波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「サマータイム・ブルースで残暑見舞い!L」 オリビア・ニュートン・ジョン/クリアリー・ラブ 

<<   作成日時 : 2008/09/14 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 前回の記事がストレイ・キャッツということで、「次はロバート・ゴードンか?」と思われた方がいましたら、すみません(^^;)。ネオロカからググッと路線を変更してのオリビア・ニュートン・ジョンでございます(ロバート・ゴードンは持っていません。あしからず。)!

 私にとってのオリビアはザナドゥでもなければフィジカルでもなく…ベスト盤「詩小説」の頃のオリビアなのです。したがって、この「クリアリー・ラブ」はまさにストライク!
 「そよ風の誘惑」と「水の中の妖精」に挟まれた形でのリリースということで、ちょっと地味なイメージもある本作ですが、アルバムタイトル曲の「クリアリー・ラブ」をはじめ、全て名曲!収録時間が40分弱と短めなのにも関わらず、聴き応えは十分です(^^)!

 オリビアの歌の魅力は、「そよ風の誘惑」や「サム」のように美しくしっとりとした胸がきゅんとなるような歌も、「レット・ミー・ビー・ゼア」や「ジョリーン」のように元気で力強い歌も、どちらも見事に歌い上げるところにあると私は思うのですが、このアルバムにも「秋風のバラード」「クリアリー・ラブ」「忘れられた人々」といった天使のような歌声でじっくり聴かせてくれる歌と、「ヒズ・マイ・ロック」「レット・イット・シャイン」「サマータイム・ブルース」といった元気で陽気なカントリーチックな歌との両方がほどよい具合にミックスされており、そう言った点でも完璧なアルバムと言っていいと思います(^^)。(私の大好きな「サマータイム・ブルース」の見事なカントリー・バージョンは、他のアーティストのバージョンとはまた違った、太陽の下で明るい気持ちで聴く「サマータイム・ブルース」という感じに仕上がっており、必聴かと思います!笑)

 ところで、1曲目の「秋風のバラード」の前奏を聴くと、なぜかアニメのサザエさんを思い出す私(^^;)。なんとも穏やかでとってもアットホームな感じを受けるんですよねえ。きっと、曲の温かさとオリビアの人を和ませてくれるイメージが、私の耳と気持ちをそうさせるのかも知れません(^^)。

 fighter-kさんの情報だと今年で60歳になるというオリビア!そんな偉大なキャリアの持ち主であるオリビアですが、本作は、そのオリビアの数あるアルバムの中でも私が特に気に入っているアルバムのうちの1枚です!現在はCDでの入手が容易ではないようですが、是非多くの人に聴いて貰いたい1枚です(^^)。


「秋風のバラード」スライド・ショー

「レット・イット・シャイン」1976年来日公演の映像!

オリビアではありませんが…アラン・ジャクソンの「サマータイム・ブルース」(カントリー・フレーヴァー全開!とっても明るい「サマータイム・ブルース」です(^^)!)


<ROCK>
オリビア・ニュートン・ジョン/クリアリー・ラブ (1975)
- SIDE A -
1. 秋風のバラード
2. 愛しあってた二人
3. スロウ・ダウン・ジャクスン
4. ヒズ・マイ・ロック
5. 夢のかなたへ
- SIDE B -
1. 愛らしい嘘
2. クリアリー・ラブ
3. レット・イット・シャイン
4. サマータイム・ブルース
5. 忘れられた人々
6. 兄弟の誓い
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
書きかけで待たせるなんて・・・長い・・・。
私は26日にオリビアの記事をアップします。「?」

オリビアの誕生日だからです。(笑)
fighter-k
URL
2008/09/15 10:45
fighter-kさん。
おはようございます(^^;)。
オリビアとの出会い(と言ってももちろんアルバムとの出会いですが。私の場合。笑)は中学の頃で、とっても思い入れがあって…。
このアルバムのことをどう書こうかなあと思っているうちに一日たってしまいました(^^;)。
すみませーん(^^;)!!!
9/26はその思い出のアルバムをアップする予定です〜(^^)!
波野井露楠
2008/09/15 11:15
邦題が分からないのですが(昔から覚えないことにしています。ビートルズのthis boyが「あいつ」となっていたのを見てから覚えなくなりました・笑)、しっとり歌う「Clearly Love」の美しさ、そして私はこのアルバムでは「Sail into Tomorrow 」と「Crying, Laughing, Loving, Lying 」が大のお気に入りです!
fighter-k
URL
2008/09/15 13:23
波野井露楠様&みなさん、おはようございます♪

オリビアといえばやはり、清純派だった頃のイメージが強いです。でも、「ザナドウ」も好きです(笑)

コメントありがとうございました(^^)ただいま、わたしのブログでは、RCサクセションとレイジーのNHK出演の再放送のリクエストをしています。賛同なさった方は、協力をお願い致します☆
紅弥(べにや)
URL
2008/09/16 07:02
fighter-kさん。
こんばんは!
邦題は覚えない…
fighter-kさんらしいですね〜(^^)!
「Sail into Tomorrow 」は「夢のかなたへ」、「Crying, Laughing, Loving, Lying 」は「愛らしい嘘」です(^^;)。
どちらもまた名曲ですよねえ!!
私もみーんな好きです(^^)!!
波野井露楠
2008/09/20 21:46
紅弥さん。
こんばんは!
RCとレイジーの再放送、ぜひ叶えたいですね。
私も協力させていただきます(^^)!
波野井露楠
2008/09/20 21:48
お久しぶりです!
いつも読んでますよ。(まとめてが多いですが、相変わらず。すみません。)
年が違うのに私もオリビアは中学のときにはまりました。きれいであこがれちゃいましたねー。オリビアのおかげで洋楽を聞くようになりました。これも持ってましたよー。なつかし〜。サザエさんはうけた!
Wが家宝
2008/09/25 16:34
Wが家宝さん。
おはようございます!
二つもコメントを入れていただき、ありがとうございます(>v<)!
K小のお母さん方と今までのようにはコンタクトを取れていないので、去年までをすごく懐かしんでいた私です(^^;)。(運動会は、子どもたちが大きくなっていて、すごく頼もしかったです(^^)!)
ところで、オリビア。やっぱりこの清純なイメージの頃のオリビアは特別にいいですよねえ。聴いていて心が落ち着きます。
それから、サザエさん…うけていただき、うれしいです(笑)。
いつも読んでくださって、本当にありがとうございます〜(^^)!
波野井露楠
2008/09/27 07:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「サマータイム・ブルースで残暑見舞い!L」 オリビア・ニュートン・ジョン/クリアリー・ラブ  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる