波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬休みの宿題(9)『ROCK A TO Z』のI」 IGGY AND THE STOOGES/M…

<<   作成日時 : 2007/02/02 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

 みなさん、こんばんは。
 すっかりご無沙汰してしまいました(汗)。
 毎度毎度の言い訳ですが、またまた体調不良により(昼間は元気なのですが、学校でパワーを使い切ってしまっているようで、帰宅後ダウン…という日が続いています。汗)、更新が滞ってしまいました(@@;)。

 しかし、それでも学校の行き帰りを中心に音楽は毎日聴いていました!
 聴いていたのは、今日紹介するイギー・アンド・ザ・ストゥージズの「METALLIC 2×KO」!「ROCK A TO Z」のIです!



 …がーん!もう少しで記事が完成というところで、またもや「ESC」キーに指が触れてしまいました(@@)!これより以下の記事は、全部書き直した部分です。ウェブリブログには、なぜ「取り消し」キーとか「元に戻す」キーがないのでしょうか!!と言うか、なんで「ESC」キーに触れただけで、全部消えてしまうでしょうか(怒)!!ああ(@@)!!!!!!…



 さて、気を取り直して…(涙)。

 このアルバムは、1976年リリースの「METALLIC KO」に5曲を追加して、1988年にタイトルも新たに再発されたものなのですが、11曲中8曲がストゥージズとしてのラスト・ライブからの音源であるという、とても貴重なアルバムです。

 ちなみに、オリジナルでは、A面に「1973年10月6日のデトロイト、ミシガン・パレスでのライブ」(1,2,3)、B面に「1974年2月9日の同じくミシガン・パレスでのラスト・ライブ」(9,10,11)が収録されています。(なお、新たに収められた5曲(4,5,6,7,8)も、オリジナルのB面と同じラスト・ライブからの音源です!)

 この頃のイギーは、ステージ上に散乱したガラスの上を転げ回って血まみれになったり、ナイフで自分の胸を切りつけたりという狂気のパフォーマンスを繰り返していたのですが、このアルバムには、まさにその頃のイギーの様子が音という形で丸ごとパッケージされています。

 ファンに過激なステージを要求され、どんどん過激になっていかざるを得なかったパフォーマンス。ドラッグに溺れ、どんどん疲れ切っていく心と体。
 はっきり言ってしまうと、初期の頃(「ストゥージズ」「ファン・ハウス」)のようなグルーブ感はありません。

 しかし、本作を聴いていると、そんなイギーの「混沌」「苦悩」「狂気」といったものが物凄くストレートに伝わってくるのです。
 アルバム・タイトルにある通りのメタリックで破壊的なジェイムズ・ウィリアムスンのギターと痛々しいまでの迫力が感じられるイギーの叫ぶようなボーカルが、実に生々しいのです。(スコット・サーストンのピアノも、アヴァンギャルドな感じを出していてなかなかいいです!)

 あの悪名高き(!?苦笑)3rdアルバムの1曲目の「Search And Destroy」(デッド・ボーイズが後にカバー)やタイトル曲の「Raw Power」、記念すべき1stアルバムからの「I Wanna Be Your Dog」(1分しか演奏されませんが)、有名なR&Rナンバーの「Louie Louie」など、聴き所も満載です。(個人的には、5曲目の「Heavy Liquid」が大好き!←ギターとベースのぶっとい音が最高です!リズムは走っていますが(^^;)!)

 もともとは、ロン・アシュトン(ベース)の友人が身内用に4トラックで録音したと言うだけあって、音はとっても悪いのですが(^^;)、この時期のイギーの真実を知るには「これしかない!」という1枚だと思います。
(なお、イギーはこのラスト・ライブの後、メディアから姿を消します。自ら精神病院に入りドラッグから抜け出すためのリハビリを行ったのです!そして、イギーはデヴィッド・ボウイの助けを借りながら1977年、見事な復活を果たすのです!)

 

 ところで、実はこのアルバムは、この間の日曜日から毎日聴き続けているのですが、先日、同じ職場の先生のお父さんが亡くなられ、そのお葬式に行く際にも車の中で聴いていました。でも、一緒に車に乗っていた他の先生たち(学校代表で一緒にお葬式に行った、ミカコリン&カバオ君)が固まってしまったので、途中で別のアルバムに替えてしまいました(^^;)。
 「職場ロック化計画」を推し進めているとは言え、いきなりこのアルバムはヘヴィーだったようです(汗)。失敗、失敗(^^;)。



 あれ〜!!最初に書いた時より、記事の長さが随分と短くなってしまいました(涙)。。。
 うーん。泣ける(T_T)。


 あ。それから、前回の記事でお伝えした私のバンド活動ですが(笑)、第1回目の練習はとても楽しく行うことができました。まだレパートリーは2曲(「トラジディ」と「モーターヴェイティン」)ですが、久々のスタジオに興奮してしまいました(^^;)。
 次の練習は2月15日。それまでに、「シャイアン」を歌えるようにしてレパートリーを3曲に増やす予定です(^^)。

試聴はこちら(←私が持っている盤とは、ジャケットと曲順が違いますが)

<ROCK>
IGGY AND THE STOOGES/METALLIC 2×KO (1988)
「METALLIC KO」(Originally Released in 1976)
1. Raw Power
2. Head On
3. Gimme Danger
4. Search And Destroy
5. Heavy Liquid
6. I Wanna Be Your Dog
7. Open Up And Bleed
8. I Got Nothing / I Got Shit
9. Ritch Bitch
10. Cock In My Pocket
11. Louie Louie
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「イギー・ポップ・アンド・ストゥージズ」
この次の作品「ファン・ハウス」のほうが評価が高いようですが、 ガレージ臭ふんぷんたる、こちらのほうが自分は好みです。 ...続きを見る
たくのSTILL LIFE
2007/02/03 12:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井さんが歌う「トラジディ」。聴いてみたい!!!
たく
2007/02/03 15:52
こんばんは。
すばらしいですね!
>職場ロック化計画!!!!!
応援いたします!!!気持ちだけですが。。。(笑)
お体くれぐれもご留意くださいね!
evergreen
URL
2007/02/03 19:01
どんな奇抜なことをしても観客は すぐ慣れてしまう。ボウイも仮面(ペルソナ)を脱ぎつづけてきた。なのでロックンロールの自殺者なのか。天才ジミもクスリで死んでるしヒーローは常に壮絶ですね。
まり
2007/02/04 09:51
波野井先生燃えてますね・・・公私共に、とても充実している様子が伝わってきます。!(^^)!
常に前向きで、周囲に気を遣う波野井先生なので、家に帰るとほっとして疲れの出てしまうのでしょうね。体に気をつけて頑張ってください(^_^)
私も負けずに頑張りたいです。(^_^)v
はーもにか
2007/02/04 11:32
たくさん。
こんにちは(^^)。
マイケル・モンローは低音が難しいです(^^;)。
私はもともと声はあまり低くないので、ちょっと声を作ってマネしています(笑)。
バンドとして上手にできるようになったら、聴いてもらいたいです(^^)/
波野井露楠
2007/02/04 15:47
evergreenさん。
こんにちは(^^)。
なんだか、いつもヘロヘロしていて自分でも情けないです(苦笑)。
もう少し、体力をつけないといけませんね(^^;)。
いつも、ご心配、ありがとうございます!!!
頑張ります(^^)!!!!
職場ロック化計画の方は、少しずつですが着実に効果を現してきています(笑)。
波野井露楠
2007/02/04 15:50
まりさん。
こんにちは(^^)。
確かに、奇抜なことも、それが続けば予定調和になってしまいますよね。しかも、それが自分の本意でないのなら、それくらいツラいものはないですね…。
ジミもイギーも似ていますね。。。。
ボウイに対するコメント、すごく納得してしまいました!!さすが、まりさん(^^)!
波野井露楠
2007/02/04 15:54
はーもにかさん。
こんにちは(^^)。
さっき、お葬式から帰ってきました…。
たしかに、この所、公私ともに充実していますね、そう言えば(^^;)。ちょっと充実しすぎ(笑)??
でも、疲れが、クラスの子の前で出ないように頑張りたいと思います(^^;)。
私こそ、はーもにかさんを見習って頑張っているんですよ、毎日(^^)!!
いつも、応援ありがとうございます!
波野井露楠
2007/02/04 15:57
イギーの存在はもう30年も前から知ってはいたのですが、いまだに聴いたことがありません。そういうのっていっぱいいるのですが、なんかこの歳だとなかなか違う方向に冒険できませんね〜。好きなジャンルやミュージシャンには惜しげもなくいけるのですが...なにかきっかけがあればいいんですね。
多分この世には、聴かず嫌いになっている素晴らしい音楽が、沢山あるんだろうな〜、って思います。死ぬまでには全て聴きたい〜!!
T-BONE
2007/02/04 16:40
このアルバムを聴いた他の先生方が固まってしまった画を勝手に想像したて、ニヤリとしてしまいました(笑)
たしかに、いきなりヘヴィーすぎだったかもしれないですね(^^;)
「職場ロック化計画」どんどん推進していってください。
バンド活動のほうも楽しそうですし、体に気をつけて頑張ってください!
散歩猫
2007/02/05 19:45
T-BONEさん
こんばんは!
聴かず嫌い…絶対ありますよね!
私にもあります(^^;)。
若い頃の固定観念とかで聴いてなかったけど、今聴いてみたら「おお!いいじゃん!」みたいな(^^;)。
もっともっと、今まで聴いてなかったミュージシャンも聴くようにしよう!と思っている私です(^^;)。
イギー…、趣味じゃないかも知れませんが、機会があったら聴いてみてくださいね(^^)。
波野井露楠
2007/02/05 23:46
散歩猫さん!
こんばんは(^^)。
ニヤリとしていただけましたか(笑)。
なんか、二人とも急に黙っちゃって、「わ!やばい!」って感じでした(^^;)。
でも、洗脳しちゃえと言わんばかりに、ZEPとかハノイとかジミヘンとかブルースとか…とにかくいろんなのを無理矢理聴いてもらってるので、先生方も随分耳がロックに慣れてきたみたいです(笑)。
職場ロック化計画、
バンド活動ともに頑張ります(^^)!
波野井露楠
2007/02/06 00:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬休みの宿題(9)『ROCK A TO Z』のI」 IGGY AND THE STOOGES/M… 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる