波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「こいつを持って9時間半の耐久レースだ!」 ROCK’INON JAPAN 特別号 忌野清志郎 

<<   作成日時 : 2009/07/03 22:57   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 6

 さあ!
 始まりますよ〜!
 9時間半の清志郎特集!!

 フジテレビネクストで、5つの番組を一挙放送!

・23:00〜24:30 「忌野清志郎完全復活SP〜復活への道ドキュメント〜」
・24:30〜26:00 「忌野清志郎"This Time"〜ナッシュビルレコーディング密着〜」
・26:00〜27:30 「Char meets忌野清志郎〜TALKING GUITARS〜」
・27:30〜翌6:30「二十一世紀の音霊〜忌野清志郎〜」
・翌6:30〜8:30 「Whisky A Go Go at Club Heights〜忌野清志郎エンターテインメントショー」

 これらを見たくて、加入しちゃいましたよ!フジテレビネクスト!しかも、昨日(ぎりぎりセーフ!笑)。

 1学期の成績つけの真っ最中なので、仕事もしながらになるのですが、とにかく今夜は清志郎に全力投球です(^^;)。


 DVDに録画するので、9時間半の耐久レースといった感じです(笑)。


 でもって、今、私の手元にあるのが、この『ROCK’INON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951−2009』。
 前回の記事でも触れた、清志郎の追悼本なのですが、これがまたいいんだなあ…。
 純粋に清志郎ファンのために作ってくれたという感じの本で!(これは、チャボも、本誌収録の渋谷陽一との対談の中でそう言っているので、間違いありません(^^)!)

 これが発売された時、すかさず地元の一番大きい本屋に行ったのですが、なんと「品切れ」。しかも、「入荷予定なし」と言われ、大ショック!
 でも、諦めずにネットで注文したり、ダメもとで近所の別の本屋に注文したり(その時は、「もう、出版社の方でも品切れかも知れないですね」などと言われ、焦ったのですが(^^;)!)した結果、なんと2冊もゲット(笑)。
 で、現在、1冊は永久保存用、もう1冊は読書用となっているのが、この『ROCK’INON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951−2009』。

 清志郎自身のインタビュー記事。チャボの対談記事。坂本龍一の対談記事。たくさんの写真。
 渋谷陽一の、清志郎への愛、清志郎ファンへの愛に溢れた一冊です。
 とっても良心的で、誠実な1冊だと思います。

 まさに、私にとっては家宝ですよ(^^)。

 だから、今夜は、この本も手元に置きながら、9時間半の清志郎特集に臨みたいと思います(^^)。

 なんだか、テンションが上がってきましたよ〜(^^)!

 眠らないように頑張らなくちゃ!!
 さあ!オールナイト・ショーの始まりです(>v<)!
 あ!ちなみに、明日土曜日も出勤予定ですが(^^;)。


<BOOK>
『ROCK’INON JAPAN 特別号 忌野清志郎 1951−2009』 ロッキング・オン(2009)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
清志郎のこととなると、
生き生きしてますね!
私も今夜は眠れません。

波野井さんの悲しみ、私の悲しみ 種類が違いますが 涙が うっすらとにじんで くる感じが同じです。
家宝に 頬ずりしてるのでは?(笑)
まり
2009/07/04 02:24
この本、発売日に少し仕事を早退きして、店頭でこっそり入手してました。
これに掲載された過去のインタビュー、結構本音で語っている印象がとても強く感じられました。
シングル・マンから、ラプソディ/Please辺りに音を変えていく経緯、石井さん影響が最も強かったとは、知りませんでした。
また、イマーノさん本人も、自信/自負は、ラプソディ/Pleaseあたりより、シングル・マン以前の方が強かったようですね。これも知りませんでした。
「一挙放送」は、完璧に見逃しました(涙)。
substitute
URL
2009/07/04 10:11
まりさん!
おはようございます(^^)。
9時間半は、
なかなかボリューム満点でした(^^;)。
この本も、やはりボリューム満点で
清志郎本人や清志郎に近しい人たちの
コメントで構成されているので
読んでいて、非常にリアルだし
説得力があります。
便乗的な感じがなく愛が感じられるのが
とってもいいです。
大切にしようと思っています(^^)。
波野井露楠
2009/07/10 04:26
substituteさん!
おはようございます(^^)。
フジテレビネクストは有料チャンネルなのですが、
先日は泉谷しげるのライブ(チャボも出演してました)などの放映もあり、なかなか面白い感じです。
今度また、清志郎の特集が2回ほど予定されているようなので、1ヶ月だけでも契約してみるというのはいかがでしょうか(^^;)??
ところで、このロッキンオンは読み応えがありますね。
清志郎の生の声が伝わってくるところが
とってもいいですよね!!
私も、もっと早めに書店に行っていれば、これほど苦労せずに済んだかもしれません(笑)。
波野井露楠
2009/07/10 04:31
波野井露楠さん
随分とご無沙汰していましたm(__)m
今日は、いよいよS&Gですね♪
会場に早く飛んで行きたいと思いつつ、まだ早すぎると言うことで、この時間にと久々に遊びに来ました(^-^)

で、この特集号、当然のことながら発売直後に購入しました!
清志郎のインタビュー記事とか読んでいると、少し照れた感じでボソボソとしゃべっている清志郎の姿が目に浮かぶような感じで・・・
チャボのインタビュー記事とかは、読んでいて大泣きしました(T-T)
この本は、完全復活祭のDVDと共に、永久保存版です!
HIRO@世捨て人
2009/07/11 13:11
HIROさん!
S&Gでは再会できて嬉しかったです。
その時の記事も近々アップしますので待っていてくださいね(汗)。

清志郎の関連本は、随分たくさん出ましたけど、これはとてもいいですよね。。。
発売時期とこのボリュームを考えると、渋谷氏の努力の大きさを思わずにはいられません。
大切にしようと思います(><)!
波野井露楠
2009/07/19 05:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「こいつを持って9時間半の耐久レースだ!」 ROCK’INON JAPAN 特別号 忌野清志郎  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる