波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「おさるのジョージの夢を見た(後編)」 JACK JOHNSON/CURIOUS GEORGE…

<<   作成日時 : 2008/02/02 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

 こんばんは。
 「おさるのジョージの夢を見た」の続編です(笑)。

 前回から随分と日にちがたってしまいました(@@;)。私は、なんだか様々なことに対するモチベーションが下降気味で困っています(←またもや「甘え病」発症です。汗)。
 夢の方も、せっかくレポートの夢を見なくなったと思っていたのに、また見るようになりました(^^;)。「まったくぅ…しょうがないなあ」と自分に苦笑することしきりです(笑)。

 そんな訳で(どんな訳?)、今日は、大学での月例研究会から帰ってきて、この映画「おさるのジョージ/Curious George」のサントラを聴いて気持ちを和ませています。

 このアルバムはブログ「空から墜ちてきたブルース」の管理人Okadaさんに教えていただきゲットしたものなのですが、Okadaさんも書いている通り、これはもうサントラと言うよりもジャック・ジョンソンのオリジナル・アルバムと言っても差し支えないアルバムになっています(^^;)。

 ジャック・ジョンソンと言えば「サーフィン」「ハワイ」というキーワードで語られることが多いので、私は「夏」というイメージが強かったのですが、このアルバムは季節に関係なく楽しむことができます。
 ジャック・ジョンソンの優しい歌声と軽やかなギターに癒されまくりです(笑)。

 私は「おさるのジョージ」の映画を見ていないので、これらの曲と映画がどういう風にマッチしているのか分からないのですが、きっと「おさるのジョージ」のお話そのものがほのぼのとしているので、見事にしっくりしているのでしょうね(^^)。
 「3 Rs」なんて曲は、歌詞の中に「リデュース・リユース・リサイクル(日本語にすると『廃棄物の発生抑制・再使用・再資源化』となります)」なんてフレーズが出てきて、曲の雰囲気だけでなく歌詞を読んでても和んでしまいますし(^^)。

 それから、7曲目の「We're Going To Be Friends」は、あのホワイト・ストライプスの曲なんだそうですね!
 「なぜ、ジャック・ジョンソンがホワイト・ストライプスを?」「なぜ、おさるのジョージのサントラにホワイト・ストライプスが?」といくつか疑問が浮かんできますが、ジャック・ジョンソンのアレンジはすっかりこのアルバムに溶け込んでいるので、なんの問題もありませんね(^^)。

 ちなみに、私の一番のお気に入りは、ピアノとハーモニカがカッコいい「The Sharing Song」(ちょっとドアーズっぽいところもある、ブルージーな曲!)です。

 私はこのあたりの音楽に詳しくないので、特に熱く語ることはできないのですが、「JACK JOHNSON AND FRIENDS」 ということで、G.ラヴとかベン・ハーパーといったミュージシャン達がジャック・ジョンソンの演奏を盛り立てています(ベン・ハーパーなら私でも知っていますが!苦笑)。
 その辺のミュージシャンや音楽に興味のある人には特にお薦めの1枚です。
 また、そうでなくても、疲れた心をちょっと癒したいなあ…なんて人にも、もちろんお薦めです!

 ぜひ、聴いてみてください(^^)!


「Upside Down」のPV。おさるのジョージも大活躍(^^)! 

試聴はこちら

<ROCK>
JACK JOHNSON AND FRIENDS
/SING−A−LONGS AND LULLABIES FOR THE FILM
CURIOUS GEORGE
 
(2006)

1. Upside Down
2. Broken
3. People Watching
4. Wrong Turn
5. Talk Of The Town
6. Jungle Gym
7. We're Going To Be Friends
8. The Sharing Song
9. 3 Rs
10. Lullaby
11. My Own Two Hands (feat Ben Harper)
12. Questions
13. Supposed To Be
14. 3 Rs (Money Mark Remix)
画像

画像

           (↑US盤のジャケットです)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Jack Johnson『Sing-A-Longs And Lullabies For The Fi...
Jack Johnson 1975年5月18日ハワイ州オアフ島生まれ。よちよち歩きを始めた頃よりサーフボードに乗り、14歳にして『パイプライン・マスターズ』に出場。高校在学中にQuicksilverとプロ・サーファー契約を交わす。しかし17歳の時、サーフ中に大怪我をしてしまう。数ヶ月... ...続きを見る
空から墜ちてきたブルース
2008/02/03 23:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日映画の『おさるのジョージ』を観ました。
予想通り全編にジャックの音楽が流れていて、
ほのぼのとした気分で観れましたよ。
アレンジもアルバムと少し違っていたりして、楽しめました。
このアルバムは結婚式の披露宴でも流していたんですよね。
ジャックの新しいアルバム、今度の週末にでも買おうかな。
Okada
URL
2008/02/03 23:43
Okadaさん
「おさるのジョージ」、DVDも出ているみたいですね!機会があれば私も見てみたいです。
ところで、結婚式の披露宴のBGMがジャック・ジョンソンだったのですか?カッコいいなあ(^^)!
さすが、Okadaさん!
ナイス・センスですね!!
先日タワレコに行ったら、ジャック・ジョンソンの新作、すごくプッシュしていました。
私も買おうかなあ(^^)。
コメント&TB、ありがとうございました!

波野井露楠
2008/02/05 16:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「おさるのジョージの夢を見た(後編)」 JACK JOHNSON/CURIOUS GEORGE… 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる