波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「時代は変わったのか?」 ボブ・ディラン/時代は変る

<<   作成日時 : 2009/08/29 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

 先週の日曜日のことです。ネット上のニュースに次のような記事を見つけました。
 記事の見出しは「<ボブ・ディランさん>職務質問の若い警官 名前を知らず」!!

 記事の内容は以下の通り…。
「【ニューヨーク小倉孝保】「お名前は?」「ボブ・ディランだ」「何をしているの?」「ツアーに行くところだ」−−。世界で最も有名な米シンガー・ソングライターの一人、ボブ・ディランさん(68)が先月、警官に職務質問され身分証の提示を求められていたことが米国で話題になっている。警官2人は20代。いずれもディランさんのことを知らなかったようだ。

 AP通信によると、ディランさんは7月23日夕、米東部ニュージャージー州ロングブランチの低所得者の多い地区を歩いていたところ、警官に職務質問され、身分証の提示を求められた。警官は怪しい者ではないと判断し、ディランさんの目的地まで同行したが、最後までスーパースターだと気付かない様子だったという。

 この日、近くの野球場でディランさん、ウィリー・ネルソンさん(76)、ジョン・メレンキャンプさん(57)ら大物歌手3人の合同コンサートがあった。60年代以降、メッセージ性の強い歌詞で既に「伝説の人」になっているディランさんだが、20代の警官にとってはなじみが薄かったのかもしれない。 8月15日 毎日新聞」

 
 で、さらに、この記事に対する読者のコメントがこれ。
「俺、なだぎ武が扮するビバリーヒルズのディランの格好で職質されたのかと思った(マジwってか自分、この人知りません(爆)」


 このブログを読んでくださっている皆さんなら、「ボブ・ディランって誰?」という人は少ないと思うのですが、すごいニュースじゃないですか(笑)?

 日本で言えば、「あなたは、こんなところで何をしているんですか?え?ここで今日歌を歌う?北島三郎?知りませんね。身分証明書を提示してください!」といったところでしょうか(笑)?


 うーん。
 時代は変わったということでしょうか(笑)?


 ボブ・ディラン…。
 アメリカ本国では、若者の間では知名度はそれほどでもないのですね(汗)。


 でも、皆さんもそうだと思いますが、私は大好きです!ボブ・ディラン!

 どの時代のディランも偉大ですが、初期の頃の歌は特に心に沁みます。

 こうなったら、聴くしかないでしょう!
 ボブ・ディランの「時代は変る」!!

 このアルバムのタイトル曲は、PP&M、S&Gを始め多くのアーティスト達が歌っていますが、やはりディランの歌は格別です。
 思い切りプロテスタントの匂いがプンプンしているこのディランの3枚目。
 ギター1本とディランの力強い歌とハーモニカが生々しいです!!

 ボブ・ディランを知らない若者にとっても、必聴の一枚です(^^)。


 ところで、明日はいよいよ総選挙!
 日本の時代は変わるのでしょうか??


時代は変る


ノース・カントリー・ブルース


ハッティ・キャロルの寂しい死


<ROCK>
ボブ・ディラン/時代は変る (1964)
1. 時代は変る
2. ホリス・ブラウンのバラッド
3. 神が味方
4. いつもの朝に
5. ノース・カントリー・ブルース
6. しがない歩兵
7. スペイン革のブーツ
8. 船が入ってくるとき
9. ハッティ・キャロルの寂しい死
10. 哀しい別れ
画像






ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

ユーザレビュー:
すごさがよくわかった ...
才能を確認最初から、 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ザ・ベスト・オブ・ボブ・ディラン
ソニーレコード
ボブ・ディラン

ユーザレビュー:
最高!!ディランLo ...
ディランの名曲が、オ ...
手頃なベスト盤聴かな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スケアクロウ / ジョン・メレンキャンプ 〜 Rain On the Scarecrow / Joh...
Rain On the Scarecrow / John Mellencamp 「雨の中のかかし、鋤の上の血」という表現で、農家の窮状を歌ったジョン・メレンキャンプの名曲「スケアクロウ」です。 ジョン・メレンキャンプ、ーススプリングスティーンと共に80年代を代表するアメリカンロックの雄だと.. ...続きを見る
オススメの洋楽一日一曲
2009/09/27 10:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、たまたまその警官がディランを知らなかっただけでしょう。この人は最近もヒットアルバムを出してますからね。
ある意味では、怪物なんじゃないでしょうか?
オギ
ogitetsu
2009/08/29 14:27
自分のコンサートの会場入りの時にも、警備の人に入れてもらえなかった事もあったようですね(笑)
普段はオーラを隠しているのでしょうか?
lemoned
2009/08/29 20:03
それがニュースになること自体、超有名人なんですよディランは!
「ハッティ・キャロルの寂しい死」ですが吉田拓郎の「準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響」のほうが
先に聴いていてお気に入りだったんですよ。
ディランの歌詞と全然違うのでちょっとしたカルチャー・ショックを受けました。
時代は変るは名曲ですが生きてきた中で今が最悪ですね
まり
2009/08/29 20:45
これは久々に笑いました。

そうか・・・そういうご時世なんですよね。

ですが、この記事で興味を引いたのは、
ジョン・メレンキャップ♪

若い時分は良く聞いてまいた〜。
今でも昔のは聴いているので、
現役と言うのが嬉しいですね!
リュウ
2009/08/29 23:42
波野井さん、おはようございます。

私も思わず聴いてしまいました、ボブ・ディラン。
(と言っても「グレイテストヒット1・2」しか持ってませんが。)
『時代は変る』、『風に吹かれて』
永遠に色褪せない曲ですよね。
『マイ・バック・ペイジズ』もかなり好きです。
言葉が解らなくても感動できる、
ビートルズ、ストーンズそしてボブ・ディランは、
今さらながら偉大ですね。
じぇい
2009/08/30 06:40
こんばんは。
面白いニュースですね。
> ボブ・ディランさん(68)
> ウィリー・ネルソンさん(76)、ジョン・メレンキャンプさん(57)
時代が変わったかどうか、人それぞれの感じ方でしょうが、皆さん、スゴイ年齢になってるんですね〜。
聴いている音楽は、「オトナなんて信じらんねぇぜ」なんて気分で居た頃と殆ど変わってないのですが、自分も何時の間にやら・・・オッサンです。
substitute
URL
2009/08/30 23:01
だいぶ前の話ですが、ボブ・ディランに似た人が一人で原宿をうろついていた、ということを聞きました。

誰一人として気づかなかったようですが、目撃した人はまさかこんなところにいる訳がない、と打ち消しましたが、実はボブ・ディラン本人だったということが後で分かりショックだったようです。

当時、彼は全盛だったはずですが、オーラを完全に消して街に出ていたのですね。

その彼が今ではアメリカにも知らない人がいるとは。 時代は変わる、なのでしょうか。
僕としては今でもオーラを消している、と思いたいですね。
ひぐらし
URL
2009/09/04 23:43
ogitetsuさん!
おはようございます(^^)。
そうですね。
確かに、ニュースになるくらいだから、
ボブ・ディランを知らなかったと言うのが
珍しかったということですよね(^^;)。
ボブ・ディラン…本当に怪物です(^^;)。
この先もずーっと音楽シーンを引っぱっていってくれそうですよね(^^)。
波野井露楠
2009/09/05 06:42
lemonedさん!
おはようございます(^^)。
それは、すごすぎる(^^;)。
やはり、オーラを自由に出したり消したりできる人なのでしょうか(^^;)!?
波野井露楠
2009/09/05 06:45
まりさん!
こんばんは(^^)。
「準ちゃんが吉田拓郎に与えた偉大なる影響」、You Tubeで聴きました!
まさに拓郎ワールドですね。なんだかしみじみしてしまいました(^^)。
それにしても、ボブ・ディランの影響は世界中に及んでるのですね!
だからこその今回のニュースですね!!
知らない方が珍しい!
きっと、そうなんですね(^^)!
波野井露楠
2009/09/05 19:26
リュウさん!
こんばんは(^^)!
かなり衝撃的なニュースでした(^^;)。
それにしても、リュウさんの仰る通り!
悲しい知らせもたくさんありますが、こうやって大御所たちがまだまだ現役で頑張ってくれているのは嬉しい限りですね!!
これから先もずっと活躍してほしいですね!!
波野井露楠
2009/09/05 19:30
じぇいさん!
こんばんは(^^)!
ボブ・ディランは本当に偉大です!
私もつくづくそう思います。
「マイ・バック・ペイジズ」…いいですねえ。
バーズのバージョンもいいですよね(>v<)。
実は、バースが歌うディランの曲たちも大好きな私です(^^)。
波野井露楠
2009/09/05 19:32
substituteさん!
こんばんは(^^)!
いやいや、ホントそうですよ(笑)。
いつまでも若い気でいたら、いつまにか…です(笑)。
職場でも、気づいたら若手ではなくなっていました(苦笑)。
みんな年をとるわけですよね(^^;)。
波野井露楠
2009/09/05 19:37
ひぐらしさん!
こんばんは(^^)!
ボブ・ディラン、恐るべし!?(笑)
いろんなところで話題を振りまいているんですね(笑)。
オーラを消す!またはオーラを敢えて感じさせない。
そんなところにボブ・ディランの人柄が表れているような気がしますね(^^)。
私も、思わぬ場所でディランに遭遇してみたいです。
で、気づかなかったらショックですけど(^^;)。
波野井露楠
2009/09/05 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「時代は変わったのか?」 ボブ・ディラン/時代は変る 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる