波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ジミー・ペイジ、テレ朝出演中!!」 レッド・ツェッペリン/最終楽章〈コーダ〉 

<<   作成日時 : 2008/02/28 21:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

 こんばんは!
 ご無沙汰しています(汗)。
 あともう少しで冬眠から覚められそうな波野井です(^^;)。

 今日は、皆さんにちょっとした情報を!
 それは、今週毎日(?)、ジミー・ペイジがテレビ朝日の深夜番組に出演しているということです!!みなさん、ご存知でしたか!?私は、先日、たまたま、レポート作成に疲れて、「ちょっとテレビでも」と電源を入れてみたら、いきなりジミー・ペイジが!!もう、びっくりしました!あまりのことに、「え?そっくりさん?」って本気で思いましたもん(笑)。
 でも、本物でした!!
 ペイジは一問一答式の質問に答え、「日本語は何か知っていますか?」「いいや?知らないんだ………というのは嘘でいくつかは知ってるよ。でも、ここでは言いませんよ。だって、私がしゃべったら発音がおかしいって、みなさん笑うでしょう?(笑)」とか、「来日の予定はありますか?」「実現するといいですねえ(笑)。今やっている仕事が終わったら、いろいろ考えますよ」みたいなことをしゃべっていました(>v<)!!
 そして、番組の最後には「明日もジミー・ペイジ」の字幕が!!

 今日もやるみたいですよ!!
 でも、深夜0:10から!しかもたったの5分間(><;)。

 興味のある方はご覧になってみてください!今のチャンスを逃すと、こんなジミー・ペイジは二度と見られないかもしれませんから…(^^;)。


 あ、それから追加情報ですが、もとレッド・ウォーリアーズ(ロード・ウォーリアーズではありませんよ。笑)のダイヤモンド☆ユカイが、なんと、フジテレビのお昼のバラエティ番組「ごきげんよう」に出演して、小堺一機と楽しそうにトークしていました!!
 私は、バリバリにとんがっていたころのダイヤモンド☆ユカイを知っているので、これまたびっくりしてしまいました(^^;)。でも、それでも、まだけっこうとんがっていて、まったく老け込んでなく、カッコよかったです!こちらも、おそらく今週中は出演していそうです(^^;)。
 こちらも興味のある方はぜひ(^^)!


 おーっと、まだ冬眠中の身でした(汗)。
 急いで、レポートに戻ります!!

 明日は、6年生を送る会の職員劇で「ちびまるこ」の花輪君を演じてきます(@@;)。

 この続きは、冬眠から覚めたらまた(><)!!


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 みなさん!こんばんは!!
 なんとか冬眠から覚めることができました(>v<)!!今日は3/4です。
 先日2/29のお昼頃にレポートの原稿150ページが完成し、午後3時から深夜3時までかかって200部印刷しました。そして、3/1に入稿完了(>v<)!!
 この後、3/7と3/15に研究発表会があるのですが、3/6にレポートの方が冊子として出来上がってきます!ただ今、発表会の準備の真っ最中です!
 いよいよ研究も大詰め。音楽で言えば、「楽章終結部」といったところでしょうか!

 という訳で、本日紹介するのはレッド・ツェッペリンの「最終楽章〈コーダ)」です!
 わあ!…と自分でも笑ってしまうほどベタな感じですがお許し下さい(笑)。

 「最終楽章」という和訳は、本来のコーダの意味「楽章終結部」からすると誤訳であるというのは有名な話ですが、今回はあまり固いことは言わずに、とっととアルバムの話に入ってしまおうと思います(笑)。

 この「最終楽章〈コーダ)」は、ジョン・ボーナム死去によりレッド・ツェッペリンが解散した後、まだアトランティックとの契約が残っていたためジミー・ペイジが元メンバーのロバート・プラントとジョン・ポール・ジョーンズの協力を得て、1982年に完成させたアルバムです。
 その内容は、それまでの12年間のレッド・ツェッペリンの演奏の中からのアウトテイクやライヴ音源を中心に構成されていて、特にLPのB面(CDだと5曲目から8曲目)の「モントルーのボンゾ」を除く3曲が「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」のアウトテイクとなっています。
 このアルバムは、12年間に渡る演奏の中から8曲をピックアップしたものなので、「演奏に統一感がない」とか「内容がとっちらかっている」とかといったコメントを見かけることがありますが、私なんかはむしろ12年間のレッド・ツェッペリンの歩みを1枚で聴ける感じがしてすごく得した気分になってしまいます(^^)。しかも、ジョン・ボーナムへの追悼の意味もこめられている本作は、ジョン・ボーナムのパーカッション・インストゥルメンタル「モントルーのボンゾ」をはじめ、「ウィアー・ゴナ・グルーヴ」「プア・トム」など、全編を通して、ジョン・ボーナムの破壊的かつタイトなドラムに思わず唸らされてしまいます。
 これらのほとんどが、もともと「ボツ」になった曲だなんて信じられないくらいです!

 いやあ、本当にいいですよ。これ(^^)。
 昔から、「T」から「W」ばかりを聴いていた私も、このアルバムを聴くと、何だか「イン・スルー・ジ・アウト・ドア」など「W」以降の作品も聴きたくなってしまうのです(このアルバムの曲は入っていなくても(^^)!)。

 1970年のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ音源がもとになっている「ウィアー・ゴナ・グルーヴ」「君から離れられない」も、エフェクト処理がしてないために生な感じの演奏がたまらない「ウォルターズ・ウォーク」も、圧巻の「ウェアリング・アンド・ティアリング」も、みんなみんな最高です!

 アルバムが作られた経緯なんて、どうのこうの考えずに、ただただレッド・ツェッペリンの素晴らしさに酔いしれたい。このアルバムは、私にとってはそんな1枚なのです(^^)。


 さて!
 めでたく冬眠から覚めることができたので、今日から、またブログも研究の最後の詰めも、しっかり頑張っていきたいと思います。
 みなさん、これからもぞどうぞよろしくお願いします(^^)!

「ウィアー・ゴナ・グルーヴ」1970年ロイヤル・アルバート・ホールでの演奏!!

「モントルーのボンゾ」(もちろん映像はありませんが)


試聴はこちら

<ROCK>
レッド・ツェッペリン/最終楽章〈コーダ〉 (1982)
1. ウィアー・ゴナ・グルーヴ
2. プア・トム
3. 君から離れられない
4. ウォルターズ・ウォーク
5. オゾン・ベイビー
6. ダーリン
7. モントルーのボンゾ
8. ウェアリング・アンド・ティアリング
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Coda
Coda(1982) 去る12月10日のツェッペリン再結成ライヴ以来、今一度ツェッペリンを聴きなおしてみたが、やはり彼らがクリエイトした楽曲群及びその演奏には感嘆し、脱帽するしかない。もはや、といってもずいぶん前からだが、俺の心の中には彼らの作品を聴かないと満たされ.. ...続きを見る
Rockでなしの戯言
2008/03/08 14:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今(金曜日)見ました!
夜更かし厳禁でかみさんから文句が・・・・タモリクラブを見ながら寝ます、おやすみなさい。
ひぐらし
URL
2008/03/01 00:17
ひぐらしさん!
こんばんは!!
私は今、学校で研究のまとめを印刷中です。150ページ×200部(汗)。昼の3時くらいから印刷しているのにまだ終わりません(@@;)。二日徹夜してるので、このままだと三日徹夜になります(××;)。
がんばります!
それにしても、ジミー・ペイジ…驚きです(^^;)。
波野井露楠
2008/03/01 00:52
波野井さん、こんにちは。
>テレビ朝日の深夜番組
おーっ、「オンタマ」のほうを見たんですね。
http://www.tv-asahi.co.jp/ontama/
私はTBSの「筑紫哲也NEWS23」でのインタビューを見ました。時間が重なっていたので悩みに悩んでオンタマはパス。でも、聞くところによると連想ゲームをやったりして面白かったみたい。ちょっと後悔です。

冬眠中のお仕事は大変なようですね^^;
誤字脱字に気をつけて(笑)がんばってくださいね。
オンデン1970
URL
2008/03/01 16:30
こんばんは♪
ゴールが見えてきましたね。おめでとうございます♪
それにしても凄い印刷量ですね!

私はテレビは観ていませんが、先日ジミーペイジは西新宿でCDを大量買いしたそうです!
自分達のブートも買ったのでしょうか。笑。
たく
2008/03/01 19:41
こんばんは!

ジミー・ペイジ、テレビに出てたんですか。全然知りませんでした。そういえば、来日するって言ってましたもんね。話し方はどういう感じでした?

私はユカイより、花輪君のほうが見たいです。
十分栄養補給して冬眠して下さいね。
lemoned
2008/03/01 22:38
知らなかったです。ジミー・ペイジがテレ朝に…。ダイヤモンド・ユカイは会社の休憩室で見ましたよ。案の定、周りの子達は、彼の事知りませんでした…。
Hiddy
URL
2008/03/03 00:44
花輪君最高でしたでベイビー。あの髪の分け目、あの身のこなし、超ウケでした!!
ジミー・ペイジ…。ブログ見るのが遅すぎでした。残念…。ユカイくんは見ました!そういう人とは知らずにおもしろい人だなーと思って見てました。
Wが家宝
2008/03/07 22:41
こんにちは!
波野井さんの冬眠明けにあわせてか、すっかり春らしい日が多くなってきましたね!
「CODA」好きです。僕はウェアリング・アンド・ティアリングが最高です!
 そうですね、やはりボンゾあってのZEPだったんだなあと改めて思いました。
 残念ながら、TVでのジミー翁のお姿は見逃しちゃいました。
 またコンサート会場で彼にお目にかかりたいもんです。
lizard
URL
2008/03/08 14:32
オンデン1970さん!
こんにちは(^^)。
音魂、最後の日は、その時間、学校で仕事していたのでビデオに撮ってあとで見ました。ああいう番組にジミー・ペイジが出るなんて画期的というか、粋だなあって思いました(^^;)。
私は、「筑紫哲也NEWS23」が
気になります(^^;)/。
ところで、研究のまとめ、私の誤字脱字は分からないのですが、いきなり印刷屋さんが表紙の学校名を間違えてしまい、
今大急ぎで製版し直してもらってます(^^;)。
波野井露楠
2008/03/08 17:10
たくさん!
こんにちは(^^)。
やっと研究の長いトンネルの出口が見えてきました(笑)!
ところで、ジミー・ペイジのCD大量買い!すごそうですね(笑)!
しかも、ブート嫌いのジミーがブート買ってたら笑えますねえ(>v<)。ジミーに遭遇した人もいるんでしょうねえ(汗)!!
波野井露楠
2008/03/08 17:13
lemonedさん!
こんにちは(^^)。
ジミー・ペイジはなんか上品な感じで落ち着いた話し方でした。字幕も丁寧な口調で、同じ英語でも話し手が違うと訳し方も違うんだろうなあなんて思いながら見てました(笑)。
花輪君は、髪を七三分けにして「へーい。べいべー」を連発してきました。私だけ、ぶっつけ本番だったので、ちょっと緊張しました(^^;)。
波野井露楠
2008/03/08 17:16
Hiddyさん!
こんにちは(^^)。
やっぱり、ユカイのことは若い子は知らないんでしょうねえ(^^;)。
でも、まだまだ元気そうで、私としてはとてもうれしかったです(^^)。
ジミーといい、ユカイといい、びっくりした1週間でした(^^;)。
波野井露楠
2008/03/08 17:18
Wが家宝さん!
こんにちは(^^)。
6年生を送る会での花輪君は、私としては不完全燃焼でした(笑)。しっかり台詞を覚えて、ちゃんと練習しておくべきでした…って、そんな劇だったっけかな(笑)??
ところで、ジミー・ペイジですが、たまたまテレビをつけたら出演していて、本当にびっくりしました(笑)。
波野井露楠
2008/03/08 17:25
lizardさん!
こんにちは(^^)。
「ウェアリング・アンド・ティアリング」!いいですよねえ。私も大好きです。この曲がアルバムのラストという曲順も最高に好きです(^^)。
ところで、ZEPの来日。なんとなく現実になりそうな予感もしますよねえ(^^;)。
期待しちゃいます(>v<)!
波野井露楠
2008/03/08 17:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ジミー・ペイジ、テレ朝出演中!!」 レッド・ツェッペリン/最終楽章〈コーダ〉  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる