波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「スポンジのような人」 THE DEREK TRUCKS BAND/SOUL SERENADE 

<<   作成日時 : 2006/11/14 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

 始まりましたね!エリック・クラプトンのジャパン・ツアー!!
 私も12月6日の武道館に行く予定なのですが、その日まではまだ間があるので、現在は皆さんのブログ記事を読んで雰囲気を味わっている私です(^^)。

 …ホント、今から楽しみです!

 で、何が楽しみかって言うと、やっぱり、今回はデレク・トラックスを加えたトリプル・ギターっていうのが、私としてはとっても楽しみなわけで…。デレク・トラックスと言えば、私は2004年のジャパン・ブルース・カーニバルを思い出すわけです(^^)。

 M&Iカンパニーからのダイレクト・メールにあった「オールマン・ブラザーズ・バンドの現メンバー。若手No.1スライド・ギタリスト!」という触れ込みに、胸をわくわくさせて日比谷野音に出かけていったのを今でも覚えています(^^)。
 その時は、事前に「JOYFUL NOISE」と、今日聴いているこの「SOUL SERENADE」で予習をして、万全の態勢でライブにのぞみました(^^)。
 いやあ、その時も、デレク・トラックスはスライド・ギターを思いっきり弾きまくっていて、ホントにカッコよかったです!ただ、オールマン・ブラザーズ・バンドの現メンバーと聞き、サザン・ロックやバリバリのブルース・ロックを期待していたので、アルバムを聴いた時に「あれ?ちょっと想像と違うぞ!」というのはあったのですが…(^^;)。
 でも!それでも、やっぱり、デレクのプレイには圧倒されました(^^)!!

 なんと言ったらいいんでしょう(^^)?
 初めは「ジャズ!」って感じの曲が多いんです。だけど、気がつくと、デレクのスライド・ギターが唸りをあげている!って具合なんですよねえ(^^)。
 デレクのギターの音そのものも、最初は控えめでフルート(←このバンドにはフルート奏者がいるのです)の音と見事に調和してるのに、だんだん激しく!…みたいな(^^)。
 全体的には、すごく柔らかくて温かい音のギターなんですけどね(^^)。

 で…。
 それは、このアルバムの曲にも同じことが言えて…。
 総じてジャジー!でも、どんな曲も、みんなデレク流(^^)!
 キング・カーティス(アレサ・フランクリンのカバーも有名)の「Soul Serenade」からボブ・マーリーの「Rasta Man Chant」のメドレー。レイ・チャールズ(これまた、アレサがカバー)の「Drown in My Own Tears」(←グレッグ・オールマンがボーカルで参加!)。ウェス・モンゴメリーの「Bock to Bock」を初めとした「Afro Blue」「Oriental Folk Song」などのジャズ・ナンバー。「Elvin」や「Sierra Leone」といったオリジナル曲。
 みーんな、見事に「デレクが弾けばデレクの曲」って感じなんです(^^)。

 若いのにホント、凄い人です(^^)。

 きっと、この人は、スポンジのような人なんでしょうね(^^)。スポンジが水を吸い込むように、いろんな音楽を吸収しまくっちゃっているのでしょう。
 だから、「デュアン・オールマンの後継者」と言われながらも、ジャズやラテンなんかも取り込みながら、独自の音世界を創り上げることができているのだと思います!(この人の演奏する曲は、ジャンル分けが難しいです!ロックなのか?ジャズなのか?このブログでは、私は「ロック」と分類しましたが、本当はノン・ジャンルと言ってもいいのかもしれません(^^;)。)
 3rdアルバムの「JOYFUL NOISE」もそうですが、この4thアルバムの「SOUL SERENADE」(←4枚目なのですが、実は録音の時期は3枚目より早いそうです。何らかの理由で、リリースが遅れたのでしょう…)を聴いていると、つくづくそう思います。

 オールマン・ブラザーズ・バンドのドラマーのブッチ・トラックスの甥っ子で、あの「デレク&ドミノス」から名前をもらった、デレク・トラックス!!

 この若き天才と元祖天才クラプトンとの競演をこの目で見られるのかと思うと、本当に胸が高まります(^^)!
 既にクラプトン・モードの私ですが、今日は、クラプトンではなく、このデレク・トラックス・バンドを聴きながら、このまま胸をときめかせていたいと思います(^^)。

1999年の「Afro Blue」のライブ映像

試聴はこちら  

<ROCK>
THE DEREK TRUCKS BAND/SOUL SERENADE (2003)
1. Soul Serenade/Rasta Man Chant
2. Bock to Bock
3. Drown in My Own Tears
4. Afro Blue
5. Elvin
6. Oriental Folk Song
7. Sierra Leone
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井先生、はじめまして

MY BLOGにお越しいただきましてありがとうございます。
デレクのプレイは最高でしたよ!中〜終盤のスローブルース(一応曲名は伏せておきます)の長いギターソロは、後に続くエリックを食う勢いでした(笑)。『LAYLA(この曲くらいは伏せなくてもいいですよね)』のピアノコーダでのスライドは鳥肌ものでした。
デレクのアルバムは未聴ですが、これを機会に聴いてみたいと思います。
先生も武道館、楽しんできてください!
四国のおっさん
URL
2006/11/15 00:00
デレクのプレイは凄いの一言に付きますね。本当にど偉いギタリストだと思います。波野井さんは、すでにデレクのプレイを生で見ていたんですね。武道館でのクラプトンのライヴでもきっとデレクの活躍に耳を奪われると思います。楽しんできて下さいね。
このアルバム久々に聴いてみようかな。
Okada
URL
2006/11/15 12:42
羨ましい。。。デレク見に武道館行こうかな。。。っていうかオールマンズ来てほしいです。
あと、先生の真似して、僕もMUSIC BLOGをウェブリブログにしてみました。見やすいですよね〜。
T-BONE
URL
2006/11/15 14:06
デレク・トラックス!!
ラジオでたまに聴きます。

いいなぁ、首都圏・・・。仙台に来ないかなぁ。

自分が東京に住んでた頃は、仙台でもブルース・カーニバルがきてたみたいです。

んー、自分もオールマンに来てほしいなぁ。
ケイ
2006/11/15 14:41
四国のおっさん様。
こんばんは!
遊びに来ていただいて、ありがとうございます!
デレクのプレイ、よかったようですね!!
はやく観たいです(^^)。
鳥肌ものというコメントに期待が膨らみます(^^)。
ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします!!
波野井露楠
2006/11/15 23:12
Okadaさん。
こんばんは!
コメント、ありがとうございます!
いやあ、みなさんの記事、コメントから、もう居ても立ってもいられない気分になりますね(^^;)。
ああ。楽しみです(^^)!
きっと、クラプトンのプレイにもデレクのプレイにも耳を奪われること受け合いですね(^^)!

波野井露楠
2006/11/15 23:15
T-BONEさん。
こんばんは!!
オールマン!来てくれたらうれしいですね(^^)!
どうやら、最近のオールマンは、実は乗りに乗っているということですしね!!
でも、まずはクラプトンでのデレク(^^)!
T-BONEさんも、是非武道館行きませんか(^^)?
まだ、チケットあるみたいですし(^^;)!!
波野井露楠
2006/11/15 23:18
ケイさん。
こんばんは!
コメントありがとうございます!
そうですね。
私は、ライブの時はいつも東京の人を羨ましく思うのですが、曲がりなりにも首都圏に住んでいることに感謝するべきかもしれませんね。特に、アクアラインができてから、例えば、武道館まで電車で2時間以上は見なければならなかったのが、上手くいけば車で1時間から1時間半ですからね…。
でも、仙台。一度行ったことがありますが、いいところですよね!CD屋さんやライブハウスもたくさんあるし!!(^^)
また、行きたいなあ。仙台(^^)。
波野井露楠
2006/11/15 23:23
今回初お目見えの 若者が天才だったとは知りませんでした。さすが波野井さんだけあって 準備万端です。一大イベントが終わって 盛り上がりネタが なくて困ってます。
和登さん
2006/11/15 23:29
和登さん!
こんばんは!
それにしても、デレクも今や時の人ですねえ(^^)。
ヤフーで検索したら、物凄いヒットの件数!
こんな状況、2004年の頃には想像もできませんでした(^^;)。
武道館、本当に楽しみです!ただ、放課後の研修が、別の日から移動してきてしまい、少し困っています!なんとか開演に間に合いますように(^^;)!!
波野井露楠
2006/11/15 23:43
こんばんは!
自分はCD持ってないので、少し試聴してみましたが、ジャズの色合いが濃くて、とても静かな夜に聴きたい感じがしました。
散歩猫
2006/11/16 19:36
散歩猫さん。
試聴すてくださったんですね!ありがとうございます(^^)。
実は、私も、同じこと思いました!
だから、明るい野音での彼等のライブは、ちょっと雰囲気が出てなくて、「ああ、これが夜のライブハウスだったら、もっといいのになあ」って思ったことを思い出しました(^^)。
いつも、コメントありがとうございますね(^^)!!
波野井露楠
2006/11/17 23:57
お久しぶりです。デレク・トラックス・バンド既に来日してたんですね。知りませんでした・・・ 遅ればせながら13日に武道館に行こうかと思っています。自分のブログにもデレクの記事アップしたのでお時間がある時に遊びにきてくださいませ。
古のフットボール
URL
2006/11/18 21:35
古のフットボールさん!
コメントありがとうございます(^^)。
早速遊びに行かせてもらいました(^^)。
デレクは、若いのに本当に凄い人ですよね!!
自身のバンドとはまた違ったプレイも聴かせてくれるんだろうし、今から楽しみで楽しみで仕方がありません(^^;)。
お互い、楽しんで来ましょうね(^^)!!
波野井露楠
2006/11/18 22:18
クラプトン行って参りました。詳しくは書きませんが、満足するとともにデレク・トラックス・バンドのライヴを観たくなってしまいました(笑)
古のフットボール
2006/11/21 02:43
古のフットボールさん。
おお!
お帰りなさい(^^)!
やはり、満足のライブだったんですね!!
いやあ、益々期待が高まります(^^)!
デレクも凄かったようで、本当に楽しみです!
ご報告、ありがとうございました!!!
波野井露楠
2006/11/21 19:33
先日はトラックバックありがとうございました。波野井さんの記事を読んで私もSOUL SERENADE買ってしまいました。ずっと聴いていたくなる心地良いアルバムでした。最新のSONGLINESもまた違った意味で素晴らしいアルバムだと思います。お薦めです。
ラム
URL
2006/11/21 20:34
ラムさん。
こんばんは!!
お出でいただき、ありがとうございます!
しかも、私の記事を読んで、アルバムを買ってくださったんですか!?
すっごく嬉しいです(^^)。聴いたアルバムの感動を言葉で表すって難しいですよね。いつも、感じるんです。
だから、ラムさんからのコメントは、もう大感激!これで、また頑張れます(^^;)。これからも、よろしくお願いします!
波野井露楠
2006/11/22 00:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「スポンジのような人」 THE DEREK TRUCKS BAND/SOUL SERENADE  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる