波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「奇跡は起きた」 THE ALLMAN BROTHERS BAND/EAT A PEACH

<<   作成日時 : 2006/11/25 08:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 18

 一昨日は、音楽とは違った話題に対し、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。大勢の方が、私と同じ思いでいてくださってるんだなあと、とても嬉しかったです。
(あ、ただ、新しい伊吹文科大臣の考え方は、共感できるところも結構ある私です(^^;)。でも、教育現場が実際はどうなのかを知らない政治家が多すぎますよね…。)

 それで、今日は、ちょっと頭を休めて、また音楽を聴いています(^^;)。
 今日、聴いているのは、オールマン・ブラザーズ・バンドの「イート・ア・ピーチ」(デラックス・エディション)です。

 バンドの要でありリーダーであり看板でもあったデュアン・オールマンを突然のオートバイ事故で亡くしたメンバーが、その悲劇に押しつぶされることなく、一致団結して作り上げたこの「イート・ア・ピーチ」!

1971年7月 歴史的名盤「At Fillmore East」リリース
      9月 新しいアルバム(本作)のためのレコーディングに入る 
     10月  「At Fillmore East」がゴールド・アルバムに
     同月 オールマン・ブラザーズ・バンド、2年ぶりの休暇
         その休暇中の10月29日、デュアンがオートバイ事故。享年24歳
※この事故は、ベリー・オークリー(ベース)の奥さんの誕生祝いに行った帰りに起きた事故でした…。
1972年4月 その後もメンバーはレコーディングを続け、「Eat A Peach」リリース
 
 これは、もう奇跡としか言いようがありません!
 メンバーの絆の強さにただただ感動してしまいます(この後ごたごたがあり、一時期、その絆が薄れてしまったこともあるのですが…)!

 デュアン存命中にレコーディングした「Stand Back」「Blue Sky」「Little Martha」(←パンチの効いた曲、明るい曲、優しい曲とバラエティに富んでいます)、同じくデュアン存命中のライブ音源「Mountain Jam(もとはドノヴァンの「霧のマウンテン」)」「One Way Out(ソニー・ボーイ・ウィリアムスン)」「Trouble No More(マディ・ウォーターズ)」(←カッコいい!迫力の演奏です)、そしてデュアン亡き後、残されたメンバーたちによってレコーディングされた「Ain't Wastin' Time No More」「Les Brers In A Minor」「Melissa」(←デュアン抜きでよくぞここまで!と感動せずにはいられません)。すべての曲が最高です!
(当時2枚組LPとしてリリースされた本作。A面が「Ain't Wastin' Time No More」「Les Brers In A Minor」「Melissa」。B面が「Mountain Jam」の前半。C面が「Stand Back」「Blue Sky」「Little Martha」。D面が「Mountain Jam」の後半となっていました。「Mountain Jam」は1曲で30分を超えるという凄まじい演奏のために、LPでは前半と後半に分割されてしまっていたのです!)

 その中でも特に凄いのが、やはり30分を超える「Mountain Jam」で、まさに「驚愕」という言葉がぴったりの演奏です!
 スリリングなツイン・ギター。迫力のツイン・ドラム。グルーブ感を出しまくっているベース。一度始まったら何時間でも演奏し続けることができたというオールマン・ブラザーズ・バンドのインプロヴィゼーション!永遠に続くのではないかとさえ思ってしまう彼等の即興演奏を存分に楽しむことができます(こんなに長いのに聴いていて少しもダレないのが凄いです(^^)!)!

 じつは、本作リリース後の1972年11月11日、今度は、なんとベースのベリー・オークリーがまたしてもオートバイ事故で亡くなってしまうのですが(デュアンと同じ24歳。事故現場はデュアンの時と数ブロックしか離れていない場所でした!)、こういった悲劇を乗り越えて、今も活動を続けている(悲劇だけでなく、多くのトラブルも乗り越えました)オールマン・ブラザーズ・バンド!尊敬に値するバンドです。
 
 そんな彼等の、意地と絆によって完成された本作は、本当に名盤、名作だと思います。


 ところで、このデラックス・エディションですが、なんと2枚目のディスクとして、1971年6月27日のフィルモア・イーストでの演奏を聴くことができます!
 なんと、9曲中7曲が未発表バージョンです!(感涙!!!)

 オールマン・ブラザーズ・バンドの71年のフィルモアでの演奏と言えば、3月11日(この日の演奏は残念ながら発表されていません)、12日、13日、6月27日の4日間なのですが、このディスクとオリジナル「At Fillmore East」と92年に出たトム・ダウドがリミックスした「The Fillmore Concerts」の3つがあれば、現存する彼等の71年フィルモア公演のほぼ全てを聴くことができます(^^)!(そういった意味では、「At Fillmore East」のデラックス・エディションは、私としてはあまりお薦めできません(^^;)。)

 オールマンと言えばライブ!!
 機会がありましたら、是非この3つを揃えて聴いてみてほしいと思います(^^)。

「Don't Keep Me Wonderin'」のライブ映像(フィルモア・イースト)

「Blue Sky」のライブ映像(1982)

「Little Martha」の映像(デュアンの追悼映像)

試聴はこちら(←オリジナル盤)

<ROCK>
THE ALLMAN BROTHERS BAND
/EAT A PEACH
<Deluxe Edition> (2006/Original 1972)

-DISC 1-
1. Ain't Wastin' Time No More
2. Les Brers In A Minor
3. Melissa
4. Mountain Jam
5. One Way Out
6. Trouble No More
7. Stand Back
8. Blue Sky
9. Little Martha
※1. 2. 3. 7. 8. 9. :1971年9月〜12月 クライテリア.スタジオにて録音
  4. 6. :1971年3月12日・13日 フィルモア・イーストにてライヴ録音
  5. :1971年6月27日 フィルモア・イーストにてライヴ録音 

-DISC 2-
1. Statesboro Blues (Previously Unreleased)
2. Don't Keep Me Wonderin' (Previously Unreleased)
3. Done Somebody Wrong (Previously Unreleased)
4. One Way Out
5. In Memory Of Elizabeth Reed (Previously Unreleased)
6. Midnight Rider
7. Hot 'Lanta (Previously Unreleased)
8. Whipping Post (Previously Unreleased)
9. You Don't Love Me (Previously Unreleased)
※All trucks :1971年6月27日 フィルモア・イーストにてライヴ録音
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
THE ALLMAN BROTHERS BAND / EAT A PEACH (DELUXE E.....
何度か書きましたが、ここ最近は名盤の拡大版のリリースが非常に多いです。 気になるタイトルは徐々に購入していますが、今回聴いたタイトルはやはり外せませんでした。1971年10月にグループの顔だったスーパーギタリストのデュアン・オールマンが24歳の若さで事故で亡くなり、その翌年の1972年2月にリリースされたオールマン・ブラザーズ・バンドの『イート・ア・ピーチ』のデラックス・エディションです。 ...続きを見る
芸術的生活、
2006/11/25 11:42
(公開しました!)デレク・トラックスはデュアン・オールマンの再来なのか?
今夜のBGM・・・ THE ALLMAN BROTHERS BAND / AT FILLMORE EAST ...続きを見る
音楽酒場R
2006/11/26 00:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井露楠さん、こんにちは〜。
当ブログにコメント頂きましてありがとうございました。
メンバーは代わってもバンドは今も現役バリバリですけど、オリジナルメンバーでのライヴはやはり格別ですよね。
でも、その後の悲劇を思うと・・・。
lonehawk
URL
2006/11/25 11:50
奇跡は やはり存在します!!アメリカン・ロックで初めて好きになったのは、やはりオールマンでしょう。このジャケットもお気に入りです。あのルックスから、あの華やかなギターの音色がと思うと・・・デュアンは、これからも探求していきたいギターリストであります。
まり
2006/11/25 13:38
映像有難うございました。
なんかもう泣けてきちゃいますね。神々しいです。
一発で音がわかりますね、あのギターの音色。
それにみんないい感じだし。私はこれからゆっくり楽しもうと思っています。こういった名盤は、不滅です。
有難うございました。
それにしてもお体お大事にしてくださいよ。
絶対にオーバーワークだから。
evergreen
2006/11/25 17:25
懐かしいジャケット写真に引き寄せられてきました。
デュアン・オールマンは「アンソロジー」というレコードを持っていました。
クラプトンも嫉妬したそうですね。
私は行ってないのですが、今回のクラプトンのコンサートに同行した若いギタリストのお兄さんはデュアンを彷彿とさせるスライドギターをひくそうですね。
みずねこ
2006/11/25 17:29
オールマンズのツイン・ギターのハモリはたまりません!まさに職人芸です。でもまだデラックス・エディション買ってなくて。さらにサラウンドで収録されているSACD盤も聴いてみたいところ・・・ 
ライヴも一度は観てみたいものです。
古のフットボール
URL
2006/11/25 18:37
あ〜、これですね〜。来ちゃいましたね。まだ買っていないんですよ。金欠で。。。レーナードの「ギミ・バック・・・DVD付」とかも。人のブログ見ちゃうと色んなモン欲しくなりますね。やばいな〜。
T-BONE
URL
2006/11/25 20:41
lonehawkさん。
こんばんは!
TB&コメント、ありがとうございます(^^)。
オリジナル・メンバー、本当に凄いですね!
神業!?
それだけに…。
本当に残念です。
でも、オールマンと言い、レーナードと言い、偉大ですよね!
波野井露楠
2006/11/25 22:44
まりさん。
こんばんは(^^)。
オールマンの即興演奏は凄いですよね!トラフィックも凄いですが(^^)。
なんか、即興演奏ってすきなんです。ずっと続いてくれ〜、みたいな(^^;)。
奇跡の演奏!奇跡のアルバム!
奇跡ってありますよね(^^)!
波野井露楠
2006/11/25 22:47
evergreenさん。
こんばんは(^^)。
本当に、名盤は不滅ですね!!
病院は、あの後行って、抗生物質やその他諸々の薬をもらってきました。飲むと、頭がボーッとして、だるくなり眠くなるのでやっかいです(^^;)。
咳のせいで腰痛再発なので、なんとか治したいと思っています(^^;)。いつも、優しいお言葉、ありがとうございます(^^)!!
波野井露楠
2006/11/25 22:49
みずねこさん!
はじめまして(^^)。
ようこそお出でくださいました!
「アンソロジー」もいいですよね(^^)。
デュアンの演奏が一気に聴けますし!
クラプトンの方は、まわりでも随分盛り上がっていますね!デュアンを彷彿とさせるデレクのギターも楽しみです(^^)。12/6に武道館なんです(^^)!
これからも、どうぞよろしくお願います(^^)。
波野井露楠
2006/11/25 22:53
古のフットボールさん。
こんばんは(^^)。
オールマン、本当に来日してほしいですね!
クラプトンのツアーが終わったら、またデレクがオールマンとして来てくれたら嬉しいですね(^^)。
オールマンでは、デレクはバリバリ弾きまくっているらしいですからね(^^)!
波野井露楠
2006/11/25 22:56
T-BONEさん。
こんばんは!
分かります!分かります!!
私もどんどんお金がなくなっていってます(^^;)。
でも、CDやLPは財産だと思って、家族に内緒でバンバン買ってます(^^;)。
あ、ジョージア・サテライツ!来ました(^^)!
波野井露楠
2006/11/25 22:58
私もオールマン好きです♪

私の生まれた1971年は、すごい年なんですよね。
キーポイントな気がします。
私のフェイバリット、キャロル・キングの「つづれおり」も1971だし…
我らがストーンズだと、Sticky Fingers…
Rosebud RIE
URL
2006/11/27 01:59
偶然にもオリジナル盤を最近、30年振りになるでしょうか聴きました。懐かしくてちょっと涙まで出ました。本当ですよ(笑)。このデラックスエディションはまだ未聴ですが、どうしましょう・・・波野井さんのせいで(失礼)惹かれてしました。何れは買うことになりそうです(笑)。
ラム
URL
2006/11/27 12:24
Rosebud RIEさん。
こんばんは!
なるほど!
1971年もなかなかの年ですねえ(^^)!
私の1969年もなかなかだと持っていたのですが、70年代も侮れませんね(^^)。
「つづれおり」、
しみじみいいアルバムですよね(^^)。
波野井露楠
2006/11/27 19:35
ラムさん。
こんばんは(^^)!
音楽で涙が出るっていいですよね!
なんか、うまく言えないですけど、本読んだりドラマや映画を見たりして流す涙と、似ているようで、違うようで。
音楽って、心で感じるものだなあって真剣に思います(^^)!
もし、これ、お買いになったら(^^)、また感想聞かせてくださいね。
コメント、ありがとうございました(^^)!
波野井露楠
2006/11/27 19:38
まりさんの所で波野井露楠さんを知り時々見ていたのですが・・・TBありがとうございます。ボクも昔はLPの2.4面をカセットテープでつないで聞いていました。このデラックスエディションを知らずフィルモアのデラックスエディションを買って後悔していました。またオールマンbro.を買わなければ・・・・
ひぐらし
2006/12/03 00:22
ひぐらしさん。
こんばんは(^^)!
お出でいただき、ありがとうございます!
>LPの2.4面をカセットテープでつないで…
さすがですねえ!
マニアックな聴き方に、思わず「にやり」となってしまいます(^^)!!
ところで、このデラックス・エディションというのは曲者ですよね(^^;)。オリジナルを持っていても、どうしても欲しくなってしまいます(汗)。
また遊びに行きますので、ひぐらしさんもよかったらまた遊びに来てくださいね(^^)。
これからも、よろしくお願います!!
波野井露楠
2006/12/04 19:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「奇跡は起きた」 THE ALLMAN BROTHERS BAND/EAT A PEACH 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる