波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「酒が進む(^^;)!」 ロバート・ジョンソン/キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ

<<   作成日時 : 2009/03/30 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 前回、ロン・ウッドのスライド・ギターを聴いたら、今度はロバート・ジョンソンを聴きたくなった。
 特に聴きたくなったのは、「カモン・イン・マイ・キッチン」のやけに落ち着いたスライドと「トラベリング・リバーサイド・ブルース」のスリリングなスライド!そして、「プリーチン・ブルース」の軽妙なカッティング!

 もちろん、「クロスロード・ブルース」を始めとした、その他の曲も全て最高である!

 うーん、深い!
 実に深い!!

 1936年と1937年に録音されたこの曲たちは、聴く者をブルースの深い深い部分へと誘(いざな)ってくれる。

 アコースティック・ギター1本とその歌声が本当に生々しい。
 カッコよすぎだ!クラプトンが惚れ抜くのも当然だ!
 「ロバート・ジョンソンは、十字路で悪魔に魂を売り渡して引き換えにテクニックを身につけた」という「クロス・ロード伝説」まで本気で信じたくなってくる(^^;)。

 ブログ「YAMATOMATI JAM」のケイさんも言っていたが、「アコギ1本でこんなギターを弾けたらなあ…」と本気で思ってしまう(特に、私はギターが下手くそなので(^^;)!)。


 なーんて、とりとめのないことを考えながら、ロバート・ジョンソンのリアル・ブルースに気持ちよく聴き入ってたら…。
 ウィスキーのボトルが空に(^^;)!
 昨日、買ってきたばかりなのに〜。(私、酒…強くないのに〜。と言うか、弱いのに〜。笑)

 明日は、出勤日だけど、大丈夫かなあ…私(^^;)。

 でも、仕方ない(^^;)!
 こんなカッコいいブルース聴いてしまったら、飲まずにはいられない(笑)。
 いっそのこと、朝まで飲んでしまうか!?

 なんて、調子に乗ってると大変なことになるのは目に見えているので、ほどほどにしておきます(苦笑)。
 とか言いながら、この後、コンビニに酒を買い足しに行こうかと考えている私(汗)。誰か、私を止めてくれ〜(^^;)!



「クロスロード・ブルース」


「心やさしい女のブルース」


「トラベリング・リバーサイド・ブルース」


「ミー・アンド・ザ・デビル・ブルース」


<BLUES>
ロバート・ジョンソン/キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ (1961)
1. クロスロード・ブルース
2. テラプレイン・ブルース
3. カモン・イン・マイ・キッチン
4. ウォーキン・ブルース
5. ラスト・フェア・ディール・ゴーン・ダウン
6. 32-20型ブルース
7. 心やさしい女のブルース
8. 審判の日を意のままにできたら
9. プリーチン・ブルース
10. いい友だちがいるならば
11. ランブリン・オン・マイ・マインド
12. ストーンズ・イン・マイ・パスウェイ
13. トラベリング・リバーサイド・ブルース
14. 子牛のブルース
15. ミー・アンド・ザ・デビル・ブルース
16. 地獄の猟犬がつきまとう
17. トラベリング・リバーサイド・ブルース(別テイク)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうのを聴くと本当にカッコいいギターってこれだなー、なんて思うんだねー。
バンドはなかなかできないからアコギ1本なら自分だけでできるから。やってみようって気持ちにもなると。

そして酒を買いに行く、と。
で、二日酔いになる、と。
頑張ってね。仕事。
ケイ
2009/03/30 07:34
ロバジョンは、酒進むのは間違いないですね。
しかも深酒→二日酔いと相場が決まってます(笑)
というか、先生飲みすぎですよ〜。
自分は映像の他に4&16曲目がお気に入りです♪
リュウ
URL
2009/03/30 22:23
ロバジョンはやはり特別な
存在ですね!こんなギターが
弾けるようになるなら、悪魔に
魂売り渡してもいいですね!
ドジ
2009/03/30 22:35
バーボンをロックでチビチビやりながら聴きたい♪
そんな感じの良い感じのブルースですね!
僕もこの時間から飲みたくなってきた〜(^^;
HIRO@世捨て人
2009/03/31 00:29
「ロバート・ジョンソン聴くと、ボトルが空になる。」
当然です!(笑)
僕も似たような経験ありますね。
さすがにカラにはならなかったけど、翌日二日酔いだったような・・・。
久しぶりに聴いてみよう!
バーボン用意して・・・。
土佐のオヤジ
2009/03/31 13:53
ケイさん!
ブルースって最高ですよね(^^)!
でもって、ブルース・ギターは最高にカッコいい!
チューニングをオープンGにして遊んでいますが、やっぱりしっかりと弾いてみたいです(^^;)。
練習あるのみですかね!
しかし、我が家は酒不足に陥り危機的な状況です(笑)。
波野井露楠
2009/04/04 11:57
リュウさん!
ブルースに取り憑かれるとやばいですね(笑)。
まさに悪魔の音楽です(^^;)。
「ウォーキン・ブルース」と「地獄の猟犬がつきまとう」もいいですねえ(>v<)!
酒が弱いのに飲み過ぎて、大変でした〜(笑)。
波野井露楠
2009/04/04 12:59
ドジさん!
ホントですね!
こんなギターが弾けたら…と、
つい妄想モードに入ってしまいます(笑)。
悪魔に魂を売り渡したのではないかという
エピソード、思わず頷いてしまいますね(^^)!!
波野井露楠
2009/04/04 14:15
HIROさん!
ブルースは本当に酒があう音楽ですね。
戦前ブルースのアルバムはそんなに
持っていないのですが、渋く、そして
ゆったりしたいときには、持ってこいの音楽です!
チビチビやっているつもりが、いつも大変なことになっています(笑)。
波野井露楠
2009/04/04 14:18
土佐のオヤジさん!
私はバーボンではなく、ジャパニーズ・ウィスキーでしたが、気持ちよく飲んでしまいました(^^;)。
やっぱり、バーボンとかジョニ黒とか、そういうのが飲みたくなりますねえ(^^;)。
やばい!汗
これって、アル中の一歩手前!?笑
波野井露楠
2009/04/04 14:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「酒が進む(^^;)!」 ロバート・ジョンソン/キング・オブ・ザ・デルタ・ブルース・シンガーズ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる