波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「これぞアレサ節!!」 アレサ・フランクリン/貴方だけを愛して

<<   作成日時 : 2007/06/25 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

 昨日までの雨が上がり、今日は過ごしやすい一日でしたね。
 今夜は、窓から涼しい風が部屋の中に入ってきます。そんな夜…、今、バックにかかっているのはアレサ・フランクリン(^^)。
 今日は、ソウルの女王アレサ・フランクリンの紹介です。

 それでは、本題スタート…(^^)。(今日は、前置きが短いです。笑) 


 他人の曲でも、その人が歌えば(または演奏すれば)その人の曲になってしまう!…ということがあります。その人に、人一倍の才能と個性とエネルギーがある場合に、それは起こり得ります。
 アレサ・フランクリンも、そういった才能と個性とエネルギーを持ったアーティストの一人です。そして、この「貴女だけを愛して」は、そのことをストレートに証明しているアルバムなのです。

 オーティス・レディングの「リスペクト」、レイ・チャールズの「涙に濡れて」、キング・カーティスの「ソウル・セレナーデ」、レイ・シャープ・ウィズ・キング・カーティス・オーケストラの「ヘルプ・ミー」がもとの「セイヴ・ミー」、サム・クックの「 グッド・タイムズ」と「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」…どの曲もオリジナルが素晴らしすぎるのですが、それをアレサは見事に「アレサ節」で歌いきっています!

 アレサの歌とオーティスやサム・クックのオリジナルをわざわざ比較しながら聴くなんていうのは野暮というものです(笑)。やはり、ここは、アレサの歌はアレサの歌として味わうのが正しい聴き方…というか楽しみ方…なのではないでしょうか(^^)。

 アトランティックに移籍しての第1弾。サザン・ソウルに出会い、起死回生に賭けた奇跡の1枚。(レコーディングでは、バック・ミュージシャンやプロデューサーのことで一悶着があり、それを乗り越えてのリリースだったらしいです。)

 アレサの代表曲「リスペクト」や「グッド・タイムズ」「セイヴ・ミー」のような元気な曲や明るい曲も言うまでもなく素晴らしいのですが、それ以上に「涙に濡れて」「ソウル・セレナーデ」「ベイビー・ベイビー・ベイビー」「恋のおしえ」「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」といった珠玉のバラード、ブルージーな「ドクター・フィールグッド」、情熱的なミディアム・ナンバーの「貴女だけを愛して」、ボサノバ調のお洒落な「夢をさまさないで」というような「じっくりと聴かせる歌」の数々をこのアルバムでは堪能することができます。

 アレサのソウル・クイーン、レディ・ソウルとしての出発点である超名盤。
 夜風を感じながらウィスキーを友に、じっくりと聴きたい1枚です。


 …って、いけない!いけない!
 私には、明日までに仕上げなければならないレポートがまだ2つもあるのでした(汗)。お酒と楽しい時間は、しばしお預けです(^^;)。

 それでは、また(^^)!


「DR. FEELGOOD〜RESPECT」1971年のライヴ映像

「貴方だけを愛して」1993年のライヴ映像


試聴はこちら


<R&B>
アレサ・フランクリン/貴方だけを愛して (1967)
1. リスペクト
2. 涙に濡れて
3. 貴方だけを愛して
4. ソウル・セレナーデ
5. 夢をさまさないで
6. ベイビー・ベイビー・ベイビー
7. ドクター・フィールグッド
8. グッド・タイムズ
9. 恋のおしえ
10. セイヴ・ミー
11. ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
I Never Loved A Man The Way I Love You / Aretha Fr...
 母の日です。己の近年はその日に向けた企画とか商材探しに奔走ばかりで情けない限りですが、たまには感謝もせなあきません。古くは日本の母といえば京塚昌子、岸壁の母は二葉百合子、そしてソウル界の母といえば思い浮か& ...続きを見る
音系戯言
2007/06/26 18:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
アレサはやはり、じっくり聴かせる歌が1番いいですね。ごちゃごちゃ言わないので、聴いたことが無い人は、バラードをまず聴いてみて下さい。波野井さんのお薦めの理由がお分かりになると思います。それでは私も今から・・・
imagine-peace
URL
2007/06/26 02:08
「オリジナルとの比較は野暮」ってまったく同感です!
しかしこのアルバムの圧倒的存在感は恐ろしいほどですな〜 Lady Soulと並んでアレサの株をグググッと上げた名盤やと思います。カヴァーの巧みさはサイモン&ガーファンクルと芋虫ベン.Eの曲でも凄いの残してますよね。天晴れアレサ!
ezee
URL
2007/06/26 18:51
やっぱり何を歌わせてもアレサは彼女独特のアレサ節になりますね。
最近見た社会人バンドがアレサを手本にしているのが気になって、彼女のフィルモアウェストライブを聞いています。ゲストのレイ・チャールズがなかなかいいです。
ひぐらし
2007/06/28 12:45
imagine-peaceさん。
こんばんは!
imagine-peaceさんのようなお方に賛同いただけると、すごく心強いです(^^)!(ありがとうございます!)
アレサはシャウトも好きなのですが、バラードも心に沁みますよね(しみじみ)。
最近、ソウルにはまっている私です(^^+)。
波野井露楠
2007/06/28 21:08
ezeeさん。
こんばんは!
本当にカバーの仕方がうまいですよね!
フィルモアのアレサも愛聴盤です(^^)。
(でも、「明日に架ける橋」は初めて聴いたとき、あまりの見事なカバーにそれと気づきませんでした。汗&苦笑)
ところで、次はベン・EをUPしようと思ったのですが、「芋虫ベン.E」の「芋虫」の意味を教えて欲しいですぅ(^^;)。(私の知らないエピソードとかがあるのか?と気になっています(^^;)。)
波野井露楠
2007/06/28 21:13
ひぐらしさん。
こんばんは!
フィルモアウェストライブもいいですよねえ!!
彼女の真骨頂はライヴにあるのかも知れませんね!
来日してほしいなあ…。でも、無理そうですね(涙)。
(以前、ezeeさんに「アレサはライヴ嫌い(らしい)」と聴きました(@@;)。)
波野井露楠
2007/06/28 21:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「これぞアレサ節!!」 アレサ・フランクリン/貴方だけを愛して  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる