波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「清志郎ありがとう!TVからは伝わらない本葬の本当の姿」 忌野清志郎/世界中の人に自慢したいよ

<<   作成日時 : 2009/05/10 10:39   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 27

 行ってきました。清志郎の本葬…。
 TVや新聞、ネットのニュースでもずいぶん報じられていますね!
 でも、皆さん。
 あれを100%だと思ってはいけません!あんなの実際のほんの一部です。しかも、全部が全部、あんな風なお祭り騒ぎだったわけではありません!!

 私は、午後1時過ぎに青山葬儀場の最寄り駅、東京メトロ千代田線の乃木坂駅に到着。
 それから、案内表示に従って列に並び、歩くこと6時間(もちろん止まっている時間の方が多かったと思いますが)!
 TVで報道されているのは、関係者たち向けの第1部。一般者向けの第2部はその後の、午後1時からスタート(実際には、何時からスタートしたのかは私には分かりませんが。その時間、列に並んでいたので(^^;)。)!
 みなさん!並ぶこと6時間ですよ、6時間!
 中には疲れ切ったり、痛くなった足や腰をさすったりという人たちもいました。当然です。本来ならば、徒歩3分(と言うか、駅を下りて目の前!)のところを、ものすごい距離を歩いているんですから(南青山をくねくね、グルグル…いったい何キロ歩いたんでしょうか?笑)!

 でもね!みなさん!
 私は、嬉しくて涙が出そうになりましたよ!!(実際には、少し出ました。苦笑)

 だってね、本当に物凄い人の数なんですから!!
 公式発表で4万2千人ということですが、最後は「終電が間に合わなくなる」と葬儀場側の判断が出され、会場に入れなかった人もいたらしいので、本当は公式発表以上の人間が駆けつけたんです。
 その人数が、2列縦隊でずーーーーーーっと延々並んで、青山葬儀場に向けて、牛歩のような歩みで歩いているんですよ。
 しかも、誰も文句なんか言わずに。大混乱することもなく、秩序も保たれたまま。

 中には、赤ちゃんや小さい子を連れている人もいましたが、驚いたことには、その赤ちゃんや小さいこたちも、ほとんどが泣いたりぐずったりしていないんです。
 GWのディズニーランドの5時間待ちというニュースにも驚きましたが、昨日はそれ以上です。しかも、並んだ先に、デイズニーの楽しいアトラクションが待っているわけではないんですよ!その健気なことと言ったらありませんでした。

 私は、そうやって、お祭り騒ぎの色なんか全くなく、ほとんどが言葉少なに、ただただ最後に清志郎に自分の思いを伝えるためだけに、これだけの人間が集まって、何時間も歩いていることに胸がいっぱいになってしまったのです。
 竜平君やモモちゃんにもこの様子を見せてあげたい…って本気で思いました。
 親族や友人の葬儀のように喪服に身を包んだり、黒っぽい服を選んで着てきたり、清志郎やRCのTシャツを着てきたり…。花束を抱えたり、連れてきた赤ちゃんを抱っこしたり…。疲れても誰一人不平など言わず並び続け歩き続けた何万の人たち。
 この姿こそが、葬儀場での関係者中心のロック葬からだけでは伝わってこない、ファン達の本当の告別式なんだ!って思いました。
 竜平君とモモちゃんが見たら、お父さんがどんなにみんなから愛されていたかが、一瞬で分かることでしょう。もちろん、そんなこと、もうとっくに分かっているとは思います。
 でもね、やっぱり見るべきです。
 何時間も(私は6時間でしたが、それ以上の人もいたはずです)並びながらお父さんのことを思い続けている人たちの顔の一つ一つを。

 実際には、お父さんを亡くされて、それどころではない…というのを承知で無責任なことを書いていますが、それくらい清志郎を思う強い気持ちが、並んでいる人たちの姿から伝わってきたということです。

 実際は、来たくても来られなかったという人だって、この何倍もいたはずです。
 私は、本当によかったなあ…と思いました。
 疲れ切っている人には申し訳ありませんでしたが、人の列が何キロにもなっていることが本当に嬉しかったのです。「もっともっと続けばいい。列が終わらなければいい」なんて思ったりして(苦笑)。

 でもね。本当に圧巻でしたよ。
 会場のように清志郎の歌が流れているわけでもなく、大盛り上がりするわけでもなく…。だけど、その静かな中から、集まった人たちの無言の圧倒的なパワーがじわじわと溢れていたんです。

 あれは、ほんの数分のTVの報道、数行の新聞記事からは知ることはできませんよ(^^;)。


 青山ロックン・ロール・ショー!(やっとの思いで、会場に到着したら、告別式にそういう名前が付けられていてビックリしました。笑。でも…清志郎が考えたはずはないんだけど…ひょっとしたら、遺言でもあったのかなあ…清志郎らしい!って思いました。)

 勇気を出して行ってきて、本当によかった!
 何万人もの人たちと思いを共有できて、本当によかった!
 感謝の気持ちを清志郎に直接届けることができて、本当によかった!

 竹中直人も弔辞で言っていたけど、「清志郎のファンでよかった!」と世界中の人に自慢したい気持ちでいっぱいです(><)。


「世界中の人に自慢したいよ」PV


「世界中の人に自慢したいよ」ライヴ映像


<J−ROCK・POP>
忌野清志郎/世界中の人に自慢したいよ (1996)
1. 世界中の人に自慢したいよ
2. マーマレード・ソング
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
清志郎の“青山R&Rショー”(葬)
GW明けの天候不良で体調を崩してしまい、今日の 「青山」行きは結局見合わせました。それにしても、 清志郎が昨日迄の雨雲を吹き飛ばしてくれたようで、 今日献花に参列したそして今もしている皆にとっては 何よりでしたね。僕ら30代からそして40代を中心と した参列者の行列は今も途切れることなくてPM5時 時点で3万6千人、そして今もまだまだ増え続けてい るそうです、先程のTBSの「ニュースキャスター」での 調べによれば。やはり尾崎を確実に上回りそうですね。 (asahi.com... ...続きを見る
放浪カモメぶろぐ
2009/05/10 18:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(27件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にお疲れ様でした。
自分の一部っつかー、芯、コアな部分そして
やわらかい部分も共有していた人の列なんですね!

ありがとうしか言葉はありませんね・・・
まり
2009/05/10 11:35
清志郎さん、こんなに多くの人に愛されていたのですね・・私は70年代に日本不在だったため、名前くらいしか知りませんでした。
清志郎さんの死を悼むかのように降り続いた雨が止んで、昨日は葬送にふさわしく晴れて熱い日になりましたね。私もテレビで長いファンの列を見て、波野井さんのことを思い、胸が熱くなりました。
多くのファンと共に参列できてよかったですね。
Lily
2009/05/10 12:32
初めてお邪魔します。昨日は同じ気持ちで5時間半並んでました。まるで小国の王の葬列、これぞ「長蛇」。先に並ぶ人の多さに絶句しつつも、もっともっと来てくれと願う心。…そして何と整然とした行列。なんとガマン強い子供たち。この人達は、世界中の人に自慢できます。これも清志郎が残した大きな業績・成果かと。中1から音楽を共有し続け、昨日も共に行列した親友が帰ってしまうと、なにか透明な今朝の青空。やや痛痒い寂しさ。大気中に清志郎のソウルが微細に拡散し、帯電させて、『トランジスタ・ラジオ』をオンエアしている感じです…。 本記事始め、他のミュージシャンも大好物が一杯で、数日ぶりに音楽欲や知識欲が戻ってきました。感謝です。そして昨日はお疲れさまでした。
漫月
2009/05/10 16:23
お疲れ様でした。
様子が、よく解りました。
ありがとうございました。
ゆーさく
2009/05/10 20:57
節目となる日にきちんとその方と向き合えることというのはいいことだと思います。
仏門では仏の導きでいろいろな方がその人の死を介してまた知り合う、疎遠だった者同士が親交を戻すのだそうです。

清志郎さんの影響の大きさが
ウッドエイトのマスター
2009/05/10 21:50
↑途中で終わってしまいごめんなさい。
清志郎さんの影響の大きさが分かるとともに有体ですが、今もみなの中に生きているのだなあと感じます。
ウッドエイトのマスター
2009/05/10 21:52
波野井露楠さん、はじめまして。
れのんと申します。
私の稚拙なブログに気持ち玉有難う
ございました。

昨日の「南青山R&Rショー」、夏日
の暑い中本当にお疲れ様でした。私も
本当は昨日行きたかったのですが、体調が
許さず・・・。でも4万3千人もの方達が
皆同じ気持ちで南青山に集まった、それだけ
でとても嬉しいです。清志郎もあちら側で、
照れながら「チャボ、三宅〜、参ったぜ^^;」
と喜んでくれたのではないでしょうか。
れのん
2009/05/11 00:15
青山ロックン・ロール・ショー。キヨシローらしい最高のタイトルですね。まだ実感が湧きませんが、追悼のNewsなどを見るたびに寂しい気持で一杯です。
たくさんの人々の列が終わらなければいいって気持ちはよくわかりました。私は直接、気持ちは伝えられませんでしたが、参列ご苦労さまでした。もうボスには感謝しか、ありません。恥ずかしながら、最近のボスも聴き直して、改めて凄さを体感してます。
ezee
URL
2009/05/11 01:48
関係者の方に出ました。すみません。しかし私は波野井さんと同じ気持ちで、知ってる取材クルーには、あっちを写せ!友人に送られるのも、ファンに送られるのも同じだけど、清志郎が清志郎でいられたのは、あのファンたちと、ここに来れないファンのおかげだったんだ。ファンがレコードを買っていなければ、清志郎も何も、今日の葬儀すらなかったんだと。ついでに子供たちにもそれは伝えました。芸能人って、ああいう席だけど、そういうことに頭が回らない。自分たちをなんだと思っているのでしょうね。
fighter-k
URL
2009/05/11 19:09
ここんとこキヨシローの事ばかり考えてたせいで、僕の中では完全に甦りました(^O^)

大丈夫です。

お月様に乗っかって一休みしてるんでしょう。

キヨシローお疲れ様〜


そして波野井さんを始め青山に集まった無数の人たち、僕の様に行けなくても心の中で手を合わせた人たち、頑張ろー


離ればなれになんかなれないさ。
ホルモナー
2009/05/11 20:17
今回は先生に泣かされたよ。
ケイ
2009/05/12 17:52
思いを伝える事が出来て良かったですね。
会社の休憩時間にワイドショーをチラリと見ましたが、涙が出そうになったので急いで文庫本を読み出しました。まだYouTubeの映像も見れそうにないなぁ。

某人の告別式でもファンが泣き叫ぶ映像ばかり使われましたが、実際は静かに涙を流していた人が多かったとか。
ファンからしたら、いいように編集されて腹も立ちますね。
lemoned
2009/05/13 01:41
まりさん。
こんばんは!
本当にそうです。
感謝の言葉しか見つかりません…。
後は、私のように未練たらたらな人間が、どう気持ちに区切りをつけられるか…ということですね(^^;)。
波野井露楠
2009/05/15 22:30
りりーさん。
こんばんは!
清志郎は、現在報道されている程、いつもいつも有名だった訳ではないですからね(^^;)。
清志郎の作品や活動にあまり興味を示さなかった人たちまで、「崇拝」モードなのには苦笑いしてしまいますが、本当のファンも多かったという事実は、同じファンとして嬉しかったです(^^)。
青山、行ってきて本当によかったです。
波野井露楠
2009/05/15 22:33
漫月さん。
こんばんは!
初めまして。
あの行列は本当に凄かったですね。
清志郎ファンの一人として、とても誇らしかったです。
清志郎のソウルは、清志郎ファン一人一人の心の中に、平等に分散されたと思ってよさそうですね(^^)。
清志郎ファンで、本当によかったです。
コメント、ありがとうございました!!
波野井露楠
2009/05/15 22:36
ゆーさくさん。
こんばんは!
疲れましたが、満足しました。
自己満足ですけどね(^^;)。
コメント、ありがとうございます。
波野井露楠
2009/05/15 22:41
ウッドエイトのマスターさん。
こんばんは!
確かに、そういう導きってあるかも知れませんね。
あの日、あの場所にいた多くの人が心を通わせられたということだけでも、凄いことですしね!
仰る通り、清志郎の音楽と魂は、残されたファンの心の中にこれからもずっと居続けると思います!
波野井露楠
2009/05/15 22:45
れのんさん。
こんばんは!
体調不良だったとのこと…。
残念でしたね(><)。
でも、そういう風に、事情があって行きたくても行けなかった方も、何万もいたはずですものね!
改めて、清志郎の凄さを実感します。
行かれなかった方の分も、心を込めて参列してきたつもりです。
これからも、同じ清志郎ファンとして、どうぞよろしくお願いしますね(^^)!!
波野井露楠
2009/05/15 22:48
ezeeさん。
こんばんは!
清志郎は、子煩悩な清志郎を世間に見せたとき、かなり不評をかったようでしたが、私はそんな清志郎も含めて、全ての時代の清志郎の作品や音楽や社会に対するスタンスが好きでした(^^)。
子煩悩でも、バラエティに出ても、映画に出ても、ドラマに出ても、清志郎は清志郎でした(^^)。
RC以降の清志郎も、実にカッコいいですよね!!
波野井露楠
2009/05/15 22:52
fighter-kさん。
こんばんは!
fighter-kさんは関係者の方に出席されたのですか!?
さすがですねえ(^^)!!
この記事は、言わば一ファンの戯言のようなものなのですが、理解を示していただき、嬉しいです!!
感じたことを、文章を吟味することなく、つらつらと書いてしまいました(^^;)。
波野井露楠
2009/05/15 22:55
ホルモナーさん。
こんばんは!
ホルモナーさんは完全復活ですね(^^)!
私も、喪失感はなくなりはしないものの(なくなるはずはないですよね(^^;)!)、だいぶ気持ちが落ち着いてきました!
頑張りましょう(><)!
「離ればなれ」は無理ですものね(^^)!
波野井露楠
2009/05/15 22:58
ケイさん。
こんばんは!
私もケイさんには泣かされていますから、
これでおあいこですね(^^)。
波野井露楠
2009/05/15 22:59
lemonedさん。
こんばんは!
命日と葬儀の日が同じなんですよね(汗)!
奇妙な縁を感じます。
ところで、興味本位の報道には辟易しますね。
誰もが缶ビール片手にライヴ気分!な訳あるはずないのに…って、報道の映像を見てあきれてしまいました。。。
波野井露楠
2009/05/15 23:02
夕方、やっと入ることができたのですが
石井さんやタッペイくんやモモちゃんに
似た人たちがいるなあと思ってたら
あとで新聞記事を読んだらご本人たちだったようです。
感慨深げな表情が印象的でした・・。
みなさんが並んでいるのを見てましたよ。
なないろ
2010/05/18 00:01
初めてコメント残します。
ハノイを検索したらこちらのブログにたどり着きました。
清志郎が亡くなった事を今も受け止めらずにいます。
忌野清志郎は私の精神性の全てな気がします。
もう2年にもなるんですよね。
oniku大好き
URL
2011/02/28 20:27
なないろさん!
返事、完璧にし忘れていました(大汗)。。。
ごめんなさい(><)。
石井さんやタッペイ君、モモちゃんも
ご主人、お父さんの偉大さを十分すぎるほど
感じたでしょうね(><)。
できれば、長い列全部を生で見てもらいたかったです。絶対感動してもらえたと思うのです。。。
波野井露楠
2011/03/02 23:01
oniku大好きさん!
はじめまして(^^)。
私もまだ立ち直れてない一人です。。。
あと何年経ったら立ち直れるのか…。
見当もつきません(><)。
波野井露楠
2011/03/02 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「清志郎ありがとう!TVからは伝わらない本葬の本当の姿」 忌野清志郎/世界中の人に自慢したいよ 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる