波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「懐かしの80’s 〜中学時代C〜」 カルチャー・クラブ/キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー

<<   作成日時 : 2008/03/28 06:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 12

 年度末でちょっとバタバタしています。
 この度、4年間お世話になった今の学校から異動することが決まり、今日は離任式(辞校式)。そんな訳で、皆様が下さったコメントへの返事も延び延びになっており、申し訳ありません。落ち着きましたら、バシッと心をこめて返事を書かせていただきますので、どうかご容赦を…。

 それで、今日の記事ですが、離任式のことを書きたいところをちょっと我慢して、前回の記事の続きです(^^;)。(離任式の様子は、次回の記事で報告させていただきます。)

 で、本日、紹介するのは、ボーイ・ジョージ率いるカルチャー・クラブの1st「キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー」です!
 TOTO、イエス、エイジアと来て、カルチャー・クラブという流れで申し訳ないのですが、中学時代、ビートルズやサイモン&ガーファンクル、ビーチ・ボーイズ、ストーンズなどを除くと、実はカルチャー・クラブを一番よく聴いていたのです(^^;)。
 名前に「ボーイ」とつけないと性別が分からないほどの妖しさのボーイ・ジョージ。そして、親しみやすいメロディと抜群の歌唱力。かなり大好きでした(^^;)。

 それで、本当のことを言うと、どちらかと言えば本作よりも「カラー・バイ・ナンバーズ」の方を当時よく聴いていたのですが、改めて聴き直すと本作の方がマニアックな感じの曲がたくさん収録されていて、「すごくカッコいいアルバムなんだ」という再発見をしたので、今回は「カラー・バイ・ナンバーズ」ではなく本作を選びました(^^)。

 中学生の頃は、とにかくこのアルバムの中では「君は完璧さ」が大好きで、そればかり聴いていました。しかし、今聴くと、ラテン系あり、カリビアン系あり…、そして何よりソウルフル!!最高にカッコいいアルバムです。中学生の頃は、そのカッコよさがいまいち分からなかったのですが、今なら「本当にいいアルバムだ!」と断言することができます。

 ちょっと色物を見る目で見られたり、ボーイ・ジョージが逮捕されるたびに「またか…」とがっかりさせられたり…と、音楽面だけを正統に評価されることが少ないバンドのような気がしますが、本当は、音楽的にとっても優れたバンドだと思います。
 単なるビジュアル系ではありません(笑)!!!

 実は、デュラン・デュランはあまり好きではなかった私ですが、このカルチャー・クラブに対しては、昔から変わらず好きでい続けています(^^)。80年代に咲いた徒花(!?笑)、カルチャー・クラブ!ぜひ、皆様もご賞味あれ(^^)!!
 
 次回は、記事の冒頭で述べました通り、離任式のことを書きたいと思いますので、シリーズ「懐かしの80’s 〜中学時代〜」は、ひとまず今日で終わりにしたいと思います。全4回の短いシリーズでしたが、記事に目を通してくださった皆様、コメントを入れてくださった皆様、ありがとうございました(^^)!!!


「君は完璧さ」PV

「君は完璧さ」スタジオ・ライブ(口パクですが(^^;)…)

「アイル・タンブル・フォー・ヤー」PV

試聴はこちら

<ROCK>
カルチャー・クラブ/キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー (1982)
1. ホワイト・ボーイ(ダンス・ミックス)
2. ユー・ノウ・アイム・ノット・クレイジー
3. アイル・タンブル・フォー・ヤー
4. テイク・コントロール
5. ラヴ・トゥイスト
6. ミステリー・ボーイ
7. ボーイ,ボーイ,(アイム・ザ・ボーイ)
8. アイム・アフレイド・オブ・ミー(リミックス)
9. ホワイト・ボーイズ・キャント・コントロール・イット
10. 君は完璧さ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベストヒットUSAの頃
ベストヒットUSAの頃(=80年代) ...続きを見る
The Tracks of My Tea...
2008/03/30 22:15
"Colour By Numbers" Culture Club
9月も半分以上が過ぎてしまいましたが、ここのところ毎月最初のエントリをするまで手間取ってしまいましてどうもすみません。ほんと最近エンジンかかるのが遅いのですが、こればかりはどうにもならないのでお許し願いたいと思います。それと画面左のサイドバーのプロフィー.... ...続きを見る
BYRD'S SELECT MUSIC
2008/11/11 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井さん、こんばんは!
僕も彼らの大ファンでした。
中学時代には最も好きなアーティストで、夢中でした。
僕もこのアルバム中では、やはり大ヒットした“君は完璧さ”がフェイバリットです。名曲ですよね!
lizard
URL
2008/03/29 02:17
へえ!中学生だったんですか?
カルチャー・クラブが登場した時、私は育児に奮闘中でした。赤ん坊と一緒にいつもBBCのトップ・オブ・ザ・ポップスを見ていて、「君は完璧さ」もそこで初めて見ました。その長女ももう27歳!
ということは波野井さんは?・・・
Lily
2008/03/29 21:10
こんばんは。
Culture Clubは、80年代デビューでは、珍しく懐かしさを覚えるバンドです。
12インチシングルに入ってた、Melting Potが好きでした。
Substitute
URL
2008/03/30 22:10
こんにちは。
カルチャークラブ、懐かしいです。^^
仰るように、今聴き直すと結構マニアックなんですよねぇ。
色物扱いされていましたが(笑)、ブラックミュージックマニアのボーイジョージのヴォーカルも、かなり良いですし。
同じイギリスでも、ポールウェラーなんかより、よっぽど黒いと思っています。
mintslife
URL
2008/03/31 13:32
lizardさん!
こんばんは!!
lizardさんも、中学時代、これを聴いていたもですか?同じですねえ(>v<)!うれしいです。
中学時代は、どちらかと言うと「カーマは気まぐれ」の方が好きだったのですが、このアルバムの「君は完璧さ」は、昔から本当に好きでした(^^)。

波野井露楠
2008/03/31 20:57
Lilyさん!
こんばんは!!
はい、当時は中学生でした(^^)。
その時赤ちゃんだった娘さんが27歳ですか。1982年と言ったら26年前ですからねえ(^^;)。
私は、あと数日で30代最後の年齢になります(笑)。
うーん。年とったなあ(^^;)。
波野井露楠
2008/03/31 21:01
Substituteさん!
こんばんは!!
12インチシングルをお持ちだったのですか!?
すごーい。マニアックですねえ(^^)!!
実は、「当時、カルチャー・クラブを一番聴いていた」などと書いておきながら、「Melting Pot」は知りませんでした。すみません(><)。
You Tubeの映像見ました!とてもソウルフルでカッコイイ曲ですね!!
カルチャー・クラブの新たな魅力発見です。ありがとうございました(^^)!
波野井露楠
2008/04/01 20:19
mintslifeさん!
こんばんは!!
ポール・ウェラーファンが読んだら怒りそうですねえ(笑)。
でも、それだけに、ボーイ・ジョージにとっては最高の賛辞の言葉ですね(^^)!
ボーイ・ジョージも、犯罪の方で話題になるのではなく、また音楽で話題になれるように頑張ってほしい…とついつい思ってしまいます(^^;)。
波野井露楠
2008/04/01 20:19
このアルバムは聴いた事がないのですが収録曲を見ると知ってる歌も入ってますね。
カラーバイナンバーズは何十回と聴いてましたけどね。
たくあん
URL
2008/04/03 00:33
たくあんさん!
またまたコメントありがとうございます(>v<)!
「君は完璧さ」は有名ですが、実はアルバムとしては「カラー・バイ・ナンバーズ」で人気に火がついたという感じでしたものね!!
私も、当時はどっちかというと「カラー・バイ・ナンバーズ」を何度も何度も聴いていました(^^;)!
あとで、たくあんさんのブログにもお邪魔しますね〜!
波野井露楠
2008/04/05 07:49
TBありがとうございました。
こちらのレスが遅れまして申し訳ありませんでした。

アルバムとしては『Color By Numbers』の方に思い入れがありますが、このアルバムのラストを飾る「Do You Really Want To Hurt Me(君は完璧さ)」は本当に名曲で自分も大好きな曲です♪

こちらからもTBさせていただきましたのでよろしくお願いします。
BYRD
URL
2008/11/11 22:55
BYRDさん!
こんばんは(^^)。
TB&コメント、ありがとうございます!
「君は完璧さ」は本当にいい曲ですよね。
ボーイ・ジョージ自身はいろいろあって残念ですが(でも、死んじゃうんじゃないかと心配したこともあったので、それを思えば、よくぞ…という感じもあるのですが。汗)、カルチャー・クラブの音は今でも全然古く感じない良質の音楽ですね!
波野井露楠
2008/11/12 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「懐かしの80’s 〜中学時代C〜」 カルチャー・クラブ/キッシング・トゥ・ビー・クレヴァー 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる