波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「冬のブルース」 THE MUDDY WATERS WOODSTOCK ALBUM

<<   作成日時 : 2008/12/29 23:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 ちょっとこの間までは、「12月に入ったのに、まだ結構あったかいな…」なんて思っていたのに、最近はすっかり寒くなりましたね(××;)。
 このところずっと、素敵なR&Bで暖を取っていたのですが、今日はちょっと趣を変えてブルースです。

 マディ・ウォーターズが、ザ・バンドのドラマー、レヴォン・ヘルムらウッドストック系ミュージシャン達と作った名盤「THE MUDDY WATERS WOODSTOCK ALBUM」!

 本作で、ウッドストック系ミュージシャンとして名を連ねているのは…レヴォン・ヘルムの他には、同じくザ・バンドのガース・ハドソン、それからポール・バターフィールド、ハワード・ジョンソン、フレッド・カーター。そして、マディ・バンドからは、パイントップ・パーキンスとボブ・マーゴリン。まさに、マディ・バンドとウッドストックの出会いといった感じ(^^)!

 これを録音したのが1975年の2月ということなのですが、外で雪が降る中(裏ジャケットには、雪で屋根や地面が真っ白になったスタジオが写っています)、ストーブを焚いたスタジオの中でマディたちが楽しそうにセッションしている風景が容易に思い浮かびます(^^)。

 だって、どの曲も本当に楽しそうな雰囲気がビンビン伝わってくるんですから(^^)!

 マディだけでなく全員がリラックス&ノリノリという感じで、特にパイントップ・パーキンス(オーティス・スパンの後にマディ・バンドのピアニストとして活躍した人です)がマディとボーカルを分け合う「Caldonia」と「Kansas City」なんかは、本当にいいです(>v<)。なお、本作での「Caldonia」では、ガース・ハドソンのアコーディオンが大々的にフィーチャーされているという、とってもレアでウォーマーな演奏を聴くことができます(最高です!)。
 
 そして、もちろん、ポール・バターフィールドのハープも絶好調(^^)!


 マディがチェスに残した音源としては最後のアルバムとなった本作。
 ウッドストック系ミュージシャン達と作り上げたという、ちょっとした変わり種ではありますが、寒ーい冬の夜にほんわかとしたブルースを聴いて暖まろうなんて言うときには、絶対に外せない1枚です(^^)。

 「よーし!ブルースを聴くぞー!」なんて身構えないで、ゆったりとした気分でどうぞ(^^)。



↑「Caldonia」(1978年のライヴ映像)アコーディオンはありません(^^;)。


試聴はこちら

<BLUES>
MUDDY WATERS/THE MUDDY WATERS WOODSTOCK ALBUM (1975)
1. Why Are People Like That?
2. Going Down to Main Street
3. Born with Nothing
4. Caldonia
5. Funny Sounds
6. Love, Deep as the Ocean
7. Let the Good Times Roll
8. Kansas City
- Bonus Track -
9. Fox Squirrel
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ウッドストック・アルバム、私も大好きです。その年のグラミー賞ブルース部門を受賞したんですよ。親子程に年の離れたアットホームな競演は、年の瀬にピッタリですね。特にガース・ハドソンの演奏は、他の誰にも真似出来ないものですね。
Y2K
2008/12/30 21:43
Y2Kさん!
こんばんは(^^)!
はじめまして!(ですよね(^^;)?)
以前コメントをくださっていたYZRさんと名前が似ているので一瞬間違えそうになりました(^^;)。
コメントありがとうございます!!
このアルバムが「グラミー賞ブルース部門を受賞」というのは勉強不足で知りませんでした。
貴重な情報ありがとうございます!
それにしても、ガース・ハドソンはいい味出していますね(^^)。
もちろん、他のメンバーも最高ですが!
これからも、どうぞよろしくお願いします(^^)!
波野井露楠
2008/12/30 22:56
これは良いアルバムですよね♪
何といっても、皆んな楽しそうなのが伝わってくるのがなお良いんですよね♪
Muddyのためにやるぜっ!みたいな(笑)
そして、またメンツがハマってるのが嬉しいです、一ファンとして!
リュウ
2008/12/31 10:11
リュウさん!
こんばんは(^^)!
これ、名盤ですよねえ(しみじみ)。
「ファーザーズ・アンド・サンズ」とはまた違った味わいがありますね。
こうやって、リスペクトする人の所に大勢が集まって何かやるっていうのは、端から見ていても(この場合は、聴いていても!笑)気持ちのいいものですね!!
波野井露楠
2008/12/31 19:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「冬のブルース」 THE MUDDY WATERS WOODSTOCK ALBUM 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる