波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エピック時代のエレカシ、最高!」 エレファント カシマシ/ベスト

<<   作成日時 : 2011/02/11 21:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

 前回に続いて、エレカシについて。

 この1年の間に、エレカシのステージを2回見た私。

 1回目は夏の渋谷のイベントで。2回目は1月の武道館で。

 今日は、その武道館でのワンマン・ライブの話。「新春公演」と銘打たれたその日のライブ。正月は明けてしまったけれど、新春の武道館は10年ぶりということで、とってもめでたい感じ(^^)。お客さんたちも、渋谷AXの時と違って何となく落ち着いた感じ。年齢層もちょっと高めで(笑)、同窓会が始まる前のような和やかな空気(^^)。


 と、いきなりストリングスの音が聞こえ始め、そこにピアノの音色。ドビュッシーの「月の光」とベートーベンの「月光」が同時に響き、なんだか妖しい感じでスタート!

 で、そこにドラムがかぶさり、ギターが加わり…。
 イントロのリフを弾いてはやめ、弾いてはやめ…の、じらし攻撃の後…やっぱり来ました「奴隷天国」(>v<)!エレカシの中で一番好きなのが、この「奴隷天国」!
 MC5の「Kick Out the Jams」のような破壊力!ほんと大好きなんです!!

 でも、この日はなんと14人のストリングスを従えての特別バージョン!
 ちょっと戸惑ってしまいましたが(^^;)、豪華な感じで、「これが新春バージョンか?」と、一人納得する私(笑)。


奴隷天国


MC5−Kick Out the Jams


 その後は、宮本氏自身が途中のMCでも言っていたように「ライブハウスとは違ったコンサート」のような感じをねらったのかな…と思える、比較的落ち着いたステージ展開。
 MCで客を煽りまくることも、その日はあんまりなかった気がしたし。
 なんてったって、14人の豪華なストリングス部隊も要所要所で活躍していたし。

 とんがりまくって滅茶苦茶やってもらいたいと思っていた私にとっては、「もっと暴れてくれー!」という気もしないではありませんでしたが、それでもやっぱり「さすが!」のステージ!!

 初期のエピック時代の曲から最新アルバムの曲まで…気づけば、なんと3時間!!

 「エブリバデー!!」「ようこそ、ライブハウス武道館へ!(ボウイ?笑)」「旅に出ようぜ!」「歩こうぜ!」と宮本氏のMCも、とんがりまくってはいなかったけれど絶好調(^^)!

 エピック時代の私の大大大好きな曲たち…前述の、私が勝手に「エレカシ版MC5」と呼んでいる「奴隷天国」!元すかんちのドラマー・小畑ポンプが「この感じはツェッペリンじゃないのか?」と思ったと言うヘヴィ・ナンバー「珍奇男」!ストーンズの「Jumpin' Jack Flash」の勢いを感じるキラー・チューン「ファイティングマン」!もやってくれたし、エピック時代ではないけれど、哲学的でハードコアな名曲「ガストロンジャー」もやってくれたし、大満足の3時間でした。

 

珍奇男


ガストロンジャー


ファイティングマン


エレファントカシマシ 新春公演
武道館 2011年1月9日
セットリスト

1. 奴隷天国
2. 今はここが真ん中さ!
3. 脱コミュニケーション
4. moonlight magic
5. 旅
6. 九月の雨
7. 翳りゆく部屋
8. 歩く男
9. 珍奇男
10. 赤き空よ!
11. 夜の道
12. 赤い薔薇
13. 幸せよ、この指にとまれ
14. ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
15. 彼女は買い物の帰り道
16. ネウ゛ァー エンディング ストーリー
17. シャララ
18. 明日への記憶
19. 笑顔の未来へ
20. いつか見た夢を
21. 桜の花、舞い上がる道を
22. 朝
23. 悪魔メフィスト

−アンコール1−
24. 平成理想主義
25. シグナル
26. 四月の風
27. 俺たちの明日
28. ガストロンジャー
29. ファイティングマン

−アンコール2−
30.待つ男



 で、そんな感動を思い出しながら、今日聴いていたのが、このエピック時代のベスト盤。

 実は、契約上、メンバーの意向とは関係なく出されたアルバムということらしいのですが、当時の私にとっては、大好きなエピック時代の曲が手軽に聴けるということで、かなりのお気に入りに(^^;)!

 この盤でしか聴けなかった「ポリスター」も入っているし、だいたいの代表曲はおさえてあるし。
 内容も、なかなか刺激的で、一時期は超ヘヴィ・ローテーションでした。


 今は、宮本氏自身が選曲したベスト盤が出ているそうなのですが、コンパクトという点ではこちらもお薦めです!


 あまり知られてないようですが、実は男臭くて過激なエレファントカシマシ!
 最高です(>v<)!
 


デーデ


ポリスター


星の降るような夜に



<J−ROCK・POP>
エレファント カシマシ/ベスト (1997)
1. ファイティングマン
2. デーデ
3. 星の砂
4. やさしさ
5. ポリスター
6. 優しい川
7. サラリ サラ サラリ
8. 珍奇男
9. too fine life
10. 奴隷天国
11. いつものとおり
12. もしも願いが叶うなら
13. 誰かのささやき
14. 星の降るような夜に
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
波野井さん、こんばんは。
エレカシ、近作は全然聴いていないのですが、1.2.3枚目までは社会人になりたての頃よく聴きました。裁判所じゃベイベー俺のこと死刑さきっとそうさ〜、とか、すげえフレーズだなぁ、と。当時の彼女が「あんた清志郎好きやから気に入ると思うで。」と教えてくれたという思い出もあります(汗)。
goldenblue
2011/02/12 00:13
ロックンロールオリンピックっていう昔のフェスでエレカシ見た。
デーデとファイティングマンが衝撃だったなー。
ケイ
2011/02/12 16:50
波野井さん、こんばんは。
復活おめでとうございます。
エレカシですか。
この手の音は好きですが、何となく敬遠気味でして、断片的にしか知りません。
「奴隷天国」は泉谷しげるを連想しました。
東京のバンドって感じがしますね。


たく
2011/02/13 04:52
goldenblueさん!
習わぬ経を読む男、ですね(^^)!
初期のエレカシは、とにかくとんがってました!
カッコいいです。
エレカシを紹介してくれるなんて、渋い彼女ですね(^o^)!
波野井露楠
2011/02/13 16:09
ケイさん!
それは本当に若いときのエレカシですね!
自分は、その頃リアルタイムでは、エレカシのカッコよさに気づけず、本気で好きになったのは二十歳を過ぎてからなんですよー。
不覚でした。笑
波野井露楠
2011/02/13 16:22
波野井露楠さん、遅くなりましたがお帰りなさい!
ブログ再開するのお待ちしてました!
でも、今度は僕の方がブログの更新怠りがちではありますが…(^^;
とりあえず、これからもお互い「Let it be(なすがままに)」の精神で宜しくお願いしますm(__)m

エレカシはあまり聴いた事が無かったのですが、前回の記事と合わせ色々と聴かせて頂きました。
僕の好みで言えば、「明日に向かって走れ」と「デーデ」が好きですね。
あと、テレビかラジオでチラッと聴いていいなと思った曲があったのですが、曲名とか覚えていなくて。
この機会に、少しエレカシ聴いてみます!
HIRO@世捨て人
2011/02/13 23:03
たくさん!
ありがとうございます(^^)!!
なんとか復活できました(^^;)。
エレカシ、いきなり毒づくあたりとか、確かに泉谷しげるに似てますね(^^;)。
でも、サウンドは結構洋楽ぽいと思うのですがいかがでしょうか(笑)。
今後ともよろしくお願いします!!
波野井露楠
2011/02/17 03:45
HIROさん!
ありがとうございます!!
いろいろご心配をおかけしました(^^;)。
HIROさんのように充実した記事は書けませんが(本気で尊敬しています!)、自分流でぼちぼちいこうかと思います(^^;)。
今後とも、どうぞよろしくお願いします!!
エレカシは、好みの分かれるバンドかなと思うのですが、よかったら聴いてみてください(^^)/!
波野井露楠
2011/02/17 03:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「エピック時代のエレカシ、最高!」 エレファント カシマシ/ベスト 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる