波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「これぞソウル・ミュージック賛歌!」 ARTHUR CONLEY/SWEET SOUL MUSIC

<<   作成日時 : 2007/04/26 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 このところ、寒かったり暑かったりとなんだか変な陽気ですが、皆さん、体調を崩したりはしていませんか?
 私は、今のところ大丈夫です(^^)。でも、ちょっと疲れが出てきそうな時季なので、冬用のフリースを出してきて寒い時にはそれを着たり、昼食の時にはサラダも注文してビタミンを摂ったりと、健康には気をつかっています(^^)。今も、リッチミンスーパーという栄養ドリンク(桃の味がして美味!)を飲んでいるところです(笑)。

 そして、栄養ドリンクを飲みながら、「今日もたくさん勉強したなあ…」とか、「教え子のKタロウ君と一緒に昼ご飯が食べられてよかった…」とか、「ケンカしてた友人と仲直りできてよかった…(最近、こういうことが多いような…。苦笑)」とかというように、今日一日をゆったりとした気分で振り返っているのですが、そんな私のバックで流れているのがこれ!
 アーサー・コンレイの記念すべきファースト・アルバム「スウィート・ソウル・ミュージック」です!!

 アーサー・コンレイは、オーティス・レディングが惚れ込んで自らがプロデュースしてデビューさせたシンガーで、この時、まだ20歳そこそこの若さ!アルバム全編からフレッシュなエネルギーが満ち溢れています(^^)!
 また、アーサーはもともとサム・クックに心酔していたということもあり、彼の歌はサム・クック的なところもあり、もちろんオーティス的なところもあり…といった感じで、サザン・ソウル・ファンにはたまらないシンガーの一人だと言えます。(若さ故の青っぽい感じもありますが、それも「フレッシュ」と捉えれば、彼の魅力の一つになりますね(^^)。)

 それで、特にいいのは、やはり何と言っても、アルバムタイトル曲の「スウィート・ソウル・ミュージック」でしょう(^^)!!
 「スウィート」と言っても、決して「甘ったるい」曲ではありませんよ。オーティスとアーサーの共作としてクレジットされているこの曲ですが、元歌はサム・クックの「Yeah Men」だというのは有名な話で、あの「シェイク」にも負けない、ノリノリのジャンプ・ナンバーに仕上がっています。
 聴いていて、体が勝手に動き出しますよ、ホントに(^^)。
 アーサーの若い歌声もいいし、ホーンも利いているし(^^)!そして、何より歌詞がいいんです!!歌詞の中に、アーサーがリスペクトしていただろう、ルー・ロウルズ、サム&デイヴ、ウィルソン・ピケット、オーティス・レディング、ジェームス・ブラウンの名前とそれぞれの代表曲の題名が出てくるんです(ルー・ロウルズのところでは「Love's A Hurting Thing」、サム&デイヴのところでは「ホールド・オン」、ウィルソン・ピケットのところでは「ムスタング・サリー」、オーティス・レディングのところでは「ファ・ファ・ファ」といった曲名が出てきます。ただし、ジェームス・ブラウンのところは、曲名ではなく「He's the king of them all」というように歌われています。)!それから、実際に、ホーン・セクションによる「ファ・ファ・ファ」のフレーズが曲の途中に挿入されているというのもいいんです(^^)。
 なんと言いましょうか…。ソウル・ミュージックへの愛がこの1曲の中に凝縮されているんです(^^)!まさに、これぞソウル・ミュージック賛歌!!
 この1曲を聴くためにこのアルバムを買っても損はないんじゃないか…。私などは、そこまで思ってしまう程大好きな1曲です。

 もちろん、その他の曲もいいんですけどね(^^;)。
 
 どこかのレビューで「アーサー・コンレイは小者と思われがちだが」なんて書かれてるのを見たことがありますが、そんなことを言ってはアーサー・コンレイに失礼というものです(^^;)。
 確かに、オーティスに見出された彼は、オーティスが飛行機事故で死んでしまった後、第一線から消えていってしまうことになるのですが、決して小者ではありませんっ!若さ故に、このアルバムでの彼の歌声に円熟味を望むことは出来ませんが、それでも、実際に彼の歌声を聴いてもらえれば、「アーサー・コンレイは真のソウル・シンガーだ!」ということを分かってもらえるのではないでしょうか。

 だって、本当にカッコいいんですから(^^)。20歳そこそこで、ここまで歌えるアーサー・コンレイは本当にすごいと思います(^^)!

 うーん。彼の歌声に、すっかり癒されている私です(^^)。
 今日はこの癒された気持ちのままで眠りたいと思います(^^)。それでは、みなさん。おやすみなさ〜い(^^)。


「 Sweet Soul Music」の映像(TVショー)

試聴はこちら(セカンド・アルバムも同時に試聴できます(^^)。)

<R&B>
ARTHUR CONLEY/SWEET SOUL MUSIC (1967)
1. Sweet Soul Music
2. Take Me (Just as I Am)
3. Who's Foolin' Who
4. There's a Place for Us
5. I Can't Stop (No, No, No)
6. Wholesale Love
7. I'm a Lonely Stranger
8. I'm Gonna Forget About You
9. Let Nothing Separate Us
10. Where You Lead Me
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アナログで聴いた覚えがあります。『ファ・ファ・ファ』は オーティスの中でベスト3に入るほど好きな曲です。「スウィート・ソウル・ミュージック」も聴けば思い出すとおもいます。教え子君と仲良くランチを食べているのが ほほえましく感じました。
まり
2007/04/27 22:01
まりさん(^^)!
おはようございます!!
いつもコメントありがとうございます!
オーティスの「ファ・ファ・ファ」は私も大好きです。だから、それを曲の中に取り込んでいる「スウィート・ソウル・ミュージック」も大好きです。ちなみに、清志郎もブッカー・T&ザ・MG’Sとアルバムを作ったときに「ファ・ファ・ファ」を曲の中に取り込んだ(というか改作?笑)んですよ(^^)。
私はCDですが、アナログはきっと味わいも深いのでしょうね(^^)。
それから、教え子とのランチは、教え子のスケジュールがつまっていて慌ただしくなってしまったので、またちょくちょく会おうといことになりました(^^)。
大学は、毎日新鮮です(^^)。
波野井露楠
2007/04/28 08:22
どえらいお久しぶりです!ウィルソン・ピケット以来のお邪魔です!アーサーは大好きでこのLPしょっちゅう聴いてました。タイトル曲の元気溌剌ソウル賛歌はたまりません。秀逸なLPジャケは部屋のインテリアにもなったりして最高でした。しかし、こちらの映像最高ですね〜久々に聴きたくなりました!
ezee
URL
2007/05/20 02:57
ezeeさん。
こんばんは!お久しぶりです(^^)。
本当に、このタイトル曲は最高ですね!
PVも、軽快でこっちまでウキウキしてきます。
特にマイクをパッパと持ち替えるアクションなんて、きまってますよね(^^)。
また、これからもよろしくお願いします(^^)。
では。
波野井露楠
2007/05/21 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「これぞソウル・ミュージック賛歌!」 ARTHUR CONLEY/SWEET SOUL MUSIC 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる