波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「酔いどれ天使の歌声を聴け」 ROD STEWART/EVERY PICTURE TELLS A…

<<   作成日時 : 2008/09/23 01:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

 今日はちょっと飲み過ぎました(^^;)。男ばかり10人も集まっての飲み会。初対面の人も多かったのですが、何だか簡単にうち解けることができ(私にしては珍しい。笑)、気楽で楽しい雰囲気に、ついついグビグビと(^^;)。
 それで、今は、家で網戸から入ってくる秋風を感じ、耳に優しい秋の虫の声を聞きながら、これを聴いているところです。

 今日のアルバムは、ロッド・スチュアートの「エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ズトーリー」。ロッドのソロ3作目ですね。大ヒット曲「マギー・メイ」を収録したした本作。ロックロックした曲はあまりないのですが、優しく温かく切ないトラッドな感じが実にGOOD!今日みたいな夜にはぴったりです。あまりの気持ちよさに、口元も緩みます(飲み過ぎたからではありませんよ!笑)。

 ロン・ウッドやイアン・マクレガンといったフェイシズのメンバーや前作「ガソリン・アレイ」でのメンバーを中心としたバックの演奏とロッドの歌声が見事にマッチしています。
 随所に聴けるマンドリンやバイオリンの音色も、ロッドの歌や曲そのものを引き立ててくれていますし、本当にいい感じ(^^)。

 全英全米でナンバー1に輝いた前述の「マギー・メイ」(間奏のマンドリンがまたいい!)はもちろん、アルバムタイトル曲の「Every Picture Tells A Story」、エルビスのデビュー曲をカバーした「That's All Right」、ボブ・ディランの「Tomorrow Is Such A Long Time」、テンプテーションズの「(I Know) I'm Losing You」(←これは、フェイシズっぽくてロックしてますよねえ!黒い演奏がクール!)も…オリジナルだってカバーだって、全部ロッド節!全曲お薦めです!!

 で、その中でも特に私が気に入っているのが、マンドリン好きにはたまらない(?笑)その名も「Mandolin Wind」(!)と、世界中のアーティストに歌われているロッド版「Amazing Grace」!!
 「アメージング・グレース」は女性が歌う曲…と思っている最近の若者もいるかも知れませんが、本当はそんなことはありません。ウィリー・ネルソンだってエルビスだって歌っています!女性の美しい声で歌われる「アメージング・グレース」もいいですが、男性の「アメージング・グレース」も味わいがあります。特に、このロッドの「アメージング・グレース」は本当に素敵!なかなか歌が始まらず、やっと始まったと思ったらすぐに終わってしまうのですが、そのワンコーラスの歌の中に、ロッドの魂がこめられている気がします。酔いどれロッドのしわがれ声が天使の歌声に聞こえてきます。そう!まさに、酔いどれ天使の歌声です!!(私は、ロッド版「アメージング・グレース」を聴く度に、心の中の悪い物が浄化されるような気持ちになります(^^;)。)

 うーん。
 1曲1曲が胸に沁みます。

 アメリカに渡る前のロッド…。最高です!

「Maggie May」ロッド・スチュアート&ザ・フェイシズ(1971年)間奏のマンドリンのところでメンバーがサッカーをするあまりに有名な映像(^^)!ちなみにロッドは中村俊輔のいるセルティックFCのグラウンドの生涯シートを持っているほどのセルティックファン!

「Amazing Grace」音のみですが、どうぞ(^^)!

試聴はこちら

<ROCK>
ROD STEWART/EVERY PICTURE TELLS A STORY (1971)
1. Every Picture Tells A Story
2. Seems Like A Long Time
3. That's All Right
4. Amazing Grace
5. Tomorrow Is Such A Long Time
6. Link Music-Henry's Tune
7. Maggie May
8. Mandolin Wind
9. (I Know) I'm Losing You
10. Reason To Believe
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
この頃のロッドは僕も大好きです。ロンウッドとの絡みもたまらないし。

極論ですがフェイセズがいて、あそこで解散したからロックは続いてるとずっと思ってます。
ロッドはスーパースターの雛型になり、ロンウッドがストーンズを再生して、イアンマクレガンも彼らを支えた。ケニージョーンズはWHOを継続させた。で、ロ二ーレインは良識あるロックファンの伝説となった‥

フェイセズの功績で今も僕たちはロックを楽しめてる。わがままな解釈ですが(^_^;)
melenge40
2008/09/23 22:54
melenge40さん。
こんばんは!
melenge40さんのコメントに感動し、すぐに返事を書いたのに、予告無しのブログのメンテナンスのお陰で、全部消えてしまいました。まったく、ウェブリブログの事務局め!気が利かないんだから!!

という話は置いておいて(^^;)。
私は以下のような返事を書きました(^^;)。

melenge40さん、コメントありがとうございます!
しかも、素晴らしい理論!melenge40のコメントを読みながら思わず鳥肌が立ってしまいました!!
私などは単純なので、つい「フェイシズが解散してなければ、もっとたくさん名アルバムが出ていただろうになあ」「ロン・ウッドももっとロッドと一緒にやりたかったんじゃないのかなあ」なんて思うことが多いのですが、melenge40さんのコメントを読んで、うーんと唸ってしまいました!
ロックって奥が深いですねえ!!
そして、フェイシズってとっても偉いバンドだったんですね(^^)!!
波野井露楠
2008/09/23 23:50
んー、これは聴いた。
手に入れたのは22、3くらいの時だったんですが、なかなか見つからなくてね。
手に入れた嬉しさもあってかなり聴きましたよ。

手もとにある筈なんで探して聴いてみます!
ケイ
2008/09/24 16:46
大西洋を渡る前の、明るいしわがれ声の、ロッド・スチュワートさん、本当にいいですね〜!
な〜んて言ってますが、Jeff Beck Group時代は未聴です(恥)
substitute
URL
2008/09/24 19:28
こんばんは!義父の手術は成功でした。
心配いただきありがとうございましたm(__)m
フェイセスの映像を観たら泣きそうになりました。
永遠の名曲「マギー・メイ」は忘れられませんね♪
「ガソリン・アレイ」は結構聴きました。
まり
2008/09/24 20:19
めちゃくちゃ好きなアルバムです!やはりマギーメイから入りましたが…マギーメイで何度涙したか…(泣)
サッカーシーンは何度見ても笑えますよね。ロッドのサッカークラブ生時代の同僚には、キンクスのレイ、デイヴ・デイヴィス兄弟もいたみたいですね。イギリスのロック界は本当狭いですね…(笑)
いたち野郎
URL
2008/09/25 04:54
兵どもが夢のあと。と言うバンドがフェイセスかなと思います!それだけ、今から考えると凄い組合せですよね!ロッド名義とは言え、まんまフェイセスですもんね♪これだけのバンドが居たと言うこと自体夢のようです!
帰ったらロッド祭り決定です(爆)
リュウ
2008/09/25 18:05
ケイさん。
おはようございます!
当時は、ロッドだけでなくフェイシズもなかなか見つからなくて、私も苦労しました。
見つけたときはやっぱり嬉しかったなあ(^^)。
当時はタワレコもアマゾンもなかったので(千葉には。苦笑)。
波野井露楠
2008/09/27 06:51
substituteさん。
おはようございます!
私は、逆にジェフ・ベックのソロのアルバムを実は持っていません(大汗)。ダビングしたカセットが数本あるだけです。
本来は歌物が好きなので(^^;)。これもやばいですよね〜(^^;)。来日もしましすし、ちゃんと聴かないといけないですね(^^;)。
あれ?ジェフ・ベックのコメントになってしまいました(笑)。
波野井露楠
2008/09/27 06:55
まりさん。
おはようございます!
手術成功、おめでとうございました!
よかった(^^)!
マギー・メイは、聴くと私も胸がきゅーんとなります。甘酸っぱいような切ないような…素晴らしい曲ですよね!!
波野井露楠
2008/09/27 06:57
いたち野郎さん。
おはようございます!
デイヴィス兄弟もサッカーが上手なんですか?
アンテナが低くて初めて知りました(汗)。
スポーツとロックの両方に長けているミュージシャンって結構いるんですね(^^)。
それにしても、仰る通り、イギリスのロック界は意外に狭いですね(^^;)。
波野井露楠
2008/09/27 06:59
リュウさん。
おはようございます!
ロッド祭り、開催しましたか〜(^^)?
本当にフェイシズはいいバンドですね!!
音もいいけど人もいい(^^;)!
ロッドも、フェイシズがあったからこそ、あんなに成功したんですものね!
波野井露楠
2008/09/27 07:01
おお、若いロッド・スチュアート!
おお、カントリー風のアメイジング・グレイス!
ロッド・スチュアートは初めて見た十数年前からおじいちゃん顔だったし(失礼)、衝撃。
アメイジング〜はクラシックでしか聞いた事がなかったので、これまた衝撃でした。

関連動画でWhat a Wonderful Worldも見たのですが、しっかりとロッド・スチュアートの歌になってました〜。
lemoned
2008/09/29 00:09
lemonedさん。
こんばんは!
おお!おじいちゃん顔のロッドしかご覧になったことがなかったんですか〜(^^;)!!
それでは、若いロッドを見て、惚れ直してしまったんじゃないですか(^^;)?
若い頃のロッドは、ファンキーでセクシーで、とってもかっこよいので大好きです(^^)。
波野井露楠
2008/10/02 21:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「酔いどれ天使の歌声を聴け」 ROD STEWART/EVERY PICTURE TELLS A… 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる