波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬休みの宿題(16)『ROCK A TO Z』のP」 PAUL McCARTNEY & WINGS

<<   作成日時 : 2007/03/03 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 32

 ブログの更新がまたまた1週間ぶりとなってしまいました。みなさん、すみません。
 仕事が忙しかったというのもあるのですが、今回は特別な理由があって、なかなか記事を書くのが進まなかったのです(><;)。
 それは…。
 もしかしたら、ポール・マッカートニーが私のブログを読んでくれるかも知れない!(?)なんて思ったら、緊張して書けなくなってしまったのです(^^;)。

 本当には、実際ポールがこのブログに遊びに来てくれるかどうかは分からないのですが(笑)、imagine-peaceさんが私のブログのことをポールに話してくださったらしく、ポールからの「君のブログの”P”は勿論僕だよな」というコメントを私に伝えてくれたのです!びっくりした私は、一人で舞い上がってしまったという訳です(^^;)。
(ちなみに、imagine-peaceさんのブログは、ポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンシュタット、オリビア・ニュートン・ジョンなど世界中の有名人たちがコメントをしている凄いブログです!)

 この1週間、私はウィングスのアルバムばかりを聴いて過ごしました。カセット・テープしか持ってなかったアルバムについては、CDを買って聴き直しました(^^;)。車の中で、部屋の中で…。学校でも、放課後、6年生を送る会(卒業生をお祝いする会。卒業式とは別の会です)の会場作りをしながら、(校長先生をはじめ、たくさんの先生方がいましたが)体育館で大音量で聴きました(←放送機器のチェックを兼ねて。笑)!

 そして、どのアルバムのことを記事にしようかと、さんざん迷ったのですが、決まりました!
 ポール・マッカートニー&ウィングスの「レッド・ローズ・スピードウェイ」です!


 それでは、「ROCK A TO Z」のP、緊張のスタートです(>v<)!


 今回、改めてポールのアルバムを聴いて、実は、私は一つ反省したことがあります。
 それは、いろいろなことをごちゃごちゃ考えずに、音楽はピュアな気持ちで聴かなければならない…ということです。
 私はビートルズが大好きです。それで、今まで、ビートルズ解散後の4人の作品を聴く時に、つい、「なんでビートルズは解散してしまったのだろう?」「ビートルズを解散させたのは誰だ?」「ジョンとポールは本当に仲が悪かったのだろうか?」「ジョンやジョージがビートルズを嫌いになっていたって本当だろうか?」なんていう余計なことを考えてしまうことがあったのです。

 でも、そんなことを考えながらでは、音楽を楽しむことはできないし、その音楽の素晴らししさを十分に味わうこともできないですよね。

 このアルバムにも、「Big Barn Bed」「Little Lamb Dragonfly」のように、「もしかしたらジョンのことを歌っているのかな?」と思われる曲があります。
 でも、いろいろ勘ぐるのはやめました(^^;)。
 「ああ、素敵な曲だなあ!」「言葉の言い回しが面白いなあ!」「リズムが気持ちいいなあ!」
 そんな風に、素直な心で聴くことにしました(^^)。

 このアルバムには、ポールの音楽に対する情熱とリンダに対する愛情が溢れています。
 リンダのことを歌った「My Love」はもちろん素晴らしく、その他の曲もみんないい曲が揃っています。
 ハード・ロックばかりを聴いていた若い頃より素直になった今の私には、1曲1曲が心に沁みてくるのです。
 落ち着いた演奏と、ポールのボーカルと、リンダのコーラスが気持ちいいです。
 「Get on the Right Thing」のゴスペルのような盛り上がりもカッコいいし、9曲目のメドレーも「アビー・ロード」をつい思い出してしまうカッコよさがあります!

 評論家の言うことなんか気にしないで、純粋な心で聴きたい、味わい深い1枚です。


 なお、私が新しく買ったこのCDには、ボーナス・トラックが4曲追加されています。「オリジナリティが損なわれる」という考え方もありますが、私の大好きな「Hi, Hi, Hi 」をはじめ、「Mess」(ライブ)など、オリジナル・アルバムでは聴けない曲ばかりなので、今回のボーナス・トラックは私としてはありがたかったです(^^)。



※ポール・マッカートニー様
 緊張して、思うように文章が書けませんでした。
 でも、もしも、あなたがこの記事を読んでくれることがあったら、本当に嬉しいです。
                                   波野井露楠


※ imagine-peaceさん
 今、頑張って記事を英訳中です(^^;)。でも、英語の苦手な私には無理そうなので、英語の得意な友人に頼ることにしました(^^;)。英文の記事が完成しましたら、記事に追加しますので、もしよろしければ、ポールにそうお伝え願えないでしょうか。
 ずうずうしいお願いですみません(><)。  


試聴はこちら(私の持っているのとは、ボーナストラックが違いますが)


==============================================================

★記事の英訳が完成しました!自分の力では無理だったので、友人のタマちゃんの力を借りてしまいました(タマちゃん、ありがとう!)。自分も英語ができるようになりたい!と本気で思いました(汗)!

It's been more than a week after I renewed my blog. I'm very sorry,guys.

I have been very busy working, but I have a very special reason for this time. So,I had a difficult time to write my essay.

You know why? That's because... Someone special might be reading my essay right this moment! And the special person is Paul McCartney! This thought made me nervous, so I needed extra courage to write this essay.

Of course, I'm not sure if Paul is actually visit my blog. But "imagine-peace” told Paul about my blog, and he told me the comment from paul; "The P must be me, right?” I was very surprised and it made me fly higt.
(By the way, so many airtists have visited the blog of "imagine-peace,” and I admire that.)

For this week, I spend most of my spare time for listening to the albums of Wings. I bought a CD to replace the aibum which I only had in a cassette-tape. I listened to the CD in the car and in my room... At school, I was listening to the Wings in the gym with very big sound after kids went home. I was preparing for the farewell party (which is different from the graduation) for the sixth grades at that time, so it was the sound checking. (By the way, there were many teachers including the principle.)

I couldn't decide which album I should talk about in this essay, but now I've decided;"Red Rose Speedway” by Paul McCartney & Wings.

I'm still nervous but I shall begin the P of "Rock A to Z.”

I listened to this album again and I came up with this thought. That is, I should listen to music with a pure heart, without any worries or concern.

I love the Beatles. Until then, whenever I listen to the works of the four members after their break, I tend to think these kind of things; "Why did the Beatles break up?” "Who made the Beatles break up?” "Didn't John really get along with Paul?” "John and George became to hate the Beatles, is that true?” However, I shouldn't think about these things when I listen to the music.

I think we are not able to either enjoy or appreciate music if we think about things like above.

In this album, "Big Barn Bed” and "Little Lamb Dragonfly” may be the songs about John. But I stopped thinking about such a thing.

"Wow, it's a wonderful song.” "The expressions are interesting.” "The rhythm makes me feel better.” I should be listening to music with these kind of thoughts in my mind.

We can find Paul's passion for music and love for Linda all over the album. "My Love,” which is the song about Linda, is a very nice piece, and all the others are also great pieces.

I always listened to Hard Rocks when I was young, but now I'm older and every songs come into my heart.

Calm performance, Paul and Linda's vocal are very nice to listen. The part like Gospel in "Get on the Right Things” is cool, and the medley of the ninth song reminds me of the cool song, "Abbey Road.”

We should just ignore what the critiques say, and should listen to it with pure hearts.

By the way, there are four bonus tracks in the CD which I bought lately. Some people say it ruins the originality of the album. But it includes "Hi Hi Hi” and "Mess(Live Ver.)” which is impossible to listen in the original album. I appreciate the bonus track this time.


To: Sir Paul McCartney
I was so nervous that made me impossible to express what I really meant. By all means, if you really read this essay, I'm very happy.
                             Hanoi-Rokusu  
  


<ROCK>
PAUL McCARTNEY & WINGS
/RED ROSE SPEEDWAY
 (1973)

1. Big Barn Bed
2. My Love
3. Get on the Right Thing
4. One More Kiss
5. Little Lamb Dragonfly
6. Single Pigeon
7. When the Night
8. Loup (1st Indian on the Moon)
9. Medley: Hold Me Tight/Lazy Dynamite/Hands of Love/Power Cut
10. C Moon [*]
11. Hi, Hi, Hi [*]
12. Mess [Live][*]
13. I Lie Around [*]
(*:Bonus tracks )
画像

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Wings Over America/WINGS (ポール・マッカートニー&ウイングス)
Wings Over AmericaWings [ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [日本盤] ウイングス・オーヴァー・アメリカ  THE BEATLES(ザ・ビートルズ)解散後、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)が2枚のソロ・アルバムを発表... ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2007/03/04 19:18
Play with Jackson Browne / ジャクソン・ブラウンとの共演!
I like West Coast music in particular. Above all, I love Jackson Browne. He is known for beautiful melody not to mention his music. And his lyrics is beautiful, too. It becomes a big loss for us to listen to music of Bob Dylan without understanding a... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/03/06 16:54
E.C. is in U.S.A. / クラプトン・アメリカへ!
An American tour of Clapton started from State of Texas, Dallas on February 28. A few men know that Eric is the collector of shoes. The thing which he arrived at U.S.A. and at first bought were ten-gallon hat and western boots of a photograph. The st... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/03/10 22:23
エアロスミス 16
NO.00761 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2007/03/20 08:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ、このアルバム...溜息がでてしまうくらい最高の出来です。名曲「マイ・ラヴ」もステキですが、カントリーチックな「オンリー・ワン・モア・キス」のなんてセンチメンタルなことか!そしてラストのメドレー!
「ホールド・ミー・タイト」のコード進行の妙!あんなに変な風に動いているのに、曲として全く違和感がない!かなり実験的な曲にして、名曲。そして、最後に全ての曲が次々と現れては、重なっていく。「心のラブソング」のようなポール得意の対位法が発揮され、感動のフィナーレ!
ん〜、いいアルバムです。ボクはバンド・オン・ザ・ランより好きです。
T-BONE
2007/03/03 23:02
ま、マジすかーーー!?
「ハロー!ポール!!」(笑)
凄い交友関係ですね。
ビックらこきました。
OZZY
URL
2007/03/04 11:08
こんにちは。
OZZYさん同様ビックらこきました。
私もこのアルバムはLPで持っていて、よーく
聴きましたよ。この頃のポールはほんとハードで
スピーディーで感じよいです。
evergreen
2007/03/04 13:13
自分はジョン派と完全に脳が決めてたので あわててポール聴いてます。野球は阪神と なんか単細胞ですみません(^_^;)英語の記事読めないけど ハートで読みます(汗)
まり
2007/03/04 20:22
こんばんわ。
久しぶりに我が家でパソコンを開きました。
冬休みの宿題も、もうPまで行っていたのですね。まとめて読ませてもらいました(^_^;)
ビートルズ以降のポールはあまり聞いていなかったのですが、ちょっと興味がわいてきました。
英訳もがんばって下さい。
ひぐらし
2007/03/04 21:22
波野井さん、波野井さんの日本語で書いてる青い部分だけは英訳。そしてジャームスさん(大騒ぎを避ける為と個人的なコメントですので、こう読んでくれた方がいいとの本人の希望で、私のブログでもこう彼を呼んでいることに、お気づきでしたか?)が「Pは僕だね」というから、真剣に書いてるよ。そして英語も今奮闘中」だということを伝えました。それに対して彼からの返事。「imagine-peaceから非常に誠実な評論を書いていると聞いていますので、僕について本当に書いてくれたことを光栄に思います。英語で書いてくれたものを読み次第、あなたのブログに返事を書きたいのですが、返事を書く所の表示が日本語ということなので、imagine-peaceにメールを送り、それをあなたのページにアップします。僕のサインを欲しがってくれている人が多いのですが、便利になった反面、デジタルで署名に価値のないことは我慢して下さいね。」とのことです。
なぜ私が彼と友人になったかのエピソードもそろそろ解禁しますね。(笑)
imagine-peace
URL
2007/03/04 22:20
波野井さん、返事を書くことの確約を取りましたが、よかったですよね?これからはジェームス君と呼んでやって下さい。(笑)ちなみにクラプトンはE.C.で。たまにリンゴも本名で何度か私のブログにコメントをくれているのをご存知でした??(笑)
imagine-peace(2)
URL
2007/03/04 22:20
すごい!!!すごすぎる!
波野井先生、国際的!!
お返事が楽しみですね!!
Wが家宝
2007/03/05 14:44
波野井さんまた遊びに来ました♪
ポールといえば、やっぱりビートルズとしてのポールが私の中では大きいです。
初めて本当の意味で音楽を聴いたのがビートルズでした。
それまでは歌謡曲しか知りませんでしたから。
あ、私はピアノをやっていたので、クラシックは聴いていましたが、いわゆるポピュラー音楽ではビートルズが最初でした。
そこから、私のロック人生が始まったと言っても過言では在りません。
このページをポールも見ているかと思うと、ネットってスゴイと思いますね。

ところで、無事にガンズのチケットが取れました(^-^)v
4月14日に幕張に行って来ます♪
Yumi
URL
2007/03/06 13:50
こんにちは。
久しぶりにお邪魔したら、何だか凄い事になっているようですね〜。(汗)
私も、このアルバムは擦り切れる程聴きました。
ポールは、いくつになっても純粋に音楽を楽しんでいる姿が素敵ですよね。
mintslife
URL
2007/03/06 17:06
おーっ!つい興奮してしまいましたが、これは本当に凄いことですね!ポールからのコメント、波野井さんもそうだと思いますが、僕も大変楽しみです(笑) 良かったですね!

僕はあまりこのアルバムを聴いてこなかったんですよ。本人が見るかもしれないのにこんなことを言うのって…ですが…「My Love」が凄く好きなので、いつもA面で満足してしまいますね〜。今度B面も聴いてみます!
いたち野郎
URL
2007/03/08 00:51
T-BONEさん!
こんばんは(^^)!
返事が遅くなりごめんなさい!
「ワン・モア・キッス」とメドレー!
どちらも最高ですよね(^^)。
「バンド・オン・ザ・ラン」と共に名盤ですね!あ、それから、私は、1stの「ワイルド・ライフ」も好きです(^^)!

波野井露楠
2007/03/08 20:16
OZZYさん!
こんばんは(^^)!
あはは(^^;)。
私も、びっくらこいています(笑)!
でも、なんだか、本当にコメントをいただけそうなので、すごくドキドキしています(汗)!!
小市民な私です(笑)。
波野井露楠
2007/03/08 20:18
evergreenさん!
こんばんは(^^)!
本当に、びっくら…です(^^;)。
もう、ドキドキがとまりません(^^;)。
ところで、ポールのソロを聴くと、「ああ、ポールはライブが好きなんだなあ。だから、こういう曲を書くんだな」って思わず思ってしまいますね(^^)!
波野井露楠
2007/03/08 20:20
まりさん!
こんばんは(^^)!
野球なら、阪神か?巨人か?
みたいな感じですね(^^)。
まりさんの言うことは、すごく分かりやすいから好きです(^^)!
いやあ、
それにしても、ドキドキしてます(^^;)!!
波野井露楠
2007/03/08 20:22
ひぐらしさん!
こんばんは(^^)!
そうですね(^^;)。
私もずっとビートルズばかり、つい聴いてしまっていたのですが、今回、改めて解散後のアルバムを聴き直したら、そのよさを再認識することができました!
ビートルズを引きずらないで聴く…というのがポイントかも知れませんね(^^)!
波野井露楠
2007/03/08 20:26
imagine-peaceさん!!
こんばんは!
もう、何と言ったらよいんでしょうか!
感謝、感激です!
ポールがもしかしたら私のブログを読んでくれるかもしれない!?
と、それだけでも、凄いことなのに、なんとコメントまで約束してくれるなんて!!
なんだか、夢のようです(^^;)!
imagine-peaceさんが、私の言葉をポールに、そしてポールの言葉を私に伝えてくださり、おかげで、本当に幸せな気持ちでいっぱいです。imagine-peaceさんはお忙しい人なのに、こんな私のために…本当にありがとうございます!!
英語の訳は、結局自分では無理で、友人にお願いしました(^^;)。その前にお願いをしたイギリス人の方には「日本語のニュアンスをうまく英訳できない」と丁寧に断られてしまったので(^^;)。
それで、今日、友人から「英訳が完成した」とFAXを送ってもらったので、この後アップしたいと思います。
ああ、すごく緊張です(^^;)。
imagine-peaceさん!
本当に、ありがとうございました!!
波野井露楠
2007/03/08 21:37
imagine-peaceさん!!
はじめのコメント欄の文字数が500字を超えてしまいました(^^;)。
以下、続きのコメントです(^^;)。

それから、こちらのブログで、実に直接的な表現で記事に書いてしまい、すみませんでした。
あまりに、舞い上がってしまったもので。すみません。お許し下さい。
ポールではなく、本名の1stネームのジェームス様ですね(^^;)。
あ、それから、リチャード・スターキーからのコメントも拝見しました。
imagine-peaceさんは、本当にすごい人ですねえ!!
これからも、どうぞよろしくお願いします!!
波野井露楠
2007/03/08 21:39
Wが家宝さん!
こんばんは(^^)!
いやあっ!本当に凄いことですよね(^^;)!
英訳は、友人のタマちゃんにお願いしてしまいました(汗)。タマちゃんも忙しい時期なのに、本当に感謝です!
ドキドキです(^^;)!!
波野井露楠
2007/03/08 22:09
Yumiさん!
こんばんは(^^)!
私も、本格的なロックはビートルズが一番最初でした。私の場合は「プリーズ・プリーズ・ミー」でしたが!
一時期、ハードロック一辺倒の時期があったのですが、年のせいか、またビートルズやその他のハードロックでないロックも、最近はまたよく聴くようになりました(^^)。
ところで、ガンズ、チケットよかったですね(^^)。なんか、私もやっぱり行きたくなってきてしまいました(笑)。
ところで、ポールがこのブログを…と思うと、本当に信じられません。imagine-peaceさんとポールにただただ感謝ですっ!!(^^)
波野井露楠
2007/03/08 22:15
mintslifeさん!
こんばんは(^^)!
そうなんです(^^;)。なんだか大変なことになっています(^^;)。
ところで、ポールの音楽に対する姿勢は、ジョンとはまた違うのですが、やはり尊敬してしまいますね。
リンダが亡くなった時は心配しましたが、これからもずっと活躍して欲しいですね!
波野井露楠
2007/03/08 22:17
いたち野郎さん!
こんばんは(^^)!
ついに、英訳が完成(人に頼ってしまったのですが。苦笑)したので、この後アップしますね!
本当に、ポールが読んでくれるのか!?と思うと
すごく緊張します(^^;)。
ドキドキとワクワクで胸がいっぱいです(^^;)。
波野井露楠
2007/03/08 22:20
Mr. Nanoi, nice to meet you! I heard from imagine-peace about you. He is my Japanese friend. And please call me James. My name is James, OK? I’m glad to watch your “P” is my initial. Thank you very much. Your English is very good and I enjoyed your article. Many people want to know the background and story of my song and try to know about it. But I think that it is useless. As you say, such a story has no relation with my song.
James.P.M.
2007/03/10 21:44
I hope the people all over the world enjoy my songs if they don’t know the Beatles. “My Love” is the only love song that I love. I always want to write good song that people love it. I and imagine-peace made original music together. The credit is imagine-peace / McCartney. Someday you will able to listen to them by imagine-peace. Now the world is very narrow. Genki de ne. Right?
Yours faithfully, James (Paul).M.
James.P.M.
2007/03/10 21:45
おぉぉぉ〜〜!
波野井さん、すごすぎる!!
上の↑ジェームスPMって人のカキコ、
もしかしてもしかしたら、もしかしちゃう!?(≧∀≦)ノ
すごいよすごいよ、ホントすごいよぉ〜!!
って、かの偉大なるアーティストさまの次のコメントが
ワタシのようなニンゲンのコメント(しかも内容ゼロ)で大変恐縮です(^^ゞ

>ジェームス、日本語のIMEを入れてみて♪
日本語だとカワイイ顔文字がみれるよ♪(* ̄∇ ̄*)
ちなみにジェームスの曲だったらホワイトアルバムの
「I Will」がワタシは大好きですよ〜♪
(余計なお世話!?浮かれすぎ!?スミマセン(^^ゞ)
もりたん
URL
2007/03/11 02:15
To: Sir James.P.M.
Nice to meet you,too. I'm very happy now. Thank you for visiting my blog. How wonderful!
I'll never forget this emotion.

I'll keep on lestening to the music of you and the Beatles, because I love the Betles and four members of the Beatles.

By the way, I'll call you James from now on. Please call me Hanoi.(not Nanoi.<laugh>)

Thank you very much.
波野井露楠 hanoi-rokusu
2007/03/11 09:22
とうとう来ましたね。Jからのコメントが!!
これからは波野井さんのブログも和英両方の記事が必要ですかね(^_^)

波野井さんのJへのコメントですが、さすがに舞い上がっていたようで1カ所スペルミスがありましたよ。
I love the Betles になっています。
ひぐらし
2007/03/12 12:43
もりたんさん!
こんばんは(^^)!!
一緒に喜んでくださって
ありがとうございます(>v<)!
もう、びっくりですよねえ(><)!
ああ、私も英語がぺらぺらになりたいです!!
ところで、「I Will」もいいですね!今まで、ジョン信者だったのに、すっかりポール信者にもなっている私です(笑)!
波野井露楠
2007/03/13 02:04
ひぐらしさん!
こんばんは(^^)!!
いやあ、確かに舞い上がっていたようです(笑)。
ベットレスって何だ(^^;)??
お恥ずかしい(^^;)。
それにしても、英語のできる人が羨ましいです!
今からでも間に合うのでしょうか(切実)。。。
波野井露楠
2007/03/13 02:06
Sir James.P.M.&imagine-peaceさん!
今回は本当にありがとうございました。
お二人のオリジナルソング、是非、聴いてみたいです!
imagine-peaceさん。
今度、是非聴かせてくださいね(^^)!!
夢のような体験をさせていただき、本当にありがとうございました!!
波野井露楠
2007/03/13 02:39
お久しぶりです・・・
まじですか!?・・・・・
びっくりしました〜〜〜
おめでとうございます・・・ってのも変だけど・・・
私まで嬉しいです!
またポールさんも優しい方なんですね!
尊敬できます。
evergreen
2007/03/15 08:26
evergreenさん!
返事が遅くなり、ごめんなさい。
少し一息つけました。
ポールのこと、一緒に喜んでくださってありがとうございます(^^)。
ジョンばかりを聴くことが多かった私ですが、すっかりポールファンになってます(^^;)。
ブログを始めて、いいことがたくさんで、本当にうれしいです(^^)!
いつも応援ありがとうございます!!

波野井露楠
2007/03/18 10:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬休みの宿題(16)『ROCK A TO Z』のP」 PAUL McCARTNEY & WINGS 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる