波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬休みの宿題(20)『ROCK A TO Z』のT」 T.レックス/銀河系よりの使者

<<   作成日時 : 2007/03/18 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

やあ!こんばんは。久しぶりだね!僕だよ、永遠のアイドル、永遠のポップ・スター、永遠のコズミック・ダンサー…、そう、マーク・ボランだよ
 1回目の登場から随分と間が開いてしまったみたいだけど、お待たせ!ようやく、僕の出番さ!
 波野井君による「ROCK A TO Z」ということらしいけど、やっぱり「T」はT.REXだよねえ!T.REX以外は考えられないよ!はっはっは!

 という訳で、今日は、通知表の清書やら全校文集の校正やらで忙しい波野井君に代わって、この僕が直々にアルバムの紹介をしよう!

 今日、波野井君が聴いていたのは、コレだ!
 T.REXのベスト盤を除くオリジナル・アルバムとしては7枚目の作品にあたる「銀河系よりの使者」!
 誰がつけてくれたのかわからないけど、ナイスな邦題だよねえ!一つ一つの曲にも凝った邦題がつけられていて、僕としては大いに気に入っているんだよ。

 ところで、このアルバムは、リリース当時、僕としてはかなりの意欲作だったんだけど…ファンやプレスからの評判はあまりよくなくてねえ…。
 まったく、芸術ってのは、いつも後にならないと理解してもらえないから辛いよね。
 それまで僕の片腕だったミッキー・フィンがいなくなり、それでも僕は頑張ったんだ。愛するグロリアのお兄さんがいたゴンザレスっていうバンドのステージを見たり、彼等とジャムったりして、その時ブラック・ミュージックからインスパイアされた感覚をアルバムとして表現してみたりしたんだ。
 まあ、レコーディングしてみたら、まわりが言うほどはブラック・ミュージックっぽくはなくなってしまったんだけどね。でも、アウトテイクには、ゴスペルぽかったりソウルフルだったりと、かなりブラック・ミュージックっぽいアレンジのものもあるから、機会があったら聴いてほしいなあ。

 あ、ちょっと話が逸れてしまったね。
 話を戻そう。
 この「銀河系よりの使者」なんだけど、僕は、これまでの僕のアルバムとはまた違ったものにしたかったんだ。スケールアップしたかったと言い換えてもいいかもしれないね。
 まずは、1曲目の僕のギターを聴いてほしいんだけど、ここでは、僕はかなり頑張っちゃっているんだ。ギュィーンって、すごいギターだろ?こんなにハードなギターを弾いているのは、僕にとっては特別なことなんだ。気合い十分って感じさ!
 それに、それぞれの曲のアレンジも豪華だろ?オルガンにブラス、それにストリングスだって入れたんだ。最高にゴージャスな感じを出したかったんだ!誰だい?「無駄にゴージャス」だなんて陰口をたたいているのは(苦笑)。この僕の美的センス、ちゃんと理解してもらいたいものだねえ。
 それともう一つ言いたいのは、このアルバムでは、ゴージャスな感じと同時にハードな部分もちきんと僕は表現しているってことなんだ。2曲目の「美しき偽善者〜その名はジュピター」や9曲目の「センセイション通りのピーコック祭り」なんかは、僕の18番のボラン・ブギー炸裂だし、3曲目の「シタールは星空の調べ」だって、神秘的な演奏とグロリアのファンキーなコーラスの後ろではかなりヘヴィーなリズムが聴けるはずだよ。
 このアルバムの中で一番有名なのは「ニューヨークの貴婦人」だろうけど、その他の曲もみんな最高だぜ!「クローム色の小夜曲(セレナーデ)」なんて、ブラスとストリングスにパーカッションまで入って、独特のグルーヴが本当にカッコいいんだ!「破滅の英雄たちを今ここに」のスリリングなアレンジだってなかなかなものだぜ!
 そう言えば、日本にマルコシアスヴァンプというバンドがいたという話を聞いたことがあるけど、彼等の楽曲は特にこのアルバムからの影響が強いんじゃないかって波野井君が言ってたなあ。
 まあ、それくらいカッコいいアルバムだってことだよ(笑)。

 悲しいことに、このアルバムはまったくヒットしなくて、それで、僕は一度T.REXを解散させてしまうんだけど、今、聴いてもなんで売れなかったのか分からないくらいの出来映えのよさなんだ!

 時代が僕に追いついて来れなかったと言えばそれまでだけど…おいおい、時代のニーズに合ってなかったなんて切ないことは言わないでくれよ(苦笑)…もし、まだこのアルバムのよさに触れたことがない人がいるなら、是非機会があれば聴いてもらいたいね。
 よろしく頼むよ!

 おっと、こんな時間だ。残念だけど、そろそろ帰らなくてはならないんだ。

 それじゃあ、また次の機会にみんなに会えることを楽しみにしているよ!では、おやすみ!いい夢を(ウィンク)!


〜追記〜
 この記事を読んでくれた職場の先生や保護者のみなさんから、「波野井先生、どうしたの?」「壊れちゃったかと思った(^^;)!」「疲れてるでしょう」と、物凄い反響がありました(笑)。誤解を招くようだから、こういう書き方はやめて、普通に書いた方が良さそうです(^^;)。あはは。


試聴はこちら

<ROCK>
T.レックス/銀河系よりの使者 (1976)
1. 銀河系よりの使者
2. 美しき偽善者〜その名はジュピター
3. シタールは星空の調べ
4. クローム色の小夜曲(セレナーデ)
5. ニューヨークの貴婦人
6. マイ・リトル・ベイビー
7. 破滅の英雄たちを今ここに
8. テーマ・フォー・ア・ドラゴン
9. センセイション通りのピーコック祭り
10. 素敵な君と愛のドライブ
11. 夢見る夜の魔女
12. 朝焼けの天使は僕の恋人
13. 気ままなカサノバ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Best Hit U.S.A. / 小林克也の「ベストヒットUSA」
I think that there are many people knowing TV program "Best Hit USA". It is still done this program broadcasting sattelite. Of course DJ is Mr. Katsuya Kobayashi. Though a corner of "Time Machine" was unpleasant in old days, but I look forward to thi... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/03/19 12:31
Story of "Circus" / 巡礼者〜エリック・クラプトン
The sleeve notes which an English lyrics text and its translation of Japanese usually sticks to the Japanese version CD and LP of an overseas artist. There was sometimes a sleeve note written that the lyrics text was omitted because pronunciation was... ...続きを見る
英語喫茶 ☆オーバー・ザ・スカイ ☆ ...
2007/03/20 22:16
The Slider/T.REX (T・レックス)
The SliderT. Rex Rhino/WEA 2005-11-08[日本盤] スライダー/T・レックス [ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store - T.REX  1971年に発表した、大ヒット曲"Get I... ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2007/03/20 22:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
“T"が僕の大好物T.REXとはうれしい限りです。
このアルバム、後期の彼らの作品では、自分も最も好きです。
しかし、誰とどんなふうにやってみても、ボランの作品はボランの世界を表現しますね。ティラノサウルス・レックス時代から彼が我々に提示するものって、様式が少々変われども基本的に同じですね。そこが好きですね。期待を裏切られませんから。
lizard king
2007/03/19 07:24
電気の武者とスライダーしか聴いたことないですけど、
時期的に人気が凋落してしまったころの作品ですね。
トニー・ヴィスコンティー時代が一番好きですけど、
この文章を読むと、なにげに良さげですね。

たく
2007/03/19 21:09
お!?ついに「T」まで来ましたね!?
やっぱりというか予想通り「T−REX」だったので嬉しいです♪
それにしてもこの盤、良い曲が多いのに、当時はどうして売れなかったんでしょうね・・・(*゜□゜*)
やっぱりグラムロッカーとしてのイメージが付き過ぎてしまったということなんでしょうか・・・(´Д⊂グスン
音楽サイトや雑誌などで今こそ再評価してほしい1枚ですね♪
もりたん
URL
2007/03/20 00:23
↑のアルバムもってないので『朝焼けの仮面ライダー』聴いてます。一昨年の記事も読んだら エリック・クラプトンにギターを ならったって書いてあったので 意外なエピソードでした。ジェームスさんが 読んでるかもしれないブログは 職場の先生や親たちも読んでるんですね。 わたしは あくまでも 秘密のまりちゃんです(~_~;)
まり
2007/03/21 16:28
lizard kingさん。
こんにちは。
本当にそうですね。どんなアプローチの仕方でもボランはボラン!!
ワンパターンと言う人もいますが、そこが魅力ですよね(^^)!!
lizard kingさんもTレックスが好きと聞いて、とてもうれしいです(^^)!

波野井露楠
2007/03/31 15:13
たくさん。
こんにちは。
確かに、ボランとヴィスコンティーが組んだ作品は最強ですよね!!
特に、スライダーとエレクトリック・ウォリアーは無敵です(^^)!
でも、後期の作品もなかなか味わいがあるので、機会があったら是非聴いてみてくださいね(^^)!
波野井露楠
2007/03/31 15:15
もりたんさん。
こんにちは。
これは、「ファンが望んでいたサウンドとは大きく違っていたために…云々」とよく言われてしまうアルバムですが、とっても練られていていいアルバムですよね!
本当に、再評価してもらいたい1枚です(^^)!
波野井露楠
2007/03/31 15:18
まりさん。
こんにちは。
「朝焼けの仮面ライダー」もなかなかいいんですよねえ(^^)!!
ところで、お母さん達や先生方もこのブログを読んでくださっているのですが、限られた方々だけなので、私もまだまだ秘密の波野井です(笑)。でも、職業や性別や年齢がバレバレなので、あまり秘密でもないですが(笑)!
波野井露楠
2007/03/31 15:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬休みの宿題(20)『ROCK A TO Z』のT」 T.レックス/銀河系よりの使者 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる