなり10年以上(^^;)!
 それが、OZZYさんのブログを見て懐かしく思っていたところ、輸入盤が近所のCD屋で格安で売られているのを発見!(「1枚1350円。5枚買ったら1枚プレゼント」というキャンペーン対象商品になっていました(^^)。)
 もう、迷わずゲット!

 そんなわけで、最近この「BLIZZARD OF OZZ」を毎日聴いているのです。

 それで、買ってから、「実は、このCDはランディ・ローズが亡くなって20年という節目に、ベースとドラムの演奏を新しく差し替えて発売されたものだ」ということを知り、びっくりしてしまったのですが、私にとってのオジー・オズボーン(バンド)と言ったら、「オジーとランディーの2人がお目当て」という感じなので、オリジナルとの違いとかそういうことにはあまりこだわらずに、すごく懐かしく聴いています(真のオジー・ファンのみなさん、すみません。汗)

 それでですねえ…。
 なんと言うか、聴いていると高校時代の思い出が鮮明に蘇ってきて、なんか胸がキュンとなるんです(^^;)。
 友だちの部屋の壁に貼ってあったランディ・ローズのポスター。
 このアルバムを初めて聴いた時、「おお!44マグ○ムや聖飢魔○は、オジー・オズボーンをパ○っていたのか!」なんてバンドのメンバーと、すごい発見をした気になって夢中でしゃべっていたこと。
 そんな思い出の一つ一つが、かなりリアルに思い出されて、なんだか甘酸っぱい気持ちになってしまうんです(年甲斐もなく。苦笑)。

 当時、私はアースシェイカーのコピーバンドをしていたのですが、オリジナルをやっていたバンドの多くは、この「BLIZZARD OF OZZ」の曲の中のどれかを参考に曲の構成や歌のメロディー、ギターのリフなんかを作っていましたからねぇ(^^;)。(「I Don't Know」「Crazy Train」「Mr. Crowley」あたりをモロにパ○っているバンドはたくさんありました(^^;)。)

 そんなわけですから、いろいろ懐かしく思うのも仕方ないですよね(^^;)。

 私が高校生の頃は、ボーカルはみんな「どれだけ高い声が地声で出るか。そしてビブラートができるか」を競い合っていましたし、ギタリストは「いかに速く指が動くかを競い合っていました(^^;)。(ギタリストの友だち達は、「どんなに速いリズムでも全てダウン・ピッキングで弾く!」ということでも競ってました(^^;)。)それから、ベースはラウドネスのベースの「まーくん」が弾いていたソロの「禁じられた遊び」が弾けると上手いベーシストで、ドラマーはアースシェイカーの「モア」の前奏でのフィルインが上手に叩けたら上手いドラマーというのが、私達の間の基準でした(^^;)。

 本当に若く、青い時代でした(^^;)。

 オジー・オズボーンの「BLIZZARD OF OZZ」は、そんな高校生の頃の私たち「ヘヴィメタ小僧」にとってのお手本がいっぱいつまったアルバムだったのでありました。(「オジーのボーカルにはビブラートがない」というのが難点と言えば難点だったのですが(^^;)。)

 うーん。
 ただただ懐かしい!
 本当に本当に久しぶりにオジー・オズボーンを聴く機会を与えてくれ、こんなに懐かしい思いにひたらせてくれたOZZYさんに感謝です(^^)。

 それにしても、ランディ・ローズは本当にカッコいいなあ(^^)。

 仕事が忙しくて疲れ切っていたり、さっき食器を割ってしまい落ち込んだりしていた私ですが、懐かしい思い出にひったっているうちに、少しずつ復活してきました(^^)。
 改めて、音楽の力って凄い!!

 では、そろそろ現実に戻って、仕事を始めます(^^;)。
 みなさん、おやすみなさい!

試聴はこちら

「Crazy Train」の映像

「Mr. Crowley」の映像

<ROCK>
OZZY OSBOURNE/
BLIZZARD OF OZZ 
(2002/Original 1981)

1. I Don't Know
2. Crazy Train
3. Goodbye To Romance
4. Dee
5. Suicide Solution
6. Mr. Crowley
7. No Bone Movies
8. Revelation (Mother Earth)
9. Steal Away (The Night)
10. You Lookin' At Me Lookin' At You
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラック・サバスを2006年の耳で聴きなおすと・・・?
今夜のBGM・・・ BLACK SABBATH / PARANOID ...続きを見る
音楽酒場R
2006/09/30 05:02
Ozzy Osbourne - Blizard of Ozz
 MTVで見るオジー一家のドタバタ騒動はお茶の間の視聴者でも単純に楽しめるドキュメンタリーでオジーもすっかり有名になってしまったが、昔はコワイ変人でした。「コウモリを食べる人」というイメージがアタマの中に残っ& ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2006/09/30 09:46
OZZY OSBOURNE /BLIZZARD OF OZZ
Blizzard of Ozz 81年発表作品。 BLACK SABBATH脱退後に出した1stソロ・アルバム。「BLIZZARD OF OZZ」ってバンド名らしいのですが、記憶が曖昧です。「OZZY OSBOURNE BAND」の1stって事ですね!! 「DIARY OF A MADMAN」と甲乙付けがたい名盤ですが、こちらの方がSABBATHテ... ...続きを見る
ヘヴィーメタルとラーメンの日々
2006/09/30 11:32
メタル・ギター・ヒーロー
●ランディ・ローズ(Randy Rhoads) ●1956年12月6日生まれ〜1982年3月19日死去 アメリカ出身 ...続きを見る
ROCK ANTHOLOGY BLOG
2006/09/30 20:56
書ききれなかった Randy Rhoads : Blizzard Of Ozz
いつも記事を書くときはその曲を聴きながらあれこれ思い出して書いてるので、つい感傷的になってしまいました。まったくもってお恥ずかしい限りです(-_-) 今日は仕切り直しということ... ...続きを見る
Spirit In The Sky
2006/09/30 22:02
オジー・オズボーン 2
NO.00514 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/10/03 13:53
ヘビメタギタリストといえば・・・
やっぱりランディローズですね。ロックギタリストは他にも好きな人がいっぱいいますが“ヘビメタ”に限定するとこの人でしょ。やっぱ。 ...続きを見る
おかだのblog
2006/11/10 14:57
オジー・オズボーン 3
NO.00716 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2007/02/19 01:45
オジー・オズボーン 5
NO.00974 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2007/10/29 14:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは オジー・オズボーンは知らないのですが
想い人さんは ビグラスとオズボーンの「フォーエバーオータム」を聞いてるらしいのですが 同じ人でしょうか?
和登さん
2006/09/29 20:35
和登さん。
こんばんは(^^)。
コメントありがとうございます!!
和登さんの言うオズボーンは、残念ながら別人ですね(^^)。
「秋はひとりぼっち」は、全くヘヴィメタとは無関係の爽やかサウンドです。なんとなくS&Gっぽいかも(^^)。
下のサイトで試聴できますので、よろしければ聴いてみてください(^^)。
今日は、夕方からの出張があり、今帰って来ました。疲れましたー(^^;)。
http://www.eigo21.com/03/pops/mokuji.htm
波野井露楠
2006/09/29 21:41
そうそう、みんな早弾きがんばってましたね!
ライトハンドとかね!!
私もヘヴィメタバンドやってたので、ギタリストは2人とも早弾きがんばってた…
ドラマーは、2バスがんばってた。

それと「モア」は、学園祭でやりました。
懐かしーい!
「もぉっとーもぉっとーこどくよ〜おーどれ〜…」
今となっては、はずかしーーーっ!
Rosebud RIE
URL
2006/09/30 01:14
リズム隊差し替えられているってのは知らなかったなぁ。聴いてみたい気もするけど、絶対元の方が良いに決まってるしね。しかし懐かしく若くて青い時代、でも今そういう話で結構盛り上がります♪ やっぱかっこいいもん。アースシェイカーは今でも元気だしね。
フレ
URL
2006/09/30 09:48
Rosebud RIEさん。
おお!RIEさんもヘヴィメタを通ってきたのですか(^^;)!!
しかも、モア(^^)!!
ひょっとして同年代(^^)!?
いやあ、懐かしいです。
「記憶の中」とか「ラジオ・マジック」とかも好きだったなあ。しみじみ(笑)。
いつも、コメントありがとうございます(^^)!
波野井露楠
2006/09/30 10:41
フレさん!!
コメントありがとうございます!
リズム隊差し替え!
どうやら、詳しく調べてみたら契約の問題があったようなのですが、最初、知らずに聴いたらそんなこと全く気づきませんでした、私(汗)。
ところで、何年か前、千葉の小さなライブハウスにアースシェイカーが来て、観に行ったのですが、全くパワーが衰えておらず、その時は大いに感動しました(^^)。
波野井露楠
2006/09/30 10:45
こんばんはー。トラックバックありがとうございましたー。
こちらからもトラックバックさせて頂きますね。

オジーの声量のなさや、音域の狭さで最初こそは敬遠してた私が、サバス時代も含めてオジーを聴いてみようと思うきっかけを作ったのが、ランディのギターでした。
おかげでどっちかと言うと、今でもオジーは好きではないけど、これはこれでアリやなって思えるようになりましたよ。

やっぱりランディのギターは最高でした。
sy_rock1009
URL
2006/09/30 21:06
私の田舎ではマイケルシェンカーグループのコピーバンドがたくさんいました。我々の世代はヘビメタに出会って人生狂ってしまった人多いですよね。爆。
たく
2006/09/30 21:25
sy_rock1009さん。
こんばんは!
遊びにきてくださってありがとうございます!!
確かに確かに!オジーのボーカルは、ちょっと気になるんですよねえ(^^;)。なんか一本調子と言うか(^^;)。でも、私もそれがオジーの味だと思って、聴いています(^^)。
ああ、でもやっぱり、ランディ、最高ですね!!歴代ギタリストでダントツ好きです!
波野井露楠
2006/10/01 00:36
たくさん。
ほうほう!たくさんの地元ではMSGでしたか(^^)!
いやあ、本当にはやりましたでHW/HR!!
高一の時、友だちの友だちが(笑)弾いていたマイケル・シェンカーのギター・リフを聴いて、「おお!レコードと同じじゃないかー!!」って感動したことを思い出しました(^^;)。
波野井露楠
2006/10/01 00:40
やはり僕も十代の頃は、ランディローズにハマりました。彼のようにギターが弾きたくて練習したものです。バンドでもクレイジートレインが十八番でした。その後のジェイク・E・リーも大好きでした。CDもう売っちゃったけど、また買いなおそうかなぁ。
ヒディ
URL
2006/10/01 00:56
こんばんは♪コメントありがとうございました!
TBさせていただきました♪
記事読ませて頂いたら、どうやら同世代ですね(笑) 私も高校時代はドップリHR/HMに浸かった青春でした!
Michael Schenkerを筆頭にGary MooreやRitchie Blackmoreが当時の大好きなギタリストでしたが、その中で、Randy Rhoadsは別格でしたね(^ ^;)
本当に彼が亡くなった時はショックで、アルバム聴きながら号泣しました(涙

もう四半世紀になるのかと思うと感慨無量です。。大好きRandy♪

また寄らせていただきますね〜♪
Airy
URL
2006/10/01 00:57
ヒディさん!
こんばんは(^^)。
おお、やはりランディにはまったのですね(^^)!クレイジー・トレインの暗いと思わせておいて意外と明るいメロディーやギターが好きです。
ああ、でも私はギターが下手なので、ヒディさんがすごーく羨ましいです(^^;)。
波野井露楠
2006/10/02 19:57
Airyさん。
こんばんは!遊びにきてくださってありがとうございます(^^)。
同年代だったとは!うれしいです(^^)。
私は、他の記事のところでも書いたのですが、けっこう聴く範囲が広いようで狭いので、実は、HM/HRは素通りしているバンドも多いんです(汗)。
でも、ランディのギターは本当にカッコいいですよね!それからルックスもカッコいい(^^)!
結構大事かも、ルックスって(^^;)。
また、よかったら遊びにきてくださいね〜(^^)。
波野井露楠
2006/10/02 20:00
50にして 初めてオズボーンを聴くのも 恥ずかしいですね!でも なんら違和感なく すんなり聴きましたよ!フラトラに似てるのはBLACK SABABBATHとWAR PGSですフラトラお薦め盤はSATORIです(^O^)
和登さん
2006/10/09 09:41
和登さん!
いつも、稚拙な記事にも関わらず、いろんなアルバムを借りてまで聴いてくださって感激です!
「SATORI」ですね!
わかりました(^^)!
ぜひ、私も聴いてみますね(^^)!!!
波野井露楠
2006/10/09 10:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「甦る高校時代の思い出」 OZZY OSBOURNE/BLIZZARD OF OZZ  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる