波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬休みの宿題(18)『ROCK A TO Z』のR」 ザ・ローリング・ストーンズ/女たち

<<   作成日時 : 2007/03/13 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

 明日は、通知表の下書きの提出日(汗)!完成まで「あと一息」というところなのですが、ちょっと休憩してストーンズの「女たち」を聴いています。
 まぶたは相変わらずピクピクし、睡魔も襲ってきています(汗)。そして、さらに今日は目の下にクマが出来ています(今日の昼間、先輩の女の先生が私の顔を見ながら突然「ある〜日、森の中〜、クマさんに〜出会〜った〜♪」と歌い出し、「波野井さ〜ん、目の下にクマがばっちり出来てますよ〜♪」と教えてくれました。(笑)!
 しかし、この「女たち」を聴いていたら、そのあまりのカッコよさに、そんなことも思わず忘れてしまいそうになってしまいました(笑)!

 「ROCK A TO Z」のR!ローリング・ストーンズの「女たち」!最高です!

 いやあ…。私は自称ブライアン・ファンなのですが、キースとロニーのこのアルバムもいいですねえっ!!久しぶりに聴いたのですが、本気で体が震えてしまいました(^^;)。
 なんと言うか…。ブライアンは私にとっては永遠の憧れで…。ロニーは私にとってのリアルなストーンズの象徴とでも言いましょうか(^^;)。
 実際に私がストーンズを本気で意識して聴き始めた時には、すでにストーンズのギターはキース&ロニーになっていたわけで…、当然のことながら生ストーンズを初めて東京ドームで体験した時もキース&ロニーなわけです。
 ですから、初期のストーンズが大好きな私なのですが、やっぱりこういうアルバムを聴くと、生で聴いたストーンズのライヴを思い出さずにはいられなくなり、体が震えてきてしまうのです(笑)。

 初めて聴いた時は、そのディスコチックなサウンドに馴染めなかった「ミス・ユー」も、今ではリズムを体が覚えてしまっているほどのフェイバリット・ナンバーですし…、「ホエン・ジ・ウィップ・カムス・ダウン」なんかは、カッコよくて気絶しそうになりますし(←大袈裟ではなく。笑)…、「リスペクタブル」では体が勝手に踊り出してしまいます(←これも大袈裟ではありません。笑)!ゲイの歌だろうが、歌詞の中に「大統領とヘロインの話を云々」なんていう言葉が出てこようが、そんなことは関係ありません(笑)!もう、ただただ、そのカッコよさに身をゆだねたいナンバーたちです(^^)!
 それから、カントリーチックなのんびりとした「ファー・アウェイ・アイズ」(ロニーのペダル・スティール・ギターが気持ちいいです)や、キースの歌う「ビフォア・ゼイ・メイク・ミー・ラン」、なんとも温かい感じで素敵な「ビースト・オブ・バーデン 」なども、いいですよねえ。

 ジャケットの騒動や、当時のキースのドラッグ問題、それから「パンクやディスコに対抗して…」なんていう評論と共に語られることが多い本作ですが、ゲストも少なく可能な限りメンバーだけで作り上げたこのストレートでご機嫌な1枚!細かいことをごちゃごちゃ考えずに、正面から向き合ってじっくり聴きたい…そんなアルバムです(^^)!

 ちなみに、本作でのゲスト・プレーヤーは、ピアノのイアン・マクレガン、ハーモニカのシュガー・ブルー、パーカッションのサイモン・カークの3人のみです。

 ところで!ロニー・ウッドですが、ストーンズへの正式加入が伝えられたのは1976年のことなのですが、正式メンバーとして契約したのは1993年なんですよね!!それまでは、月給契約だったとか(汗)!1993年当時、そのことを初めて知った私は、「ロン・ウッドってなんて人がいいんだろう!」って本気で思ったものです(^^;)。
 すみません!ちょっとした思い出話でした(^^;)。

 それではまた(^^)!

「ミス・ユー」のPV(1978)

「 リスペクタブル」の映像(1978)

「 ビースト・オブ・バーデン」の映像(1978)

試聴はこちら

<ROCK>
ザ・ローリング・ストーンズ/女たち (1978)
1. ミス・ユー
2. ホエン・ジ・ウィップ・カムス・ダウン
3. ジャスト・マイ・イマジネーション
4. サム・ガールズ
5. ライズ
6. ファー・アウェイ・アイズ
7. リスペクタブル
8. ビフォア・ゼイ・メイク・ミー・ラン
9. ビースト・オブ・バーデン
10. シャタード
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Disco Strangler
またベストヒットネタに戻って。 17日のタイムマシーン。1980年にKISSのド ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2007/03/30 11:50
Disco Strangler
またベストヒットネタに戻って。 17日のタイムマシーン。1980年にKISSのド ...続きを見る
「小林克也のRadioBaka」  期限...
2007/11/11 12:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
先生「R」まで辿り着きましたね!
実は先生のこの企画パクらせて(カヴァー)頂きました。
先生の内容の充実度には到底叶いませんが、温かく見守ってやって下さい。
宜しくお願いします。
OZZY
URL
2007/03/14 11:57
Rでストーンズは納得。
でも、このアルバムがくるとは!

オレはですね、『サム・ガールズ』といったら「ビースト・オブ・バーデン」!

これにつきます。です。
ケイ
2007/03/14 14:27
ボクが始めてストーンズと接したのもこのアルバムだったかもしれません。ちょうど出たばっかりで、友達が買ったのを借りて聴いたような。
ロンってリーマンだったのね(笑)!?
T-BONE
URL
2007/03/14 19:27
お疲れ様です!
ユンケル替わりに「SOME GIRLS」は、グッド・チョイスだと思います(笑)

いま聴くと、パンクの影響も強いワイルドなアルバムですよね。

そうなんです、ロンが正社員として認められるまでの道程は長かったんですよね。
starfish
URL
2007/03/14 19:30
ついにStones!!ですね。
しかも、Some Girlsですか〜。(笑)
これはLiesが一番好きだったりします。
あのヤケクソな感じと、速さが♪
どの曲も良い曲多いですよね。

あと忘れてたっ!!シャッタード!!(笑)
リュウ
URL
2007/03/14 22:17
このアルバムの曲を今懐かしく見て、「ビースト・オブ・バーデン」が目にとまりました。ベッド・ミドラーがこの曲をカヴァーした時の、プロモーションフィルムに、ミックがたっぷり出演していたのを見て、本物?と驚いたのを思い出しました。それとジャケットですね。また「切り絵」みたいなことして・・と店頭で笑ったのを覚えています。CDではあり得ないジャケットの良さが、スティッキー・フィンガースといい、ストーンズには魅力でしたね。
imagine-peace
URL
2007/03/15 20:02
OZZYさん!
こんばんは!
私のブログなんてまだまだです(^^;)。
OZZYさんのマニアックなチョイス、楽しみにしています(^^)!
こちらこそ、どうぞよろしく!です(^^)。
返事が遅くなってすみません!!
波野井露楠
2007/03/25 00:43
ケイさん!
こんばんは!
随分迷ったんですけど、
今回はこれにしました(^^)!
「ビースト・オブ・バーデン」!私も好きです!
和みますよねえ(^^)。
返事が遅くなってすみません!!

波野井露楠
2007/03/25 00:46
T-BONEさん!
ロニーのギターも味があっていいですよねえ!
ストーンズで終わらせるのはもったいないと言うファンが多いのも頷けます。でも、ストーンズのロニーって私は好きですが(^^)。
いいアルバムですよねえ(^^)!
ところで、返事が遅くなりすみませんでした!!
波野井露楠
2007/03/25 00:56
starfishさん!
確かに、強力なユンケル代わりに
なりました(^^)!
このワイルドな感じがたまりません!!
それにしても、ロンって、本当に人がいいと言うか何と言うか(^^;)…。
それから、返事が遅くなってしまい、すみませんでした!!
波野井露楠
2007/03/25 00:57
リュウさん!
こんばんは!
なるほど!「ライズ」と「シャッタード」ですか!
ストーンズ・フリークのリュウさんらしい選曲ですね。
すごく共感します(^^)!
返事が遅くなり、すみません!!
波野井露楠
2007/03/25 01:06
imagine-peaceさん!
こんばんは!
ベッド・ミドラーのPVのミックには、初めて見たとき、私も驚きました(^^;)。
でも、すごくいい味を出していた気がします(^^)。
ところで、LPのジャケットは、工夫や味わいがあっていいですよね!
関係有りませんが、今日、ショキング・ブルーの来日ライブのLPをゲットしました(^^)。
返事が遅くなり、すみませんでした!!
波野井露楠
2007/03/25 01:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬休みの宿題(18)『ROCK A TO Z』のR」 ザ・ローリング・ストーンズ/女たち 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる