波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ネイザン・イーストをリスペクトする教え子のライヴの話(^^)」 FOURPLAY/FOURPLAY

<<   作成日時 : 2007/11/12 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

 こんばんは〜!
 ちょっと忙しい毎日が続き、ブログの更新が滞ってしまいました(汗)。
 そろそろ、それぞれの検証授業がめでたく終了したり、または終わりが近づいてきたりという研究仲間がちらほらと現れ始め、「よーし!自分も頑張らなくちゃ!」という前向きな気持ちと「うーん。自分の研究はこの先、無事終わりを迎えられるのだろうか!(私の研究はこの後も3学期まで続きます。汗)」というナーバスな気持ちの間で揺れている波野井です(苦笑)。
 とは言うものの、今日は仲間の先生の検証授業を千葉の外房(太平洋側)にある中学校まで見に行ったのですが、先生も生徒も一生懸命に学び合う姿を目の当たりにし、いい刺激を受けてきました!やっぱり、前向きな気持ちを自分の中でもっと盛り上げて、ナーバスな自分を吹き飛ばさないといけないですね(^^;)!

 ふう。
 いけない!いけない!
 また、自分の中の「甘え虫」がもぞもぞと動き出すところでした(苦笑)。

 人間、甘え出したらキリがないですからね(笑)!
 自分自身をしっかりと見つめて、自分の判断でしっかりと前向きに進んで行かなければなりません!うん!(←自分で自分に言い聞かせています。笑)

 ところで!
 「自分の判断でしっかりと…」ということなら、若いのにそんな生き方をバッチリ実行している教え子がいます。

 その教え子は、以前もこのブログで一度紹介したことがあったのですが、自分の意志で渡英しそこで英語とベースの修行をしてきたという、なかなかの行動力の持ち主の教え子なのです。現在は帰国し、働きながらベーシストとしての活動を模索している最中の彼なのですが、その行動力には、教え子ながら頭が下がります(^^;)。

 それで、先月、その教え子のライヴが地元であったので見に行ってきたのですが、彼(紹介が遅れましたが、名前をKOTAと言います)は、ギターもボーカルもいない、ベースとドラムのリズムセクションのみという編成での演奏を私達に披露してくれました。
 見に来たお客の多くが、彼の同級生(つまり、中にはKOTA以外の私の教え子もチラホラ。笑)だったので、ロックっぽいアレンジの曲もあったのですが、基本的にはネイザン・イーストをリスペクトするKOTA!全曲彼のオリジナルだったと思うのですが、かなり渋めなジャジーな演奏からチョッパーを決めたファンキーな演奏まで、バラエティ豊かな演奏で聴く者を楽しませてくれました!
 MCは相変わらず下手だったけど(失礼!笑)、心のこもった演奏に、私は思わず胸が熱くなりました(^^;)。

 いやいや。
 このKOTAと言い、ちょっと前に紹介した現在TVに出演中の教え子と言い、昔の教え子が今でもこんな私のことを忘れずにいてくれるのですから、教師としてこれほどうれしいことはありません!
 ついつい、ちょっとのことで弱音を吐いたりナーバスになったりしてしまうのですが、こういった教え子達のことを思うたびに「自分も頑張らなくちゃ!」って気合いが入ります。
 教師は、大変なこともありますが、それ以上にいいことがたくさんある職業です(しみじみ)。


 あれ?
 なんだか、今日はCD紹介をしないうちに、話がまとまってしまった感じですね(笑)。しかし、せっかくネイザン・イーストをリスペクトしているKOTAにちなんでフォープレイの1stを引っ張り出してきているので、それを簡単に紹介して今日は終わりにしたいと思います(ジャズはまったくの素人なので、簡単にしか紹介ができないのですが…苦笑)。

 それでは、フォープレイについて。
 フォープレイは、エリック・クラプトンとの活動でも有名なベーシストのネイザン・イーストが在籍しているスムース・ジャズのグループ。
 ネイザン・イースト以外のメンバーは、ピアニストのボブ・ジェームスにギタリストのリー・リトナー(現在はラリー・カールトン)、ドラマーのハービー・メイソン。
 もともとは、1990年のボブ・ジェームスのリーダー作「グランド・ピアノ・キャニオン」で、4人揃ってセッションを行った時に意気投合したのがグループを結成のきっかけらしいのですが、それだけに、本作でもボブ・ジェームスのピアノやキーボードをじっくりと堪能できる大人のアルバムに仕上がっています。
 なんと言いましょうか、どの曲も洗練されていて、まさにハイセンスでお洒落!若い頃の私は決してこういう種類の音楽は好んで聴いてはいなかったのですが、この年になると素直に「ああ、いいなあ」なんて気持ちで聴くことができます。(教え子の影響でジャズを聴いているというのが、何とも言えませんが…笑)
 1曲目の「Bali Run」はネイザン・イーストのベースが特に大活躍していてカッコいいし、エル・デバージのボーカルをフィーチャーした6曲目のマーヴィン・ゲイ作「After the Dance」もため息が出るほど素敵です。

 ちょっと都会的に、ぐっとお洒落に…。
 そんな雰囲気を味わいたいときは、こういうスムース・ジャズという音楽もいいものですね。
 まあ、田舎者の私には本当はこういう音楽は似合わないのですが(笑)、今日は、教え子のお陰でちょっと背伸びをしてみようという気持ちになりました(笑)。

 さてと!
 気持ちがプラスになってきたところで、今日はもう少し仕事の続きをやって、それから寝ようと思います(^^)!
 それでは!


「Bali Run」の映像!ネイザン・イーストのベースがカッコいい!

「Wish You Were Here」の映像!お洒落です!

試聴はこちら

<JAZZ>
FOURPLAY/FOURPLAY (1991)
1. Bali Run
2. 101 Eastbound
3. Foreplay
4. Moonjogger
5. Max-O-Man
6. After the Dance
7. Quadrille
8. Midnight Stroll
9. October Morning
10. Wish You Were Here
11. Rain Forest
画像



−ここからは、KOTA特集(>v<)!−

KOTAのオリジナル音源が2曲聴けます!よかったらクリックお願いします(^^)!

KOTAの先日のライヴ映像!教え子のezco君がYouTubeに投稿してくれました。ありがとう!
画像

画像

画像

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Madison Square Garden / 音楽の殿堂・MSG
日本で行われるコンサートは、年々大きな会場が使われるようになりました。武道館よりもドーム興行の方が、興行主は儲かるからです。かつての様に、武道館でのコンサートがステータスというような習慣も無くなりました。音質よりもキャパシティ重視の会場選びです。ちな... ...続きを見る
World is Yours !    ...
2007/11/14 09:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
KOTAくんは、波野井さんの影響が大なんじゃないですか?!
私も、忘れててくれていいのに!と思うこと多々ですが、忘れずにライブやコンサートに誘ってくれたり、私のステージを観にきてくれたり。
うれしいことですよね。

秋は忙しいですよね〜〜〜@@@
去年千葉だったのが、今年は岐阜でした。道中波野井さんのことを思い出しましたよ。
身体に気をつけてがんばりましょう♪
Rosebud RIE
URL
2007/11/13 13:11
KOTA君、若いのにジャズなんて渋いね!
単身ロンドンへ渡ってベースの勉強をしてきたとは!
これからの活躍が楽しみなミュージシャンですね。
波野井さんもさぞかし嬉しいことでしょう。
Lily
2007/11/13 22:07
こんばんは!
ジャズは高校時代に1,2枚CD買ったような気がしますが、聞いた記憶がありません。
でもフォープレイいいですね〜。Bali Run確かにカッコイイ。
KOTA君のIf Onlyという曲もツボでした。
lemoned
2007/11/13 22:14
Lilyさん!
こんばんは(^^)/。
教え子が、音楽の道を進んでくれるって、私にとっては本当にうれしいことですね(^^)。
あとは、彼のプレイを十分に発揮できる場ができてくれれば申し分ないのですが(^^)。
私は、ただただ陰から応援するのみです(^^;)。
波野井露楠
2007/11/14 20:23
lemonedさん!
こんばんは(^^)/。
KOTAの演奏も聴いてくださったのですね!
ありがとうございますm(__)m。
いやいや、彼のお陰でジャズに少し興味を持つことができた私です(^^;)。
波野井露楠
2007/11/14 20:25
KOTA君の演奏聴かせてもらいました。
カッコいいですね〜。
個人的な好みの話ですが、ベースの構え方が気に入りました。
さて、ネイザン・イーストといえば、昔聴いた、カシオペアのアルバム「4×4」を思い出しました。ノリのイイベースプレイを存分に聴かせてくれた思い出があります。
土佐のオヤジ
URL
2007/11/14 23:42
Rosebud RIEさん!
こんばんは(^^)/。
先ほどコメントを入れたのですが、付け足しをしたくなったので、再度コメント入れ直しです。ややこしくてすみません(^^;)。

いやいや、私の影響かどうかは怪しいですが、しっかりロックの道(今は、ジャズの道(^^)?)を歩んでくれているので、とってもうれしい限りです。
教え子達に支えられて教師って成り立っているんだよなあ…って、つくづく思う今日この頃です(^^)。

で、ここからが付け足しです(^^;)。
何を付け足したかったというと、去年、RIEさんが千葉にいらした時の話です(^^)。
あの時は残念ながら会えなかったのですが、私の大学生活かRIEさんの千葉での学会かのどちらかが1年ずれてたら、きっとお会いすることができただろうなあ…なんて思ったものですから(^^;)。
いやあ、実に惜しかった(^^;)!!
もし、機会があればいつかお会いしたいですねえ。そして、RIEさんのプロのボーカルを聴いてみたいです(^^)!!!
すみません。以上、付け足しでした(^^)。
波野井露楠
2007/11/15 00:00
土佐のオヤジさん!
こんばんは(^^)/。
ありがとうございます!!
教え子を褒めていただけて、自分のことのようにうれしいです!
感謝感激です(^^)。
ところで、ネイザン・イーストはカシオペアのアルバムにも参加していたのですね。
ジャズ同様、フュージョンにも疎いので、全く知りませんでした(汗)。貴重な情報、ありがとうございました(^^)!!
波野井露楠
2007/11/15 00:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ネイザン・イーストをリスペクトする教え子のライヴの話(^^)」 FOURPLAY/FOURPLAY 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる