波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「こんなに怖そうにしなくても…汗」 AARON NEVILLE/bring it home...

<<   作成日時 : 2006/10/10 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 14

  「ブロガーさん達に教えてもらった1枚」第24弾!
 やっとアマゾンから届きました(^^)!ブログ「iKO songbook」のiKOさんに教えてもらったアーロン・ネヴィルの最新作が!!

 「まだか?まだか?」と心待ちにしていた、このアルバム!
 届いて、速攻で聴きました(^^)。
 なんと言うか…。もう、「さすが、アーロン・ネヴィル!」の一言です。
 これでもか!というくらいの超有名曲の嵐!
 そして、全てが見事にアーロン節!!
 オーティスもサム・クックもアル・グリーンもテンプテーションズもパーシー・スレッジもベン・E・キングも…みんなみーんなソウルフルでヴェリー・ヴェリー・スウィートな仕上がりになっています(^^)。
 アーロンの甘いファルセット・ボイスに、男だとか女だとか関係なく、聴いた者のほとんどはとろけてしまうことでしょう!(私の一番のお気に入りは、珍しく(?)アーロンが地声で歌っている「リスペクト・ユアセルフ」なのですが(^^)。←本家メイヴィスとのコラボも大成功!パンチの効いたファンキーな感じが最高です!)
 
 どの曲からも、アーロンやレコーディング・メンバー、そしてゲスト・ミュージシャンら、このアルバムに関わった全ての人のソウル・ミュージックに対する愛が感じられる本当に素晴らしい本作!
 1年前のカトリーナのダメージを乗り越えて頑張っているニュー・オリンズの人々のことを思いながら、または自分の愛する人のことを考えながら、または何も考えずにただただじっくりと…それぞれの聴き方で味わってもらいたい1枚です。

 ちなみに、レコーディング・メンバーは次の通りです。(豪華!)
 James Gatson(d., perc)
 Freddie Washington(b.)
 Heitor Pereira(g.)
 Ray Parker Jr.(g.)
 Neil Larsen(organ)
 Joe Sample(kbd)
(ゲスト・ミュージシャンについては、下の曲目を参考にしてください。)

 ところで、アーロン・ネヴィル…。よく見ると左の頬にナイフの形の刺青をしてるんですね!別の写真を見ると腕にもバッチリ!!
 いやあ、この外見からあのセクシー・ボイスが聴けるとは…。知らない人に言っても信じてもらえないかもしれませんね(^^;)。
 それにしても、アーロンは、なんでこんなに自分を怖そうに見せているのでしょうか??素朴な疑問です(^^;)。
 最後に、音とは関係ないことを書いてしまってすみません(汗)。

試聴はこちら

レコーディング風景の映像が見られます!

<R&B>
AARON NEVILLE
/bring it home... the soul classics 
(2006)

1. Rainy Night In Georgia (featuring Chris Botti)
2. Ain't No Sunshine
3. (Sittin' On) The Dock Of The Bay
4. Stand By Me
5. You Send Me
6. Respect Yourself (featuring Mavis Staples)
7. When A Man Loves A Woman
8. Let's Stay Together (featuring Chaka Khan)
9. It's All Right
10. People Get Ready (featuring Art Neville and David Sanborn)
11. My Girl
12. Ain't That Peculiar
13. A Change Is Gonna Come
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Aaron Neville - Bring It on Home...
以前、コメント欄でお知らせした Aaron の新譜です。 ...続きを見る
iKO songbook
2006/10/11 01:10
Indians Comin' !
大阪中之島にマルディグラ・インディアン出現!いかにも御堂筋パレード(大阪で毎年開催されるお祭りです)で行進していそうな出で立ちですが、そうではありません。 ...続きを見る
空から墜ちてきたブルース
2006/10/12 12:46
Aaron Neville / Bring It On Home... The Soul Class...
Burgundy Records移籍第1弾。 プロデュースはスチュワート・レヴィン。 参加ミュージシャンは、ジェームス・ギャドソン、フレディー・ワシントン、レイ・パーカーJr.、ジョー・サンプル、ニール・ラーセン等の超一流所。更にゲストとして、デイビッド・サンボーン、クリス.... ...続きを見る
mints life
2006/10/31 18:32
Aaron Neville - Bring It On Home The Soul Classics
好き嫌いのある声です。New Orleans出身のソウルシンガーとして貫禄がありますが、高音域で不安定にビブラートする独特の歌いまわしが災いしてか、「押しも押されぬ」まで押し上げられることがない。ただNeville Brothersの角の取れたまろやかなファンキーソウルは、彼の声があったればこそ、あそこまで上品になった。無難に聞きやすいことだけが大ボーカリストの条件ではありません。 ...続きを見る
一日一枚 Disk-a-Day
2006/11/03 20:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
よろこんでいただけてよかった。

あんなに怖そうに見えるけど、あの兄弟の中では、離婚歴がないんですよね。でも、性格は見た目同様、相当なマッチョらしいっす。
iKO
2006/10/11 01:09
まだ 『イエロームーン』しか聴いてません。マッチョにもほどがありますね!ぼちぼち 聴いてみますね!
和登さん
2006/10/11 20:09
iKOさん。
こんばんは。
本当にいいアルバムを紹介していただきました(^^)。ありがとうございました!
ところで、やはりと言うか何というか…。
性格もマッチョなんですか(^^;)!?
そうとう怖いということでしょうか(^^;)??
それなのに、あの歌声!!
そのギャップがすごいですね(^^)!!
波野井露楠
2006/10/11 22:38
和登さん。
こんばんは!
ネヴィル・ブラザースは「イエロー・ムーン」以前のアルバムが好きで、聴いていました(^^)。
でも、「イエロー・ムーン」も、それまでとはまた違った味わいの名盤ですよね!!
それにしても、やっぱりマッチョすぎですよね(^^;)。
波野井露楠
2006/10/11 22:42
息子の Ivan がまた父親譲りのおっかない顔なんだよなあ(^^; 眼光鋭くて。でも、歌はいいっす。親父さんとは真逆なタイプで、直球勝負です。
iKO
2006/10/12 09:50
あ、まだこれ聴いていないんです。なかなか良さそうなアルバムですね。生でアーロンのあの歌声が聴いてみたいです。ネヴィル・ブラザーズで来日してくれないかなぁ。
Okada
URL
2006/10/12 12:53
ikOさん!
こんばんは(^^)。
IVANのアルバムは聴いたことがないのですが、沢山のキーボードに囲まれて弾きまくっている写真を見たことがあります。
確かに、父親譲りのこわもてでした(^^;)。
歌もオルガンもいいんでしょうねえ!
うーん。これまた聴きたいミュージシャンが増えました(^^)!
波野井露楠
2006/10/12 23:50
Okadaさん。
こんばんは!
いやあ、同感です!!
来年のブルース&ソウル・カーニバルで来日!なんてことになりませんかねえ(^^)。
可能性は0じゃあないなあ…と、密かに期待している私です(^^)!
波野井露楠
2006/10/12 23:52
最近、 聴きだしたのに もう記事にしました。どあつかですが アーロンは 素晴らしいですね!!TBも よろしくお願いしますm(__)m
和登さん
2006/10/15 22:53
和登さん!
こんばん(^^)。
今、TB&コメントさせてもらいました!
和登さんの音楽に対する貪欲さは、
私のお手本です(^^)。
和登さん見習って、聴きまくりますね!
波野井露楠
2006/10/16 19:54
こんばんは。そしてはじめまして。
アーロンは素晴らしいですねー。
これだけ有名な曲を歌っても、全てアーロンの世界になってしまいます。
確かにルックスとのギャップは凄いですよね・・。(苦笑)
あの厳ついルックスからは、とても信じられません。
今後とも、そうぞよろしくお願いします。
mintslife
URL
2006/10/31 22:05
mintslifeさん。
こんばんは!
TBに続き、コメントまでいただき、ありがとうございます!
アーロンの、容姿と歌声のギャップ…。本当に凄いですよね(^^;)。
でも、このアルバム、本当に、アーロンの天使の歌声の魅力がいかんなく発揮されている名盤ですね(^^)!
素敵な1枚です(^^)。

今度とも、どうぞよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2006/11/01 23:01
波野井さん、文章が熱い!その思いよくわかります。
Aaronの容姿の凄みはきっとソウル界を何とかしなきゃ、という思いの現われかもしれませんね。
ezsin
URL
2006/11/03 21:03
ezsinさん。
お越しいただき、光栄です(^^)。
「Aaronの容姿の凄みはきっとソウル界を何とかしなきゃ、という思いの現れ」
なるほど!
そう考えると納得がいきますね(^^)!

これからも、どうぞよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2006/11/04 08:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「こんなに怖そうにしなくても…汗」 AARON NEVILLE/bring it home... 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる