波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「秋を感じるアルバム・ジャケット(1)」 エディ・フロイド/ノック・オン・ウッド

<<   作成日時 : 2007/10/21 16:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 みなさん。こんばんは。
 最近は、めっきり秋らしくなってきましたね!
 上着を着ても暑くない!なんていい季節なんでしょう(笑)。大学のキャンパスにも枯れ葉が舞い始め、とってもいい感じです(^^)。
 という訳で、今日は「秋を感じるアルバム・ジャケット」の作品を紹介!
 その第1弾は、エディ・フロイドの「ノック・オン・ウッド」です!

 どうですか?このジャケット。
 木の幹に向かって斧を振り下ろすエディ!英語では、木に斧を振り下ろすことを「knock on wood」と言うのでしょうか?だとしたら、そのまんまのジャケットですね(笑)。
 でも、まあ、その辺は置いておくとしても、バックの葉っぱの色と言い、落ち葉の感じと言い、じつに秋らしくていいと思いませんか(^^)?

 アルバムの内容の方も、タイトル曲の「ノック・オン・ウッド」をはじめ、ウィルソン・ピケットで有名な「634-5789」(映画「ブルース・ブラザーズ2000」でのエディとピケットのデュエットが懐かしいです!)、後にロバート・クレイが取り上げた「ガット・トゥ・メイク・ア・カムバック」やブルース・スプリングスティーンがライヴでカバーした「レイズ・ユア・ハンド」と、実に充実しています。

 MG’sの演奏は決まっているし、彼らのアレンジもいいし、そして何よりもエディの温かみのある歌声が最高(^^)!
 同じファルコンズで活躍したウィルソン・ピケットとは、また違った味のあるボーカルが、こんな喉かな秋の日にはぴったりです(^^)。

 今日は午後から、iPodにこのアルバムを取り込んで、これを聴きながら庭の芝刈りをしたり落ち葉拾いをしたりしたのですが、なんとも言えない心休まる午後となりました(^^)。

 オーティスやウィルソン・ピケット、サム&デイヴのようなダイナマイトのようなボーカルももちろん最高ですが、ゴリゴリに押してくるのではなく、パワフルでいて全てを包み込むようなエディ・フロイドのボーカルも、実に心にしみていいものです。
 聴いていて、心が何だか弾んでくるのです(^^)。

 
 さて!エディのお陰でいい気持ちになれたことだし、ちょっと仕事の方も頑張ってみようかな…という気持ちになりました(^^)。
 あ…でも、今日は教え子のライヴの日でした(^^;)。
 先日紹介したTVに出演中の彼ではなくて、今日はイギリスでのベース修行を終えて帰国している教え子のライヴです。ベースとドラム二人だけのステージということで、どんなステージになるのか楽しみです(^^)。

 と言うわけで、仕事するにもあまり時間がないので、これから集中して頑張りたいと思います(笑)。
 では、また!!

「ノック・オン・ウッド」のライヴ映像(ビル・ワイマンのリズム・キングスと一緒に)

「ノック・オン・ウッド」のライヴ映像(オーディエンス・ショット!バックはブルース・ブラザーズ・バンドか?スティーヴ・クロッパーが見えます(^^)!)

「634-5789」の映像(映画「ブルース・ブラザーズ2000」にて。ウィルソン・ピケット、ジョニー・ラングと一緒に)


試聴はこちら


<R&B>
エディ・フロイド/ノック・オン・ウッド (1967)
1. ノック・オン・ウッド
2. サムシング・ユー・ガット
3. バット・イッツ・オールライト
4. アイ・スタンド・アキューズド
5. イフ・ユー・ガッタ・メイク・ア・フール・オブ・サムバディ
6. アイ・ドント・ウォント・トゥ・クライ
7. レイズ・ユア・ハンド
8. ガット・トゥ・メイク・ア・カムバック
9. 634-5789
10. アイヴ・ジャスト・ビーン・フィーリング・バッド
11. ハイヒール・スニーカー
12. ウォーム・アンド・テンダー・ラヴ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
秋深し、隣は何をする人ぞ。斧を振り下ろす人!?
「Knock on wood」とは嘘つきがばれないようにと祈るときの言葉です。ギリシャ神話からきてる言葉で、木に触れば天罰を避けられるんだそうです。
(私はEddieよりPink Floydの方が好きです。)
Lily
2007/10/22 12:57
Lilyさん。
こんばんは(^^)。
なるほど!そういう意味があるのですね!
ということは、そんなありがたい木に向かって斧を突き立てようとしているエディ・フロイドは、もしかしたら「ば○あたり」!??(^^;)
いやいや、勉強になります!
ところで、ピンク・フロイドというかプログレ全般に疎い私です(^^;)。
どうぞ、今後も
御指南いただければうれしいです(^^)。
波野井露楠
2007/10/22 21:48
仰る通り、熱くて優しい声の持ち主ですよね。
ちょっと気分が参ってる時に聴くと、何故か元気になれる曲。
もう、どうでもイイやっ、て投げやりになる曲でもありますが^^;
melenge40
URL
2007/10/26 01:11
melenge40さん!
こんばんは(^^)。
あはは、投げやりになりますか(^^;)??
でも、それでもやっぱり
いいアルバムですよねえ(^^)。
私も、このアルバムを聴くと
なぜか元気になれます(^^)!
大好きなアルバムです!
コメント、ありがとうございました〜(^^)。
波野井露楠
2007/10/27 01:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「秋を感じるアルバム・ジャケット(1)」 エディ・フロイド/ノック・オン・ウッド 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる