波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サマータイム・ブルースで残暑見舞い!K」 STRAY CATS/LONESOME TEAR 

<<   作成日時 : 2008/09/11 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

 椎間板ヘルニアの痛みから腰をかばった姿勢をしていたからなのか、昨日変な体勢で寝てしまい寝違えたからなのか、今日の体育の跳び箱で無理して台上前転やヘッドスプリングをしてみせたからなのか…とにかく首の後ろが痛くて、首を左右に捻ることもできません(汗)。
 今、私の後ろで流れているのは、ストレイ・キャッツの「ロンサムティアーズ」!
 前半は1990年のアコースティックな録音なのですが、後半の1981年のロキシーでのライヴはもうパワー全開!!聴いていて、思わず体全体でリズムを取りたくなってしまい、そのたびに首が思い切り「痛てててて!!」となっています(^^;)。

 ストレイ・キャッツ!
 言わずと知れたネオロカの雄!!
 私はロカビリーとかネオロカとか言ったジャンルはあまり詳しくありませんし、普段そういったジャンルを意識してストレイ・キャッツを聴いたこともありません。
 ですから偉そうなことは何も言えないのですが、それでも一言言わせてもらえるなら、「このアルバムは、とにかくカッコいい!!」と言いたいです。
 2002年リリースの本作は、数多くリリースされたストレイ・キャッツのアルバムの中では、少々マイナーな部類に入るアルバムかも知れません。しかし、1990年のアコースティック・ライヴのリラックスしながらも凛としている演奏と、1981年のデビュー間もない頃の彼らの熱すぎるほど熱い演奏のカッコよさと言ったら、もう半端じゃありません!!
 「サマータイム・ブルース」フェチの私としては、1990年の方をプッシュしたいところなのですが(「サマータイム・ブルース」をはじめ、こちらの曲ももちろん最高です!)、1981年の盛り上がりは特筆に値します!!観客と一体になったエナジー&パッション爆発のステージ!あまりの迫力に、ブライアン・セッツァー、スリム・ジム・ファントム、リー・ロッカーの3人が大暴れしている様子が、嫌でも瞼の裏に浮かんできます(^^)!

 ストレイ・キャッツの原点、ブライアン・セッツァーの原点を感じずにはいられない。
 首の痛みの逆療法にもぴったりの(?笑)、最高にとんがった、本物の不良の本物のロックがここにあります(^^)!

 
 今回は「サマータイム・ブルース」について、あまり触れなかったので、最後にストレイ・キャッツ関連の「サマータイム・ブルース」映像のリンクを貼らせていただいて、今日は終わりにしたいと思います(^^;)。

 長々続いた(続けた?笑)、「サマータイム・ブルースで残暑見舞い」シリーズですが、残すところあと2回となりました。乞うご期待!?(告知です。笑)

ストレイ・キャッツ版「サマータイム・ブルース」!1983年のライヴ映像!!

ストレイ・キャッツ版「サマータイム・ブルース」!ライヴ映像!!(何年のライヴかは不明です。汗)

映画「ラ・バンバ」より(エディ・コクランに扮したブライアン・セッツァーが最高にクールです!)


<ROCK>
STRAY CATS/LONESOME TEARS (2002)
-Unplugged In The Studio・1990-
1. Stray Cat Strut
2. Lust N' Love
3. Mystery Train
4. Summertime Blues
5. Oh, Boy!
-Live At The Roxy・1981-
6. Double Talkin' Baby
7. Rumble in Brighton
8. Baby, What Me To Do
9. Rev It Up And Go
10. Beautiful Delilah
11. Stray Cat Strut
12. Rock Around With Ollie Vee
13. Fishnet Stockings
14. Jeanie,Jeanie,Jeanie
15. Rock This Town
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Jackson Brown 〜 TIME THE CONQUEROR / ジャクソン・ブラウ...
6年ぶりとなるニューアルバム(スタジオ録音として)「時の征者」を発表、4年ぶりの来日公演決定の連絡を、ジャクソン・ブラウン本人からのメールで知ったのが、7月の終わり。9月に入ればここで書いても何の問題もないだろうと、今まで待っていました。(笑) ...続きを見る
Over the Sky 〜 ビートルズ...
2008/09/13 11:52
Stray Cats - Stray Cats
 1980年初頭ロカビリーのかっこよさを再認識させたA級戦犯としての筆頭格と言えば何と言ってもストレイ・キャッツに限る。ネオ・ロカビリ&... ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2008/09/21 15:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です!何かと体に出る年代、悲しい限りですね!(涙)自分も騙し騙し何とかやってます!
Stray Catsは大好物ですが、この一枚は知らなかったです。即買い決定ですね♪
リュウ
2008/09/12 06:55
お疲れ様です。
B.S.個人名義のLa Bambaサントラ版は聴いてるんですが、Stray Cats版は聴いてないです。
substitute
2008/09/13 09:52
リュウさん!
こんにちは!!
本当にいろいろ体に出てきて困ります(^^;)。
ところで、このアルバムは1981年のライブが本当にすごい迫力ものなんです!!
絶対リュウさんにも
気に入ってもらえると思います(^^)!
自信を持ってお薦めです(^^)!
波野井露楠
2008/09/15 12:34
substituteさん!
こんにちは!!
「ラ・バンバ」でのブライアン・セッツァーもカッコ良かったですよねえ!!
エディ・コクランへの愛情が滲み出ていますよね!!
機会があれば、ストレイ・キャッツ版も是非聴いてみてくださいね(^^)!
波野井露楠
2008/09/15 12:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「サマータイム・ブルースで残暑見舞い!K」 STRAY CATS/LONESOME TEAR  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる