波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「年末…酒と読書とマディ・ウォーターズ」 MUDDY WATERS/AT NEWPORT 

<<   作成日時 : 2009/12/28 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 この年末の最後の最後は、ちょっとブルースを聴こうかなあ…と、昨日からずっとマディを聴いています。
 今夜のチョイスは、1960年のニューポート・ジャズ・フェスティバルでの演奏を収めた「アット・ニューポート」。

 前回の後期の音源「ブルース・スカイ」に代わって、今回は早い時期の音源。

 でも、基本的には、いつの時代も、やっぱり「マディはマディ!」ということを実感することに(^^)。

 ギター1本のブルースもいいものですが、マディのバンドによるこういう音も、当然ながら聴いていて燃えますね(^^;)!
 マディのギターとボーカルに向こうを張る、当時はまだ若手だったジェイムス・コットンの情熱的なハープとオーティス・スパンの軽快なピアノは本当にカッコよく、さらに、演奏を引き締めながらも最大限のノリを引き出しているアンドリュー・スティーヴンソンのベースとフランシス・クレイのドラムも最高!そして、バンドの演奏に味わいを加えている、パット・ヘアの職人的なギターもグッド!

 5曲目の「Tiger in Your Tank」では、「あれれ?」という箇所もありますが、そこはご愛敬(^^)!お客は、そんなことにはお構いなしに盛り上がりまくっているし、その盛り上がりも8曲目の「I've Got My Mojo Working, Pt. 2」では最高潮に!!
 「Goodbye Newport Blues」でしんみり終わるという、ライヴの構成も完璧!(前日に起きた暴動に対して司会者で詩人のラングストン・ヒューズが即興で詩を書き、それにバンドがさらに即興で演奏をつけ、オーティス・スパンが歌っているのですが、そういう背景を知って聴くと、感動がまたさらに高まります!)


 小学館の方との打ち合わせを終えて(詳しくは、前回の記事を読んでください(^^)。)、家に帰ってきてから、ずーっとリピートしてこれを聴いています(^^)。
 今日の打ち合わせでは、私は運転手役を務めたために、その場所では一人だけお酒を飲めなかったので、家に帰ってきてから一人ウィスキーをやりながら、何度も繰り返し聴いているのです(^^)。

 いやあ、お酒もマディたちの演奏も、本当に気持ちいいです(^^)。

 手元には、今読みかけの、本田由紀という人の書いた『多元化する「能力」と日本社会 ハイパー・メリトクラシー化のなかで』(NTT出版)という本が。ちょっと難しい本なのですが、お酒とブルースで脳みそも幾分柔らかくなってきた感じなので、今夜は、読書をしながら、もうしばらくマディたちの演奏を楽しもうと思います(^^)。



 そうそう、今回、お会いした小学館の方々は、以前は『サライ』とか『ラピタ』とか『BE−PAL』などの編集も手掛けた方々で、広くて深い話をたくさん聞かせてもらい、とっても楽しい時間を過ごすことができました(^^)。
 また、お一人の方は、ブルースやザ・フーなどが好きということで、マディの話題などでもちょっと盛り上がってしまいました(笑)。



(I'm Your) Hoochie Coochie Man


Tiger in Your Tank


I've Got My Mojo Working


<BLUES>
MUDDY WATERS/AT NEWPORT (1960)
1. I Got My Brand on You
2. (I'm Your) Hoochie Coochie Man
3. Baby, Please Don't Go
4. Soon Forgotten
5. Tiger in Your Tank
6. I Feel So Good
7. I've Got My Mojo Working
8. I've Got My Mojo Working, Pt. 2
9. Goodbye Newport Blues
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
マディさんの初期もいいですね!
これらの名曲はウエスト・ロードブルースバンド、憂歌団など関西ブルース・バンドで愛聴してました♪

波野井さんは大変忙しいのになにかとお世話になりありがとうございました。

先生の記事が連載されましたら、その本を買いますよ。


来年も、情熱あふれる記事を期待してます!
これからも宜しくお願いします。
まり
2009/12/28 20:09
こんばんは!
「『波野井露楠の徒然日記』がついに書籍化か?」と、前回の記事を見たら、そういうことだったんですね♪
私も、ぜひぜひ連載を拝見させていただきます。
たく
2009/12/28 21:30
まりさん!
こんばんは(^^)。
こちらこそ、お世話になりました(^^)。

マディは本当にいいですよね。
いつ聴いても心に染みます(^^)。

さて、雑誌の連載ですがどうなることか(笑)。教員向けの雑誌なので面白くないと思いますが、記事が載りましたらお知らせしますので、本屋で見てやってくださいませ(^^)。

来年も、どうぞよろしくお願いします(^^)!
波野井露楠
2009/12/31 03:18
たくさん!
こんばんは(^^)。

いやいや(^^;)。当へなちょこブログが書籍化なんてことは、万に一の確立でもないですよ〜(笑)。
教員向けの雑誌に、ちょこっと書かせてもらえることになったのですが、こんな私が何を書いたらよいのか(笑)。。。

でも、せっかくいただいたチャンスなので頑張りたいと思います(^^)。

それでは、来年もよろしくお願いしますね(^^)。
よいお年を!
波野井露楠
2009/12/31 03:21
小学館の人と打ち合わせとか…w(゚o゚)w
何かすごいなぁー★☆
手の届かないところにいる人みたーい。
雲の上の人って感じっす(;д;)ww
記事になったらその本絶対買いまーすp(゚ω゚*)q
ちょめ
2010/01/01 00:41
ちょめさん!
こんばんは(^^)。

手が届かない!?
雲の上!?

そんなこと、ないよ(笑)。

でも、もう、本は2冊、雑誌も2冊、原稿が載ったんだよ(>v<)!
だけど、今回は、今までよりも責任が重くてハードになりそうなので、頑張ります(^^;)!!!
波野井露楠
2010/01/01 01:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「年末…酒と読書とマディ・ウォーターズ」 MUDDY WATERS/AT NEWPORT  波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる