波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「4年1組ゴール!最後にみんなでこれを合唱(^^)!」 キセキ/GReeeeN

<<   作成日時 : 2009/03/25 23:23   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

 いろいろあった1年間でしたが、とうとう終わってしまいました!
 それで…終わってしまえば、やはり、あっという間!結局、今年も充実の素晴らしい1年だったということで、心からホッとしているところです(^^)。

 修了式の数日前に子どもたちを叱りまくり、一時はどうなることかと思いましたが(その概要はこちら(^^;)!)、子どもたちは私の気持ちをしっかりと受けとめてくれ、さらに絆を強化!
 まさに、「雨降って地固まる」という展開。
 クラス全員で話し合って決めた、4年1組のめあて「クラスみんなで助け合い、いつもけじめとプラス思考!スマイル1番41(フォーティワン)」の達成という最高の形でゴールすることができ、本当に本当によかったです(><)!

 しかも、4年1組最後の授業となった月曜日の5時間目、子どもたちは、私に内緒で色紙や手紙、手作りのプレゼントなどを山のように準備してくれており、そんな心のこもったサプライズに、私は、またまた思わず「うるっ」(^^;)。(手紙の一つ一つに子どもたちの気持ちや心がこめられていて、本当に感激しました(><)!)


 そういう訳で、私も「何か子どもたちにお返しを」と思い、4年1組最後の帰りの会で、歌のプレゼントをしました(^^;)。
 選んだ歌は、今年度大流行したGReeeeNの「キセキ」(ドラマ「ルーキーズ」の主題歌)。子どもたちが大好きだった曲の一つなんです。

 大人からすると「歌詞が恥ずかしすぎる」なんていう意見もあるようですが、まだまだ青い私(笑)と素直で元気な子どもたちにはピッタリの曲(^^)!
 全部歌うと長くなるし、それこそ、恋愛の色が強くなりすぎてしまうので、1番だけを歌ったのですが、子どもたちも私の下手くそなギターに合わせて合唱してくれ、本当に気持ちよくクラスを終了させることができました。

 4月からは誰が担任になるか、まだ分かりませんが、4月からはいよいよ高学年!
 34人の子どもたちには、これからも持ち前のパワーとバイタリティで頑張ってほしいと思います(^^)! 


※「キセキ」の歌詞(1番のみ)は、こんな感じです(^^)。

明日 今日よりも好きになれる
溢れる思いが止まらない
今もこんなに好きでいるのに
言葉にできない

君のくれた日々が 積み重なり
過ぎ去った日々 二人歩いたキセキ
僕らの出会いが もし偶然ならば
運命ならば 君に巡り会えた
それってキセキ

二人寄り添って歩いて
永久の愛を形にして
いつまでも君の横で 笑っていたくて
「ありがとう」や Ah
「愛してる」じゃ まだ
足りないけど せめて言わせて
「幸せです」と


「キセキ」lamymamaさんによるオリジナル動画


<日本のROCK>
キセキ/GReeeeN (2008)
1. キセキ
2. ルーキーズ
画像

画像

↑子どもたちからのプレゼント。色紙や手紙、全てに心がこめられていて大感激(><)!
画像

↑ある女の子がくれた、フェルトで作ったブローチ。私の愛用のギターをイメージしてくれています。なんと、ピックまで付いている凝りよう。しかも、ギターのボディとピックには、私のイニシャルが細かく刺繍されています。
家庭科をまだ習っていない小学4年生がここまで作るのは大変なことなんです。案の定、この子の友人の話では「K子ちゃん、これ、徹夜で作ったんだよ。先生!」とのこと。本当に泣けます(><)!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井先生、お疲れ様でした(^-^)
子供達の手作りのプレゼント!良いですね♪
ギターのブローチ、ピックまで付いてるなんて、素晴らしい出来映えです!
34人の教え子達との思い出と一緒に大切な宝物ですね(^o^)
HIRO@世捨て人
2009/03/26 16:32
先生お疲れ様
キセキはなんとなく聴いたことありますヨ
生徒のキラキラした思いがまぶしいです
フェルトのブローチは泣けてきます
まり
2009/03/26 21:15
「めあて」
あった、あった!懐かしい〜。この言葉、小学時代しか使わなくないですか?(笑)

生徒さん達は先生がいない間に、「プレゼントをあげよう!」と話し合っていたんですね。その光景を想像すると嬉しいですね。

ブローチ、ヘッドの部分が妙にリアルです。観察力が鋭いですね。
lemoned
2009/03/26 22:00
波野井露楠先生、こんばんわ!
ボクの様な者が軽々しくは言えないはずなんですが、それでも、この一年の想像も付かない大変な苦労、本当におつかれさま!!です。
しかし、とても素晴らしい”絆”のある学級を作られたのですね☆
・・・きっと生徒クンたちもこの頃のことは忘れない想い出にとなるのでしょうね。(すごいなぁ〜^^)
とても良い話、ありがとうございました。
sihuku
URL
2009/03/27 22:55
お疲れ様でした!
プレゼントの山はすごいですね!
先生の子ども達への愛がこのような形になったのでしょうね。大切にされた子どもはこうなんですよね〜〜〜4年1組が目に浮かぶようです。すばらしいです!
Rosebud RIE
2009/03/28 08:20
波野井さん、一年間お疲れさまでした。
記事読みながらなんとなく、自分の小学生の頃の好きだった先生やあんまり好きじゃなかった先生のことを思い出してました。好きだった先生は、やっぱり「先生」という立場や建て前でじゃなくて、その人自身の思が伝わってくる人でした(そんなこと小学生の頃に感じてたわけではなく今になって思えば、ですが。)
そういう意味では波野井さんは本当にご自身そのまんまで子どもたちと真っ直ぐつき合ってらっしゃるんだろうなぁ、だからたくさんの子どもたちから愛されてるんだろうなぁ、と思います。僕もうるっときてしまいましたよ。
goldenblue
URL
2009/03/28 15:23
HIROさん。
こんばんは(^^)!
本当に、思い出もプレゼントも宝物です!
毎年増えていくかけがえのない宝物(^^)!
全て、一生大切にしたいと思います(^^)!!
波野井露楠
2009/03/30 01:22
まりさん。
こんばんは(^^)!
思いを一緒に共有してくださり、
ありがとうございます(>v<)!
私自身、結構悩んだ1年でしたが、子どもたちのこの素敵な心遣いで、そんな悩みも吹き飛びました。
というか、悩んでよかったっていう気持ちにさせてもらいました(^^)。
本当に素晴らしい子どもたちでした(><)!!
波野井露楠
2009/03/30 01:30
lemonedさん。
こんばんは(^^)!
本当に、いつ全員で意見をまとめたのかと、ビックリしました(^^;)。
しかも、みーんな心がこもっていて(感涙)。
K子ちゃんは、図工が得意な子なので
(他の教科も得意ですが(^^)!)、
仰る通り、観察力もすごいんだと思います(^^)。
それにしても見事なブローチで、あまりの嬉しさに、もらった瞬間に、
自分の胸に付けてしまいました(^^)!
ところで、「めあて」って懐かしいですか(笑)?
小学校では、何をするにも「めあて」が大切になってくるので、とっても身近な言葉になっています(笑)。
波野井露楠
2009/03/30 01:37
sihukuさん。
こんばんは(^^)!
どんなに苦労しても、どんなに悩んでも、
この3学期の最終日に「ああ、このクラスで本当によかった」という思いを持たせてもらえる私は幸せ者だと、自分で思います(^^;)。
今年も、子どもたちと保護者の皆様に大感謝です!
私にとっても、
忘れられない思い出になりました(><)!
波野井露楠
2009/03/30 01:41
Rosebud RIEさん。
こんばんは(^^)!
実は、私にとっても子どもにとっても、途中何度も壁にぶち当たることがあった1年なのですが、その度に、クラス全員で話し合ったり、私に説教されたりしながら、乗り越えてきました(^^;)。
子どもたちが「4年1組でよかった」と言ってくれたことが、本当に嬉しかったです(><)!
波野井露楠
2009/03/30 01:46
goldenblueさん。
こんばんは(^^)!
私は、つい本音を出しすぎてしまうのですが、そんな私に最後までついてきてくれた34人の子どもたちに、本当に感謝です(><)!
子どものように、笑ったり怒ったり泣いたり(苦笑)…。端から見たら笑われるかも知れません(^^;)。
でも、毎年毎年、
そうなっちゃうんですよねえ(^^;)。
正確は簡単には変えられないということで、許してもらうしかないですね(笑)。
温かいコメント、ありがとうございます(><)!
波野井露楠
2009/03/30 01:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「4年1組ゴール!最後にみんなでこれを合唱(^^)!」 キセキ/GReeeeN 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる