波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「クラプトン&ベックのクリームは最高でした!」 クリーム/カラフル・クリーム

<<   作成日時 : 2009/02/25 23:17   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

 なんだか、今回のライヴ・レポは、随分ダラダラとしたものになってしまいましたが、ようやく第3部「エリック・クラプトン&ジェフ・ベック」夢の共演の報告です(^^;)!

 第2部が終了して、私たちがアンコールを求めて拍手をしていると、程なくクラプトン達がステージに!
 私はここで、第2部のアンコールかと勘違いしてしまったのですが、これが第3部の幕開け!!

 ジェフ・ベックも白のノースリーブから、素肌の上に黒のベスト&スカーフ(タルちゃんが巻いてあげたのかなあ…などと要らぬことを想像してしまいました。笑)という出で立ちにお色直しをして再登場!気づけば、ステージ上では、スタッフが白のストラトを準備しており、ベックの受け入れ態勢はすっかりOKという状態だったようです(^^;)。

 タルちゃんやヴィニー・カリウタが出てこないのは残念でしたが、クラプトンとベック達は、私たちの席である右側のステージ袖を出入り口にしていたので、本当に手が届きそうな場所に登場(>v<)!
 もう、それだけで、私の顔はほころびまくってしまいました(^^;)。(おそらく、私とクラプトン&ベックの瞬間最短距離は5mくらいだったかと…(>v<)!)

 そして、始まった第3部の1曲目は、その前日にBShiで見た、ベックのロニー・スコッツ・クラブ でのライヴでも二人が共演していた「You Need Love」(マディ・ウォーターズ!)。「やはり、こう来ましたか!」という感じで、こちらは一気にヒート・アップ(^^)!
 クラプトン・バンド&ジェフ・ベックの面々は、その後、カーティス・メイフィールドのオリジナルに結構忠実にカバーしていた「Here But I'm Gone」(男っぽさ、演奏の迫力&豪華さでは、今回のクラプトン&ベック・ヴァージョンの方が上でした(^^)!)、クリームの「Outside Woman Blues」(感激!!)、「You Need Love」と同じくマディの「Brown Bird」「Wee Wee Baby」などを演奏!
 ウドーの告知とは全く違って、当初、みんなが予想していたようなブルース大会が繰り広げられました(ウドーは「ブルースだけでなく、誰もが知っている互いの曲を…云々」とHPで告知していたんですよ!それなのに、現在は証拠隠滅のためなのか、その記述の箇所は削除されているそうです。何だかセコイ…)!

 私は、もともとブルースが大好きなので、この第3部も心から楽しめましたし、クリームの「Outside Woman Blues」も聴けたので(しかも、ベックとの共演!)大満足でしたが、そういった曲のこと以外でも、ジェフ・ベックがここでも終始上機嫌だったのが嬉しかったです(^^)。
 ベックは、演奏しながら何度もクラプトンに笑いかけたり、手をいきなり挙げるキメのポーズでクラプトンをかまったりしていて、それがとても和やかな雰囲気を作ってくれていました(^^)。
 初めのうちは、結構仏頂面だったクラプトンも、最後はベックの微笑みに応えて笑い返してましたからね(>v<)!

 それから、二人のアイコンタクトしまくりのギター・ソロもよかったなあ…。
 先日の記事にも書いたのですが、「次は君の番だよ」「了解!」…「次は俺がいくよ」「OK!頼んだよ」…というように、ソロをチェンジする都度、毎回、お互いに目で合図を送り合っていたのが、何だかとってもいい感じでした!
 互いのギターでコール&レスポンスしたり、クラプトンのボーカルにベックのギターがユニゾンしたり…など、興奮せざるを得ない場面もたくさんありましたしね(>v<)!

 あと、ドイル・ブラムホールUは、第3部では、クラプトンとベックが二人の世界を作ってしまっていたので、一人仲間はずれみたいな感じになってしまい、少しかわいそうでした(^^;)。
 ブラムホールは曲が変わる度にギターを変えていたのですが、毎回、彼がギターにプラグを差す前に曲が始まってしまうので、いつも大慌てな感じになっていました(^^;)。でも、そうやって、必至にクラプトンとベックをサポートしている彼の姿&プレイは、とても好感が持てました。曲によってはリード・ボーカルも執ってましたしね!
 思わず、心の中で「ブラムホール、頑張れー!」と声援を送ってしまったほどの奮闘ぶりでした!

 と、このような感じで進んだ、クラプトン&ベックの共演も、ラストのアンコールで終了となったのですが、そのアンコールの曲がまたサプライズで、会場は大盛り上がり!
 なんと、ラストは、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「Want To Take You Higher」だったのです!これは、私の大好きな曲の中の一つ!サビの部分のコーラス以外はインストゥルメンタルでの演奏でしたが、凄い迫力。「ウーラカラカ…」という部分がなかったと記憶しているのですが(二日目では、ブラムホールが歌っていたようですが)、サビの部分は、ミッシェルとシャロンのコーラスに合わせて、私も声を張り上げてきました(^^;)!

 アンコールの2曲目を期待したのですが、それはなく、「Want To Take You Higher」で終了。


 もっともっと長い時間、もっともっといろいろな曲を聴きたかったという思いもあり、そのため、ちょっと完全燃焼し切れなかったような気持ちにもなったのですが、それでも、やはり初めてのベックと初めてのクラプトン&ベック!
 思い出に残る、私の人生の中での最高に貴重な一日となりました。


 以上を持ちまして、4回にも分けて、だらだらと報告しました今回のライヴ・レポの一切を終了いたします(場内アナウンス風に。笑)。

2009年2月21日(土)
さいたまスーパーアリーナ
エリック・クラプトン&ジェフ・ベック
<第三部 エリック・クラプトン&ジェフ・ベック セット・リスト>

1. You Need Love
2. Listen Here - Compared To What
3. Here But I'm Gone
4. Outside Woman Blues
5. Brown Bird
6. Wee Wee Baby
- Encore -
7. Want To Take You Higher
※2曲目は、曲名が分からなかったので、クラプトンのファンクラブのサイト(http://www.whereseric.com/news/2009/02/eric-clapton-jeff-beck-set-list-concert-review-saitama-super-arena-japan-21-february-2009.html)の記事を参考にさせてもらいました。
 今度は、二人で4〜5時間くらいのステージをしてくれないかなあ…(強欲?笑)



「You Need Love (〜Where Were You)」ベック&クラプトン(ロニー・スコッツ・クラブ)


「Here But I'm Gone」エリック・クラプトン(2008)


「Outside Woman Blues 」クリーム


「Want To Take You Higher」クラプトン&ベック(さいたまスーパーアリーナ:2日目より)



 そして、そんな2/21の第3部を思い返しながら、今日聴いているのが、「カラフル・クリーム」!
 9曲目の「アウトサイド・ウーマン・ブルース」になると、21日の興奮が蘇ってきます(>v<)!私の大大大好きな「サンシャイン・ラヴ」と「スーラバー」も入っていて、もう、テンション上がりまくり!自然に体が動いてしまいます(^^;)!
 クラプトンのワウ・ペダルが大活躍する「苦しみの世界」「英雄ユリシーズ」、ジャック・ブルースのハープが心地いい「テイク・イット・バック」など、やはり名曲揃いのクリーム!
 このセカンドもまた名盤です(^^)。


 本作を聴きながら、クラプトン&ベックの「サンシャイン・ラヴ」「スーラバー」、それから「ホワイト・ルーム」や「バッジ」なんかも聴きたかったなあ…などと、またもや強欲なことを思っている私です(罰当たり?笑)。



「Sunshine Of Your Love(邦題:サンシャイン・ラヴ)」クリーム


「Swlabr」クリーム(BBCセッション)


試聴はこちら

<ROCK>
クリーム/カラフル・クリーム (1967)
1. ストレンジ・ブルー
2. サンシャイン・ラヴ
3. 苦しみの世界
4. 夜通し踊ろう
5. ブルー・コンディション
6. 英雄ユリシーズ
7. スーラバー
8. 間違いそうだ
9. アウトサイド・ウーマン・ブルース
10. テイク・イット・バック
11. マザーズ・ラメント
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わが青春の名曲100選(76) People Get Ready / Jeff Bec...
ロッド・スチュワート。日本では全英チャート1位を記録した「セイリング」が有名。また「サントリー・ウィスキー」や「ニッカウヰスキー」・「スバル・レガシィ」のCMに出演したこともある。彼も今や64歳というから驚く。 ...続きを見る
Over the Sky 〜 ビートルズ...
2009/03/01 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まさか既にあの日の映像がYouTubeにアップされているとは思いませんでした!
この記事見てすかさずGetしておきました♪
それにしてもウドーの罪は重いですね!
この責任を取って、今回以上のスペシャルなライブを企画して欲しいものです。
どんな罪滅ぼしを用意してくるか楽しみ♪
HIRO@世捨て人
2009/02/26 01:19
ライヴ・レポ、最後まで楽しく読ませていただきました。私も2人の共演をもっと長く聴きたかったです。
HIROさん同様、私も2日目がYoutubeに出てるとは知りませんでした!私も記念にいただいておこうっと。
Lily
2009/02/26 19:48
HIRO@世捨て人さん、ウドーの罪滅ぼしはないですよ。そんな気持ちがあれば、そもそも今回のような宣伝はしないし、HPの改ざんもしません。今回以上のスペシャルなライブがあれば、今回以上の料金になるでしょうね。
しかし、波野井さん、HIRO@世捨て人さんにお会いする惜しいチャンスを逃しました!
fighter-k
URL
2009/02/26 22:55
ムム!
22日の映像
ステージからの距離といい角度といい・・・
canguru
2009/02/26 23:09
HIROさん!
こんばんは!!
そうですねえ…では、クラプトン&ベック&ペイジ!というのはどうでしょう(>v<)?
想像するには自由なので、妄想が膨らんでしまいます(笑)!!!
波野井露楠
2009/03/02 22:50
りりーさん!
こんばんは!!
You Tube、凄いですよね(汗)。
ただ、これは明らかに盗撮だろうから、ブログにアップするのはどうかなあ…と迷っていたところ、canguruさんから↓のようなコメントが(^^;)!大汗
波野井露楠
2009/03/02 22:53
fighter-kさん!
こんばんは!!
うーん。これ以上のチケット値上げは勘弁してもらいたいです(^^;)!切実な願いです(><)。
しかし、本当にfighter-kさんともお会いしたかったです!!次回のライブはお決まりですか?
私は、5月の野音のブルース&ソウル・カーニバルのチケットをゲットしました(>v<)!
波野井露楠
2009/03/02 22:56
canguruさん!
こんばんは!!
ええ!!??で、では…これを撮ったのは、canguruさんの言っていた…(汗)!!
うーん。
単純に喜んでいる場合では
ありませんでしたね(><)。汗
波野井露楠
2009/03/02 22:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「クラプトン&ベックのクリームは最高でした!」 クリーム/カラフル・クリーム 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる