波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬休みの宿題(3)『ROCK A TO Z』のC」 CREAM/FRESH CREAM 

<<   作成日時 : 2007/01/13 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 14

 こんばんは!「ROCK A TO Z」!今日は「C」です(^^)。

 聴いているのはクリーム!
 スーパー・バンドのファースト・アルバム「フレッシュ・クリーム」です。

 元ヤードバーズ、ブルースブレイカーズのエリック・クラプトン。元グラハム・ボンド・オーガニゼイション、ブルースブレイカーズ、マンフレッドマンのジャック・ブルース。元グラハム・ボンド・オーガニゼイションのジンジャー・ベイカー。この3人が1966年に結成したのがクリーム!

 最高に有名なバンドですが、私が知ったのは随分後になってからのことでした(私が生まれた時にはクリームは既に解散していたので、当たり前と言えば当たり前ですが。笑)。
 そうですねえ…。
 私が初めてクリームを聴いたのは、高校生の時だったと思います。1980年代…。エリック・クラプトンが「オーガスト」をリリースした頃だったかも知れません。その時、私は、エリック・クラプトンのことは知っていましたが、彼がソロになる前にクリームというバンドのメンバーだったということを知りませんでした。
 ラジオでエリック・クラプトンの特集をやっていて、その時、初めてクリームの演奏を聴きました。今でも覚えていますが「I Feel Free」でした。しかし、私は不覚にもその時、クリームのボーカルは「当然クラプトン!」だと思いこみ、その勘違いは大学生になって様々なロックを本格的に聴くようになるまで続くのでした(赤面)。

 うーん。恥ずかしい(^^;)。

 …なーんてことを思い出しながら、今日は、このアルバムを聴いていますが、改めて聴いても名作ですねえ(^^)!

 本作よりも、2枚目の「カラフル・クリーム」の方を傑作と言う人が多いようですが、私はこの1枚目もとっても好きなんです(^^)。

 前衛的(ダダイズムと言うのでしょうか…)でありながら、ブルースの色も残っていて(ウィリー・ディクソンあり!ロバート・ジョンスンあり!マディ・ウォーターズあり!)、それでいて各曲のメロディラインが美しい本作!
 斬新な感じの中にも温かみを感じる「I Feel Free(オリジナル盤には入っていませんでしたが、このCDでは、なんと1曲目になっています)」や「N.S.U.」「Dreaming」「I'm So Glad」。間奏での3人の演奏がスリリングでカッコいい「Sweet Wine」。レッド・ツェッペリンが演奏してもキマリそうな「Sleepy Time Time」。
 それから、ブルース好きの私にはたまらない「Spoonful」「Four Until Late」「Rollin' and Tumblin'」!特に、重厚で粘り気たっぷりの「Spoonful」とスピーディーでエネルギッシュな「Rollin' and Tumblin'」には完全にKOです(^^;)。
 あと、トラディショナルの「Cat's Squirrel(ジェスロ・タルも演奏してますね!)」もいいですねえ!ブルース・ハープとギターのユニゾンがカッコよすぎです(^^)!

 エリック・クラプトンの鋭いギター(ウーマン・トーンという優しい音を出す奏法も聴けますが)と、ジャック・ブルースのうねるベースとパワフルなボーカル(←もう勘違いしてませんよ!苦笑)、そして、ジンジャー・ベイカーのドコドコいうすさまじいドラムス(ラストの「Toad」では、「おお!出ました!!」って感じですよね。笑)!3人とも凄すぎます。さらに言うとコーラスも上手だし(特に「I'm So Glad」)!!(ちなみに、「 Four Until Late」でのクラプトンのボーカルは、カワイイです。失礼っ!笑)

 現在の渋いクラプトンも好きですが、若さいっぱいの初々しい(?)クラプトンもなかなかです(偉そうな感じですみません。汗)!
 まだ3人の演奏がケンカ状態になる前の、非常にフレッシュな1枚!最近はクラプトンのソロやドミノス時代の作品を聴いてばかりいたので、今日は、なんだかとても新鮮な気持ちで聴くことができました(^^)!!

 それでは、みなさん。
 今日はこの辺で失礼させていただきます(^^)。では、また明日!!

「 I Feel Free」の映像
 
「Spoonful」の映像 

「I'm So Glad」の映像

試聴はこちら

<ROCK>
CREAM/FRESH CREAM (1966)
1. I Feel Free
2. N.S.U.
3. Sleepy Time Time
4. Dreaming
5. Sweet Wine
6. Spoonful
7. Cat's Squirrel
8. Four Until Late
9. Rollin' and Tumblin'
10. I'm So Glad
11. Toad
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Live Cream Vol. 2/CREAM (クリーム)
Live Cream, Vol. 2Cream [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store  解散から4年後(1972年)に発売されたCREAM(クリーム)のライブ盤。Eric Clapton(G,Vo.エリック・クラプトン)、Jack Bruce(B,Vo.ジャック・ブルース)、Ginge... ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2007/01/15 21:32
Randy Meisner / たった1人のイーグルス
Do you remember Randy Meisner called "one only the Eagles" ? He was registered at the Eagles as a bassist to album "Hotel California". He released five pieces of solo albums afterwards and withdrew from the front line. I met him in a live house accid... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/01/16 12:05
Live Cream Vol. 2/CREAM (クリーム)
Live Cream, Vol. 2Cream [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store  解散から4年後(1972年)に発売されたCREAM(クリーム)のライブ盤。Eric Cl ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2007/01/17 17:54
クリーム「アイ・フィール・フリー」@ニッサンLATIO・CMソング
昨日はじめて見たんですが、日産ラティオ のCMソングに CREAM の「I Feel Free」が使われてますね。「ボンボンボンボボンボン・・・ボンボンボンボボンボン(アイ・フィール・フリー)♪・・・」と始まるやつです。 →The Very Best of Cream(こちらで試聴も可)← という.. ...続きを見る
Muse on Music.
2007/01/17 21:05
ジンジャー・ベイカーの鬼の太鼓
さて、前回は生姜(ginger)の魅力について書いたので、今日はジンジャー・ベイカー(Ginger Baker)について書きたい。ジンジャー・ベイカーは、クリーム(Cream)、そしてブラインド・フェイス(Blind Faith)のドラマーとして有名。顔はなんだか恐いけど、すごいドラマー.. ...続きを見る
Muse on Music.
2007/01/17 21:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
私が聴いた時はクリームは幻の伝説でした。その点ではクラプトンは伝説を作る天才ですよね!さすがロバジョンを崇拝してるだけあります。仲が悪いのが ライブに 緊張感とこれでもかっという 闘争心で名演奏が生まれる皮肉な結果に。1stはLPしか持ってません。ジミを持ち去られたのでクリームを聴いてみようかしらん。
まり
2007/01/14 10:08
それにしてもスゴイ3人が集まったもんだな〜って感じですよね、クリームって。
音楽的に素晴らしいのはいうまでもないですが、人間的にも個性というか、クセが強い感じですよね。(笑)特にジンジャー・ベイカーとか。。(^^)
まさに、伝説のバンドという言葉がピッタリなバンドだな〜と思います。
散歩猫
2007/01/14 17:07
Creamは、意外かもしれませんが、スタジオ盤のPopな感じの曲の方がお気に入りです。
もちろんBlues曲もですが。
Liveはチョット着いていけない曲も!!

なので、Freshですよ!!
リュウ
URL
2007/01/14 23:49
いいアルバムですよね!クリームの中では一番聴いてますよ!
後の作品に比べるとまだまだ洗練されてませんが、若々しさに溢れていて、荒削りな演奏もこれまたかっこいい!ジンジャーベイカーの奇人なドラミングぶりがいいグルーブ出してるように感じます。
いたち野郎
URL
2007/01/15 05:14
60年代はジャズ一辺倒でロックに対して偏見を持っていたのですが、クリームのこのアルバムを聴いてからロックに興味を持つようになりました。ボクにとって記念すべきアルバムです。
DからZまで期待しています。
ひぐらし
2007/01/15 12:58
クリーム。何なんだという思いで初めて聴いた時のことを覚えています。そもそも1曲が長いのも驚きました。この頃はメンバーの名前も知らず聴いていました。そしてデレクを聴き、クラプトンを聴きと、クラプトンの名前なしで順に聴いて来ました。
クラプトンとクリームの名前が結びついたのは、恥ずかしながらライブエイドの生放送で、「ビハインド・ザ・サン」をリリースした後のクラプトンが、「ホワイト・ルーム」を歌ったのを見てからです。恥ずかしいお話ですが、曲は聞き込んでも、メンバー名に興味が無かったという・・(笑)
imagine-peace
URL
2007/01/16 00:20
まりさん!
こんばんは(^^)。
ジミを持って行かれてしまったのが、相当堪えているのうですね(^^;)。
気持ちはすごーくよくわかります(^^;)。
やはり、ここは伝説のクリームで気分転換!!
ってことになるといいのですが(^^;)。。。
ところで、クラプトン。
確かに伝説作りの天才ですね!!
波野井露楠
2007/01/17 02:18
散歩猫さん!
こんばんは(^^)。
本当ですねえ!!クセが強いですよねえ(笑)。
今風に言えば
「濃い!」って感じですかねえ(^^;)。
でも、だからこそ、あの音が出せたんでしょうねえ!
…ため息(^^)。です。
波野井露楠
2007/01/17 02:21
リュウさん!
こんばんは(^^)。
確かにライヴのインプロヴィゼーションについて行けないと言う方、多いですよね!
ならば、やはりこの1stはお薦めですね(^^)。
短い曲も多いですものね!!
POPな曲もいいですよね(^^)!
波野井露楠
2007/01/17 02:23
いたち野郎さん!
こんばんは(^^)。
うん!そうですねえ(^^;)。
ジンジャー・ベイカー、凄すぎです!
ルックスも含めて、すごい迫力(^^;)。
それにしても、この1st、いいですよねえ。同じ気持ちの人がいてくれて嬉しいです(^^)!
波野井露楠
2007/01/17 02:25
ひぐらしさん!
こんばんは(^^)。
この頃のクリームはジャズの匂いがしますね!!
現に、ジャック・ブルースは「ジャズを演奏しているつもりだった」とインタビューで答えていたとか!
(ジンジャー・ベイカーだったかな?記憶が曖昧ですみません。汗)
今度、ジャズについて、教えてくださいね〜!!
波野井露楠
2007/01/17 02:28
imagine-peaceさん!
こんばんは(^^)。
へえ!!imagine-peaceさんでも、そういうことがあるんですね(^^)。
でも、メンバーなんか関係なく、その音を聴き込むってこと、すごくよく分かります。
あとになって「そうだったんだ!」
って思うこと(^^)。
ところで、ライブ・エイドでは私も貴重な体験をしました。例えば、動くフーを初めてみたのは、ライブ・エイドだったような気がします(^^;)。

波野井露楠
2007/01/17 02:31
こんばんはー。
僕はクリームのころのクラプトンの方がソロになってからより好きかもしれません。見た目的にもこの頃のクラプトンってなんか、クールでかっこいいです。
ジンジャー・ベイカーは見た目が恐いけど、すごいですね(笑)。
muse
URL
2007/01/17 21:04
museさん。
こんばんは!!
そうですねえ。
確かに、クリームの頃のクラプトンの切れ味はすごいものがありますよねえ!!
スーパーギタリスト!!って感じですよねえ(^^)。
見た目もシャープだし(^^)!
それから、ジンジャー・ベイカー!おっしゃるとおり、すごいドラマーですね!!!
訪問&コメント、ありがとうございます(^^)。
波野井露楠
2007/01/19 03:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬休みの宿題(3)『ROCK A TO Z』のC」 CREAM/FRESH CREAM  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる