波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「私にとってのロックン・ロール!」 MOTT THE HOOPLE/THE HOOPLE

<<   作成日時 : 2010/08/01 12:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 14

 今日は久々のロックン・ロール!!
 チョイスしたのは、モット・ザ・フープルの「THE HOOPLE(放題:ロックン・ロール黄金時代)」!!

 私にとってのロックン・ロールというのは…、思いつくミュージシャンやバンドを挙げたらキリがないけれど、その中でも上位にランクするのがこのモット・ザ・フープルというバンド!

 暴力的で紳士的で、猥雑で気品があって…。
 とにもかくにもロックン・ロール!!

 私の中でのモット・ザ・フープルのイメージはそういうバンドなのです。

 

 実は、ちょっと前にブログ友達のgoldenblueさんから「フランス・ギャルも悪くはないけど、そろそろロッケンローでもぶっばなしませんか!」というコメントをいただき、お陰で、もやもやしていた私の心にもR&Rのスイッチがオン!!
 ようやく完全復活の兆しです(^^;)。
 goldenblueさん!ありがとうございました(>v<)!!



 それにしても、カッコいいです!
 「ロックン・ロール黄金時代」!!

 特に、本作から参加のモーガン・フィッシャーのオルガンがGOOD!!全編にフィーチャーされていて、時にR&R全開で時に上品さを醸し出して…。
 同じく本作から参加のエアリアル・ベンダー(ルーサー・グローヴナーの変名)のギターとのダブル効果で、モットのR&Rサウンドを盛り上げてくれています。

 「Golden Age Of Rock 'n' Roll (ロックン黄金時代)」で幕を開け、「Roll Away The Stone(土曜日の誘惑)」で幕をを閉じる…。
 そんなアルバム全体の構成も最高!!

 この超ご機嫌なR&Rナンバー2曲(超名曲だと思います!!特に「土曜日の誘惑」は大好き!!)にサンドウィッチのように挟まれた他の7曲も、どれもいい味を出してキラキラ光っています!!

 ホーンあり、ストリングスあり、女性コーラスあり、笑い声あり…。
 演出が過剰すぎ??と思う人もいるかも知れませんが、そんな演出もイアン・ハンターのR&Rスピリッツにかかれば、素直なR&R色になってしまいます(^^)!


 ゴージャスでメロディアスで…でもR&Rの本来の勢いやいかがわしさを兼ね備えた名盤!

 モット・ザ・フープルのラスト・アルバム。
 ラストにふさわしい、花火大会でのスターマインのようなワクワクするサウンドを皆さんも是非楽しんでみてください!

 お奨めです(>v<)!!

 
 ところで、私の持っているのは輸入盤なのですが、記事の中で少し触れているように、本作の邦題がけっこう面白いので、日本盤での曲名を最後に紹介しておきます(^^)。
1. ロックン・ロール黄金時代
2. マリオネットの叫び
3. あばずれアリス
4. 野郎どもの襲撃
5. あの娘はイカしたキャディラック
6. トゥルーディのバラッド
7. パールとロイ(引き裂かれたユニオン・ジャック)
8. 偽りの鏡
9. 土曜日の誘惑



Golden Age Of Rock 'n' Roll(ロックン・ロール黄金時代)


Marionette(マリオネットの叫び)


Born Late '58(あの娘はイカしたキャディラック)


Roll Away The Stone(土曜日の誘惑)


<ROCK>
MOTT THE HOOPLE/THE HOOPLE (1974)
1. Golden Age Of Rock 'n' Roll
2. Marionette
3. Alice
4. Crash Street Kidds
5. Born Late '58
6. Trudi's Song
7. Pearl 'n' Roy (England)
8. Through The Looking Glass
9. Roll Away The Stone
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Mott The Hoople - The Hoople
 ここのところ精力的にロックを聴いている、ような気がする。色々なバンドの新作をあれこれと物色してまだまだ元気な連中だなぁ〜とオール&... ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2010/08/01 21:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
やられたぁ!!ちょうど俺もそろそろこのアルバム取り上げようと思ってたトコロでした。ニクイ、ニクイ!!
俺も以前『オール。ヤング・デュース』の記事は書いたんですが・・・。やっぱりしょっちゅう波野井さんトコはチェックしておかないと。上手いトコロついてくるなぁ〜(イチロー風に言ってるツモリ)
ロック仙人TF
2010/08/01 18:13
またまたお邪魔します。モット時代の映像じゃないけど、イアン・ハンターがニューヨークのセントラル・パークでやってるライブ映像で、『オール・ヤング・デュース〜シップス〜ロール・アウェイ・ザ・ストーン〜オール・・・』てメドレーが入ってるんだけど最高ですよ!!俺のはLD起こしのDVDだけど、DVD探してみる価値有りですよ!!
ロック仙人TF
2010/08/01 18:23
もうねぇ、解体したかも、っていうMTHなのに何でこんなにカッコ良いアルバムなんだ?ってくらいカッコ良い。R&Rに定義なんてないけど、輝くばかりのR&Rバンド、MTH。いいなぁ〜、こういうシンプルで綺羅びやかなのがカッコ良い♪
フレ
URL
2010/08/01 22:25
波野井先生、完全復活ですか!無理してネジまき過ぎないように、ぼちぼちいきましょうね!
モット・ザ・フープル、金ぴかで、ちょっとあざとくて、なんだか嘘っぱちっぽくっていいですねぇ。これくらい馬鹿馬鹿しく図太くドカーンといっときたいもんですねぇ!
しかし本文中で紹介されると照れますね…人にロッケンローなんていっときながらジャズの記事を書いた私(汗)。
goldenblue
2010/08/01 23:40
はのい先生、暑中お見舞い申し上げます。
黒猫は無事に行けましたか^^?

教えていただいてすぐ、「All the Young Dudes」を聴きましたよ〜(こちらの邦題も良いですよね!)。タイトル曲ではいつも涙腺がゆるみます^_^;
ボウイ色の濃い「All〜」より、このラストアルバムの方がモット・ザ・フープルの真骨頂なのでしょうね♪
ちか
2010/08/04 13:59
波野井さん、あの方のブログ、無理にお気に入りに追加しなくても良いと思いますよ。
他人に要求ばかり突きつけてくる人とは付き合うな、が私の家のモットーです。
今回ブログを初めて拝見させて頂きました。
応援して行きます。ヨロシクです。
かおる姫
2010/08/10 20:48
ロック仙人さん。
おはようございます(^^)。
過分なるお言葉、恐縮です(^^;)。
チェックと言っても、更新が本当に不定期で、心から申し訳ないです(^^;)。
波野井露楠
2010/08/12 08:54
ロック仙人さん。
貴重な情報、ありがとうございます。
You Tubeで探してみました。
白いジャケットとシルクハットの映像ですか?
カッコいいですねえ(しみじみ)!!
それから、ブログに私の名前をたくさん紹介してくださって、ありがとうございました。ずっとお邪魔して無くてすみませんでした(^^;)。
波野井露楠
2010/08/12 09:50
フレさん!
こんばんは(^^)。
モット・ザ・フープル、本当にカッコいいですよねえ。いかがわしい感じが最高にロックっぽい(笑)!
イアン・ハンターの個性が強烈ですが、ハンター以外のメンバーの個性もしっかりと目出っているのも魅力の一つですね!!
波野井露楠
2010/08/12 22:19
goldenblueさん!
こんばんは(^^)。
本当にありがとうございました!!
お陰で復活できました(^^)。
仰る通り、ぼちぼちいこうと思います(^^;)。
モットの嘘っぱちい感じ、私も大好きです!まさにロッケンローです(>v<)!!
波野井露楠
2010/08/12 22:24
ちかさん!
こんにちは(^^)。
暑いですねえ!お元気ですか?
黒猫は無事に行って来られました。今度、記事にしますね(^^)。

ところで、さすがちかさん!自分もやっぱり「すべての…」よりも、こちらの方がしっくりくるんです。あと、この前のアルバムとか、初期のやつとか。「すべての…」も素晴らしいアルバムなのですが、なんとなくまとまってしまってる気がするんですよねえ。名盤というのは事実なのですが(^^)。
波野井露楠
2010/08/13 17:29
かおる姫さん。
はじめまして!
できたらたくさんの方と仲良くしていただけたら嬉しいなあと思い、こんなブログですがなんとか続けています(笑)。
応援ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
波野井露楠
2010/08/13 17:35
こんばんは、波野井さん。

「土曜日の誘惑:Roll Away The Stone」私も大好きです。実は「すべての若き野郎ども」よりも好きな、MOTTの曲の中で一番のお気に入りなんです。

イアン・ハンターの風貌は結構「イカツイ」感じがするのに声が意外と頼りなくて、そのギャップがなんとも堪りません(笑)。
ホント、綾小路翔みたいなんだから(爆)

追記.
リンクさせていただきました。
これからも、宜しくお願いします。
OASI-Z
URL
2010/08/22 01:02
OASI-Zさん!
こんばんは(^^)。
私も同じです!!
と言うか、「すべての…」は
超名曲だと思いますが、私の中のモット順位では
それほど上位ではありません(^^;)。
「土曜日の誘惑」は滅茶苦茶上位です(^^;)!

リンク、遅くなりましたが、私の方も
させていただきました(^^)!
波野井露楠
2010/10/17 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「私にとってのロックン・ロール!」 MOTT THE HOOPLE/THE HOOPLE 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる