波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬休みの宿題(6)『ROCK A TO Z』のF」 フェイセズ/スネイクス&ラダーズ(ベスト)

<<   作成日時 : 2007/01/21 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 18

 おはようございます!
 昨日も今日も、本当に寒いですねえ(@_@;)!「関東も雪!?」という話を聞きましたが、降りますかねえ(^^;)。そしたら、月曜日はクラスで雪遊びができるなあ…。雪合戦?雪だるま?かまくら?おー、ワクワクするなあ…。

 …なーんてことを考えながら、今朝はフェイシズを聴いています。「ROCK A TO Z」のF。1976年リリースのフェイシズのベスト!「スネイクス&ラダーズ」です。

 このアルバムは、私が若い頃に初めて買ったフェイシズのアルバムなんですけれど、当時は、私の周りの店にはフェイシズが全く置かれておらず、やっとの思いでこの1枚を見つけ出したという思い出があります(田舎なもので、こんな思い出ばっかりです。笑)。
 「ステイ・ウィズ・ミー」が聴きたくて、「馬の耳に念仏」を探していたのですが…、本当にどこにも置いてなかったんですよねえ…。フェイシズ(^^;)。
(でも、今は、逆にこの盤の方が店に置いてなくて。廃盤ですかねえ?アマゾンで検索しましたが、手に入りづらそうでしたねえ…。でもって、当時あんなに探しても手に入らなかったオリジナルアルバム達は簡単に手に入るようになってるのですから、なんだか面白いですね。笑)

 で、本作についてなのですが…。買った時には意識しないで聴いていたのですが、伝説の日本人ベーシスト山内テツの演奏が2曲聴けるんですよねえ!オリジナル・メンバーのロニー・レインの脱退後、フェイシズに加入した山内テツ。彼の演奏は、ライブ盤の「コースト・トゥ・コースト・オーヴァチュア・アンド・ビギナーズ」で聴くことができるのですが、彼が加入した後のフェイシズはスタジオ・アルバムを発表することなく解散してしまうのですから、ここで聴ける2曲のスタジオ録音はとても貴重なもの!ということになります。

 本作(日本盤)のライナーノーツ(深民淳氏)には、フェイシズのサウンドのことを「イギリスの土に根ざしたロニー・レインの個性と、ロッドとロンが持ちこんだ、ノリのいいロックンローラー体質が、うまく調和していたからこそ実現可能だった、地味ハデという、正反対のファクターがうまくミックスされ、作り出された、真にオリジナルなロックンロールだったのである。ロニー・レインの個性は、このフェイセズのオリジナリティにおいて重要な部分をになっていたことは間違いない。ロニー・レインが脱退した後のフェイセズは、ロッド・スチュワートのソロとの違いや、差がほとんどないないバンドへと方向転換してくのである。」と書かれているのですが、いやいや!山内テツ加入後のこの2曲も侮れませんよ(^^)!!!

 だって、2曲とも、滅茶苦茶にカッコいいんですから(^^)!
 特に、このアルバムのオープニングを飾る「玉突きリチャード」(←すごい曲名!笑)なんて最高です。前奏を聴いただけで「この曲は絶対にカッコいい!」と分かってしまうくらいのカッコよさです(^^)。「きたきた〜!」というロンのギターのリフが始まり、山内テツの「プォーン」というベースの一音が入り(この一音が重要!笑)、すかさずケニー・ジョーンズのドラムがかぶさり、ロッドのボーカルがスタート!もちろん、その後はイアン・マクレガンのキーボードも絡んできて、本物のR&Rを展開してくれます!!思わず、心の中で(または、実際に声に出して!?笑)、「ロックンロ〜〜ル!!!」って叫びたくなること必至です(^^)。(実は、フェイシズの中で私の一番のお気に入りの曲が、この「玉突きリチャード」だったりします(^^)。)
 それから、「ユー・キャン・メイク・ミー・ダンス」だって、いい味出してます!なんて言ったって、ロッド、ロン、イアン、テツ、ケニー5人全員による共作ですからねえ(^^)。曲そのものの感じもそうですが、この事実からも聴いていて思わず気持ちが和んでしまいます(^^)。

 もちろん、ロニー・レインが素晴らしいベーシストだってことは誰もが認めるところですが、山内テツもロニーに負けないくらい素晴らしいベーシストだっていうことも認めなければなりませんね(^^)。

 そんな彼の貴重なフェイシズ時代のスタジオ録音が聴けて、「ウー・ラ・ラ」や「ステイ・ウィズ・ミー」などの超有名曲も聴ける本作を、私はこれからも大切にしていきたいと思います(^^)。(あ、でも、今は別のベスト盤がリリースされて、そこで「玉突きリチャード」と「ユー・キャン・メイク・ミー・ダンス」が聴けるみたいですけどね。笑)

 いやあ。それにしても、朝からご機嫌なR&Rを聴いていると、活力が湧いてきますねえ(^^)。そろそろお昼ですが(汗)、あと半日!精力的に動き回れそうです(^^)!

 あ!それから、実際のアルバムには「フェイセズ」と表記されているのですが、私は昔から「フェイシズ」という呼び方をしていて、「フェイシズ」の方が言いやすいので、文中では表記を「フェイシズ」に統一させてもらいました。どうでもいいことかも知れませんが(^^;)。

 それでは、みなさん!よい日曜日を(^^)!!


★山内テツ特集(^^)★ 〜キースも一緒です!〜
「Sweet Little Rock And Roller」の映像(イアンのピアノが炸裂!)

「I'd Rather Go Blind」の映像(ロッドが聴かせます!)
 
「玉突きリチャード」と「ユー・キャン・メイク・ミー・ダンス」の試聴はこちら

<ROCK>
フェイセズ/スネイクス&ラダーズ(ベスト) (1976)
1. 玉突きリチャード
2. いとしのシンディ
3. ウー・ラ・ラ
4. スウィート・レディ・メアリー
5. フライング
6. パイナップル・アンド・モンキー
7. ユー・キャン・メイク・ミー・ダンス
8. リアル・グッド・タイム
9. ステイ・ウィズ・ミー
10. ジュディズ・ファーム
11. シリコン・グロウン
12. アラウンド・ザ・プリンス
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山内テツ - 伝説のベーシスト
...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2007/01/21 17:24
Check the FM Broadcast ! / FMラジオでエア・チェック!
I did not yet have money to buy a LP record at the age of a high school student from a junior high student. Of course there was not a rental record shop, too. I borrowed and lent a record between friends, but minded very much not to damage it. May I ... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/01/22 12:02
Dear My Friends, / 3万アクセスありがとうございます!
In about 5 months, it arrived at 30,000 access the other day since I established blog. Thank you very much the all of you who read this now. Especially I say gratitude to my friend who allowed me to make the mutual link readily. It is difficult for E... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/01/23 08:54
Never a Dull Moment/ROD STEWART (ロッド・スチュワート)
Never a Dull MomentRod Stewart [ジャケットの写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store : Reason to Believe: The Complete Mercury Recordings (Box Set)  名曲"Maggie May"を含む前作『Every Picture Tells a S... ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2007/01/24 01:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
このアルバムはオレの初フェイセスです。
中1くらいだったかな。

1曲目にやられましたね!

その後オリジナルアルバムを聴いてもやっぱりこの曲が1番です!
ケイ
2007/01/21 13:04
山内テツが出ますか?(笑)渡英した彼もスゴイですが、そこにフォーカスをあてる波野井さんもスゴイ!
1972年くらいでした?ロニー・レーンの後任としてフェイセズに加入したのは。確か彼の参加している曲数が少ないのは、ミュージシャンのユニオンに加入できず活動を制限されていたからではなかったでしょうか?(間違っていたらすみません)ところが欧米のファンが「テツをユニオンに加入させろ」という声が高まって、初めて本場で活躍を認められたと記憶しています。輸入盤で聴いた私は、ライナーを読んでいないので分かりませんが、喫茶店のオーナーに、ここには日本人がメンバーでいるんだよと教えてもらいました。だからフェイセス=ロッドが多い中、=テツな私です。(笑)ロック界の野茂ですよね。フェイセズのメンバーとして日本での凱旋ライヴも行ったと聞きましたが、そこまではのめりこみませんでした。
imagine-peace
URL
2007/01/21 14:27
玉突きリチャード!!
この曲は本当に良い♪
テツもウマいし、感じがとってもいいですよね。
なるほど、Bestですか・・・。
面白いところ持ってきますね♪

Facesという看板、最高です!!
リュウ
URL
2007/01/21 23:13
波野井さんの おかげで ぼんやり霧がかかっていた部分がまたまた晴れました。いいたい事が全てブログに収まってるので読んでいてスカッとしました。凱旋ライフ゛をダンナが見たということですね。そのころはフェイセズ知らんとまじめに部活してました(^_^;)
まり
2007/01/22 15:46
「F」は、ご機嫌ロックなフェイセズですね♪(^^)
『玉突きリチャード』・・確かにスゴイ曲名ですよね(笑)
自分も好きな曲です!
散歩猫
2007/01/22 19:57
はじめまして!いつも楽しく拝見させていただいてます。
私も「玉突きリチャード」大好きですよ〜
フェイセズの、あの独特な天然なヨレ加減が最高です!
最近、流行りの再結成ライヴを期待してしまうバンドですね。
starfish
URL
2007/01/24 19:26
お!それは知らない曲でした!オリジナルアルバム揃えちゃうと、ベストアルバムは聴かなくてもいいや〜って思っちゃうのが、素人の危ないところッスね〜!聴いてみよっと!
フェイセス(ボクはズではなくスです)はサテライツのメンバーが大好きなミュージシャンに挙げていたので知ったのがきっかけですね。
T-BONE
2007/01/24 20:51
ケイさん!
こんばんは!!
ケイさんもこれが初フェイシズなんですか!!
同じですねえ(^^)!
しかも、「玉突きリチャード」が1番だなんて!!
嬉しいですねえ(^^)!!
カッコいいですよね!!
「玉突きリチャード」(^^)!!!!
波野井露楠
2007/01/25 00:32
imagine-peaceさん!
こんばんは!!
山内テツがフェイシズに加入したのは「ウー・ラ・ラ」がリリースされたすぐ後なので、73年ですね(^^)。
「ユニオンに加入させろ」云々の話は、初めて知ったのですが(さすが、imagine-peaceさん!)、イギリスのファンからもそうやって認められていたというのは、本当に嬉しい話ですね!!
まさに、ロック界の野茂(^^)!!
フレさんの情報ですと、まだまだ活躍しているということなので、山内氏のこれからのさらなる活躍にも期待したいところですね!!
あ、それから、恐れ多いお褒めの言葉、
恐縮です(^^;)!
波野井露楠
2007/01/25 00:40
リュウさん!
おはようございます!!
リュウさんのお墨付きをもらえるのは、とってもうれしいことです(^^)!!
ロニーも素晴らしいですが、山内テツがいたおかげでフェイシズは多少なりとも、存続が長引いたわけですから、やはり貴重で偉大な人ですよね(^^)!!
返事が遅くなりすみません!!!
波野井露楠
2007/01/25 07:14
まりさん!
おはようございます!!
ダンナさん、フェイシズ行ったんですか!?
いいなあ(^^)。まりさんはTレックスだし!!
本当に羨ましいです(>v<)!
ところで、まりさんは何の部活をされていたんですか?気になりまーす(^^)!!!
返事、遅くなってしまいすみません!!!!
波野井露楠
2007/01/25 07:17
散歩猫さん!
おはようございます!!
はい(^^)!
Fはご機嫌なFACESのFです(^^)!!
散歩猫さんも「玉突きリチャード」好きなんですね!
みなさんも好きと聞いて、なんだか私もとても嬉しくなってしまっています(^^)。
返事が遅くなってしまい、すみませんでした!!!
波野井露楠
2007/01/25 07:19
starfishさん!
こんばんは!!
はじめまして(^^)!
いつもこのブログを読んでいてくださっていたんですか!!?
ありがとうございます(^^)!!
私も、あとで伺わせていただきますので、これからもどうぞよろしくお願います(^^)!!
ところで、フェイシズですが、再結成…期間限定でもいいので実現したら素敵ですね(^^)。
オリジナル・メンバーでは無理ですが(涙)、ついつい期待してしまいますね!
波野井露楠
2007/01/25 21:56
T-BONEさん!
こんばんは!!
あ!それわかります!!
オリジナル揃えたらベストはいらないって、私も思ってしまいますから(^^;)。
フェイシズも、たまたま、これしか売ってなかったので、このアルバムに出会いましたが、もしも最初に「馬の耳に念仏」を買っていたらどうだったか(^^;)!
そう考えると、
とてもラッキーだったのですね(^^)。
フェイシズ(フェイセス(^^)!)、最高ですね!
ジョージア・サテライツも、そろそろ2枚目あたりをゲットしたくなっています(^^)。
波野井露楠
2007/01/25 22:00
私もFACESのコンサート、行きましたよ。1974年の2月19日でした。日にちはよく覚えてるのに、肝心のライヴはあまり記憶がない!その前の年だったか、HUMBLE PIEのコンサートも行きました。SMALL FACESの頃からスティーヴ・マリオットが好きだったんです。このブログ読んでたら、FACES聴き直してみたくなりました。
Lily
2007/10/14 20:01
Lilyさん!
こんばんは!
わーー!!ホントですか??
生フェイシスに、生ハンブル・パイ!!
いいですねえ(><)!すごい!すごい!
うらやましい〜(^^;)!!!
私は、生の姿を見たことなくて、LPやCDでのみ知っているというミュージシャンが多いので、本当にうらやましいです(^^;)。
今度、是非その時のお話も
聞かせてくださいね(^^)!!
波野井露楠
2007/10/15 19:26
あんまり色々行き過ぎて、記憶がぐちゃぐちゃです!
FACESのコンサートにテツがいたかどうかも覚えていないし。当時は欧米バンドの来日ラッシュで、毎月2〜3回、武道館や新宿厚生年金へ行ってました。
HUMBLE PIEはアルバム「EAT IT」の曲を演ってたと思う。マリオットはソウルにどっぷりでした。
Lily
2007/10/16 12:56
Lilyさん!
こんばんは!!
素晴らしい時代だったんですねえ。
コメント読ませていただいてるだけで目眩がしてきました(^^;)。
素晴らしすぎる!!
自分も、以前は月1回のペースでコンサートに足を運んだ年もあったのですが、今年はだめですねえ。。。
ブルース・カーニバルも行けなかったし(涙)。
ああ、またコンサート行きたいなあ。。。
レッド・ツェッペリン来ませんかねえ(笑)!!!
波野井露楠
2007/10/16 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬休みの宿題(6)『ROCK A TO Z』のF」 フェイセズ/スネイクス&ラダーズ(ベスト)  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる