波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マザーレス・チルドレン最高!」 ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD 

<<   作成日時 : 2006/12/07 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 34

 エリック・クラプトン!武道館!行ってきました。
昨日(2006年12月6日)のライヴは、本当にいいライヴでした!
 ツアー・メンバーが変わってどうなるのかな…なんて思ってたんですが、なんか演奏の激しさがアップして、すごいことになってましたし、もちろん、トリプル・ギターも言うまでもなく、すさまじい迫力でした!!
 デレク・トラックスは前評判通りの超絶スライドギターで会場を魅了し、ドイル・ブラムホールUもデレクに負けないくらいソロを弾きまくり、そしてクラプトンは終始ノリノリ!大体の曲は、この3人が順番にソロを弾くという展開だったのですが、とにかく「凄かった」の一言(^^;)。(それにしても、力の入った足踏みでリズムをとったり、頭を振りまくったり、上半身を仰け反らせたりして演奏し歌うクラプトンの姿は、感動的でした。私などは、「ああ。クラプトンがあんなにのりまくってる!」って思っただけでジーンとしてしまいました(^^;)。)
 それから、他のメンバーも、それぞれベース・ソロ、キーボード(電子ピアノ)ソロ、オルガン・ソロと見せ場がたくさんあり、圧巻でした。そうそう、ドイル・ブラムホールUは、ギターだけでなく、曲によってはクラプトンとボーカルを分け合い、そういったところでも活躍していました!

 あ!それから、さらにもう一つ!お伝えしたいことが(^^)!
 それは、お客のノリも凄くよかったということ!
 1曲目の「Tell the truth」からアンコールの「Crossroads」まで、ライヴの構成も完璧だったこともあり、私のまわり(←アリーナでした!感涙)は、アコースティック・ステージやバラード以外はほとんど総立ち(4曲目の「Little Wing」(←感激!)の時には、アリーナ席はほぼ全員が立ってました!)!アコースティック・ステージでの「Outside Woman Blues」や「Nobody Knows You When You're Down and Out」の時だって、みんなで力強い手拍子をしてました!踊りまくっているスーツ姿のサラリーマンもいたし、若いお兄ちゃん達だって「Layla」や「Cocaine」では手を振り上げて「レイラ!」「コイン!」と叫んでいました(もちろん私も(^^;)。)!
 また、「いとしのレイラ」が終わるかなあって所で、いきなりドラムのスティーヴ・ジョーダンが「ワン、トゥ、スリー、フォー!」とカウントを取って「コカイン」に入った時や、「マザーレス・チルドレン」の前奏で3人が一斉にスライド・ギターを弾き始めた時(下のユーチューブ映像では、デレクはスライド・バーをはめていないようなのですが、昨日、私の目には、3人がスライド・バーをはめていたように見えました)などは、お客の歓声もさらに大きくなりました!(「マザーレス・チルドレン」の前奏のスピード感と迫力には、私は感激して涙が出そうになりました(^^;)!)
 
 昨日のライヴは、クラプトン、メンバー、お客、全員のテンションが上がりまくった、最高に雰囲気のいいライヴでした(^^)。
(それにしても、カッコよかったなあ。私は、ライヴの間、何度も「カッコいい〜!」といううめき声を出してしまいました(^^;)。)

<↓昨日のセット・リスト> 
Tell the truth
Key to The Highway
Got To Get Better In A Little While
Little Wing
Motherless Children

-Sit Down Set-
Rambling On My Mind
Outside Woman Blues
Nobody Knows You When You're Down and Out
Running On Faith

After Midnight
Little Queen Of Spades
Further On Up The Road
Wonderful Tonight
Layla
Cocaine

-Encore-
Crossroads


 それで、今日は、昨日の「マザーレス・チルドレン」の迫力のある演奏を思い出しながら、「461 OCEAN BOULEVARD」を聴いています(^^)。
 ヘロイン中毒から立ち直って作り上げた大ヒットアルバムである本作。ボブ・マーリーの「I Shot the Sheriff」をはじめとしたレゲエへのアプローチや、「Give Me Strength」などのレイド・バックした演奏、 エルモア・ジェームズの「 I Can't Hold Out」やロバート・ジョンソンの「Steady Rollin' Man」といったブルースのカバーも最高なのですが、今の私にとって、一番ガツンとくるのはやっぱり「Motherless Children」!!
 もともと、「Motherless Children」は、このアルバムの中で一番好きな曲だったのですが、昨日の演奏を聴いて、改めて惚れ直しました(^^)!
 特に前奏のスライド・ギターは、滅茶苦茶カッコいいと思います(^^)。

 まだまだ、昨日の余韻から覚めきれない私ですが、「私がコンサートに間に合うように」といろいろ努力してくれた職場の先生達に感謝しながら、もう少し、この「461 OCEAN BOULEVARD」を聴いて、今日は眠りたいと思います。
(私がチケットを予約した後に、学校のスケジュールが変わってしまい、昨日は研究授業の日になってしまったんです。しかも、放課後はその反省会!絶対に早退は許されない日だったんです。でも、先生方が、「波野井さんのために、なんとか時間通りに反省会を終わらせよう」と、話し合いがダラダラ延びないように気を遣ってくれたんです!しかも、反省会が終わった後は、「早く行きな!」「気をつけてね!」と、すぐにみんなで送り出してくれたんです!ライブ中には「どう?盛り上がってますか?」といったメールが何通も届くし!本当にいい職場です!先生方のお陰で、渋滞に巻き込まれながらも、開始時間に間に合うことができました!ありがとうございました!!!!!!)

「マザーレス・チルドレン」マディソン・スクエア・ガーデンでの演奏(2006.9.30)

試聴はこちら

<ROCK>
ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD (1974)
1. Motherless Children
2. Give Me Strength
3. Willie and the Hand Jive
4. Get Ready
5. I Shot the Sheriff
6. I Can't Hold Out
7. Please Be With Me
8. Let It Grow
9. Steady Rollin' Man
10. Mainline Florida
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クラプトンのライヴ記事を書いてデビュー
さて、エリック・クラプトンの日本公演<Eric Clapton Japan Tour 2006>も日程の半ばを過ぎました。同時におこなわれているビリー・ジョエルの日本公演(リンク先に演奏曲目あり)もなかなかの話題になっていますが、クラプトンの日本公演に関してこんな情報がBARKSに.. ...続きを見る
Muse on Music.
2006/12/08 13:20
エリック クラプトン(ERIC CLAPTON)(艾力克&#33802;普頓):ワンダフル トゥナイ...
●Wonderful Tonightのビデオ視聴する方はコチラ→Wonderful Tonight VIDEO ...続きを見る
イルカちゃんの楽しく英会話!!
2006/12/09 14:34
祝301回!「音楽酒場」好きなバックナンバー、ベスト10!
今夜のBGM・・・ ERIC CLAPTON / 461 OCEAN BOULEVARD ...続きを見る
音楽酒場R
2006/12/10 02:17
12/2 Eric Clapton Live at さいたまスーパーアリーナ
いってきました!クラプトン!! 結論から言うと楽しかった!よかったです。色々な私用が重なり一時は観に行けないかも!という事態にもなったけど、なんとか強行突破気味だったけど、カミさんと、友達のTakechanと観てきました。 ...続きを見る
Hiddy&#39;s
2006/12/11 01:44
Slowhand
といえばいわずと知れた、泣く子も黙るギターの神様のあの人の冠名。彼の77年のアル ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2007/01/25 18:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(34件)

内 容 ニックネーム/日時
Little Wingやったんですねーっ
ちっっっ!いいなー!!

いい職場ですね〜こういう気遣い、うれしいですね(^-^)素敵です!
Rosebud RIE
URL
2006/12/08 02:36
はじめまして。
おはようございます。
突然すいません!
先週の水曜日に僕もクラプトンのコンサート行ったんですが
後ろで歌ってた女性ふたりのこと
分かるようだったらで教えていただきたいんですけど・・・
むろ
2006/12/08 08:47
波野井露楠さん、おはようございます。
いいなあ、うらやましいなあ。最近クラプトンのギター弾きまくりはあまり聴かれないので、いいライブでしたね。ライブの熱狂が伝わってきます。それにしてもクラプトンっていくつになってもパワーありますね。
今回のライブ版CDが発売になってくれないかなあ。
461 OCEAN BLV. このアルバムがきっかけでレゲエが好きになりました。
ひぐらし
2006/12/08 09:31
興奮が伝わってきました。
こういう記事が好きだな〜結構クラプトン辛めに書いていらっしゃる方多いんだけど・・・違うだろ〜天下のクラプトンだよ===ね?
それにしても職場はいい雰囲気ですね。
波野井さんの思いが伝わってるんですね。
evergreen
2006/12/08 10:21
こんにちはー。エリック・クラプトン、すごかったみたいですね。僕は残念ながら行けなかったんですが・・バンド演奏の興奮度、ユーチューブで見てもすごいですね。
マザーレス・チルドレンはユーチューブでいろいろ見た中でもとくに興奮しました(おそらく全く同じ映像を、僕のブログでもはってました・笑)。
muse
URL
2006/12/08 13:20
Rosebud RIEさん。
こんばんは!
そうなんです!リトル・ウィングやったんですよ!
エニー・デイはカットになりましたが(^^;)。
行ってよかったです(^^)!
職場のみさなさんの理解は、本当にありがたく、もう、ただただ感謝です!!

波野井露楠
2006/12/08 18:58
今晩は波野井さん。461OCEAN BOULEVARD 最高!!
「Motherless Children」私もノリましたヽ(^。^)ノ「リトル・ウィング」実はレイラと同じくらい好きな曲なんですよ。あと、「Let It Grow」も大好きです。
初日はレスポールを弾いてたらしいですね(私は気づきませんでした(^_^;))
まり
URL
2006/12/08 21:11
こんばんは。
盛り上がったみたいでよかったですね!

わたしの行った名古屋公演でも、個人的に一番盛り上がったのが「Motherless Children」でした。そこで全部使い果たしてしまいましたが(笑)・・・。

にしても「リトル・ウィング」は見たかった!
カナ
2006/12/08 23:09
波野井さん、こんばんは!
いや〜、ノリノリのご様子、何よりです!
クリームファンの私としては、アンコールのCrossroadsで爆発したかったですね。
lizard king
2006/12/09 00:36
やっばやば!凄かったっすよー!!あんまり時間ないんですが、この興奮が冷めないうちにレポート書きますから、出来たら読んでコメント宜しくです!
トリプルスライド凄すぎ〜!!
T-BONE
URL
2006/12/09 01:56
むろさん。
初めまして!!
ようこそ!
お出でいただきありがとうございます(^^)。
ストーンズとかと比べ、女性コーラスがあまり目立ってませんでしたが、あの二人は、とってもいい仕事をしてましたねえ(^^)!
パンフで調べたのですが、ミッシェル・ジョンとシャロン・ホワイトという2人のようですね(^^)。
ミッシェルは2002年の年間最優秀ゴスペルシンガーの最終候補になった実力の持ち主で、マイケル・マクドナルドやブライアン・フェリーなど多くのミュージシャンと仕事をしてきてるみたいです。クラプトン・バンドには2004年から参加しているようです。
シャロンも、クラプトンの他に、マイケル・マクドナルド、アニー・レノックス、ブライアン・フェリーなど多くのミュージシャンと仕事をしてきた人で、今はソロ・アルバムの製作もしているようです。
と、こんな感じらしいですか、
よろしいでしょうか(^^)?
また、よかったら遊びに来てくださいね。
これからもよろしくお願います(^^)。
波野井露楠
2006/12/09 09:49
ひぐらしさん。
おはようございます(^^)。
そうなんですよ!
弾きまくりのクラプトン!もう体全体でリズム取っちゃって、ノリノリ!その姿見られただけでも、うれしかったです(^^)!
それから、私もこのアルバムでレゲエを知りました。と言うか、子どもの頃は、「I Shot the Sheriff」はクラプトンのオリジナルだと思ってました(汗)。
波野井露楠
2006/12/09 09:53
evergreenさん。
おはようございます(^^)!
今は、ジョンの歌声が部屋に流れていますが、やっぱりまだ興奮が冷めていないようで、ちょっとしたときに、レイラやコカイン、マザーレス・チルドレンなんかを口ずさんでしまっています(^^;)。
クラプトンは、いろいろと言われてしまうのですが、彼のプレーはやっぱり凄いです(^^)。
いろんな意味で人間らしい人だとも思うし(^^;)。
それから、職場の先生達は本当によい人たちばかりで、最高です(^^)!!!
エヴァさん。いつも、コメントありがとうございます。嬉しいです(^^)!!
波野井露楠
2006/12/09 09:58
museさん。
おはようございます!
クラプトン、本当によかったです。
クラプトン自身も乗ってたし、バンドとの調和(バトル?)もよかったし。なんか、ソロ公演というより、バンドとしてのステージという感じがすごくよかったです(^^)!
ところで、museさんの所にも同じ映像のリンクが貼ってあったんですね(^^)!遊びに行かせていただきますね(^^)!
波野井露楠
2006/12/09 10:05
波野井露楠さん、6日の公演は素晴らしかったようですね〜。
職場の方々の気配りのお話からも、イイ環境でお仕事されているんだなー、と思えて何だか羨ましいです。
ワタシも今日これから武道館に行ってきますが、今日も「リトル・ウイング」プレイしてくれないかな、と期待しています。
(そういえば、どうやら昨日は「恋は悲しきもの」をプレイしたそうですよ)
lonehawk
URL
2006/12/09 10:22
こんにちは。
行かれたんですね〜。
私はバタバタして行けないのですが、社内にも多数参加者がいて、彼らの話しやブロガーの皆さんの記事読みながらイマジネーション膨らませています。(泣)
ご理解の深い職場で羨ましい限りです。
mintslife
URL
2006/12/09 11:46
武道館、盛り上がってよかったですね!!
「立つな!」と言われなかったのはホントよかったですね。
アリーナだったら立つのは当たり前ですよね。
僕はLittle Wing の生は、まだ見た事ないです。
もし2009年あたり次回のツアーがあるとしてもLittle Wingとかあのあたりの曲は演奏するかどうかわかりませんね。
TB、Wanderful Tonightの記事から入れました。
多分、そちらからもTB 入れれると思います。
では、また、よろしくお願いします。
(o^-^o)
イルカちゃん
URL
2006/12/09 14:48
まりさん!
スタジオ盤の「マザーレス・チルドレン」もいいですが、やっぱりライヴの迫力は半端じゃなかったですね(^^)!!
一緒にいった(あの)元教頭先生も、「『マザーレス・チルドレン』は初来日の時はやったと思うけど、ライヴでやるのって久しぶりじゃないかなあ?」と感激してました(^^)。
もちろん、「リトル・ウィング」も最高!本当に熱いライヴでした!
それから、このアルバムも最高(^^)!
「Let It Grow」は、心が洗われますね(^^)。
私は、タイプが違いますが、その次の「Steady Rollin' Man」も好きです。(←フェイド・アウトがちょっと好きではないのですが。笑)
まりさん!
いつも、コメント、感謝感謝です(^^)。
波野井露楠
2006/12/09 15:03
カナさん!
カナさんも、「マザーレス・チルドレン」で盛り上がったんですか(^^)!
カッコよかったですよねえ(しみじみ)。
あと、記事にも書きましたが、レイラ〜コカインの繋ぎもカッコよかったなあ。コカインは、スタジオバージョンより滅茶苦茶はやくて圧巻だったし!
本当に、よいライヴでした。。。
コメント、ありがとうございました(^^)!
波野井露楠
2006/12/09 17:08
lizard kingさん。
クロスロードも良かったですよー(^^)!
それぞれのメンバーがソロを弾きまくってましたし(鍵盤も!)!!
クロスロードの後、ローディーがドラムをいじってたので、「おお!ひょっとしてアンコール2曲目か!」と思ったのですが、それはありませんでした(^^;)。
いつも、コメントありがとうございます(^^)!
波野井露楠
2006/12/09 17:13
T-BONEさん!
12/8も最高だったようですね(^^)!
興奮、なかなか冷めないと思いますが、熱いうちに是非記事を(^^)!
楽しみにしてますね(^^)!
波野井露楠
2006/12/09 17:16
lonehawkさん!
おお!昨日は「恋は悲しきもの」をやったんですか!
私も「Why Does Love Got to Be So Sad〜!」って叫びたかったなあ(^^)。
今日は何をやってくれるんですかねえ(^^)?
それにしても、最終公演も行かれるなんて、実に羨ましいです(^^)!
是非是非、またライヴレポお願いしますね!
楽しみにまってまーす(^^)!
波野井露楠
2006/12/09 17:23
mintslifeさん。
そうですかぁ。。。
行かれなかったんですね。
残念だったですね…。
でも、今回は本当にたくさんの方が記事にしてらっしゃるので、イマジネーション膨らみますよね(^^)!
職場の方は、本当にみんないい方ばかりで、感謝の連続の毎日です(^^)!
いつも、コメントありがとうございます!!
波野井露楠
2006/12/09 17:26
イルカちゃんさん。
こんにちは!
実は、前の人が立って、それならと思い、私も立ったのですが、一瞬後ろの方から「立つなよぉ…」という声が聞こえた気がしたのですが、後ろを振り返ったら、みんな立っていたので、空耳だったようです(トラウマ!?汗)。
私は、「エニー・デイ」が聴けなったのですが、「次の来日も絶対行こう!」、すでに楽しみになっています(笑)。
TBありがとうございました!お返しのTB、チャレンジしてみますね(^^)。
波野井露楠
2006/12/09 17:30
おおっ、だいぶ盛り上がったみたいですね!!
結構、周りのブロガーさんの記事も賛否両論な意見多かったのですが、波野井露楠 さんの記事読むと、熱く、
行けばよかったと思わされます。(笑)
当たりの日ですね!!
そうですか、良かったのですか・・・。
今日は、このアルバム聴いて、眠りにつきます、せめてもの慰めに・・。(涙)
リュウ
URL
2006/12/09 23:15
12/8日本武道館でのエリッククラプトン、レポート書いたんで、よかった読んでくだせぇまし。。。バタッ!
T-BONE
URL
2006/12/10 03:44
リュウさん!!
おはようございます(^^)。
なるほど…。
やはり、賛否両論なんですね(^^;)。
でも、12/6は私は素直に楽しんできてしまいました(^−^)!
確かにあたりの日だったのかもしれませんね。
以前行った2001年のライヴより、今回の方が滅茶苦茶盛り上がってしまいました(^^;)。
波野井露楠
2006/12/10 12:38
T-BONEさん!!
おはようございます(^^)。
おお!ライヴレポ!!
お待ちしてましたよ〜(^^)。
では、後ほど、お邪魔させていただきますね(^^)!
波野井露楠
2006/12/10 12:39
こんばんは!TBさせてもらいました。リトル・ウイング聞きたかったな〜。でも満足でした。ホントいい職場の方達ですね。
ヒディ
URL
2006/12/11 01:41
クラプトンは、数年前から個人的に知り合いなので、私も行って来ました。昔ステージで観客を無視して、タバコ、酒?のステージを来日コンサートをしていた彼と、今の彼は音楽も違えば、使用会場も変わってしまいましたね。失礼ながら、このサイトが気に入りましたので、お互いに「お気に入り」リンクとして紹介し合って頂ければ幸いです。
imagine-peace
URL
2006/12/12 15:23
ヒディさん!
こんばんは(^^)。
TBありがとうございました!
リトル・ウィング聴けて幸せでした!
それから、同僚・先輩の先生方にも恵まれて、幸せです(^^)。
波野井露楠
2006/12/12 20:03
imagine-peaceさん!
リンク、完了しました(^^)。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

ところで、クラプトンと個人的に知り合い!!
凄いです!!
びっくりしすぎて、感動しています(^^;)。
いやあ。imagine-peaceさんは、その筋の方なのですか??今度、お聞かせ願えたらうれしいです(^^)。
クラプトンのライヴ。
初来日の話など、いろいろ聞きますが、今のクラプトンの音楽に対する姿勢は、本当に信じられると思います(^^)。
今回のライヴも感激&感動でした(^^)!
波野井露楠
2006/12/12 20:08
波野井さん、こんにちは!
クラプトンのライヴ良かったみたいですね!興奮がスゴく伝わってきます☆それにしても、生「Little Wing」いいですね〜☆

それと、職場の先生方たちの配慮がとても嬉しいですね。素晴らしい職場だなぁと思いました。(^^)
散歩猫
2006/12/13 11:58
散歩猫さん!
おはようございます(^^)。
生リトル・ウィングすごくよかったです!
ますますクラプトンが好きになりました!
(ジミヘンも(^^)!)
それから、職場は最高です!感謝感謝の毎日です。

それから、今、通知表の下書きが終わりました(徹夜。苦笑)!やったー。
明日から、清書にはいります!ごたごたしてて、返事が遅くなってしまい、すみませんでしたm(_ _)m。
波野井露楠
2006/12/14 06:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「マザーレス・チルドレン最高!」 ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる