波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「暑さを吹き飛ばす1枚」 ブルース・ブラザーズ/ブルース・ブラザーズ・ライヴ・デビュー/ブルースは絆

<<   作成日時 : 2008/07/25 06:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

 いやいや…毎日、本当に暑いですね(@@;)。
 私の勤務する学校はエアコンがないので毎日汗だくです(校長室と保健室とコンピューター室はエアコン完備ですが(^^;))。
 しかし、連日の個人面談で保護者の皆様から温かい言葉をたくさんいただき(感謝!感激!)、先日の大阪旅行でもらってきたエネルギーとあわせてさらにエネルギーが蓄えられている私です(←単純です。笑)。
 今日は個人面談が最終日で、午後から出張なのですが、そのエネルギーのお陰で今日も一日暑さに負けず乗り切られそうです(^^)!

 朝からかけている音楽もご機嫌だし、今日もいい一日になりそうです(^^)。

 で、朝っぱらから何を聴いているかと言うと、ブルース・ブラザーズのデビュー・アルバム「ブルース・ブラザーズ・ライヴ・デビュー/ブルースは絆」です!
 もう、文句なし!!最高です(>v<)!!!

 ジェイク(ジョン・ベルーシ)の気持ちのこもった全力のボーカル!エルウッド(ダン・アークロイド)の軽妙な早口(スキャット)と渋いブルース・ハープ!そして、二人のバックを固めるスティーブ・クロッパーやドナルド・ダック・ダンたちMG’Sを中心とした強者たちの演奏!
 「もう、どうしてこんなメンバーが集まってしまったのだろう!?」と、思わず歓喜の叫び声を上げたくなるような布陣です!

 デビュー盤にして、ライブ盤!!しかも、ジョン・ベルーシとダン・アークロイドの二人にとっては初めてのステージ!観客はもちろん、ブルース・ブラザーズの二人もバックの面々も本当に楽しそうです(^^)。

 ご存知の通り、ブルース・ブラザーズはこの後さらに人気を高めていき、あの傑作映画の制作へとつながっていくのですが、ここでは初々しい二人のミュージシャンとしての姿を十分に楽しむことができます(さすがはコメディアン!という場面もありますが。笑)

 映画では聴けない曲もご機嫌に演奏してくれている本作。日本盤は残念ながら廃盤のようですが(何故(><)!)、輸入盤なら手に入れることができます(原題「Briefcase Full of Blues」←カッコいい(>v<)!)。映画のサントラ盤以上にブルース・ブラザーズの魅力を堪能することができる1枚です。
 皆さんも是非ご一聴を(^^)!

 
 では、そろそろ出勤の準備をします。
 今日も暑そうですが、皆様、お互いに頑張りましょう!!

 あ、ちなみに一番下の写真は、先日の大阪旅行でユニバーサル・スタジオに行った際、ブルース・ブラザーズのそっくりさんショーで、そんくりさんが乗ってきたブルース・ブラザーズ仕様のパトカーの前ではしゃぎたいのを押さえつつ、すまし顔で写真を撮ってもらっている私です(笑)。

試聴はこちら

<R&B>
ブルース・ブラザーズ
/ブルース・ブラザーズ・ライヴ・デビュー/ブルースは絆 
(1978)

1. オープニング : お前をはなさない
2. ヘイ・バーテンダー
3. メッシン・ウィズ・ザ・キッド
4. オールモスト
5. ラバー・ビスケット
6. ショット・ガン・ブルース
7. グルーヴ・ミー
8. アイ・ドント・ノー
9. ソウル・マン
10. “B”ムーヴィ・ボックス・カー・ブルー
11. フリップ、フロップ・アンド・フライ
12. クロージング : お前をはなさない
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
The Blues Brothers - The Blues Brothers
 随分と昔に見たキリとなっている映画のひとつにブルース・ブラザースがある。今思い起こしてみると果たしてどんな映画だったっけなぁ、と&... ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2008/07/26 09:49
「ブルースブラザーズ」を観たいと思う時って・・
もうひとつ元気がない時なんですよね。 ...続きを見る
元祖 めれんげの酒と音楽な日々
2008/07/26 19:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。暑いですね〜。
Blues Brothers、いいですね!
久々に聴きたくなりました(紹介して頂いた盤は持ってませんが)
substitute
URL
2008/07/25 22:17
自分がイメージしていたブルース兄弟とは違う音楽を奏でるブルース兄弟だったのが印象的で、彼等の歌っていうよりかはやっぱり映画の印象が強くて、果たして単なるエンターティナーだったのか?などという部分もあるけど、それこそが彼等の上手さだろうね。
フレ
URL
2008/07/26 09:43
substituteさん!
こんにちは。
暑いときに、見た目も音も暑苦しい(失礼。笑)こういうのを敢えて聴くというのも、また一興です(^^)!
久々に聴くと、これがまたよいものですよね(^^)。
波野井露楠
2008/07/30 18:00
フレさん!
こんにちは。
確かに、ブルース・ブラザーズと言えば映画!かも知れませんね(^^)。
コメディ映画という枠を簡単に越えてしまっている「ブルース・ブラザーズ」!バックの鉄壁の演奏のおかげもありますが、やはり二人のセンスと誠意の表れ!という部分も大きいですよね(^^)。
波野井露楠
2008/07/30 18:05
この凸凹コンビは最高!!
音楽映画として一番好きですね。
このアルバムも持ってますよ(^^♪
ベルーシーの他の作品もよかっただけに
天国へゆくには早すぎましたね。
まり
2008/07/31 21:55
まりさん!
こんばんは。
本当に最高の2人組ですよね(^^)!
ドラッグは怖いですね(汗)。
映画で観たことしかありません(当たり前ですが)、想像するに…
オーヴァードーズは本当に苦しそうです(@@;)。
ジョン・ベルーシが生きていたら…と、つい考えてしまいます(汗)。。。
波野井露楠
2008/08/04 02:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「暑さを吹き飛ばす1枚」 ブルース・ブラザーズ/ブルース・ブラザーズ・ライヴ・デビュー/ブルースは絆 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる