波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「仕事が片付かず、ライヴ断念(涙)!仕方ない…アルバム聴いて鮎川祭りだ!」 サンハウス/有頂天

<<   作成日時 : 2008/12/14 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 ブログ「その日暮らしの音楽日記」のリュウさんにせっかく誘っていただいた鮎川誠のブルーノートでのライヴ。滅茶苦茶行きたくて、なんとか行けるようにと仕事を頑張りましたが、どうしても片付かず、今回は断念(涙)。
 「ロックンロールの真最中」とはいかず、「通知表の清書の真最中」の波野井です(@@;)。

 通知表の清書は、全神経を集中して全身全霊をこめて行うので(大袈裟ではなく。笑)、とても疲れます。3枚も書くとドッと疲れが襲ってきます(^^;)。今、10枚ほど書き終わりましたが、持病の腰痛が暴れ始め、ちょっとつらい状態です(^^;)。

 そんな訳なので、ここらで休憩!
 ライヴに行けなかった悔しさを晴らすべく、サンハウス(あのブルースマンではありません。笑)の1st「有頂天」を聴いています!一人、お家で「鮎川祭り」です(^^;)!

 うーん。
 このアルバム最高ですね!
 めんたいロックの最高峰!「こんなカッコいいバンドが日本にもいたんですよ!」ってこと、たくさんの人に知ってもらいたいです。

 レコードの針を落とした瞬間から(今はCDで、手に入りやすくなっています(^^)!)、「おお!ザ・フーだ!」「おお!ストーンズだ!」「おお!チャック・ベリーだ!」「おお!ヤードバーズだ!」と、大騒ぎになること請け合いです(^^;)!!
 誰ですか?「パ○リでは?」なんて言っているのは(^^;)?これは、「オマージュ」です!「愛」です!
 鮎川誠のロックやブルースに対する愛が、このような作品を作り出させるのです。ローリーもそうですが、鮎川誠のそれも、あまりにマニアックかつ大胆なため、批判されるどころか、多くのロック・ファンから喜ばれているのです(事実です(^^)!)。

 実際のライヴを体験した人に言わせると、この1stも含めたスタジオ・アルバムではサンハウスの迫力は一つも伝わってこない…ということなのですが、私程度の人間に言わせると、このスタジオ盤でも十分にカッコよさ&迫力が伝わってきます。

 さて、もっと聴いていたいところですし、今日のライヴがどんなだったかも気になるところですが、そろそろ仕事を再開せねばなりません(大汗)。
 頑張ります!!
(今日は、ブルーノートだから、ロックと言うより、ブルースなんかをやったのかなあ?気になります(><)。後で、リュウさんのブログをチェックしてみよーっと(^^)!)



↑「ロックンロールの真最中〜レモンティ」1975年のライヴ映像


↑「キングスネークブルース」サンハウスではありませんが、サンハウスのVo.菊が歌っています!


試聴はこちら

<J−ROCK・POP>
サンハウス/有頂天 (1975)
- SIDE A -
1. キングスネークブルース
2. 借家のブルース
3. 風よ吹け
4. もうがまんできない
5. レモンティ
- SIDE B -
6. ロックンロールの真最中
7. ミルクのみ人形
8. 地獄へドライブ
9. スーツケースブルース
10. なまずの唄
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は〜。
本文紹介ありがとうございます!
記事ようやく書きました・・。

拙い言葉ですが、良かったら♪

サンハウス曲は少ないのですが、魂と熱さは何ら変わりませんでしたよ!
リュウ
2008/12/15 21:40
ワォ!!鮎川誠!!
レモンティー、学生時代にやっていたバンドで、演りました(~o^)
その時のVoが女の子だったので、サンハウスじゃなくてシーナ&ロケッツVerでしたけど。
鮎川誠、カッコいいですよね〜♪
4年程前に日比谷野音で鮎川誠を観たことが有るのですが、あの時のカッコ良さが忘れられません!
ブルーノートでのライヴ、見てみたかったな〜(^-^)
HIRO@世捨て人
2008/12/15 22:51
リュウさん!
こんばんは(^^)。
記事、拝見しました!!
すっごく素晴らしいライヴ、そして素晴らしい体験をされたようで、
こちらまで熱くなってしまいました(^^)!
サンハウス時代が一番好きですが、他にもいい曲、いっぱいありますね!
次の機会には是非、ご一緒に(^^)!!
波野井露楠
2008/12/17 03:19
HOROさん!
こんばんは(^^)。
「レモンティ」、演奏してたんですか(^^)!
いいなあ。盛り上がりますよねえ(^^)。
私も、以前野音で鮎川誠観ましたが、それはブルース・カーニバルでした。
もしかして、同じですか(^^)!?
渋くてカッコよかったです!!
波野井露楠
2008/12/17 03:22
オッ!もしかして同じ?
CHABO、Char、石田長生、山岸潤史とか言った早々tるメンバーが出た奴です(^o^)/
第一部の最後が、鮎川誠は勿論、シーナまで参加してのサティスファクション(>v<)!
あの時の鮎川誠のカッコ良さが忘れられません!

先程、試しにYouTubeで”Lightning Blues Guitar”で検索してみたら、有りましたね!
「ゆっくりねむりたぁ〜いっ」って(^o^)

あの日あの場所で、凄いメンバーの最高のライブに酔いながら、波野井露楠さんとニアミスしていたんですね(^-^)
HIRO@世捨て人
2008/12/17 12:59
HIROさん!
こんばんは(^^)!!
おお、ニアミスしてたようですねえ(>v<)。
私は、10年くらい毎年行っていたので、
もしかしたらたくさんニアミスしていたかもしれませんねえ(^^)。
今年は、野音でのブルース・カーニバルがなかったので、寂しかったです(TT)。番外編のネヴィル・ブラザーズは最高でしたが(^^)。
次の機会には、ぜひご一緒しましょう(^^)/!
波野井露楠
2008/12/21 20:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「仕事が片付かず、ライヴ断念(涙)!仕方ない…アルバム聴いて鮎川祭りだ!」 サンハウス/有頂天 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる