波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「この際、裏事情は置いといて」 THE BYRDS/SWEETHEART OF THE RODEO

<<   作成日時 : 2007/10/01 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 関東南部は雨が降って、今日はとても涼しい(と言うか寒い!笑)一日でした。
 そんな中、一日中とうとう完全には仕事モードになることができず、前回からの流れでカントリー・ロックを聴いてまったりと過ごしてしまった私です(汗)。(本当は、休日に、平日にやりきれない仕事をしておかないと、仕事がたまっていって大変なことになってしまうのですが…。)

 前回は、バーズ脱退後にグラム・パーソンズが作ったフライング・ブリトウ・ブラザーズの1st「黄金の城」。で、今日は、そのグラム・パーソンズがバーズに在籍した際に、ロジャー・マッギンから主導権を奪って作った(?笑)「SWEETHEART OF THE RODEO(邦題:ロデオの恋人)」を聴いています。
 順番としては、逆になってしまいましたが、むしろフライング・ブリトウ・ブラザーズよりもモロにカントリーという感じで、さらに和んでしまいます(^^)。

 やっぱり、疲れている時のバーズは効きます。フォーク・ロックでもカントリー・ロックでも、とにかく癒されます(しみじみ)。
 このアルバムのサウンドのあまりの心地よさに、「グラム・パーソンズは『ピアノが弾ける』ということでバーズに入ったのに、気づいたら彼にバンドを乗っ取られていた」とか、「グラム・パーソンズは対立したロジャー・マッギンによって、たった半年たらずでバンドから追放された」とか、「いやいや、グラム・パーソンズは自分の意志でバンドを去ったのだ」とか、「発売当時は突然のカントリーへの転向に、以前からのファンからは支持されなかった」とかいった様々な憶測や裏事情は、この際、もう…どうでもよくなってしまいます(^^;)。

 とにかく、今となっては、「このアルバムは名盤である」ということは動かし難い事実なのですから(^^)!

 それにしても、ボブ・ディランの「You Ain't Going Nowhere」に始まって「Nothing Was Delivered」で終わる本作! 「バーズはボブ・ディランの曲の料理の仕方が相変わらず上手いなあ!」と感嘆のため息をもらさずにはいられません。
 もちろん、グラム・パーソンズの「Hickory Wind」「One Hundred Years from Now」も最高!

 日付が変わってしまいましたが、もう少しこのカントリー・ロックで心の洗濯をして、そうしたらちょっとだけ仕事をして今日は寝てしまおうと思います。(仕事の続きは、明日また頑張ります!苦笑)


「You Ain't Going Nowhere」の映像(ここではロジャー・マッギンが目立ってます(^^)!)

「Hickory Wind」グラム・パーソンズのトリビュート・コンサートでのキース・リチャーズの演奏!(しみじみとしてしまいます…)

試聴はこちら


<ROCK>
THE BYRDS/SWEETHEART OF THE RODEO (1968)
1. You Ain't Going Nowhere
2. I Am a Pilgrim
3. Christian Life
4. You Don't Miss Your Water
5. You're Still on My Mind
6. Pretty Boy Floyd
7. Hickory Wind
8. One Hundred Years from Now
9. Blue Canadian Rockies
10. Life in Prison
11. Nothing Was Delivered
-BONUS TRACKS-
12. You Got a Reputation
13. Lazy Days
14. Pretty Polly
15. Christian Life [Rehearsal - Take #11]
16. Life in Prison [Rehearsal - Take #11]
17. You're Still on My Mind [Rehearsal - Take #43]
18. One Hundred Years from Now [Rehearsal - Take #2]
19. All I Have Are Memories [Instrumental]
画像

画像

(↑完全にグラム・パーソンズがメインとなっています(^^;)。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
バーズのカントリー期でも傑作の一枚ですね!カントリーがあまりお好きでない僕もこれは結構聴きます。スライドの心地よさがたまりませんね〜。
写真の方、グラム・パーソンズが完全にメインですね…(笑)
いたち野郎
URL
2007/10/02 02:17
ミスチルのHOMEか バーズをどっち買うか 葛藤中です。結局は洋楽のほうが よく聴いてしまうので
やはり こっちを 買います。
まり
2007/10/02 13:26
いたち野郎さん。
こんばんは!!
いたち野郎さんは、完全にUK派ですものねえ!
でも、そんなUK派のいたち野郎さんにも認めてもらえるのですから、やっぱりこれは名盤ということでOKですよねえ(^^)。
お墨付きをもらえてうれしいです(^^)!
ところで、グラム・パーソンズ。こんなに前面にでてしまったら、マッギンの怒りを買うのも無理ないかもしれませんよね(^^;)。。。
波野井露楠
2007/10/03 01:43
まりさん。
こんばんは!!
なんと!!ミスチルと天秤にかけてくださったのですか(^^;)!?
なんだかミスチルに申し訳ないですが(^^;)、きっとまりさんも気に入ってくれると思います。
フォークロックとはまた違ったなごみの時間を体験できます(笑)。
まりさんにも気に入ってもらえるとうれしいです!!
波野井露楠
2007/10/03 01:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「この際、裏事情は置いといて」 THE BYRDS/SWEETHEART OF THE RODEO 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる