波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「カズーの音色は幸せの音」 武蔵野タンポポ団/武蔵野タンポポ団の伝説

<<   作成日時 : 2006/11/04 08:31   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

 前回の クラプトンの「アンプラグド」の記事に「複数のカズーの音色が楽しい『San Francisco Bay Blues』も、個人的にはとっても好きな1曲です」と書いたのですが、最近車の中で毎日聴いている「武蔵野タンポポ団の伝説」の1曲目も「サンフランシスコ湾ブルース」なんです(^^)!(私に武蔵野タンポポ団を教えてくれたのは和登さんです。)
 もちろん、カズーの音もバッチリ!!
 はっきり言って、カズーの音は、クラプトンの「サンフランシスコ湾ブルース」よりも豪華で、さらに楽しい雰囲気になっています(^^)。

 しかも、カズーはこの1曲だけでなく、ほとんど全部の曲で聴かれます(^^)。
 詞の内容は、結構シリアスだったりネガティヴだったりするものも多いのですが、カズーが入った途端に、一気に明るく温かい感じが増すんですよねえ。不思議です(^^)。(カズーの音色は幸せの音(^^)!?)


 武蔵野タンポポ団として本作に関わっているのは、高田渡、シバ、若林純夫、村瀬雅英、山本コータロー、友部正人、岩井宏、村上律、中川イサト、福岡風太の10人。
 オリジナルあり、ブルースあり(8曲目はレッドベリーのカバー!)、アメリカントラッドあり(3曲目と5曲目。3曲目は、聴いていて「あ、ハイロウズの『日曜日よりの使者』だ!」なんて思ってしまいました。笑)!
 全ての曲を、10人が楽しく陽気に料理しています。ギターも、ハーモニカも、カズーもギロ(カズーとギロの担当は、山本コータロー)も、どの音も本当に楽しげでカッコいいのです。(←初めて聴いたときの私の感想は、「憂歌団と泉谷しげるが合わさって、にぎやかに演奏している感じ」というものでした。あまりあってないかもしれませんが(^^;)。)

 とにかく、聴いていて、幸せな気分になり、気づくと顔がにやけている(笑)…このアルバムは、そんな幸せな1枚です(^^)。

  ところで、山本コータローさんが武蔵野タンポポ団のようなグループと深く関わっていた人だったとは知りませんでした。私は、てっきり、南こうせつさんや杉田二郎さんたちと同系列の方だと思っていました(^^;)。
 いやいや、もともとブルースやジャグ・バンドに傾倒されていたんですねえ!認識が変わりました(^^;)!


 さて。
 今日は、この後、私の勤めている学校の地区の文化祭を見に行きます。
 公民館の駐車場にトラックをとめて、荷台がステージになるんです(^^)。
 その上で、子どもからお年寄りまで、大勢が一日中歌や踊りなどを披露するのです。
 去年教えたクラスの子たちや、今年のクラスの子たちも出演します。クラスの子たちは、女子は自分たちで考えたダンス(「た〜らこ〜、た〜らこ〜♪」という曲です)、男子は本を読んで研究した手品を披露します。
 お母さんたちが準備してくれたお揃いのオリジナルTシャツを着て参加する予定です!ぜひ、頑張って成功させてほしいです(^^)!

 では、もう少ししたら出かけます(^^)。

 今日みたいな文化祭のステージで、武蔵野タンポポ団みたいにジャグ・バンドっぽいことをクラスの子たちとやれたら楽しいだろうなあ…(^^)。

<J−ROCK・POP>
武蔵野タンポポ団/武蔵野タンポポ団の伝説 (1972)
1. サンフランシスコ湾ブルース
2. 長屋の路地
3. その朝
4. 告別式
5. しらみの旅
6. もしも
7. 朝
8. ミッドナイトスペシャル
9. 淋しい気持ちで
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
これはホント知る人ぞ知るなので、取り上げてもらえて光栄です!!ジャグバンド、日本にもあったということは文化の日に一日ずれますが 意義があると思います。
吉祥寺がサンフランシスコに変わるのが気に入ってます。
和登さん
2006/11/04 17:32
こんにちは 武蔵野タンポポ団
メンバー強烈ですね♪
先日行ったライブハウスで 偶然
福岡風太さんを はじめてみました
かっこいい おじさまでしたよ〜
では では
星屑
2006/11/04 19:58
波野井先生こんばんは!!
文化祭お疲れ様でした。無事に終わってホッとしましたね。(^_^) ぜひぜひジャグ・バンドっぽいことをしてほしいです♪
いろいろあって大変だと思いますが、波野井先生頑張りすぎないで頑張ってくださいね!!
clover
2006/11/04 20:57
和登さん!
おはようございます(^^)。
本当に、いいバンド(グループ?)を教えてもらい、感謝です(^^)!
みんな、楽しそうですよねえ。
でも、和登さんが言うようにそのなかにも哀愁が…。
ただ、哀愁よりも楽しさばかり感じてしまう私は、まだまだお子様かもしれませんね(^^;)。
波野井露楠
2006/11/05 07:59
星屑さん。
ようこそ、おいでいただきまして、ありがとうございます(^^)!
星屑さんは、日本のロックにお詳しいんですね!!
ぜひ、ブログ、また更新していただけると、とってもうれしいでーす(^^)!!
今後ともよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2006/11/05 08:02
cloverさん。
はじめまして!
なんて(笑)。
改名しました??
しましたよね(^^)??
とか言って、「はじめまして」だったらごめんなさい(^^;)。
ところで、本当に、文化祭無事終わってよかったですね!発表もTシャツも完璧でしたね(^^)。
いつか、ジャグバンド、やってみたいです(^^)!
波野井露楠
2006/11/05 08:06
おはようございます。
楽しそうですね。私は邦楽聴かない人なんですが、そのうちきっかけがあってどば〜〜〜っと聴き出すかも知れません。
これもチェックです(笑)
た〜らこた〜らこ・・・職場の有線で知ってます。
う〜〜ん、案外私も知らず知らず邦楽知ってるかも・・・笑
evergreen
URL
2006/11/05 11:30
昔に「アンプラグド」のようなことを日本でやっていたことへの驚きはこれを知ったときに結構大きかったのでした。

これが日本でもっとメジャーにならなかった?のが残念です。この手のジャグバンドがもっと活躍して欲しいと思うのですが。
日向小僧
URL
2006/11/07 01:56
evergreenさん!
>邦楽は聴かない人なんですが…
それなのに、コメントを入れていただいて!!
感謝・感激です!!
なんとなく、クラプトンのアンプラグドに通じるアルバムです。これ(^^)。
それから、「たらこ」のダンス可愛かったです(^^)。職場で有線が流れてるんですね!うらやましいです(^^)。
コメント、本当にありがとうございました!
波野井露楠
2006/11/07 19:10
日向小僧さん。
こんばんは!!
遊びに来ていただいて、ありがとうございます!
>「アンプラグドのようなこと」
本当にそうですよね(^^)。
特に、クラプトンのアンプラグドっぽい!
初めて聴いたとき、そんか感じを受けました。
ジャグ・バンド!
本当に活躍してほしいですよね(^^)!
波野井露楠
2006/11/07 19:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「カズーの音色は幸せの音」 武蔵野タンポポ団/武蔵野タンポポ団の伝説 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる