波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「やっと…」 忌野清志郎/Oh! RADIO 

<<   作成日時 : 2009/06/17 22:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

 やっと…。
 そう、やっと。
 「やっと、リリース」…ではありません。
 「やっと、聴けるようになった」…です。
 1ヶ月半かかって、やっと、清志郎の歌を涙なしで聴けるようになりました。

 そういった意味では、今回のリリースは、私にとっては絶妙のタイミングでした。
 これよりももっと早くリリースされていたら、きっと冷静な気持ちでは聴けなかったでしょう。
 
 もちろん、完全に立ち直った訳ではありません。
 心に開いた大きな穴は埋まる訳がありませんし、清志郎不在の心細さは未だに何ともし難く、思い出したように私の胸の中を寂しさが吹き抜けていきます。

 でも、あの日から1ヶ月半経った今、私は、今日リリースされたこの「Oh! RADIO」を、青山ロックン・ロール・ショーでは切なさに負けて正面から受けとめられなかった「Oh! RADIO」を、しっかりと耳で、心で聴くことができます。

 プレイボタンを押して、清志郎の声がスピーカーから流れた瞬間、あの日の青山での思いが蘇り、胸がチクリとしました。
 でも、もう負けません。

 清志郎の歌詞の一言一言が、メロディが、胸の中に染み入ってきます。
 「繋がっているのは 曇った空だけじゃなくて 僕らの心、そう、いつも何処かでひとつさ、きっと」
 「繋がっているのは 星屑の空だけじゃなくて 僕らの心、そう、いつも何処かでひとつさ、ずっと」

 …そうだと思います。清志郎の言うとおりです!
 清志郎の心と私たちの心は、ずっとずっと永遠に繋がっているのです。
 

 清志郎の自宅スタジオ「ロックン・ロール研究所」で録られた、この「Oh! RADIO」。
 ボーカルだけでなく、エレキ・ギターもアコースティック・ギターも、ベースも、ドラムも、ブルース・ハープも、全て清志郎の演奏!
 まさに、清志郎の全身全霊がこめられた魂の1曲。

 生々しい演奏に清志郎の息づかいまで聞こえてきます。
 素敵な曲です。
 泣かずに、穏やかな気持ちで聴けている自分が嬉しいです。

 清志郎の最期のメッセージ…「この世界に 愛と平和のうたを」…を忘れずに、これからもずっとずっと清志郎の歌を聴き続けていきたいと思います。


 清志郎!
 素敵な歌をありがとう!
 ガッタ!感謝しま−す(><)!!!



「Oh! RADIO」 作詞/作曲/編曲:忌野清志郎 

Oh ラジオ 聴かせておくれ あの頃が まんま蘇るあのナンバー
Oh ラジオ 遠い空の向う 届くかな あのひとの胸に

繋がっているのは 曇った空だけじゃなくて
僕らの心、そう、いつも何処かでひとつさ、きっと、Woh,Woh

Oh ラジオ 届けておくれ この愛をあの人の胸に

繋がっているのは 星屑の空だけじゃなくて
僕らの心、そう、いつも何処かでひとつさ、ずっと、Woh,Woh

Oh ラジオ 聴かせておくれ あの頃が まんま蘇るあのナンバー
Oh ラジオ 運んでおくれ この愛をリクエストにのせて
Oh ラジオ 聴かせておくれ この世界に 愛と平和のうたを




※なお、2曲目の「激しい雨(2006.05.14 Private Session)」のボーカル、ピアノ、アルト・サックスは清志郎。エレキ・ギターは仲井戸 チャボ麗市。ドラム、タンバリンは新井田耕造。アコースティック・ギター、ベースは三宅伸治。
 最後は、こうやって元RCサクセションのメンバー達で集まって、宅録を楽しんでいたのかと思うと、本当に温かい気持ちになります。
 「お前を忘れられず 世界はこのありさま」というフレーズに対して、「本当にそうだよ!清志郎!!」って笑顔で言える日も、そう遠くはなさそうです…。。。



「Oh! RADIO」PV(>v<)!!!


「Oh! RADIO」青山ロックン・ロール・ショーより


「激しい雨」B.B.KING'S BLUES CLUBにて
(2006.6.13 inナッシュビル withステーィーヴ・クロッパー) 


<J−ROCK・POP>
忌野清志郎/Oh! RADIO (2009)
1. Oh! RADIO
2. 激しい雨(2006.05.14 Private Session)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
間寛平のマラソンの取材番組で、清志郎の死を知った寛平が3時間号泣してましたね。

どんな胸の内で走っているんでしょう

きっと波野井さんと同じ気持ちなんだと思いました。
まり
2009/06/18 20:25
波野井さん、こんばんは。僕も今日買いました。
ある方のblogで「帯のコピーに「追悼」だの「遺作」という言葉がないことがとても嬉しかったのを記しておきたい。」って記事がありました。帯に書かれていたのは「2009年に録音した最新シングル」って言葉。
このシングルを制作した方々の清志郎への愛がにじみでてますよね!
goldenblue
URL
2009/06/19 01:24
お久しぶりです。
私も未だ、どこか信じられないような気持ちです。

実は、うちのサイトのmintsBarに高野寛さんがいらっしゃって、仲の良かった清志郎さんに関してもお話しいただいてます。
よろしかったら、ご覧下さい。
http://recomints.com/c/magazine/event_webmagazine_mintsbar.html
宣伝みたいなコメントで、スミマセン。
元気出してくださいね!
mintslife
URL
2009/06/19 12:00
まりさん!
こんばんは。
間寛平は清志郎と仲良しでしたからね…。
よく一緒にTVにも出ていたし。
きっと、私なんかが弱音を吐いていてはいけないくらいの、深い悲しみを乗り越えて走っているのでしょうね…。
なんだか…。
時間が経てば経つほど、清志郎がまだ生きているような感じがしてきてなりません(苦笑)。
なんだか、おかしいですよね(苦笑)。。。
波野井露楠
2009/06/21 18:30
goldenblueさん!
こんばんは。
金儲けのためではなく、純粋に清志郎の意志を受け継ごうとしてくれている人たち、清志郎ファンを大切にしてくれている人たちには、感謝の気持ちでいっぱいになりますね(><)。
ところで、「Co-director:栗原竜平」とクレジットされていましたが、「Co-director」とは何のことなのでしょう??
無知なもので(^^;)。
波野井露楠
2009/06/21 18:36
mintslifeさん!
こんばんは。
情報、ありがとうございます!!
高野寛さんは、確か「スクリーミング・レヴュー」のメンバーでしたよね??
野音などで清志郎をサポートしてた姿を覚えています。
清志郎は、いつもバックのメンバーにとても恵まれていましたよね(^^)!!
早速、遊びに行きますね(^^)。
波野井露楠
2009/06/21 18:39
波野井露楠さんはじめまして。
私は清志郎さんの20年来の大ファンですが
私も最近やっと涙なしで聞けるようになりました・・
波野井さんの言うように清志郎の心と私たちの心は、
ずっとずっと永遠に繋がっているのでしょうね・・・
ありがとうございます。


美月
URL
2009/06/24 22:13
オレはまだ聴けないなー。
なんていいながらも地元のラジオ局に「ヨーコソ」をリクエストしたり(かかったのよ。しかもラプソディーでノーカット)DJのときに「ロックンロールショウ」をかけたりはしてるんだけどね。

でもねー、自分の部屋では聴けないなー。
ケイ
2009/06/24 23:38
美月さん!
こんばんは(^^)。
初めまして!
コメント、ありがとうございます(^^)。
実は、「やっと…と思ったのに、また涙…」のような状態で、なかなか完全には復活できない感じの私なのですが、もうそれはそれで仕方ないことだと思い、
自然体で清志郎を聴き続けていこうと決めたところです(^^;)。
ずっとずっと、清志郎とはこの先も繋がっていくつもりなのですから、この辺で肩の力を抜かないといけないのかも知れませんね(^^;)。
これからも、どうぞよろしくお願いします(^^)。
波野井露楠
2009/06/25 22:11
ケイさん!
こんばんは(^^)。
ラジオにリクエストなんて、素敵ですね〜(>v<)。
なんか、とてもいいです!!
実は、私も、なんだかんだ言いながらも、まったく復活できてないのですが、泣いたり笑ったりしながら、毎日清志郎を聴いています(^^;)。
もう、無理に涙を堪えるのをやめて、自然体でいくことにしました(^^;)。。。
波野井露楠
2009/06/25 22:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「やっと…」 忌野清志郎/Oh! RADIO  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる