波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「超前向きな修学旅行の下見!笑」 AVRIL LAVIGNE/THE BEST DAMN THING

<<   作成日時 : 2011/10/09 18:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 おととい、無事に修学旅行が終了しました(^^)。

 それで、本来ならば、すぐにでもその様子を日記に書きたいところなのですが、今回は、修学旅行本番までに物凄くいろんな苦労があったので、今日は、その中の一つ…「3回目の下見」について、ちょっと書かせてもらおうと思います。

 下見珍道中は、アヴリル・ラヴィーンのディスク紹介の後にあります。ちょっと長文(しかも、悪文。汗)ですが、よかったら読んでください(^^)。


 9月23日。
 なんと3回目の「修学旅行の下見」のため、箱根に行ってきました。
 実際に子どもたちにグループ行動の計画を立てさせたら、再度下見が必要な場所が出てきてしまったのです。
 「1回の旅行に3回の下見!」とも思ったのですが、子どもたちの安全のためには、そんなことも言ってられません。そんな訳で、今回は、友人を誘って二人で行ってきました。

 で、その時、ずーっとその友人の車の中で流れていたのが、アヴリル・ラヴィーン!
 帰り道、友人が「飽きた…」と言って、グリーン・デイやサム41、マイケミに替えるまでずーっとランダムでアヴリルの3枚のアルバムを聴き続けました(^^;)。

 そのお陰で、アヴリル・ラヴィーンをほんとんど知らなかった(持ってるアルバムは0でしたので)私も、帰りには大抵の曲は鼻歌で口ずさめる程に(笑)。

 その中でも、特に気に入ったのが、彼女の3枚目のアルバム「THE BEST DAMN THING」に入っている「Girlfriend」とアルバムタイトル曲の「The Best Damn Thing」。

 なんでも、コアなファンからは「アヴリル・ラヴィーンがロッカーから単なるアイドルになってしまった」とかなりの不評だった…と言うか賛否両論…なんて話も聞いたのですが、そういうコアなファンではない私は、すごくポップでキャッチーで、コケティッシュでパンキーな曲調に、「なかなかいい曲じゃん!!」なんて思ってしまったのでした(^^)。

 歌詞は過激みたいですが、曲が明るいので聴いていて元気が出ます(^^)。

 下見から帰ってきて、次の日にこのアルバムを近所のブックオフで買ってしまいました(^^;)。


 何にも考えずに頭の中を空っぽにした〜い!…なんていう時には最高のアルバムだと思うのですが、いかがでしょう(^^)?


 あ!
 では、下にある「箱根下見珍道中」も是非(^^;)!



Girlfriend 


The Best Damn Thing



<ROCK>
AVRIL LAVIGNE/THE BEST DAMN THING (2007)
1. Girlfriend
2. I Can Do Better
3. Runaway
4. The Best Damn Thing
5. When You're Gone
6. Everything Back But You
7. Hot
8. Innocence
9. I Don't Have To Try
10. One Of Those Girls
11. Contagious
12. Keep Holding On
画像



【修学旅行の下見、3回目〜(^^;)】
 9月23日。
 なんと、今回、3回目の箱根下見(笑)。

 まずは、入生田の生命の星地球博物館に車を停め、箱根登山鉄道で小涌谷へGO!
 学年の子どもたちの中に、秀吉ゆかりの「太閤の湯」を見たいというグループが出てきたので、実際に行けるのかを確かめるために、小涌谷から歩いてみました。普通、一つ手前の宮ノ下で下車するのですが、電車を何度も降りたり乗ったりするのを嫌っての計画。
 で、歩いてみた結果は………危なすぎて「×」(^^;)!
 歩道はないし、くねくねした箱根の山道を乗用車やバスはガンガン走ってるし!
 極めつけは、太閤の湯に行くために通る遊歩道が「工事のため10月10日まで通行禁止」!
 宮ノ下から太閤の湯までは比較的安全な道なのですが、とにかく、最後の遊歩道が通行禁止ではアウト!
 いやあ…下見に行ってよかったです(^^;)。

 それで、30分以上かけててくてく歩いている途中で、シチューパンで有名なワタナベベーカリーを見つけたので、迷わずシチューパンを買って、太閤の湯近辺(笑)のベンチ(実は、バスの停留所(^^;))に座って、いただきます!
 山道を歩いた疲れも吹き飛ぶうまさ(>v<)。
画像

画像


 それから、宮ノ下に行って、再び登山鉄道で小涌谷へ。
 その日、2度目の小涌谷(^^;)。
 道々出会う猫と会話する友人に苦笑いしながら、千条の滝へ。
 地元のおじいさんの「この間の台風と昨日の雨で、水が凄いんだ。何十年も住んでるけど、こんなのは滅多に見られないよ。いいときに来たねえ」という言葉通り、滝までの川は物凄い水量!
 観光客は自分たち以外はゼロで、しばし現実を忘れて休憩(^^)。
 またもや上り坂続きで疲れていた気分も、一気に回復(^^)。
画像

画像


 次に、今度は登山電車で箱根湯本に戻り、早雲寺へ。
 で、近道(健脚向き)という看板を選んで目指したところ、またもや山道!
 と言うか、整備された獣道!?(笑)
 「これじゃあ、修行じゃ〜ん!」と泣き言を言う相棒を励まし、汗だくになりながら早雲寺に到着。
 めあての枯山水に愕然としながらも(なぜ愕然かは割愛します。笑)、隣の湯本小学校の鼓笛隊の練習(マルマルモリモリ!←とっても上手でした)と箱根湯本駅で買った箱根プリンでエネルギーチャージ(^^)。
 帰りは、健脚コースではなく通常コースで駅まで戻ったのですが、なんとこちらは町役場(郷土資料館)の建物の外階段を通るという掟破りのコース(笑)。「アドバイスなしだったら、子どもだけでは辿り着けないかも!」ということで、ここでも「下見に来てよかった〜」と安堵のため息(^^;)。
画像

画像


 そして、いよいよ、入生田に戻り、車で箱根園へ!
 というはずだったのですが、「湯本から入生田まで歩かない?なんか気持ちよさそうだし!」という私の悪い癖(←思いつきで行動する(^^;)!)が出て、予定外のハイキング。
 「お!小田原まで6kmって表示が出てきたよ!とうことは、入生田まであと少しだね」なんて言いながら歩いていたら、「ここから小田原市」の表示!
 「ごめん!入生田って小田原だったんだ(^^;)」なんてやりながら、途中で人が歩けない自動車専用の道路になったりしながらも、野生の勘で正常ルートに復帰(笑)。
 で、蕎麦屋に入って、遅めの昼食。
 「うまい!歩かなかったら、この店には入ってなかったね。歩いてよかったね!」と、どこまでも前向きな二人(笑)。
画像


 なんとか入生田に戻った後、元箱根の遊覧船乗り場のチェックをして、箱根園へ。
 カクレクマノミが何匹もいる水槽の中から1匹だけいる「幸せのカクレクマノミ」を根性で見つけ、風船のように丸いアザラシの姿や世界のカメたちに癒され、帰り道は大渋滞に巻き込まれながら(その時、私の心に響いたのはAC/DCの「地獄のハイウェイ」でした。笑)、今年最後の箱根の下見は終了したのでした(笑)。
画像


 とにかく疲れましたが、それ以上に、「行ってよかった〜(=行かなかったら、危なかった〜。笑)」という下見でした(^^;)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さすが子供たちのために下見に手を抜かないはのい先生
子供って体力のある子とない子の差があって ない子には山道ってキツイんですよね。
特に登り坂は大人でも 辛いしね。

修学旅行は思い出に残るだけに これだけ下見をするのも生徒への愛だと思います。
きっと子供たちも大人になって 箱根にいくと修学旅行の話題をしたりするんでしょうね
アブリルのBGMも 元気が出てグッド・チョイス
まり
2011/10/09 21:52
最高の修学旅行になりましたね♪
頭から「却下!」じゃなく、何度も下見をして下さった先生方に心から感謝ですm(__)m
しかも超前向き&超楽しそうな下見(笑)
ホントは激務を縫ってのハードな旅だったのではと思いますが…。
「整備された獣道」に「通常コースは外階段」!
波乱万丈な珍道中に爆笑させていただきました^^
枯山水に愕然…のワケが気になります^^;

アヴリル・ラヴィーン、ドライブしながら聴きたくなりました♪デビューした時、見た目も曲も大人っぽくて十代とは思えないな〜ってイメージだったのを思い出しましたが、明るくはじけた曲もいいですね〜♪
りんりん
2011/10/12 15:54
まりさん!
実は、自分が箱根に行きたかっただけだったりして…(笑)。
なんて、冗談はさておき(笑)、本当に今回は念入りに下見をしておいてよかったです(^^;)!
おかげで、自分も今まで以上に箱根に詳しくなりました(笑)。
アヴリルは、1枚目が好きという人が多いようですが、私はポップなアヴリルも結構好きです(笑)。
波野井露楠
2011/10/16 03:18
りんりんさん!
いやいや、「却下」するだけの情報がもともとなかったという…(^^;)。
それで、こっちが不安になってしまって、何度も下見に行っちゃったんです(^^;)。
下見自体もいろいろありましたが、最終的には楽しく行ってこられたのでよかったです(^^;)。
枯山水は…「ガイドブックに載せるくらいなら、ちゃんとに見せろ〜」って言いたくなる感じです(^^;)。
伝わりました(笑)?
アヴリルは、今までスルーしていたのですが、アルバム単位で聴いたら、とてもカッコいいミュージシャンでした(>v<)!
波野井露楠
2011/10/16 03:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
「超前向きな修学旅行の下見!笑」 AVRIL LAVIGNE/THE BEST DAMN THING 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる