波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ニュー・ソウルなアレサもよいな〜」 アレサ・フランクリン/ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック

<<   作成日時 : 2009/06/07 11:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 Lilyさんに教えていただいたお陰で見逃さずにすんだ、先週土曜日のBS2での「ジャニス&アレサのライヴ」!
 ジャニスについては前回書いたので、今日はアレサ(^^)。

 録画したライヴを見直しながら思ったことは、「個人的にはサザン・ソウルのアレサが一番好きだけど、ゴスペルのアレサもいいなあ!」ということ。もともとアレサはゴスペルを歌っていた人だし、アレサのあの圧倒的な歌唱力でゴスペルを歌って「素晴らしくない」なんてことがあるわけないし(笑)、何と言っても、ゴスペルそのものがカッコいいですものね!(神聖なゴスペルを、そんな陳腐な言葉で表現したらいけないのかも知れませんが。苦笑)

 そして、さらに、ゴスペルなアレサを見てたら1972年の「ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック(邦題:黒人讃歌)」やゴスペルチックな「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」が聴きたくなり…アルバム「ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック」を聴いていたら、「うーん。やっぱり、ゴスペルな感じのアレサもいいなあ!」、でもって「ニュー・ソウルなアレサもよいなあ!」なんて思ってしまった次第で…(^^)。

 私としては「サザン・ソウルを歌うアレサが最高!」という気持ちは変わらないのですが、いやはやこのアルバム「ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック」も、物凄く魅力的なアルバムですね〜(改めて、ため息)。

 大ヒットとなった「デイ・ドリーミング」や「ロック・ステディ」などのアレサのオリジナル曲もいいし(「オール・ザ・キングス・ホーシズ」も味わい深くて好きです)、本作中でダントツで光っているニーナ・シモンの「黒人讃歌」はもちろん、バート・バカラックの「エイプリル・フール」、オーティス・レディングの「アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥ−・ロング」、ビートルズの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」、エルトン・ジョンの「ボーダー・ソング」といったカバーも実に迫力のあるアレサ節に仕上がっていて最高!

 泥臭い南部な感じのアレサが好きという人にとっては、いかにも都会的で、一瞬「あれ?」という感じもあるかも知れませんが、それぞれの曲のよさとアレサの圧倒的な歌声、ぶ厚いコーラス、非の打ち所のないバックの演奏を聴いたら、「サザン・ソウルとかニュー・ソウルとかいったカテゴライズはどうでもいい」と思ってしまうに違いありません(^^)。
 
 鍵盤にダニー・ハサウェイ、ビリー・プレストン。ギターにコーネル・デュプリー。ベースにエリック・ザイル、チャック・レイニー。ドラムにバーナード・パーディー、アル・ジャクソン。フルートにヒューバート・ロウズ。ホーン・セクションにメンフィス・ホーンズ。パーカッションにドクター・ジョン…等々、といった物凄ーい人たちをドドーンと揃えてアレサとコラボレートさせてしまった本作!
 プロデュースはトム・ダウド(&アリフ・マーディン)!

 聴いて損のない1枚です。
 サザン・ソウルファンにもニュー・ソウルファンにもお薦め!未聴の方は、是非どうぞ(^^)。

試聴はこちら



「オー・ミー・オー・マイ」


「デイ・ドリーミング」


「ロック・ステディ」


<R&B>
アレサ・フランクリン/ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック (1972)
1. オー・ミー・オー・マイ
2. デイ・ドリーミング
3. ロック・ステディ
4. ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック
5. オール・ザ・キングス・ホーシズ
6. ブランド・ニュー・ミー
7. エイプリル・フール
8. アイヴ・ビーン・ラヴィング・ユー・トゥ−・ロング
9. ファースト・スノウ・イン・ココモ
10. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
11. ディドゥント・アイ
12. ボーダー・ソング
画像





ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック
Warner Music Japan =music=
アレサ・フランクリン

ユーザレビュー:
ちょいどいい湯加減の ...
70年代の息吹も伝え ...
アリーサですよね?ピ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

レア&アンリリースド・レコーディングス
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
アレサ・フランクリン

ユーザレビュー:
この音楽を魂と名付け ...
アレサ絶頂期の未発表 ...
鬼レア音源!やっぱり ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ピアノのダニー・ハサウェイのロマンとアレサのボリューム感が非常にマッチしてますね〜

はんか欲しくなってきました
都会的な音もドラマティックな感じでいいです!!
まり
2009/06/09 20:07
まりさん!
こんばんは!!
ダニーをはじめ、最高のメンバーばかり…よく集めたなって感じですよね(^^)。
アレサも、そんなバックの演奏にばっちりマッチしてますし(^^)。
すべては、アレサの歌唱力のすばらしさの成せる技ですね!!
都会的でドラマチックなアレサも
最高ですよね〜(^^)!
波野井露楠
2009/06/12 23:46
このアルバムのメンツは、ほんと凄いっすよね!
悪い訳がない作品です。
アレサ的には過渡期に位置するかと。
この作品までが、大のお気に入りです♪
リュウ
URL
2009/06/14 23:19
リュウさん!
こんばんは(^^)。
いやあ、南部とは違った味わい!
しかも、この布陣!
南部好きも納得の1枚ですよね(^^;)。
私も、この辺りまでが特にお気に入りです(^^)!
波野井露楠
2009/06/16 03:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ニュー・ソウルなアレサもよいな〜」 アレサ・フランクリン/ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる