波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「最初の1歩!」 FACES/FIRST STEP 

<<   作成日時 : 2008/01/12 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

 みなさん、たくさんのご心配と励まし、ありがとうございました。
 昨日、なんとかレポートを県の総合教育センターというところに提出してきました!
 ただ、指導をいただいている教授からは完璧なOKがもらえたわけではないので、この後、また詰められるところは詰めていきたいと思っています。
 教授は、「頑張ったね!お疲れ様。もういいんじゃないかな(書き直さなくても…という意味です(^^)!)」と仰ってくださったのですが、その時はレポートを読んでの発言ではなかったので、しっかり仕上がったかどうかは自分ではまだ判断がつきかねているのです(汗)。
 とは言うものの、ようやく一段落です。 
 この後は、そのレポートを元に、研究の結果と成果(と課題。苦笑)を100ページくらいの本にまとめていきます。これも、また大変な作業なのですが、レポートが正式にOKをもらえたら、こちらは楽しみながら書き進めたいと思っています。
 みなさん、本当にありがとうございました(^^)!!

 という訳なので、前回のジョージア・サテライツの記事の音楽的なことを、少しですが書き足しました。よかったら、そちらの方もまた目を通していただけるとうれしいです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 そして、今日は、前回のジョージア・サテライツに触発されてフェイシズのファーストを聴いています。(前回のジョージアのアルバムに、イアン・マクレガンが参加していたので!)

 なんだか、まだロッド節全開という感じではなくて、いやに男気があって、全体的にインテリジェンスが漂っているのが、また新鮮でいいです(^^;)。
 フェイシズというと、「イエーイ!ロックン・ローーール!楽しんでるか〜い?飲んでるか〜い?俺たちは飲んでるぜ〜!」みたいなイメージがあるのですが(笑)、このファーストは、まだそういう感じではないんです(^^;)。

 まだ、レポート疲れが残っているのでちょっと頭を休めますが、一日、このアルバムを聴いて疲れを癒したいと思います。
 そして、もう少しエネルギーが充電できてきたら、アルバムの感想なんかを付け足させてもらいますね(^^;)。
 という訳で、ちょっと中断します〜。すみません(^^;)。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いやいや、最後まで書き切らずに中断…という中途半端な更新の仕方が続き、すみません!
 だいぶエネルギーが充電出来てきたので、この辺でまた記事作成再開です(汗)。


 昨日、一日、これを聴いていての感想ですが、一言で「黒い!」という感じです。
 4曲目の「Stone」のようなカントリー全開の曲もあるのですが(ロッドがバンジョー、ロンがハープ、ロニーがギターとボーカルを担当!)、総じてソウルフルでブルージー!もう真っ黒です(^^)!

 1曲目のボブ・ディランの「Wicked Messenger」はイアンのオルガンが粘っこくてグルーヴィーですごくカッコいいし、2曲目の「Devotion」はソウルフルでスローな雰囲気抜群のR&Bナンバーに仕上がっているし、、5曲目の「Around the Plynth」ではロンのスライド・ギターが唸りを上げているし(ロンのギターとケニーのドラムの絡み方がまたカッコいい!)、9曲目の「Looking Out the Window」はブッカーT&ザ・MG’Sのように渋くてカッコいいインスト・ナンバーになってるし…最高です!
 本作の中では、いわゆる「フェイシズっぽい」と感じる3曲目の「Shake, Shudder」や6曲目の「Flying」(イアンのオルガンはここでも大活躍)、7曲目の「Pineapple and the Monkey」(南部な感じの本当に気持ちのいいインスト・ナンバー!)、8曲目の「Nobody Knows」(フェイシズお得意の胸きゅんナンバー。ロッドの歌が心に染みます!コーラスとの微妙なずれがまた素敵!)、10曲目の「Three Button Hand Me Down」(これぞフェイシズ!という感じのR&Rナンバーです)と、前述の黒いナンバーがうまくブレンドされていて、私は好きです(^^)。

 スティーヴ・マリオットが抜けて、ロッド・スチュアートとロン・ウッドが加入(マリオットが抜けたのを知ったロッドが、ロニーに直接電話をしたらしいですね)…その結果、平均身長がそれほどスモールではなくなり(^^;)、バンド名をスモール・フェイシズからフェイシズへと変更した彼らの1stアルバム。
 統一感がないとか、とっちらかってるとかと言う人もいますが、スモール・フェイシズの頃のような黒い演奏とロッドとロンが入っての明るい演奏、ロニーの曲とロンやロッドの曲…というように、バンドの初期だからこその興味深いいろいろな要素が融合した演奏や曲がとてもいいと私は思います(^^)。

 まあ、「物足りない」と感じる方には「馬の耳に念仏」あたりを聴いていただいて(笑)、「その辺にはあまりこだわらない」という方にはお薦めの1枚です(^^)。

 ファースト・ステップ=最初の1歩(アルバムのタイトル「ファースト・ステップ」というのはギターの教則本からとられています)!
 心機一転、やってやるぞ!というメンバーの意気込み、ロッドの精一杯の気持ちのいい歌いっぷりを堪能して欲しいと思います(^^)。

試聴はこちら

<ROCK>
FACES/FIRST STEP (1970)
1. Wicked Messenger
2. Devotion
3. Shake, Shudder
4. Stone
5. Around the Plynth
6. Flying
7. Pineapple and the Monkey
8. Nobody Knows
9. Looking Out the Window
10. Three Button Hand Me Down
画像

(※最初のプレスでは、アルバムのアーティスト名の表記が、このように「フェイシズ」ではなく「スモール・フェイシズ」になっていました。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Liverpool 8 / リンゴ・スターの傑作を聴こう!
リンゴ・スターのニュー・アルバム「哀愁のリヴァプール」が、日本ではバレンタイン・デーの2月14日にリリースされます。(英国では1月14日)ハッキリ言います!これは絶対に買いです。リンゴの晩年の最高作と呼ばれるかも知れません。え?信じられない?ではリンゴ... ...続きを見る
わが青春のEVERGREEN
2008/01/13 22:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
頑張られていて元気もらえます。
私もそろそろ頑張らなきゃな・・・って思っていますが。
このジャケかっこいいですね。
彼らの音盤はみんなセンスの良いジャケでしたね。
少ししか知らないけど、どんどん進化して行ったバンドで職人肌のミュージシャンがそろってますね!
evergreen
2008/01/12 20:13
おーッ、大好きです^^
良く見てみるとこのジャケ、いいですよね。
微笑ましい。

ロッドが左端にいるのは、まだ遠慮してたせい?
それとも端っこにいても存在感はあるぜ〜っていう
自信かも・・・
melenge40
2008/01/14 00:03
これ、意外に重いサウンドの曲もあるんですよねー。ジェフベックグループを引き摺ったような(笑)いろんなモノ混在していますが、お気に入りです!この辺の音は格好良いっす♪
リュウ
2008/01/14 10:36
evergreenさん。
こんばんは(^^)。
私こそ、みなさんから元気をいただいて、なんとかやれているという感じです(^^)。
いつも、ありがとうございます!
ところで、このジャケは、なんとなく落ち着いた感じで私も好きです(^^)。
ミッキーマウスがさりげなく2匹も写っていて、それも面白いです(^^)。
演奏の方は、記事にも書きましたが、バンド再出発の頃だからこその、いろんな要素が混じり合った演奏が妙にいいです(^^)。
まさに、その後の進化を予想させられるような1枚ですよね(^^)。
波野井露楠
2008/01/17 23:12
melenge40さん。
こんばんは(^^)。
本当に、このジャケットはいいですよね。この時のバンドの状況、その後のバンドの飛躍…などを思うと、思わず愛おしくなってしまうジャケットです(^^)。
それにしても、ロッド…本当に遠慮してますね(笑)。
波野井露楠
2008/01/17 23:21
リュウさん。
こんばんは(^^)。
そうそう!
本当に重い曲、ありますよね!!
なんとなく、みんなが知ってるフェイシズとはまた違った感じで(^^)。
それがまた新鮮でいいですよね〜!
私もお気に入りです(^^)。
波野井露楠
2008/01/17 23:24
スモール・フェイセスまだ聴いたことないです(^_^;)なんか良さげですね。レポート完成、お疲れ様でした。なんとかクリアできればいいですね。大阪はとにかく寒くて 足が冷たいのが辛いです。週末は何とか記事を更新したい。
まり
2008/01/18 06:45
まりさん。
おはようございます(^^)。
レポートは、また明日、県の教育センターで検討会があるんです。いったいいつまで続くのか(^^;)。
スモール・フェイシズは、スティーヴ・マリオットの黒いボーカルが最高です。アニマルズのエリック・バードンと同じくらい、私は好きです。
ぜひ、今度聴いてみてください。
それから、このフェイシズの1stも(^^)!
波野井露楠
2008/01/20 10:47
いいバンドですよね〜!どのアルバムも大好きでして。あと同時期のロッドのソロやロニーのスリム・チャンス・・・キリがないのでこの辺で。

遅いコメントで申し訳ないです(汗)
starfish
2008/02/06 20:35
starfishさん。
こんばんは(^^)。
本当にいいバンドですよね!!
メンバーそれぞれの個性もあって、最高です。
スモール・フェイシズも最高ですが、最高のボーカリスト、スティーヴ・マリオットが抜けたことで、また別の最高のバンドが生まれたのですから、運命って分かりませんね(^^;)。
波野井露楠
2008/02/08 22:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「最初の1歩!」 FACES/FIRST STEP  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる