波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「飄々!朴訥!だけどDancin’!!」 ドン・コヴェイ/シー・ソー 

<<   作成日時 : 2008/12/28 09:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

 前回、アレサ・フランクリンの「アレサ・ナウ」を聴きました。
 そして、その中の「シー・ソー」を聴いたら、オリジナルのドン・コヴェイが聴きたくなり、今日は彼の「シー・ソー」を聴いています(^^)。

 うーん。
 アレサやオーティス、ウィルソン・ピケットのようにシャウトしてブイブイいわせるタイプとはまた違った味わいのあるドン・コヴェイ。 
 実に朴訥な感じがして、また飄々ともしていて、それでいて踊らせてくれる!彼のソウルはそんな感じのソウルなのです(^^)。
 で、踊らせてくれるというのも2通りあって、一つは「ノリノリでダンシング」という曲で、もう一つは「しっとりロマンチックにダンシング」という曲。
 前者はアルバム・タイトル曲の「シー・ソー」を始めとした、「ブーメラン」「ファット・マン」「スーキー・スーキー」などのダンス・ナンバーで、後者は「プレシャス・ユー」「ユージュアル・プレイス」「ウーマンズ・ラヴ」といったバラード。どちらのタイプの曲も、決してガツガツしておらず、とっても温かみのあるドン・コヴェイならではのソウル・ミュージックになっています。
 それから!忘れてはならないのが、ストーンズもウィルソン・ピケットもカバーした「マーシー、マーシー」!ミック・ジャガーはドン・コヴェイのボーカルをお手本にしていたそうですが、そんなドン・コヴェイの魅力が溢れた1曲です(「あ!ストリート・スライダーズだ!」というのは、なしです。笑)。途中、サビのところでツイン・ボーカルのようになって、グッドタイマーズのコーラスとハモったり掛け合ったりするところが実にカッコいいです。「マーシー、マーシー」と同じ路線の曲としては「エヴリシング・ゴナ・ビー・エヴリシング」や「プリーズ・ドゥ・サムシング」という曲も入っていますが、どれも聴いていてリラックスできるナイスな曲です(^^)。

 寒い日にはブラック・ミュージックであったまるというのもいいですね(^^)。

 あ、ところで、「スーキー・スーキー」というのは、ドン・コヴェイが日本語の「好き、好き」からインスパイアされて考えた造語らしいです(驚)!(「スキ、スキ、スキ、スキ、スキ、スキ、スー!」というサビは、皆さんどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか(^^)?)
 それから、「ファット・マン」は、お気づきの方もいると思いますが、「バット・マン」をひねったもの(笑)。ドン・コヴェイはそういう茶目っ気も持ち合わせた人だったようです(^^)。



↑「シー・ソー」


↑「ファット・マン」


↑「スーキー・スーキー」


↑「マーシー、マーシー」


↑「マーシー、マーシー」ストーンズ・バージョン


試聴はこちら

<R&B>
ドン・コヴェイ/シー・ソー (1966)
1. シー・ソー
2. ブーメラン
3. エヴリシング・ゴナ・ビー・エヴリシング
4. ファット・マン
5. プレシャス・ユー
6. アイアン・アウト・ザ・ラフ・スポッツ
7. プリーズ・ドゥ・サムシング
8. アイ・ネヴァー・ゲット・イナフ・オブ・ユア・ラヴ
9. ユージュアル・プレイス
10. ウーマンズ・ラヴ
11. スーキー・スーキー
12. マーシー、マーシー
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
アレサに引き続きごきげんなR&Bですね
このアルバムは昨年買ったんです♪
1500円くらいでゲットできてラッキーでした。
たしかにストーンズの「マーシー・マーシー」のほうが
有名ですが、こっちも聴き応えがあっていい!
この頃のストーンズは演奏がそんなにうまくないですね。
まり
2008/12/29 15:36
こんばんは。
コレと、Mercy Mercyが1枚になってるお得CDで聴いてます。今月(09年1月号)のレココレ、ブリティッシュ・ビートと黒人音楽の関係を俯瞰した特集で、面白いですよ。Don Covayも言及されてます。
substitute
URL
2008/12/29 21:45
"スライダーズ"禁止令が出たので。
「あ!のら犬にさえなれないだ!」

ドン・コヴェイは初めて聴いたのですが、いいですね!!気に入ったのでHMVを見てみたのですが、全部入手困難のようです。YouTubeを覗いてみたら、ロン・ウッドとコラボしてました。あれは、どちらが声を掛けたのでしょう?
lemoned
2008/12/30 01:17
まりさん!
おはようございます(^^)。
偉そうにいろいろ書いてしまいましたが、実は私も一昨年くらいに1500円で買いました(笑)。
それ以来の愛聴盤です(^^)。
ストーンズは、もともと厚みのある演奏で勝負というバンドではないので、ちょっと「へたうま」的になっていますね(^^;)。でも、そこが味わい深いと言うことで…(^^;)。
コメント、ありがとうございます!
波野井露楠
2008/12/30 10:53
substituteさん!
おはようございます(^^)。
1stと2ndのカップリングですか??それは、本当にお得ですね。
どちらにも「マーシー、マーシー」が入っているところが、いかにも古き良き時代という感じですね。ウィルソン・ピケットの「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」も複数のアルバムに収録されてますしね(^^;)!
それからレココレの1月号ですね!チェックしてみます。情報、ありがとうございます(^^)。
波野井露楠
2008/12/30 10:57
lemonedさん!
おはようございます(^^)。
の、のら犬って…(^^;)!!
そのまんまじゃないですかあ(>v<;)!
あはは(笑)。
まあ、それは置いておいて(^^;)、いいでしょ、ドン・コヴェイ!
でも、売ってないんですか??ちょっと前まで1500円でドドーンと売り出していたんですよ(^^;)。
店舗に行けば、まだ売れ残っている店もあるかも(笑)!是非聴いてみてほしいです(^^)。
波野井露楠
2008/12/30 11:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「飄々!朴訥!だけどDancin’!!」 ドン・コヴェイ/シー・ソー  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる