波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「邦題…ということなら、やっぱりこの人たち!?」 KISS/ROCK AND ROLL OVER

<<   作成日時 : 2007/04/24 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 10

 こんばんは〜。
 今日は、火曜日。火曜日はゼミの日(←気分はすっかり大学生!?笑)。という訳で、先ほど帰宅しました。かなり疲れた一日でしたが、なぜか今、心地よい疲労感を感じている私です(笑)。

 それで、ちょっと一休みのつもりでブログを更新しているのですが、今日紹介するのはキッスの「ROCK AND ROLL OVER」(邦題は「地獄のロック・ファイアー」!笑)です。

 前回、イアン・ハンターの記事で「邦題がすごい…」というようなことを書きましたが、邦題と言えば、私が真っ先に思い浮かべるのは、このキッスです(^^;)。そうです。このアルバムの邦題にもありますが、有名な「地獄の○○」というやつです(笑)。
 歌ってる内容は、ほとんど女の人のことだったり(かなりきわどい!笑)、ラブソングだったりするのに、アルバムの題名は「地獄の○○」!まあ、見た目がこうですから、当時としては仕方のないことだったのかもしれませんが(でも、地元アメリカでは、キッスは正義のヒーローなんですよね。4人が悪者をやっつけるというTVドラマがあったくらいですからね!ちなみに、私はそのビデオを持っていますが、内容がお子様向けなので、カッコいいかと言われると…ちょっと微妙です。私は好きですが。笑)、結構強引な感じも受けますよね(笑)。でも、当時の日本のスタッフが何度も会議を開いて練った結果の邦題なのかな…などと思うと、すごく微笑ましい気持ちにもなりますけどね(^^;)。

 あ、それで…。イアン・ハンターのアルバムでは、アルバムだけでなく、それぞれの曲にも邦題がついていて、それがすごいことになっていた訳ですが(笑)、「じゃあキッスは?」と思い出してみると、実は、曲名まで凝った邦題がつけられているアルバムはあまりないんです。(例えば、「ラヴ・ガン」は「ラヴ・ガン」のままだし、「デトロイト・ロック・シティ」だって「ロックン・ロール・オール・ナイト」だってそのままなんです)
 でも、やっぱりキッス!私の中の「元祖・邦題がすごいバンド」ですからねえ(笑)。ちょっと確認してみたところ、「おお、これなら!」と浮上してきたのが、今日のこのアルバムなんです(^^;)。
 私の持っているのは輸入盤なのですが、それぞれの曲につけられた邦題を見ると、「さすがキッス!」と唸ってしまうものばかり!脱帽です(^^;)。
 今日もまた、ちょっと紹介しますので、下の原題と比べてみてくださいね(^^;)。

1. いかすぜあの娘
2. 燃える欲望
3. 悪魔のドクター・ラヴ
4. 熱きレディズ・ルーム
5. 激烈!ベイビー・ドライヴァー
6. 愛の絶叫
7. 情炎!ミスター・スピード
8. 悪夢の出来事
9. ハード・ラック・ウーマン
10. 果てしなきロック・ファイヤー (アルバム名では「ファイアー」なのに、曲名ではなぜか「ファイヤー」。特に意味はないのかも知れませんが。笑)

 どうですか?すごいでしょ(^^;)?でも、邦題の王道を行ってますよね(^^)!


 と、ここまで邦題のことばかりを書いてしまいましたが、じゃあ肝心の音の方はどうかと言うと…。
 これが、またアメリカン・ハード・ロックの王道を行くサウンドなんです(^^)!
 もう、分かりやすい!
 シンプル・イズ・ザ・ベストを地で行く分かりやすさ(^^)!

 前作の「デトロイト・ロック・シティ(邦題は「地獄の軍団」!笑)」や、この後の「ラヴ・ガン(邦題はなし!!)」のような派手さはありませんが、ちゃんとヒット曲も入っているし、ポールとジーンとピーターのボーカルは上手に分けられているし…(ピーターの歌う「Hard Luck Woman」は名曲!しみじみ)。今でもコンサートで演奏するような名曲がたくさん収録されているんです(^^)。

 3人のボーカルもいいし(私は、美しいアルペジオに乗った甘い歌声から突然シャウトに移る「I Want You」のポールのボーカルが特に好きです。目を閉じるとコンサートの情景が浮かんできます!)、リフ中心のエースのギターもいいし、単純すぎるジーンのベースもいいし、暖かみのあるピーターのドラムもいいし…、歌詞も相変わらずいやらしいし…(「Ladies Room」なんて、「女子トイレで会って××しよう」みたいな歌ですからねえ!笑)。
 どれも、キッスそのもの!(「Mr. Speed」なんて、T.レックスかと思うようなブギーのリズムが炸裂してるのですが、キッスがやるとキッスになってしまうんですよねえ(^^)!)


 今日はちょっと頭を使いすぎてしまったので、キッスのシンプルなロックン・ロールが本当に耳に心地いいです(^^)。
 さて、明日も大学!今日は、そろそろ寝ちゃおうと思います(^^;)。それでは、みなさん、おやすみなさい!
 明日は、大学生になった教え子とお昼を一緒に食べる予定です。うまく会えるといいのですが(^^)。

「I Want You」のライブ映像(1976)

「Calling Dr. Love」のライブ映像(1977)

「Ladies Room」のライブ映像(1977)

「Hard Luck Woman」のPV(1976)

試聴はこちら

<ROCK>
KISS/ROCK AND ROLL OVER (1976)
1. I Want You
2. Take Me
3. Calling Dr. Love
4. Ladies Room
5. Baby Driver
6. Love 'Em and Leave 'Em
7. Mr. Speed
8. See You in Your Dreams
9. Hard Luck Woman
10. Makin' Love
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Kiss Alive II/KISS (キッス)
ALIVE 2 (REMASTERED)Kiss [ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。] [試聴]iTunes Music Store  1975年発表の傑作ライヴ『Kiss Alive!(キッス・アライヴ)』から2年。人気、セールスともにKI... ...続きを見る
OOH LA LA - my favor...
2007/04/26 19:10
KISS / ROCK AND ROLL OVER (紙ジャケ 2006)
今回の大型連休での集客を見込んでか、各種ショップでGW特別セールを開催しているようですね。 確かにこの二日間色々と出歩いていても普段の休日より明らかに活動している人が多くて、普通に歩いているだけでも人の多さにウンザリするくらいなので、ショップの目論みも分からなくもないですけど。 ...続きを見る
芸術的生活、
2007/04/30 18:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
邦題…60年代のバンドだともっと面白いのあるかもしれませんねぇ…。でもキッスのこれもかなり面白い(笑)。改めてみて驚いたもん。音も結構好きですね。地味っちゃぁ地味なアルバムですが…。
フレ
URL
2007/04/25 22:05
波野井さん、はじめまして、こんばんは。
imagine-peaceさんのところから来ました(*^-゜)v♪
これからも時々伺いたいと思います。よろしくお願いしますm(_ _)m ペコリ
オンデン1970
URL
2007/04/25 22:25
あぁ、ハード・ラック・ウーマンってこのアルバムに入ってるんですね。
前にラジオで聴いて「ロッドみたいだなぁ」って思ってたんですよ。
ハードオフで200円だったような・・・。

探します!!
ケイ
2007/04/26 12:43
フレさん。
こんばんは!
確かに、60年代だといろんな邦題がありそうですね!でも、結構美しい邦題が多いというイメージがあるのですが、どうなのでしょうか(^^)?
その点、前回のイアン・ハンターやこのキッスなんかは、もう暴走気味な邦題で、そこが痺れてしまいます(笑)。
でも、邦題はさて置き、このアルバム、音もいいですよね(^^)!!
私も大好きなアルバムです!!
波野井露楠
2007/04/27 21:19
オンデン1970さん。
はじめまして!!
(あ、でも先日は、ビートルズの記事にTBいただきましたね!こちらから、ご挨拶にうかがわず、すみませんでした(^^;)!)
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
私も遊びに行かせていただきますので、これからも仲良くしてくださいね〜(^^)!!!
波野井露楠
2007/04/27 21:21
ケイさん。
こんばんは!
そうなんです。「ハード・ラック・ウーマン」は、このアルバムに入っているんですよ〜!
ぜひ、ゲットして聴いてみてくださいね(^^)。
それにしても、200円とは!ちょっと複雑ですが、いい値段ですね(^^;)!!
波野井露楠
2007/04/27 21:24
波野井露楠さん、こんばんは!
実はついコノ間までKISSのオリジナルアルバムを全く聴いた事がなかったlonehawkです。
(『ダブル・プラチナム』1枚だけで済ましてました)
数日前に紙ジャケCDを一気にゲットできたので、聴いてみましたが・・・。

いやぁ、正直コレまでKISSをナメてましたね。
とにかく爽快で分かりやすいアメリカン・ハード・ロックじゃないですか!
今さらながらプチKISSアーミーと化しています(苦笑)。
lonehawk
URL
2007/04/30 18:32
いかすぜあの娘、ってのが一番受けました(笑)
いかす、って言葉自体もはや死語ですよね。
KISSって、とってもシンプルだけどこれぞロックンロール!って感じでストレートで好きですね。

でも、タイトルが凄い・・・ははは。
ゆみ
URL
2007/05/02 00:42
lonehawkさん。
コメント&TB、ありがとうございまーす(^^)!
紙ジャケ、一気にゲットですか!!?
いいなあ。。。
羨ましいです(^^;)。
でも、lonehawkさんのようなロックに精通している方にキッスをほめてもらえると、なんだか自分のことのようにうれしいです(^^)!!
これからも、ぜひ
KISSアーミーでいてください(^^)!

波野井露楠
2007/05/02 17:57
ゆみさん。
遊びに来てくださってありがとうございます(^^)!
たしかに、「いかす」って言葉、凄いですね(笑)。
時代を感じます(^^;)。
でも、そこがまたよかったりして(!?)!笑
音も、4人の個性が出ていていいですよねえ。
またエースとピーターが復帰しないかなあ…と、いつもぼんやり考えている私です(^^;)。
波野井露楠
2007/05/02 18:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「邦題…ということなら、やっぱりこの人たち!?」 KISS/ROCK AND ROLL OVER 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる