波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「南青山の夜は更けて」 ロン・カーター/ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース

<<   作成日時 : 2011/07/02 12:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 先月、ブルーノート東京まで、ロン・カーターを聴きに行ってきました。

 ブルーノート東京はまだ2回目で(1回目は随分前に見たブルース・ブラザーズ&清志郎)、しかもロン・カーターという訳で、ちょっぴり緊張。少しだけめかし込んで行ってきました(笑)。
 あ、でも…一緒に行った相手が超ラフな格好だったので、思わず笑ってしまいましたが(笑)。


 で、まあ、南青山は久しぶりだったってこともあるのですが、ブルーノートの周りの景色が随分変わっていたこともあり、ちょっと(かなり?笑)迷いながら、なんとか会場到着。
 カッコつけて、ナビなしで行ったもので、「あれ?道、間違えたかなあ?」なんてなってしまい、大あわて(笑)。


 何をやってもカッコつけきれない私です(^^;)。



 とまあ、そんな話はさておき、席に案内されてビックリ!
 自由席だったのですが、「こちらでいいですか?」と言われて通された席が、ステージの右真横!


 「うわあ。ジャズ初心者の自分なんかにはもったいない…と言うか、申し訳ない」…なんて思いながらも、ワクワクしてしまう私(^^;)。


 この日のメンバーは、ロン・カーターに、マルグリュー・ミラー(ピアノ)、ラッセル・マローン(ギター)という、ザ・ゴールデン・ストライカー・トリオの面々。

 ドラムスレスということもあり、全体的にしっとりとした感じのステージでした。


 とは言うものの、席が席!

 ギターのラッセル・マローンは背中しか見えませんでしたが、私たちの席からの距離は2〜3mくらい!!
 アンプのつまみをいじるのに後ろを振り向くたびに、私は目があった気になってドキドキしていました(笑)。

 ロン・カーターまでの距離も5mくらいで、もう近すぎ!

 ベースの弦というかフレットをバシバシ叩く生音も聞こえてくるし、ギターの弦をこする音やカッティングの音も聞こえてくるし!ギターに関して言えば、スピーカーからだけなく実際のギターからも聞こえてくるし!!

 マルグリュー・ミラーのしかめっ面と優しい音のギャップもよかったなあ。マルグリュー・ミラーの顔は真正面からばっちり見えていたので(^^)。


 父の日だったその日、「父の日セット」として売り出していたネクタイとハンカチーフをお揃いで身に付けていた3人(MCでは、ロン・カーターがそのことに触れ、会場の笑いを誘っていました)の上品かつ迫力のある演奏に、至福の時間を過ごすことができました。




 「次回、ブルーノートに行くときには、もう少しお金も用意して料理ももっと楽しもうっと」なんて思った私ですが、密かに「今月、サム・ムーア行こうかなあ」なんて計画しているところです(^^)。



 ああ…それにしても!
 今日、聴いているCD「ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース」に入っている「ダブル・ベース」(サントリー・ホワイトのCM曲としても人気だった曲。個人的に大好きな曲です)の演奏はありませんでしたが(残念!)、本当に素敵なステージでした。


 
 ザ・ゴールデン・ストライカー・トリオのアルバムは持っていないので、この80年代の名盤「ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース」を聴きながら、南青山のお洒落な夜を思い出して、まったりとしたいと思います(笑)。



 CM曲になった「36414」と「ダブル・ベース」、レオン・ラッセルの「ソング・フォー・ユー」、それから7曲目の「エピストロフィー」などが、私のお気に入りです(^^)。






サントリーCM 「36414」


サントリーCM 「ダブル・ベース」


ダブル・ベース


ソング・フォー・ユー



<JAZZ>
ロン・カーター/ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース (1986)
1. 36414(サントリー・ホワイトCFイメージ・ソング)
2. NYスリック
3. いつか王子様が
4. 12+12
5. ソング・フォー・ユー
6. ダブル・ベース(サントリー・ホワイトCFイメージ・ソング)
7. エピストロフィー
8. アー・リオ
9. スペインの地
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます!
Blue Noteは先日、上原ひろみの公演で行きました。
そして、席はまさにそのあたり・・。
先生と言い、自分と言い、音楽の神様だけは味方してくれてるようですね!
息遣い、足で拍子をとる音など、生々しいですよね♪
リュウ
2011/07/03 08:21
リュウさん!
上原ひとみは実は自分もチェックだけはしてました(^O^)!
音楽の神様!ありがたいですね(^^)。この勢いで、サム・ムーアはいかがですか(^o^)/
波野井露楠
2011/07/03 11:16
上原ひとみといえば、最近はスタンリー・クラークなんかとやってますね。サム・ムーアめっちゃ見たいけど、今年はエアロの東京ドーム公演のチケット買ったのでいけないかなぁ〜。
ジャズは初心者クラスなんだけどブルー・ノート・レーベルのCDが今凄く安く手に入るようになったのが嬉しいなぁ。あっ、お店の方でしたね。関係ねぇか・・・
ロック仙人TF
2011/07/09 20:09
ロック仙人さん!
ジャズは私も初心者です。笑
サム・ムーア、よかったですよ〜!エアロスミスは行きたいのですが、二日間とも夕方に会議があるので無理そうです。涙
波野井露楠
2011/07/29 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
「南青山の夜は更けて」 ロン・カーター/ザ・マン・ウィズ・ザ・ベース 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる