波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふるさとを大切にしよう」 SKUNK SHOT BOOSTER/ふるさと

<<   作成日時 : 2007/11/03 03:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 突然ですが、皆さんはふるさとから離れて一人暮らしをしたことがありますか?
 私はないんです…。
 「第一志望の地元の大学が受からなかったら、他県の大学に行って一人暮らしだ!」と、十代の頃はものすごく一人暮らしに憧れていたのですが、1浪の後、運良く地元の大学に受かってしまい、一人暮らしの夢は露と消えてしまったのです(^^;)。
 今思えば、「自宅から近くたって、その気があるならアルバイトで家賃を稼いで一人暮らしをすることもできたかも知れないなあ」と思うのですが、結局4年間自宅からの電車通学を選んでしまったんです。。。

 だから、大学時代は他県から入学して一人暮らしをしている友人たちがすごく羨ましかったですねえ。
 夜中にみんなでラーメン食べに行ったり、夜通し酒飲んで麻雀したり、自転車で二人乗りして銭湯に行ったり…。
 まあ、私もしょっちゅう友人の家を泊まり歩いてたので、楽しく過ごしてはいたんですけどね(笑)。

 それで、自分も時には下宿生の仲間になった気分でいた訳なのですが、それでもやっぱり、彼らの「時折ふるさとを思って胸がきゅんとなる」みたいな気持ちは完全には分かち合うことができず、それがなんだか寂しかったりして…(^^;)。

 ふるさとを離れて一人で暮らしている人がふるさとを思って胸をきゅんとさせる時の気持ちって、すごく美しいですよね!
 ふるさとから離れたことがない奴が何言ってんだ!って言われそうですけど(汗)、なんか切ないような…それでいてあったかくて…って、そんな感じがします。

 ふるさとを大事にする人って素敵です。
 
 今日紹介しているこの「ふるさと」っていうシングルは、今大学で一緒に国語を勉強しているラスカルさん(仮名)が「この歌、大好きなんです!」と貸してくれたものなのですが、歌詞を聴いた瞬間に「ああ、これってラスカルさんの心の中の歌なんだなあ」って分かってしまって、思わず胸がきゅんってなってしまいました(^^;)。

 このCDをラスカルさんに返した時に「この歌を聴いた時、もう実家に帰りた〜い(><)!って思っちゃいましたよぉ…」と聞いて、「やっぱり!」と思ったのですが(^^;)、ラスカルさんは若いのにホントよく頑張っていると思います。ふるさとの愛媛を離れ、大学時代は佐賀で過ごし(この歌を演奏しているSKUNK SHOT BOOSTERのメンバーは佐賀大学の出身なんだそうです)、そして、現在は千葉の大学院で勉強を続けているんですから。


 ところで、昨日の出張での偉い先生の講話の中で、「ふるさとを愛せない人は他の県を愛すことはできない」という話がありました。
 その話は、その後、「物事のマイナス面しか見えない人は、何を見てもマイナス面しか見えない」「子どもの欠点しか見えない人は、どんな子を受け持ったってそういう見方しかできない」という話に続いていき、最終的には「自分のふるさと、自分の選んだ土地、自分の選んだ(教師という)職業に誇りを持とう!」という話でまとまるのですが(^^;)、そう考えると、ふるさとを大事にできるってことはやっぱり素晴らしいことなんだなあって思います(^^)。
 
 自分は、はじめに書いた通り、ふるさとを離れて暮らしたことはないのですが、「もし、ふるさとを離れることがあったとしても、絶対ふるさとのよさは忘れない人間でいるぞ!」と、思わずそんなことを考えさせられた昨日の講話とこの歌の歌詞なのでした(^^;)。

 なんだか、とりとめのない文章になってしまいましたが、最後に「郷愁・胸きゅんソング」の「ふるさと」の歌詞を紹介して終わりたいと思います(^^)。

  

「ふるさと」

無理しなくていいよ 
疲れたら帰っておいで
あの河も あの空も 
変わらずに待ってるから

家から歩いて3分 
あのばあちゃんの駄菓子屋を通り過ぎて
いつもの公園まで
桜の綺麗なあの公園は
今年もその手いっぱいに花つけてたんかな?

小さな体に抱えきれないほどの
想いと夢を詰め込んで
今ぐるぐる回ってる回想シーンの中で

あの日掛けてくれたコトバのひとつひとつが力になってる

遠く離れてもいつも 
瞼の裏にはそこにあって
独りぼっちじゃないよ 
思い出して ほら

無理しなくていいよ
独りで抱え込んでんだろ?
頑張ってんの知ってるから
無理しなくていいんだ

遠く離れてもいつも
瞼の裏にはそこにあって
独りぼっちじゃないよ
思い出して ほら

無理しなくていいよ 
疲れたら帰っておいで
あの学校も あの公園も 
変わらずに待ってるから
無理しなくていいよ 
疲れたら帰っておいで
あの河も あの空も 
変わらずに待ってるから

帰っておいで



 PS.
 この土日、泊まりがけの出張があり、集合時間の朝6:30に寝坊して遅れるのがこわくて眠ることができない私です(@@:)。一度寝てしまったら、絶対に朝起きられないのが自分で分かるので(大汗)!


「ふるさと」のPV(映像の中に出てくるローカル線はおそらく千葉県の真ん中を走っている小湊鉄道です。この路線は昔からいろんなドラマやPVのロケに使われていて、西部警察では車両ごと爆破されたこともありました!汗)

試聴はこちら

<J−ROCK・POP>
SKUNK SHOT BOOSTER/ふるさと (2007)
1. ふるさと
2. Over The Rainbow
3. ハルカゼ
画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
高校卒業してから現在まで実家で暮らしてませんねぇ。
ここ何ヶ月か前から地元の田舎町で暮らすのもいいかもなぁ、なんて思い始めました。

農業とか漁業をしたい都会人。ってたまに居るじゃないですか?
なんか気持ちが分かるようになってきたような気がします。
「故郷に戻る」のと「田舎に行く」のでは違うんでしょうけどね。
ケイ
URL
2007/11/05 14:54
久しぶりですね。(^_^)ブログはよく見てるんですよ。

今、我が子がちょうどその岐路に立っています。いく大学によって決めるんですよね。みんな・・・
親のありがたみを知るいい機会になるんですが、遠くに出したくない思いもあります。複雑ですね。

ハーモニカ
2007/11/06 18:05
ケイさん。
おはようございます!!
田舎暮らし!!憧れますよねえ。
って、私が住んでいるところも十分田舎ですが(笑)。
でも、いわゆる自然に囲まれてって感じではないので(汗)。
一度都会人になってみると、よりふるさとありがたみが分かるっていうのはあるのでしょうね。
自分は子どものころ特に「地元が好きか嫌いか」なんて考えたことがなかったのですが、こうやって地元に残っているのは、きっと好きだったんですね。人ごとみたいですが(笑)。
波野井露楠
2007/11/07 07:14
ハーモニカさん。
おはようございます!!
大規模な行事の準備、お疲れ様です!
私も研究の方が大詰めを迎え、毎日ひーひー言っています(笑)。
一日のうちに小学校行って、大学行って、また小学校に戻るという日も多くなってきてますし、授業の準備で夜11時過ぎまで小学校で仕事という日もあります。
相変わらず、時間の使い方が下手な私です。。。
お互い頑張りましょうね!
ところで、息子さんを思う母心!
すごく伝わってきます(^^)!!!
波野井露楠
2007/11/07 07:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ふるさとを大切にしよう」 SKUNK SHOT BOOSTER/ふるさと 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる